2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

東京都内

2017年9月20日 (水)

巾着田曼珠沙華まつりにラン

9月18日のこと。巾着田曼珠沙華まつりにラン!ルート編。八王子あたりが走り場になってくると、埼玉県近いな、と思うようになった。もう何だかわからないが、行けるとこは走り廻っちゃえ!というアホなアラフィフcoldsweats01 立川スタートの予定だったが、台風一過、猛暑日sunになりそうだったので、大事を取って拝島駅北口スタートにした。

大山道八王子通り(日光街道)は拝島駅を南北に横切っている。しかし、大山道で巾着田に向かうのは東に行き過ぎなので、大山道は少しだけで、まあまあ直線的なルート取りで向かった。ポイント写真はマップに載せて省略。大山道探索のため瑞穂町の大橋・狭山池と回り道をしている。また、国道299号線のバイパスがGoogleマップに反映されていないので、ルート線がアバウト。22.1km/2:06’07”NETrun

道中の写真は少ない。大山道八王子通り(日光街道)の面影は見当たらなかったが、痕跡が。拝島駅前の日光橋、創業明治五年「漢方の會田」さんの建物が建つ旧日光街道の交差点、残堀川の大橋(関東大震災で倒壊するまで常夜燈が建っていたそう)くらい。

01niko_b Nikokaido

05oohashi Jakkui

残堀川源流狭山池には蛇喰次右衛門↑の伝説が残されている。真新しい石像で、なかなかのインパクト。水浴びしていた次右衛門さんに襲い掛かった小さな蛇!絡みつく蛇に噛みつく次右衛門!途端に大蛇となり傷口から流血すること七日七夜。大蛇は退治されたが血とともに池の水が流れ出し、その流れがさながら大蛇のようであった→蛇堀川。後に残堀川と呼ばれるようになりましたとさ(石板の意訳)。狭山池でスタートから7km。

国道16号を渡って瑞穂町保存樹林を抜けた。1km以上続く林道で、水たまりにハマって悲しくなりつつも進んだrun 樹林地を抜けると、そこは埼玉県入間市(スタートから10km付近)。いつくかの丘を越え、川を渡り、暑さにだんだんバテてくるwobbly 入間川に向かって緩やかに下る15km付近は眺望も良く(秩父山系?)気持ちが良かったが、飯能市はダラダラ上り。埼玉県、自販機少ない!と切実に思った。ハイキングコースがある天覧山の東を上って下ると国道299号線に合流する(19km付近)。飯能市の観光案内所が100均の隣にあったのでベンチで休憩。国道をヒーヒー上って、真新しい切通道路を一気の下り。あれ?瀧不動尊が無い?どゆこと?台交差点に着いてしまった。バテた頭に??が並ぶが、高麗川を渡って巾着田にゴールdash 帰宅後に調べたら、7月に開通したばかりの国道299号線バイパスを走っていたので、瀧不動尊を通らなかったのだった。

曼殊沙華公園については前回の記事へ。中ほどに架かるドレミファ橋は一部水没。橋は高麗峠につながっていて、国道299号線中山西交差点からハイキングコースがあるのだ。峠を越えてきた人は驚くだろうなぁ、水没でsweat02 例によって食欲は無かったが祭会場でジェラートの出店を見つけた。加藤牧場のジェラート(ミルク)@300taurus 写真は食べかけではなく、最初から溶け気味だったジェラートと行列coldsweats01 牧場系アイスクリーム屋さんマップ更新>>

Doremihula_b Katobokujo

Manjusyage

これにて巾着田曼珠沙華まつりにラン・レポ終了。

2017年9月 3日 (日)

夏の御岳渓谷

8月26日のこと。2014年11月以来の御岳渓谷。拝島駅前から走ってレンゲショウマを観にやってきた、最後のレポは御岳で諸々の巻。御岳登山鉄道ケーブルカー乗り場の滝本駅(標高約407m)まで走るつもりが、激坂に完敗down 坂の中ほどで徒歩に切り替えた。伊勢原の大山ケーブル駅(標高約400m)まで走るくらいの気分で行ったが、同程度の標高でも傾斜が違う。大山はもっと、なだらかだ。夏のランというバッドコンディションもあったが、夏の御岳山、舐めてました。自分の脚力では走りきれ~ずwobbly

ということで、疲れ切って御岳登山鉄道滝本駅でケーブルカーに乗車。往復1,110円(PASMO・Suica利用可)。臨時運行で15分おきの発車だった。緑は武蔵号、赤は御嶽号。最大斜度25度、約6分で御岳山駅(標高831m)に到着。途中で上下線の擦れ違いもあった。写真は帰りのケーブルカー。

02musashi 02mitake

01tenbo

御岳山駅のある御岳平は良い眺めだったが、レンゲショウマの群生地の上、大展望台↑からの眺めは曇っていても格別。ここ東京ですよ~。快晴なら筑波山まで見渡せるそうだ(御岳平-大展望台間はリフト有、片道100円、標高881m)。1時間ほどレンゲショウマを愛で、ケーブルで下山。滝本駅でだけ売っているという、ホカホカのきびもち大福(@100円)を土産にした。

Rengesyoma Kibi

もうあの激坂を走って下るなんて考えられなかったので、ケーブル下バス停からバスbus しかし、御岳渓谷を楽しんでいないので、二の鳥居(一の鳥居は御岳トンネルの上にあるらしい)がある中野バス停で下車。バス停からすぐに渓谷への下り坂。現参道である神路橋へと続く。そのまま多摩川沿いの遊歩道を下った。往路で見た新しい多摩川距離標(TOKYO MEMORY)が橋の袂に設置されていて、御岳小橋までの間に、あと2つ見っけ。

03kamiji_b 03kamiji

ラフティングのスタート地点、杣の小橋。けっこうな人数が続々と河原に集結。ライフジャケットが黄色と黒の横縞で(オレンジもあったが)、鬼太郎の集団?って思ったcoldsweats01 渓谷に架かるアーチは御岳橋。この辺りからはカヌー?カヤック?が多かった。

04somanokobashi 05mitake_01

05mitake_02 05mitakekobashi01

ラフティングのゴールは御岳小橋の下流なのかな?楽しそーhappy01

05mitakekobashi02

M_station ぶらぶらと30分ほどかけて散策し、御嶽駅へ。お疲れ様でした。

電車は元気な高齢ハイカーでいっぱい。女性比率が高かった。聞き耳を立てると「歳をとったら山登りが一番健康に良いわねー」とか盛り上がっていた。だいたい、山でも電車でも、元気なのは中高年女性。10年後にあんなに元気な高齢者になれるかというと、いやぁ、自分、無理っす。下山で膝壊れますわぁ。羨ましいなーと思う帰りの電車であったsweat02

中山まで2時間以上かかった。2時間あったら特急など使わずに御殿場まで行ける。奥多摩とか、小旅行じゃん。いつか奥多摩湖に行こうっとwink

2017年9月 2日 (土)

御岳山への道~吉野街道ラン

8月26日のこと。御岳山への道。拝島から羽村まで玉川上水散策路を走った後、ひとまず多摩川沿いを上流へrun 2014年ランでは通らなかった道に行ってみた。羽村取水所を後にすると道は多摩川から離れていくので、河原へと近づく(1)雨乞街道の標識に誘われる。広がる田んぼを左に眺めながら行くと、立派な鐘楼門が見えてきた。(2)臨済宗龍珠山一峰院。鐘楼門は羽村市指定有形文化財だった。

01amagoi01 01amagoi02

02ippouin01 02ippouin02

上の道に戻って奥多摩街道にどのへんで合流するかな?と走ってたら、(3)武蔵阿蘇神社があった。夏旅で訪れた、あの阿蘇神社だ。縁があるね。最初の社殿は平将門が造営したのだそう。川から離れてしまったが、なるべく川寄りルートを採ったら(4)小作取水堰に出て、吉野街道に突き当たった。奥多摩街道-青梅街道も考えたが、おそらく、交通量と信号が多い。ここでようやく吉野街道で御岳山に行こう!に決定。(5)友田水管橋を渡って多摩川の右岸へ。多摩川には鮎釣り人がたくさんfish

03aso 04ozaku

05tomoda01 05tamagawa

渡った右岸は青梅市。羽村取水所から約5km、青梅第二小学校の前に(6)調布村道路元標がある。前回のランで膝に違和感を覚えた懐かしの場所だsweat02 そう思い出すと右膝が疼きだすwobbly 病は気から~。一部歩道が狭く、思ったよりも交通量が多い(トラック多し)吉野街道を、膝は何ともないよーって自分に言い聞かせながら黙々と走ったら、トラウマの釜の淵公園入口を知らず通過していた。梅の名所・吉野梅郷入口も通過(10km過ぎ)。梅の木はウイルス感染のせいで全伐採され、復活を期す。復活したら、走って行くよrock その先の辻に(7)庚申様という説明板の立った青面金剛童子像が祀られていた。童子の上部に日月、足元に二鬼、その下に三猿の形式。

06dorogenpyo 07koshin

軍畑駅への分岐(軍畑大橋南)を過ぎると民家が激減、すっかり山。御岳渓谷の散策路が始まるあたりだ。寒山寺駐車場を過ぎ、ボルダリングで有名な?忍者岩の上部にあたるのが、(8)のカーブの先。羽村から14km過ぎ。その先は御岳トンネル(9)で、手前では渓谷が見えた。トンネルの出口には見たことない多摩川標柱が。海から70.8km(9)東京めもり(TOKYO MEMORY)と記されていた。

08ninja_14km 09mitake_t

09tokyo_memory 10torii

御岳駅に続く御岳橋交差点を過ぎると、上り坂up 12時ごろに雨が降るも、すぐ止んだ。御嶽神社の鳥居(10)登場。ここで吉野街道とお別れ。ゴールの滝本駅まで残り1.5km。多摩川支流・大沢川(11)沿いの道を上る。琴平滝を過ぎて、これは、走るの無理かもsweat01 イワタバコ(12)で目と脚を休ませる。が、やっぱ無理です。ナメテマシタ、御岳山wobbly 中ほどの琴沢橋バス停でリタイア。残りは歩きますぅpaper

11oosawa_r 12kotozawa

800mほどの激坂、滝本駅が遠い遠いup やっと到着、ケーブルカー乗り場の滝本駅(13)。疲れちゃって、写真の角度もオカシイ。ケーブルカーは15分おきに発着してて、ちょうど発車。赤い車両は御嶽号。緑の車両は武蔵号。

13takimoto_s01 13takimoto_s02

羽村取水所を再スタートして17.0km/1:37’40”NET+激坂歩き0.8kmfoot 総走行距離は22.5km。やっと御岳山でレンゲショウマ鑑賞という本企画のメインが始まるのであった。レンゲショウマの巻をご参照くださいwink まだ写真があるから、もう1回続くcoldsweats01

Map

2017年9月 1日 (金)

御岳山への道~玉川上水ラン(拝島-羽村)

8月26日のこと。拝島駅前から御岳山の麓まで走って、御岳山でレンゲショウマを愛でた。ルート編。3年前は多摩川ランを兼ねて立川スタートの長丁場をやった挙句に、右膝半月板を損傷した、曰くつきの多摩川周辺(2014/11/22)。八高線trainに乗ってみたかったから拝島スタートにしたのだが(ボタン開閉式の車両がオツだった)、ルート未定のまま拝島駅に降り立った。最初は多摩川方向である南口に向かい、周辺地図を見たら、北口に玉川上水がある!やっほー!玉川上水に決定だcoldsweats01 北口の平和橋から満々と水を湛えた玉川上水を眺めて、スタートrun ルート詳細はマップに載せて省略。玉川上水は羽村から四谷まで約43km、いつか走りきるためGoogleマップで作った。約43kmのうち、今回は拝島-羽村のほんの5.5km。残りを2分割すると井の頭公園あたり?なかなか行くのがメンドーだなぁ、横浜線住民的に。かと言って、一気だと膝壊れそう。ブツブツsweat02

さて、拝島駅の大半は昭島市にあるが、北口のロータリーは福生市(1)、いきなりアメリカン。だが、玉川上水は時代を越えた余裕の存在感でもって流れていた。奥多摩街道に架かる福生橋(2)から流れをのぞき込むと、野鯉が泳ぎ、ハグロトンボが乱舞していた。写真の矢印の先にハグロトンボ、少なくとも10匹。ただの黒い線にしか見えないのが残念。

Haijima_s Haguro

途中はマップで割愛して、もう羽村取水所。懐かしの(3)たまリバー50キロ案内板。(4)玉川庄右衛門・清右衛門兄弟の像が指さす先に玉川上水の出発点、(5)羽村取水所がある。

Tamariver50 Tamagawa_b

写真左から、多摩川、筏通し場、投渡し堰(羽村取水堰)、第一水門(取水口)。投渡し堰は平成27年に土木遺産に選定されている。

Hamura05

Nagewatashizeki05 Hamura06

(6)レンガ造りの第一水門と玉川上水の流れが始まる(7)第二水門。たっぷりの水を眺めて幸せ気分happy01 石垣の上は奥多摩街道で、羽村取水所を見下ろす場所には、玉川兄弟によって建立された(8)玉川水神社と、玉川上水を管理する役所だった羽村陣屋(陣屋門だけ残されている)。

Hamura07 Suijin08

爽やかな川風を浴びてリフレッシュ。御岳山までは17km以上あるが、羽村から先もノープランだった。ひとまず、多摩川沿いだよねってことで、再スタートrun 続く。

2017年8月26日 (土)

御岳山のレンゲショウマ

念願の御岳山のレンゲショウマ鑑賞。毎年8月になると計画だけはしていたが、やぁ~っと実現。多摩川にはトラウマがあるが、そこを乗り越えて、拝島駅前から走って行ったさ(22.5km+徒歩0.8km)。御岳登山鉄道(ケーブルカー)の滝本駅まで走るつもりが、手前で挫折したりしたランの巻は後日UPするとして、ご覧いただこう、レンゲショウマを。撮れ高は充分だったがクオリティは別coldsweats01

01renge

引いて、レンゲショウマの後ろ頭。ケーブルカーの終点、御岳平からすぐレンゲショウマ群生地の入口があって、急斜面に急階段と横方向の散策路がある。彼女は(レンゲショウマは妖精っぽいので“彼女”)下向きに咲くので、この斜面が撮影にちょうどいい。

02renge

03renge

04renge

妖精だわlovely

05renge

06renge

最後の一枚は、群生地を保護するネットからはみ出るレンゲショウマ。

07renge

群生地は、ここよりさらに25分ほど歩いた先の武蔵御嶽神社周辺にも“ちょこっと”あるそうだ。全体で約5万株、関東一の群生地と言われる。今年は咲き進みが遅かったそうで、今日は見頃happy01 すでにヘロヘロだったので、御嶽神社参拝は次回のお楽しみにし、サクッと下山。走って下山は無理っす。ケーブル&バス&徒歩(途中下車した)。ケーブル下のバス停は行列。臨機応変に臨時バスが来るので座れましたgood

2017年8月 8日 (火)

昭和記念公園からラン

09akishima 8月5日のこと。八王子駅前スタート・ゴールで昭和記念公園に走った。往路は甲州街道-立日橋-あけぼの口 9.5km。復路は昭島口からrun マップは一番下↓42.195km.netさんで作成。往路は赤ライン、復路が青ライン。

公園の昭島口ゲートで係のおじさんとお喋りして、この日は昭島の「くじら祭」で花火があがると聞いた。(9)くじら?疑問が渦巻いたが、園内散策約6kmでグッタリ、ツッコめなかったdown 鯨の化石が出たんだろーなーと想像したが、昭島市のHPを見たらアキシマクジラの化石が出たそう(約160万年前)。

鯨に惑わされたせいではなく疲れていたせいで、走り出すなり方向を間違い、西立川駅に向かってしまった。多摩大橋を渡るつもりだから、逆wobbly 東中神駅前に戻り、福島通りを多摩川へと真っ直ぐrun 多摩川の土手に(10)築地(ついじ)の渡し跡があった。なんと、所沢から八王子、大山に至る大山道だった。ってことは、八王子通りか?大山道八王子通りも、いつか探索ランだrock

10tuiji 10tamaoohashi

多摩川大橋の西際には八王子市のマンホール(11)があった。カラーは初見で、実はずーっと「サンバ?」と思っていたのが「車人形」だったsweat02 その後、八高線の小宮駅がある丘越えが、もー暑くてキツくてwobbly 県道59号(多摩大橋通り)を進み、八王子宿(今回のゴール地点だ)、御殿峠と南下するのが大山道八王子通りだが、丘を越えたトコで寄り道。横浜まで43kmポストのある国道16号線左入町東(12)、昭島口から約7km。ヘロヘロsweat01

11hatioji 12sanyu

今回の野望の地、都内唯一の道の駅、八王子滝山(13)に、やっとこさゴール。7.6km/42’21”NETrun だってここには牧場系アイスクリーム屋さん、アイスミルクMO-MOがあるんだもんgood 牧場系アイスクリーム屋さんマップ更新>> 市内の金子牧場の搾りたて牛乳を使ったお店。ソフトクリームが美味しそうだったけど、自然と「ジェラートダブル」と口にしていた。ミルク・ブルーベリー@420。ミルクが濃厚で美味しいhappy01

13takiyama 13momo

農産物・特産品・フードコートなどで賑わう中、異常に汗を滴らせ、呆然とジェラートを食す変な人だったcoldsweats01 サギソウ鑑賞したし、段丘体感したし、想定外の大山道を走ったし、ジェラートも食べた(ついでに八王子の梅ジュースも飲んだ@250)。完璧だ。熱中症入口なのも想定内だ。頭からサーっと血が引く感じがして寒気がするんだよぅsweat02 すべてのイベントをクリアし、八王子駅に帰るだけ。トンネルを使えば直線的に駅に向かうことができる。小宮公園の下、(14)ひよどり山トンネル(1030m!)を通る。トンネル出たとこにあったマンホール(15)、大谷弁天池ってドコ?

14hiyodoriyama 15hiyodoriyama

この日は八王子まつり(8/4-6)だったので規制有。駅前まで行かずに八王子駅入口交差点にゴールdash 3.0km/17’51”NET。総走行距離は20.1km。お疲れ様~。華やかな山車とお囃子。山車は19台もあるそうだ。お祭りエリアが広いので、端っこをかすめただけで離脱。これにて出張ラン終了。

Maturi01 Maturi02

Map

2017年8月 7日 (月)

昭和記念公園にラン

8月5日のこと。近場でヒマワリか遠くでサギソウかギリギリまで悩んだ結果、遠くの昭和記念公園にサギソウを観に行った。帰り道に野望があったので、中山スタートではなく八王子駅前スタート・ゴールrun 今回の野望は団子ではないpig

八王子駅北口をスタートして甲州街道へ。浅川の(1)大和田橋には焼夷弾・弾痕が保存されている、のだが、なぜだか一つも見つけられずに渡り切った。対岸のホテルニューグランドの教会(イギリスから移築された伝統ある教会)が幽霊屋敷っぽく見えるし、寝ぼけてるcoldsweats01

01oowada_b 01oowada_b02

甲州街道のイチョウ並木は高尾方面だけじゃなかったことを体感しつつ、日野自動車本社がある日野台へ上がって、(2)日野大坂を下り、古民家風の(3)日野駅前を通過。

02sakaue 03hino_s

日野市は新選組猛プッシュの町paper 甲州街道沿いの(4)八坂神社には天然理心流奉納の額があり(案内板のみ)、後の近藤勇と沖田総司の名も記されている。歴史的建造物の蔵や、日野宿高札場問屋場跡(5)、江戸時代に建てられた本陣(6)が並ぶ。本陣前の日野宿交流館は新選組情報が多い。

04yasaka01 04yasaka02

05tonyaba01 05tonyaba02

06honjin

新奥多摩街道入り口交差点を左折し甲州街道と別れる。スタートから7km、多摩川の立日橋(7)。多摩モノレールを頭上に多摩川渡ります。

07tabbi_b 07tamagawa

08shibazaki スタートから8km。モノレールは柴崎体育館駅(8)に向かって上る(当然、道路も上る)。この辺りは、ちょうど立川崖線と青柳崖線が近づくところで、県道からは青柳面の段丘崖が見える。二段階で段丘面に上がる感じを体感できるという、ラン的には最後の難所wobbly だが、段丘好きにはタマラナイ。いつか探索ランしたい立川崖線。

中央線青梅線の地下道をくぐり、立川北口、昭和記念公園あけぼの口にゴールdash 9.5km/52’38”NET まだ朝だから、元気good

目的のサギソウは西立川口がメイン会場なので、あけぼの口から遠い。入園料@410払ってテクテク、テクテク歩くfoot イチョウがもう色づいていた。昭和記念公園の巻は前回の記事へ。次回は、「暑さに負けるな、野望のお帰りラン」の巻。

Syowa

2017年8月 6日 (日)

昭和記念公園のナツズイセンとか

8月5日のこと。昭和記念公園ではサギソウ以外にも多くの花々が見られた。カノコユリ、ミソハギ、スイレン、キキョウ、オミナエシ、ヤブミョウガなどなど。林床で群生するナツズイセンが見頃だった。夏水仙とは言ってもヒガンバナの仲間(ヒガンバナ属)。色が赤かったらヒガンバナのような眺め。

Natuzuisen01

Natuzuisen02

Natuzuisen03

Natuzuisen04

Japan 同じく同属のキツネノカミソリが咲いていないものかと探したが、見当たらず。わりと普通の野草は無いんだなぁ。

日本庭園でハスが見られないかとやってきた。しかし、開花しているのは1輪のみ、ほぼ終了。池をひと巡りしていると、装備バッチリのカメジー&カメバーがいた。彼らは被写体がどこにいるか、良いアングルはどこか、よく知っている。そーっと近づいたら、綺麗なトンボがいたhappy01

空飛ぶステンドグラスか、チョウトンボだった。ブルーインパルスみたいでもあるな、TVでしか見たことないけど。もう1匹、ふるふると震えていたのはウスバキトンボかな?→ショウジョウトンボの雌と判明(情報提供はるきょんさん、ありがとうhappy01

日本庭園の近くにはトンボの湿地というエリアがあって、ショウジョウトンボやシオカラトンボがたくさん飛んいた。サギソウまつりのスタンプラリーでは、サギソウは無いのに湿地がスタンプポイントなのだ。園の北側も歩かせようっていう作戦だなbleah

Cyo

Usubaki

庭園より北にも公園は広がっているが、もう疲れたdespair お帰りランもあるし、花木園で残念なサギソウ・スタンプを押した後、公園よサラバだ。約6km/1時間半の散策だった。次回、ランの巻。

2017年8月 5日 (土)

昭和記念公園のサギソウ

今日は昭和記念公園にサギソウを観に行こうと、八王子駅から走った(9.5km)。ゴールも八王子駅ね。ルート編は後日UP。

今日から9/3まで、サギソウまつり開催。もう、ヒマワリの気配も無い昭和記念公園だった(ヒマワリ畑は終了しましたと書いてあった)。サギソウは園内2ヶ所で展示されている。西立川口付近がメイン。今日からだから、数輪しか咲いていない。ただ、撮影用の鉢植えを貸し出しているので、鉢をあちこちに置いて撮影している人多数。そこまでは、ねぇ。

Sagiso01

Sagiso02

花木園展示棟の前。花数が少なくても舞っているねー、サギhappy01

Sagiso03_2

Sagiso04

自分が知る限り、サギソウが見られ自走できる場所は、ココと馬場花木園と九品仏の浄真寺。ココ以外は蚊が怖くてぇcoldsweats01 で、サギソウまつりではスタンプラリーをやった。展示が無いトンボの湿地南側にも行ったため、結局約6km/1時間半も歩き回った。疲れた。それなのに、花木園のスタンプがー!「右上」っていうテプラの通りに押したら、逆やん!スタンプ台紙に「方向をまちがえないように」って書いてあったよ。でも、テプラが逆貼りだよ~down

Sagiso05 Sarusuberi01

Sarusuberi02 Sarusuberi03

疲れと暑さにヘコタレていたので残念な出来映えに耐えられず、「漏れなくポストカードプレゼント」は貰わずに昭島口から出た。園内ではサルスベリが見頃。他にも撮ったので、次回その他の巻。

2017年7月31日 (月)

鶴見川(谷本川)ラン

7月29日のこと。小山田神社と薬師池公園で観蓮の後、お帰りランrun ルート検討の結果、最近敬遠していた鶴見川(谷本川)ルートで。谷本川は日影が少なくて夏向きじゃないのだ。

中山から河口へは毎年のように走っているが、上流は「ついで」ばかり。ついでを繋げると源流から河口まで走破しているのだが、今回は谷本川メイン(右岸)で行く。マップも作ったので、今度は源流まで行かねばならないなー。ルート詳細はマップに載せて省略。

距離標識をピックアップ。バクの距離標36.0km(1)は図師にあったもの。このタイプは新袋橋から恩田川合流点までの右岸には無かったが、恩田川との合流点から下流には河口付近まで設置されている(2016/12/10鶴見川ラン)。神奈川県の鶴見川看板(4)、新しいバージョンには以前無かった距離表記がある。鶴見川流域共通サイン・バクの案内板(2)は、新袋橋から9km付近、上谷本町で初登場(初登場は7km付近の寺家橋でした)。橋梁に直付け(5)パターンは数少ないが、バクの案内板とともに下流域では見かける。最後は神奈川県横浜川崎治水事業所の距離標(3)。近年、この黄色いタイプに更新されつつある。

01_36km 04tokiwa

02miyamae9km 05yamoto 03_206km

道中、百日紅の花が色とりどりで綺麗だったし、青葉区に入ると浜梨が野球ボール大に生長していて来月が楽しみだったりしたのだが、川に集中run しかし、浜梨妄想が頭をグルグルcoldsweats01 どの梨園もネットに覆われ、たわわに実った梨ちゃんは紙のお布団にくるまれていた。今年はどこの農園でゲットしようかなー、って考えてたら恩田川合流点に着いたbleah 15.0km/1:25’01”NET。観蓮ラン含む総走行距離は、22.1km。

より以前の記事一覧