2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

東京都内

2018年8月14日 (火)

滝山城址にラン(2)

8月11日、山の日のこと。昭和記念公園玉川上水口をスタートして滝山城址の仮称・高月口に着いたところまでが前回の記事(スタートから9km)。ルートマップも前回の記事へ。

庚申塔・地蔵尊の辻には都立滝山公園の標柱もあった。そして滝山城跡への急坂がいきなり始まる ほとんど直線的に約500m登った先に車止め。振り返ると多摩川と高月町の田園風景(1)。スタートから9.5km地点。なおも石畳の急坂を登ると(もはや走れない)、(2)引橋が頭上に架かっていた。右手が本丸、左手が中の丸跡だ。標高約160mの丘一帯に滝山城の遺構が残っている。

01takatuki 02hiki_b01

滝山城は戦国時代中頃(1521年)に築城された国指定史跡、続日本100名城にも選定されている。引橋の先を右折し、枡形虎口(3)、本丸跡(4)へ。本丸への出入りは引橋と、この虎口の2ヶ所。枡形がよく残っている。本丸広場には霞神社(5)が鎮座。引橋を渡って中の丸へ。

03koguti 04honmaru

05honmaru 02hiki_b02

引橋(2)から見下した枡形虎口への分岐。中の丸跡(6)には旧滝山荘とトイレがあった。滝山公園は桜の名所で、中の丸にも桜の大木がある。春にまた来たいねぇ

02hiki_b03_3 06nakanomaru

大手口がスズメバチのため通行止めになっていたので尾根つたいの道へ。喰違い虎口の空堀(7)。(8)木橋(引橋)の下にも空堀。同じく続日本100名城に選定された小机城址よりも随分と大掛かりな山城だったことが伺える。尾根道の(9)古峰の道を南東へ。南西の斜面には乗馬クラブのクロカンコースがあった。

07karabori 08kibashi

09kobunomiti02 09kobunomiti01

10takiyamadai 尾根の一本道が二股に分かれたが、なんとなく左の小峯ヶ原園地方面へ。林道の状態が良かったものだから、つい脚が進んだ 後で地図を見てみれば、道の駅に行くのだから分岐を右(少林寺口)へ行くべきだった。

途中でトレランナー数人とすれ違ったりしつつ、快調に尾根道を進むと、初めての階段下り。滝山台口(10)。国道16号線に出てしまった。滝山丘陵約3.5kmのトレランだった。

走るの重視で城跡見物は二の次。今度は花見を兼ねて大手口から登ってみたいな。

都内唯一の道の駅八王子滝山まで、1.4km戻る。スタートから13.9km、道の駅に到着。

去年もサギソウ帰りに立ち寄って、ジェラートを食べた。今回はソフトクリームを食べたい。金子牧場の搾りたて牛乳を使ったアイスミルクMO-MOカネコミルクスペシャルソフトクリーム@300を購入。牛乳味濃い 牧場系アイスクリーム屋さんマップ更新>> この道の駅は品ぞろえが良いので何か買って帰りたくなる。いっそバスで八王子駅に帰ろうかと思ったくらいだが、美味しいソフトクリームで元気注入。残念ながら走って帰れそう。せめてものことに、東京牛乳を買って飲んだ。美味しいなー

Momo Milk_tokyo

11hiyodori 外に出たら小雨が降り出した。わお、くるか?夕立 八王子駅まで、ひよどり山道路を真っ直ぐ 全長1km以上もあるひよどり山トンネル(11)で、チャリに轢かれたら誰も助けてくれないなーと妄想を膨らませる。なぜって、閉所恐怖症気味な上に、歩行者無し、チャリはガンガン飛ばす 歩行者には危険な歩道だからである。轢き逃げされたら助けは来ないと思うと、ビビる

トンネル抜けたら雨が徐々に降り出した。駅に近づくほど本降りに。駅入口交差点にゴール 17.0km/1:46’17”NET。総走行距離は、21.3km。以上で、山の日に山に走ってソフトクリームを食べる企画終了。その後土砂降りになったが、相原以南は晴れていた。

2018年8月12日 (日)

滝山城址にラン(1)

8月12日のこと。昭和記念公園でサギソウ鑑賞&ぐるぐるで4.3km走った後、玉川上水口(1)からランの本番スタート 山の日だけに、滝山城址に行こうという計画。丘陵だけど、そこはまぁ、山ってことで。

柴崎用水を遡って玉川上水へ。松中橋(2)に到着。松中橋の上流右岸に砂川用水と柴崎用水の分水口(3)がある。玉川上水緑道を拝島に向かい、拝島駅を越えて多摩川を渡るコース。拝島駅前の平和橋(4)で、スタートから約4.5km。橋の下流右岸には拝島分水口。(玉川上水緑道ラン>>

01syowakinen_p 02matunaka_b

03shibasaki_sunakawa 04heiwa_b

05kumakawanowatashi 拝島駅は富士山ビューポイントなのだが、この日は雲中。ちなみに、この日のルートは立川市-昭島市-福生市(平和橋周辺)-昭島市(拝島駅前)-福生市-あきる野市-八王子市。多摩地域は行政区画が入り乱れているなー。

睦橋通りを多摩川へ。睦橋の東際に睦橋(熊川の渡し)碑(5)。江戸時代、伊奈宿から江戸に向かう“えな道”の渡し場だった。えな道は後に五日市街道となったそうな。

睦橋の中ほどで、スタートから6km。福生市からあきる野市に入った。下の2枚目、多摩川の下流に伸びている緑地が目的地の滝山城址がある滝山丘陵(都立滝山自然公園)。

05mutumi_b_3

05tama_r

初・あきる野市。イメージが長閑。秋川(6)と言えば、秋川渓谷を連想する程度の認知度 バーベキューの賑わいも多摩川下流域とは大違いの東秋川橋(7)袂、秋川ふれあいランド。このくらいが丁度良いよねぇ。橋を渡ると、もう八王子市。あきる野市を1.6kmだけ体感。またいつか会いましょう、秋川&あきる野市

06aki_r 07e_akikawa_b

滝山丘陵東裾を北進。スタートから9km、高月町の庚申塔・地蔵尊の辻(8)を右折。いよいよ滝山城址に上る 登坂の途中で見られたキツネノカミソリでひと息いれて、続く。

08takatuki Kitunenokamisori

Map

2018年8月11日 (土)

昭和記念公園のサギソウなどなど

山の日には山へ!って山の日ができてから言い続けているが、なかなかね 今年は昭和記念公園から八王子の滝山城址へ向かう。ちょっとだけ、山。まずは、立川駅から昭和記念公園へ。今はサギソウまつりをやっているので、西立川口から入園。9時開園だと思って行ったら9時半だった。ゲート前に長ーいプール行列が、スゴっ。なお、ヒマワリとナツズイセンは終了。

サギソウは西立川口ゲート付近と花木園展示棟前で見られる。スタンプラリーもあるのだが、まだ準備ができておらず、スタンプ・リベンジ断念(去年、スタンプ失敗した>>)。青葉・銀河・輝き、という3品種が栽培されていて、8月上旬→中旬→下旬と開花するそう。今咲いている品種は、?

Sagiso01_2 Sagiso02

水鳥の池の奥に湿地があって、デッキの側に数輪が咲いていた。

Sagiso03_2 Sagiso03

花木園展示棟前のサギソウ。

Sagiso04_01

Sagiso04_02

Sagiso04_03

可憐なサギソウを堪能した後は、日本庭園に行こう!大ケヤキが聳える原っぱを横断 時間が早いので、だーれもいない。原っぱの東花壇ではコスモスが生育中。

Keyaki

日本庭園内はお散歩。ここは見られるトンボの種類が多いのだ。空飛ぶステンドグラス、チョウトンボもいた。が、撮れず ギンヤンマも当たりを付けて撮ったけど全然ダメ。東屋で悪戦苦闘していたら、真下のハスに何か、いる。カイツブリだった。

Jp_y Kaituburi

Uchiwayanma Akane

Kawaranadeshiko 日本庭園で撮れた唯一のトンボは、ウチワヤンマ↑ こもれびの丘園路で何かの赤トンボ↑ もう赤トンボ系の同定を放棄している (タイワンウチワヤンマとコノシメトンボとの事。Thanksはるきょんさん 8/13追記)

他に見られた花は、秋の七草の一部(カワラナデシコ、キキョウ、オミナエシ、萩)、ヤブミョウガ、スイレン、ハス(1輪しか見ていない)、サルスベリなど。

園内の移動はランで、4.3km 玉川上水口から外へ。ここからランの本番。玉川上水に出て拝島-あきる野-滝山城址。ルート編は後日UP。

2018年8月 7日 (火)

坂東三十三箇所観音霊場巡礼ラン(第十三番)

今日は立秋。奇跡的に涼しい1日。さて、8月4日のこと。坂東三十三箇所観音霊場を巡礼するランの完結編。5月5日に神奈川県内9ヶ寺の巡拝を終え、都内唯一の観音霊場、浅草観音へ。まだ23ヶ寺もあるが、そこまで走れないので神奈川・東京だけでお終い。

スタートはハスが見頃の上野不忍池。池の東岸には駅伝の碑「駅伝の歴史ここに始まる」。大正6年に初開催された駅伝は、京都三条大橋をスタートし、不忍池博覧会正面玄関前にゴール。500km超を3日かけて走破!スゴっ 自分は浅草寺まで、ほんの2.5kmです

01shinobazunoike 02ekiden

浅草通りを走ること15分で雷門前に到着。第十三番浅草観音、聖観音宗金龍山浅草寺。御本尊は聖観世音菩薩。2014年正月以来の参拝である。7時台なので、仲見世は閉まっていて人も少ない。主に歩いているのは外国人観光客。

03kaminari_g 04nakamise

宝蔵門と五重塔。

05hozo_g 05hozo_g02

本堂前もスッキリ。お参りも余裕でジックリとできる。朝早いって良いなぁ。ただ、御朱印の授与などは8時から。境内を散策 五重塔とスカイツリーが、靄っている。

06hondo 07gojunoto

06hondo02

境内の東側、二天門のそばに浅草神社が鎮座しているので、そちらにもお参り。御祭神は浅草寺の御本尊観音像を網で拾い上げたという、桧前浜成命・桧前竹成命、像を奉安した土師真中知命の三柱。三社を祀るので三社様と呼ばれたが、後に東照宮を合祀し四柱となった。浅草神社例祭が三社祭というのは三社様からきている。8時になったので影向堂で御朱印をいただいた。写真の右に見切れている「五月五日」に金目観音を参拝したのだなぁ。3ヶ月も空いてしまった。

08asakusajinja Gosyuin


09azuma_b これで本当に神奈川・東京だけ10ヶ寺の坂東三十三箇所観音霊場巡りはお終い。お疲れさまでした。以下のリンクは参拝順。

この日走ったのは2.5kmだけで、歩いたほうが長い。時刻は8時過ぎ。隅田川ランをしつつ品川方面に向かう予定だったが、緊急事態発生!お腹が、お腹が~ どうして自分のお腹はこうも我がままなのか。せっかく浅草まで来たのに無念のリタイア。吾妻橋からスカイツリーと大ジョッキ(アサヒビールタワー)と筋斗雲(アサヒビール炎のオブジェ)を眺めて遣る瀬無い気分に浸った後、電車で帰宅。隅田川ランはまたの機会に

2018年8月 4日 (土)

上野・不忍池のハス

今日は始発で上野、不忍池にハスを観に行ってきた。6時過ぎに着いたのだが、上野四丁目交差点の信号待ちで、既に緑と桃色の光景が見えて素晴らしいじゃないの!って思った。ちなみに、上野公園前の信号でもビルの間に見えて綺麗。

以前茶屋があったスペースにハス観察ゾーンができていた。見渡す限りのハスに高層ビルと不忍池弁天堂。見頃だね 大賀ハスなのかと思ったら、桃色のハスは地蓮(ジバス)という品種なのだそう。とにかく多いので、次から次に咲いて見頃が長く続くのが不忍池の特徴。8月中旬まで楽しめそう。

Shinobazu01

Shinobazu02

Shinobazu03

Shinobazu04

観蓮客、けっこう多い。昨夜からいらっしゃる方もチラホラ 朝っぱらから、みんなガッツがあるね 観察ゾーンにいた人の2・3割は外国人だったと思う。外国人にも知られているんだねぇ。

不忍池を反時計回りに散策。中之島の不忍池弁天堂の方は開花が少ない。

Shinobazu05

弁天堂の北側は鵜の池。鵜の池のハスも見頃。

Shinobazu08

Shinobazu09

ボート池と蓮池を分ける遊歩道側は背の高いハス葉に覆われていた。で、一周して観察ゾーンに戻ってきた↓

Shinobazu06 Shinobazu07

野外ステージ側の様子。

Shinobazu10

2km弱ぶらぶら ランナーが増えてきた。それでは自分も走るとしよう。坂東三十三観音霊場巡りの続きで、十三番札所浅草寺へ 浅草寺の巻は後日。

2018年7月23日 (月)

小山田神社からのお帰りラン

7月21日のこと。小山田神社で大賀ハスを鑑賞した後の、お帰りラン。スタートは7時過ぎだったが、すでに暑い 毎日毎日気温が積もっていくようだ。お帰りのプランは、境川を下って町田駅先で町田街道・高ヶ坂を越え、恩田川に入り中山を目指す。丘を越えて二川を走っちゃう新しい試み 試みは新しいが、未走路ゼロなのでネタは少ない。

01oyamada Map

境川には山根橋(2)から。町田市内の境川自転車歩行者専用道路には「境川ゆっくりロード」という愛称がある(3)。そんな名前が付くくらいなので、サイクリストが多い。フェンスにもたれてアオサギの捕食風景を撮っていたら背後ギリギリを通過され、チャリの人が驚いた声をあげていた。いや、驚いたのコッチだって...前見て、ゆっくりねー。

02yamane_b 03negishi_b

03aosagi 04kobuti

境川には斜面緑地がいくつか残されている。大賀藕絲館から4km付近の仮称・古淵斜面緑地(4)。5km付近、横浜線の南側に伸びる古淵鵜野森公園の斜面緑地(5)。

05unomori_p01 05unomori_p02

緑豊かな流れから、あっという間にビルに囲まれた流れに。JR町田駅前の谷口橋(6)。境橋で境川を離れるつもりが、またもチャリに轢かれそうになり(チャリの信号無視だ!)、動揺して先に進んでしまった (7)親水広場の手前で境川離脱。「バイクでの通行は禁止ですバイク」...九州弁? スタートから7kmちょっと。

06yaguti_b 07sakai

原町田青空広場を通り抜け、(8)町田天満宮へ。熱中症になりませんように、お参り。町田街道を渡って下り坂の途中、国指定史跡高ヶ坂石器時代遺跡(9)があった。これは初見。指定遺跡は3つで構成され、ここは牢場遺跡(住居跡)・稲荷山遺跡(配石遺構)。八幡平遺跡は高ヶ坂郵便局より北側。

08tenmangu 09kougasaka01

09kougasaka02 09inariyama

境川を離れて約2km、恩田川に到着。高瀬橋(10)から始まる桜の名所。スタートから9.5km付近の弁天橋公園(11)、吹上橋(12)。桜並木終点の仮称・柳下親水広場にはバクの距離標7.0km(13)がある。これより下流には日陰が少ない。そう思っただけでゲンナリ

10takase_b 11benten

12hukiage_b 13baku70

恩田町、奈良川(14)が合流。左岸は緑の田んぼ。右岸には長津田の台地がそそり立っている。(15)田奈橋から上流を見ると、斜面にびっちり家々。昔は斜面緑地だったんだろうなぁ。スタートから13km付近。

14nara_r 15tana_b

16nenbutu_b ああ~暑いっ やっと戻ってきた、中山。小山橋、昔は念仏橋(16)と呼ばれていたそう。この緑区遺産の説明板に気づいたのは1ヶ月ほど前。緑区遺産探しに出る?止めとこう。予期せず見つけるくらいで丁度良いかな。

中山駅北口にゴール 17.8km/1:46’54”NET。道中、水分1L補給。汗びっちょびちょ。首に濡れ手拭いを巻いていて、乾く前に水場を見つけては濡らしていたので、ウエアも濡れている 毎年7月は走り時で、ガンガン走っていたが、今年の暑さは半端ない。20km以下に抑えて、朝早くから走ることで熱中症対策。濡れ手拭いと距離セーブのおかげか、今のところ具合が悪くなることはなかった。まだまだ酷暑は続くらしい。ほどほどに走り回ろうっと。

2018年7月22日 (日)

小山田神社の大賀ハス2018(3)

今季2度目の小山田神社の大賀ハス。神社の裏手に回ってきた。

Oyamada06

ハスからリサイクルセンターの煙突がニョキっと

Oyamada07

シオカラトンボショウジョウトンボ♀。ウスバキトンボかと思ったけれど、ショウジョウトンボだなぁ。花弁の間に潜り込むキマダラミヤマカミキリも見っけ。写りがイマイチ

Shiokara Syojo

社殿とハス。

Oyamada08

Oyamada09

Oyamada10

開こうとしている若葉とハス。今度の週末まで見頃が続きそう。蓮まつりのため、大賀藕絲館から無料の送迎車が出ている。帰りは利用させていただいて、藕絲館でひと休み。さあ、走りますかっ ランの巻は後日UP。

Oyamada12 Oyamada11

2018年7月21日 (土)

小山田神社の大賀ハス2018(2)

今日は遠出の予定だったが、体調不良によりプランB、小山田神社のハスをもう一度観に行こう!である。前回7/16よりも早く着くため、淵野辺駅からバス(桜美林まで) 今日明日は大賀藕絲館の蓮まつりなので、早めに。が、前回より20分くらいしか早くなかった ピーカン

花が増えた。見頃を迎えた小山田神社。この感じだと、次の週末も楽しめそうだ。

Oyamada01_2

Oyamada03

Oyamada02

ハスの葉に映る蕾の陰。これは、親切な先輩に教えてもらったもの。面白いでしょって

Oyamada04

Oyamada05

Oyamada05_2

次は神社の裏に行ってみよう。

2018年7月18日 (水)

薬師池公園の大賀ハス2018とルート編

7月16日のこと。早朝観蓮ランのルート編と薬師池公園の大賀ハス。いつもと違うランのスタート地点は相模原駅北口。最寄りの淵野辺駅からだと小山田神社まで約3kmなので、2駅遠くから 米軍の相模総合補給廠の真ん中を通る、真っすぐな南北道路に立つ。朝だなー 左側の敷地の一部は既に返還され、条件付きで一般使用できるそうだ。上馬場尾根に上って振り返ると、大山丹沢が靄っていた。ここからは尾根緑道(戦車道路)を東へ。尾根緑道中央交差点付近から桜並木になり、春には桜まつりが行われる

01sagamihara_s 02kamibabaone

02kamibabaone02 03sakura

相模原駅から6.3km、小山田神社ハス田に到着。小山田神社の巻は前回の記事へ。30分ほど花を愛でた後、薬師池公園に向かう 芝溝街道図師大橋交差点手前の大久保谷戸入口の石造物群

04oyamada 05ookubo

図師で鶴見川ロードへ。川沿いに下り、今度は鎌倉街道へ。相模原駅前から11km、薬師池公園に到着。

こちらの大賀ハスは毎年小山田神社よりも見頃が遅い。咲き始めだ。

Yakushi01

Yakushi02 Yakushi03

小山田神社よりもずっと背高の大賀ハス。見頃の花は見上げる位置に多かった。

Yakushi04

Yakushi05

Yakushi06

06nakayoshi_s 薬師池公園の観蓮会は7/29。ヤマユリも見頃だった。

町田駅への道のりは鎌倉街道だと暑いので、日影を求めて恩田川に向かう。湧水を利用して流れを再現したなかよし散歩道(町田市公共下水道本町田2号雨水幹線)の向かいに本町田とんぼ池ができていた。

できていたというか、散歩道を作った当初からあったのに気づかなかったかスルーしてたんだな、自分 今回はスイレンが綺麗だったから目についた、と 毎年のように通っているのにねぇ。と、書いているうちに思い出してきた。そーだ、前回は親子が網を持って遊んでいたぞ!トシだからねー、良かった、思い出せて。

07tonmoike 07tonmoike02

川沿いの日影を選んで日向台交差点まで。一級河川恩田川の上流端から下流は東に離れていくので、ここで鎌倉街道に復帰。「上流端」とは一級河川としての管理境界であって、源流域はまだ上流にあるのだ。なかよし散歩道では下水道と化していたが、その上流の薬師池公園西園にも恩田川の源流域がある(恩田川源流へラン2016/4/23>>)。鎌倉街道は菅原神社先で右にカーブするが、真っすぐ鶴川街道へ。町田シバヒロでは大江戸ビール祭をやっていた(開園前に通過した)。斜めに小田急線とクロス、ひと気が少ない二番街にゴール 総走行距離は16.0km、総所要時間は約3時間(電車移動時間除く)。なお、今井谷戸から原町田の二番街まで、日向台界隈を除き旧鎌倉街道上道と被っている。50歳になる前に上道チャレンジしたいなーって、あと2年切ってるじゃん

08onda 09nibangai

Map

2018年7月17日 (火)

小山田神社の大賀ハス2018

7月16日のこと。今年も小山田神社の大賀ハスを観にラン 淵野辺駅からバスか自走が定番だったが、最近のとんでもない暑さを警戒し、更に早起きして観蓮の前後に走るプラン。わざわざ相模原駅まで電車、ランスタート 尾根緑道に上って6.3km、小山田神社のハス田に到着。7時前。

見頃を迎えた大賀ハス。大賀藕絲館の蓮まつりは7/21-22だ。全体的には下旬が良さそう。小山田神社の鳥居を入れるのが定番アングル

Oyamada01

Oyamada02

蕾が濡れていた。これは誰かが霧吹きで掛けたんだな、他は乾いているから。朝露風、いただきました

Oyamada03

Oyamada04

参道右脇は咲いているハスが多かった。神社裏に回ってみると、ちょうど対角線上のエリア(社殿裏左)が良い。去年もそうだったなぁ。リサイクルセンターの煙突も定番。

Oyamada08

Oyamada07 Oyamada06

Oyamada05

Tonbo ハス田にトンボはつきもの。シオカラトンボとハス

全体的に花弁がお疲れ気味?暑いからねー では、激暑になる前に、薬師池公園へGO 続く

より以前の記事一覧