2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

神奈川県央・相模原

2017年3月27日 (月)

城山かたくりの里から町田に旧道ラン

3月25日のこと。城山かたくりの里にラン、からの、旧道通って町田駅前にランの巻。ルートマップは一番下↓ 城山かたくりの里ルートは青ライン、4.6km/26’01NETrun 町田ルートは赤ライン、17.2km/1:35’47”NETrun

城山かたくりの里ルートは、3月5日の本沢梅園ランと同じなので省略bleah 写真にふった番号(撮った順)とUP順が違うのは愛嬌。さて、かたくりの里からの帰り、(2)川尻八幡宮前の道標には「右つくいみち 〇おおやまみち」と刻まれている。相模原市内には旧道の痕跡が多いので、帰りは旧道ランなのだrun 一の鳥居に向かって緩やかに下る途中で斜めに脇道に入る。国道413号原宿の交差点に出ると、(4)原宿市跡の標柱(相模原市設置)と(3)大山不動明王道標(自治会館敷地内)がある。

02kawajiri 04harajuku

大山道標の右面「西 津久井道 東 江戸八王子道」。大山詣りの講中は、相模川の小倉から舟で厚木まで下ったそうな。国道を西に向かった先の久保沢の温泉坂には「鎌倉みち起点」の碑があって、小倉橋に至る。この東西の道は久保沢道(津久井道)とも呼ばれ、原宿より東、二本松には(11)久保沢道の標柱がある(3/5撮影)。ただ、原宿を直進(北進南進)して道なりに進んでも小倉の渡船場に行き着く。高尾山詣でからの大山道(浅川口)はこっちのルートだと思われる。直進dash

03harajuku01 03harajuku02 03harajuku03 11kubosawa01 11kubosawa02

小倉まで行くと遠くなってしまうので、原宿5丁目バス停を左折して橋本駅へ。駅南口の橋本2丁目交差点南北方向は大山道(八王子道)で、(1)大山道の標柱がある。「北 八王子方面 南 大山方面」 かたくりの里に向かって最初に撮ったので(1)なのだ。

01hashimoto03 01hashimoto02 01hashimoto01

交差点を北進。突き当りに(5)棒杭の標柱。八王子通り大山道はここで西南の田名方面と、東南の当麻方面に分かれる。ここの東に大山道道標(棒杭と呼ばれた)が現在も守られている。

05boukui01 05boukui02 05boukui03 05boukui04

その(6)橋本の棒杭が、民家の敷地内に守られている。

06boukui02 06boukui01

07shiyakusyo ここでも大山道を行くと相模川に至ってしまうので、今度は藤沢に至る八王子道(滝山道)を進む。棒杭の突き当りを左、アリオ橋本の前を通るルートである。滝山街道((八王子-藤沢)も野望リストに入っているんだった。忙しいな~coldsweats01

国道16号と並走しつつも蛇行する道。旧道と呼ばれてるようだ(鵜野森旧道という交差点もある)。相模原駅を過ぎて西門交差点から市役所に向かって、(7)市役所桜通り「かながわの花の名所100選」の桜並木が続く。約1.6km、300本ほどもあるそうだcherryblossom 数輪が開花していたので、次週末には見られるようになりそうだ。

淵野辺駅前の先で道を間違って16号に近づいてしまったdown 旧道は線路近くの道なので、東淵野辺で方向修正。古淵の大野小学校前に(8)八王子道の標柱を見る。

08hatiojimiti01 08hatiojimiti02

一度道を間違ってしまったので、旧道に対する執着が薄れてしまった。鵜野森中学校の前で左斜めに伸びる(9)緑道を目にして、吸い込まれるrun 十月桜がショボショボと咲く緑道を終点まで行くと、(9)「相模緑道緑地鵜野森地区」の看板があって、八王子道に戻った。ここに出るのか!相模原公園からの帰りに通過したこと、2度ほど。そうと分かれば、町田駅までは簡単。駅前、境川にゴールdash 汗をふきふき、横浜線に乗車train お疲れ様でした。

09unomori 10kamituruma

Map

2017年3月26日 (日)

城山かたくりの里の山野草

Shiroyama 3月25日のこと。城山かたくりの里にて、カタクリ以外の山野草の巻。

30万株のカタクリの群生もさることながら、春の山野草の多さにはビックリ。樹木(梅・桜・桃・ツツジなどなど)も種類が多い。4月16日まで、まだまだ色々な花が楽しめるだろう。また行きたいな~happy01

現在園内で最も咲き乱れているのが、雪割草(キンポウゲ科ミスミソウ属ミスミソウ)。花弁に見えるのは萼片である。花弁(萼片)の先が丸っこく白いものはミスミソウ属スハマソウ(yukiwariso06)。色とりどりで綺麗happy01

Yukiwariso01 Yukiwariso02

Yukiwariso03 Yukiwariso06

Yukiwariso04 Yukiwariso05

その他の花々。1.ショウジョウバカマ 2.黄花セツブンソウ 3.キクザキイチゲ 4.ミツマタ 5.大輪ミツマタ 6.紅花ミツマタ 7.スモモ 8.サクランボ 9.バイカオウレン(散りかけ) 10.星咲きイチリンソウ 11.リュウキンカ 12.ネコノメソウ(蕾?) 13.イワナシ

SyojobakamaY_setubunso

Kikuzaki_ichigeMitumataMitumata_bMitumata_beniSumomoSakuranboBaikaoorenHoshizaki_ichirinsoRyukinkaNekonomesoIwanashi

アズマイチゲの群生は下を向いてて開いていなかった。日向ミズキ、各種ツツジ、バクハンツバキ、フクジュソウなどが見られた。人もたくさん見られたcoldsweats01 入り口わきの広場は休憩所になっていて、地場野菜や焼きそば、団子など販売。園内各所にベンチが設えてあり、茶店が一軒ある。今回は干した布団を取り込むミッションがあるために、散策1時間で切り上げたが、また行けたら、ゆっくりしたいな~japanesetea

2017年3月25日 (土)

城山かたくりの里のカタクリ

昨日から都市緑化よこはまフェア開催(3/25-6/4)で、里山ガーデンが徒歩圏内foot だが、カタクリは待ってくれない。花の寿命は1週間だ。カタクリの見頃はソメイヨシノの見頃と被るので、行きたくても行けなかった城山かたくりの里(個人の所有地)に、や~っと訪問run 30万株のカタクリが咲く里山。他にも春の山野草や桜も見られる「かながわの花の名所100選」である。まずは、カタクリの巻happy01 入園料は500円、開園は毎年3月第2土曜日~4月第3日曜日、9時~日没まで。

群生する斜面はこんな感じで、ほとんど咲いていないけれど、陽当たりの良い場所ではけっこう咲いていて、全体では5分咲き。日が当たらないと花弁が反り返らないのだ。

Katakuri Katakuri01

Katakuri03

Katakuri04

Katakuri05

白花カタクリが一輪だけ見つけたhappy01 黄花カタクリも一輪だけ咲いていたが、撮り待ちが長くて諦めた(雪割草を潰してまでカタクリを撮る不届き者もいるんだよぅpout)。最後の一枚は後ろに雪割草を従えて。

Katakuri_w Katakuri02

次週末が見頃でしょう。桜と被るなぁ。平日に休めれば良いんだけど、そうはいかない勤め人の辛さよ。プレミアムフライデーなんて無関係さ。月末の金曜なんて、多忙に決まっているdown さて、お怒り(ひがみ?)醒めやぬところで、次回はカタクリ以外の花々の巻。

2017年3月 7日 (火)

城山・本沢梅園-八王子ラン

Map 3月5日のこと。今季最後かもしれない観梅ランのルート編。目的地は城山湖の南東斜面に広がる、本沢梅園。スタートは橋本駅北口。

マップは42.195km.netさんで作成。青ポチは5kmのマーク、青ラインが本沢梅園へのルート、赤ラインが八王子駅(八日町交差点)へのルート。

スタート地点に戻らないのは常の事だが、今回は相棒さんのリクエストに応えて団子を土産とするため、ゴールが八王子駅。八王子は和菓子屋さんが多くて素晴らしいトコだgood ついでに和菓子つながりで、中山駅前の和菓子屋「いわさわ」は去年閉店してしまい、億万両本舗和作の出店になるようだ。駅近唯一の地元和菓子屋さんだったのに、残念。

橋本駅スタート、国道413号線を走って約3km、川尻八幡宮の一の鳥居(1)前に到着。国道から北西に真っすぐ伸びる参道は約1㎞もあって、県道に突き当たる場所に川尻八幡宮(2)が鎮座している。樹齢500年を超えると伝わる御神木・椎木など、樹木に覆われた鎮守様であった。

01kwajiri 02kwajiri 02kwajiri02

小松交差点に「本沢梅園」の案内表示があったので左折。小松地区はコスモス園やかたくりの里などの見所が多い。谷戸をじわじわ上って、6.3km/36’27”NETrun 本沢梅園(3)の下に到着。観梅の巻は前回の記事へ。城山湖を望むため、城山発電所前から再スタートrun 発電所から見上げる城山湖外周の稜線は標高約300m。立ちはだかる稜線、その圧力はなかなかのもので、サイクリストもゼーハー言って上るsweat01 上りきると、正式名称本沢調整池・通称城山湖(4)が見渡せる。白矢印の下は町田市最高峰・草戸山(364m)である。

03baien 04shiroyama_l02

04shiroyama_l

湖の周囲にはハイキングコースが整備されているが、先を急ぐ。金比羅宮(5)にお参りして、階段を下って本沢梅園前に戻る。梅園横の駐車場(城山湖天空の里駐車場)で河津桜が咲いていた。さんざん上ってきたので、今度は一気の下り、標高差100mほど。途中でウグイスの初鳴きを聞くことができたhappy01

05konpira Kawaduzakura

大戸の谷戸に下り、去年境川ランで訪れた大地沢青少年センターへの角に、(6)雨降地蔵尊(子育て地蔵尊)が祀られていた。城山湖一帯には竜神伝説があるそうだ。大戸観音堂(7)にもお参りして、町田街道へ合流。

06amehurashi_jizo 07ootokannondo

スタートから5km弱。拓殖大学の敷地に消えていく湯殿川の上流端(8)。町田街道を離れ、御霊神社から湯殿川遊歩道を下流へ。湯殿川の北には北野街道が並走していて、街道北の丘陵地帯を超えると八王子市街地だ。遊歩道を3kmほど下った椚橋(9)から上流を眺めると森があって、森の向こうにはトヨタ東京自動車大学校。椚橋の下流、謎の真っ黒魚オブジェがあるのは船橋(10)

08yudono_r01 09kunugi_b 10huna_b

長閑な風景を眺めながら、小比企町辺りで丘を越えて山田川(湯殿川と同じく浅川に注ぐ)に出ようと思っていたら、かなり行き過ぎたsweat01 スタートから10km、木の鳥居が立派な小比企町の稲荷神社(11)まで来てしまったので、国道16号線まで行くことに。16号を走って何度目かの甲州街道・八王子街道交点、八日町(12)にゴール。12.8km/1:11’48”NETrun

11inari 12yokamati

元気な音楽が響き渡る交差点の角、(13)横山町公園では何やらご当地アイドル?がコンサート中。西放射線ユーロードを駅に向かう途中、「八王子空襲(昭和20年8月2日)をくぐりぬけてきた強運の招き猫」(13)がこちらを見ていたcat 焼け残った蔵に収められていたので蒸し焼きになって黒いのだとか。

13yokoyama_p 13manekineko

と、駅に向かう前に最重要ミッション、団子を買った。去年から3度目の伊勢屋本店にて。横浜市民にしてはヘビーユーザーcoldsweats01 焦げが嬉しいムッチリ温かいみたらし団子@60、甘辛のたれも良いgood 団子リクエストの相棒さんも大満足であったscissors

Iseya01 Iseya02

今度の週末(3/11-12)は高尾梅郷梅まつり開催。さて、次はドコ行こうrun

2017年3月 5日 (日)

城山・本沢梅園で観梅

今日は啓蟄。1週間、走りもせずウダウダしていたので、走るrun 今日の目的地は相模原市・城山湖の南東斜面に約3ha、約1000本の梅(主に白加賀)が栽培されているという、本沢梅園。橋本駅北口から走ること6.3km。坂を上って、上って、梅園下のテニスコートに到着。本沢梅園の入口は、この斜面の上なのだ。走りたくありませんsweat02

Honzawa01

歩いて上るup 梅園の外側から見る眺めも良いgood もう見頃happy01 開園期間は3/4から3/20まで、梅園まつりは3/11・12。

Honzawa02 Honzawa03

桜並木を通って本沢梅園に入園(無料)。アクセスが良いとは言い難い場所だが、けっこう人出あり。自動車なら悪くないのか(無料駐車場完備 城山湖のコミュニティ広場駐車場も使える)。ランナーとサイクリストには地獄のような上りだったけどsweat01

Shirokaga01 Shirokaga02

斜面に蛇行する園路が整備されている。上ってきたのに下る。下のテントまで行って戻るup 白加賀の中にアクセントの紅梅。紅梅は早咲き種のようで、既に散り始め。

Shirokaga03 Shirokaga05

Shirokaga04

30分ほどでひと巡り。期待以上の良い眺めだったhappy01 次は城山湖展望。城山湖へは、もっと上るのwobbly 今日も留守番の相棒さんが、「団子食べたい」と宣ったので、帰りは八王子駅前に出る。次回はルート編run

2017年1月25日 (水)

相模国六社めぐりラン(4)

1月21日のこと。相模国六社めぐりランrun 最後の6社目、三之宮・比々多神社の巻。大山道田村通を国道246号線伊勢原交差点まで。矢倉沢往還を少しだけ走ろうかと思っていたが、もう疲れちゃって、少しの回り道もしたくないdespair 最後は素直なコース取りで。マップは一番下↓

富士山・大山を正面に神川橋をまた渡り、旧田村十字路へ。大山道道標「右大山みち」(14) 新幹線の高架下を過ぎる田んぼが広がり、ますます富士山・大山三昧。旧道は渋田川沿いの道(15)。ここはコース上唯一の未舗装路。長閑だ。スタートから26km付近。

Kamikawa04 Tamura10

Shibuta_r Shimoya

小田原厚木道路の伊勢原インター跨道橋(16)からも。

Inter01 Inter02

三観寺付近から上り坂が始まるup きっついっすwobbly スタートから28km過ぎ、最高点の直前で八坂神社(17)に立ち寄り。以前の大山道田村通ランでは見落とした大山道道標(兼 庚申供養塔)があるのだ。「右おおやま道」「左たむら道」。

Yasama01

Yasama_l Yasama_r

八坂神社の次の交差点には不動明王道標?(18)「左大山道」「右日向道」があるが、装いが「お地蔵様」なので不動明王なのか判別できず。

Numame_fudo

下って上って、三福寺前を左斜めに直進すると、伊勢原駅に突き当たる。駅の構内を通過し、北口の竜神通りが旧道。あと3kmくらいだ。疲れちゃって、伊勢原大神宮にも気づかずスルーrun スタートから3km過ぎ、国道246号線の伊勢原交差点を左折。246までが田村通り(通りは石倉橋まで続く)。東名をくぐってミニストップサンクスが見えたら、あと少し!

三之宮・比々多神社に到着dash 32.7km/3:03’25”NET、総所要時間5時間。時刻は15時過ぎ。ヘロヘロ~wobbly 御祭神は、豊斟渟尊・稚日女命・天櫛明玉命・日本武尊・大酒解神・小酒解神。無事六社巡ったことを感謝しつつ、怪我しませんように、と重ねてお願いした。実は既に怪我しているが、犯人は相棒さんなので、相棒さんにバチを!とお願いしておけば良かったかsweat02 いやいや、人を呪わば穴二つだよdespair

03hibita01 03hibita02

03hibita_l 03hibita_r 03hibita03

拝殿前の狛犬ならぬ狛酉に目が奪われてしまった。さすがに阿吽ではないが、ヒヨコ?がいたりして子取りの狛犬を意識している。それに、どう見ても、置いてる。毎年替えているんだろう。

冬の15時過ぎは夕方だ。社務所で御朱印をいただき、帰りのバスを教えてもらい、長い旅が終わった。三之宮バス停で待っていたら、回送バスが2台過ぎ、3台目の回送バスが停車して「伊勢原駅北口行き」だと告げた。??回送って出てますけど?ツッコむ元気は無かったので、最初の乗客になりバスに揺られる。その後2人乗車。誰もツッコまず、駅に到着。降りてすぐにバス正面を確認したが、「回送」だった。発車と同時に駅行き表示・停車と同時に回送っていう早業?撮っておけば良かった?そんなオチで、相模国六社巡り結願coldsweats01 お疲れ様でした。

2017年1月24日 (火)

相模国六社めぐりラン(3)

1月21日のこと。相模国六社めぐりランrun 4・5社目、前鳥神社と寒川神社の巻。この2社は相模川上流にあるので、平塚八幡宮から北上。モロに北風と対決だtyphoon 新しくできた、ららぽーと湘南平塚を見るどころではなかった。顎を引いて、脚を風にとられないよう、必死run 平塚八幡宮-前鳥神社間の旧道は未調査なので、最短コースを採った。スタートから17km付近、圓通山大会寺北向観音堂が最後の目印。御本尊が聖徳太子作と伝わるそうだ。などなどのルートマップは次回UP予定up

鳥居新造工事中の四之宮・前鳥神社に到着。御祭神は、菟道稚郎子命・大山咋命・日本武尊。思ったよりも大きな境内を持つ神社で、林に囲まれ、境内社や社務所などが落ち着いた建築で良かったgood

04sakitori01 04sakitori02 04sakitori03

湘南銀河大橋(10)を渡って相模川左岸を行くことも考えたが、風に飛ばされたら大ごとだ!橋は後回しにしたいsweat01 そんな強風。四之宮の渡し場跡(11)から川の土手に上がったら、風に煽られるぅwobbly 風に翻弄されること2km(スタートから20km)、田村の渡し場跡(12)・神川橋に辿りついた。神川橋は富士山・大山ビューポイントだ。(13)は橋の寒川側から撮ったもの。

Ginga Shinomiya Tamura Kamikawa03

Kamikawa02

我が家の神棚には毎年寒川神社のお札を納めている(武蔵国の住人なのにcoldsweats01)。お世話になっています、一之宮・寒川神社。御祭神は寒川比古命・寒川比女命。神門には「迎春干支ねぶた」が掲げられている。そうか、まだ1月だったっけ、と思った。御朱印も、金色の八方除けやハマゴウが配され、通常版よりゴージャスだった。

01samukawa01 01samukawa02

01samukawa03 01samukawa04

時刻は昼過ぎ。境内で売られていた八福餅を食べたくて仕方ない腹ペコさんpig しかし、給食失敗すると最後の長丁場で生還できないかもしれないsweat02 20kmを超えて疲れ始めているが、ウィダーインゼリーで我慢。比々多神社まであと13kmくらい。冬は陽が短いから急がなくては! 最後は大山道田村通で三之宮・比々多神社に向かうrun

2016年12月 9日 (金)

大山-日向トレッキングなどなど

12月3日のこと。大山日向めぐりレポ最終回。大山阿夫利神社下社から日向薬師にトレッキング、5.5kmfoot 結果的に大山・日向コース(伊勢原市のサイト>>)を自走(歩)した感じ。日向薬師からは伊勢原駅でも本厚木駅でも大した違いは無い(ような気がした)ので、本厚木駅までラン、9.0kmrun ルート詳細とポイント写真はマップで省略↓

正午ごろ、大山阿夫利神社下社(1)をスタートした。(1)関東ふれあの道標識には日向薬師5.5kmとある。2時間はかかるな、と思った。

01afuri 01afuri02

200mも行かないうちに砂防工事中。大山に似つかわしくないが(2)サンタさんが可愛いcoldsweats01 サンタさんの近くに(2)関東ふれあいの道石板、日向まで5.3km。

02santa 02hureai

登山道を行き来する人々は皆、コンニチワー攻撃を仕掛けてくる。負けずにコンニチワー返しをする。そしてクマ除けの鈴をチリンチリンと鳴らせている人も多いが、負けずにお腰につけた大山まんじゅう袋をガサガサと鳴らす。嘘、まんじゅうが潰れないように押さえて歩いたcoldsweats01 エネルギーが切れてきて、いつ食べるんだ大山まんじゅう!と自問するころ、(3)見晴台に到着。下社から見晴台まで1.3km/20分foot 見晴台はテーブル・ベンチがたくさん設置されていて、ちょうどランチタイム。お腰につけた大山まんじゅうを、ひとつ食べた。休憩は取らず、ズンズン進むfoot 800mほど続く(3)尾根道からはススキと東丹沢の山並みが見えたが、高取山や念仏山だろうか。日向越(雷峠)からは九十九曲がりの山下りが始まる。ただひたすらに足元を見て山下り。我ながら軽快だったが、それが翌日からの悲劇につながろうとは、思いもよらなかったcoldsweats01

03miharashi 04onemiti

コケることなく、熊にも遭わず、無事に下山。慎重な足運びから解放され、思わず小走りになるrun (5)日向渓谷を眺めながら石雲寺前、浄発願寺の先、日向山への分岐(6)へ。里だ~happy01 市のお勧めルートは日向山方向に上るのだが、参道を正面から行きたいので分岐はスルー。日向薬師の巻は前回の記事へ。結局、目論み通り2時間で日向薬師に着いたのだが(石雲寺・浄発願寺立ち寄り含む)、登山口から約1.5kmをジョグしたからだ。

05hinatakeikoku 06hinatam_b

日向薬師から下りた大門橋にて、大山まんじゅうをもうひとつ食す。お昼ごはん、まんじゅう2個pig 8.0km走って7.1km歩いて(少しジョグって)、もう歩くのは飽きた。走って帰るのだ、サラバ大山run

最後は大山ビューで。(7)実蒔原古戦場と大山ビュー。右端のギザギザ山頂は三峰山かな?厚木市街地に入る直前の(8)恩名にて、夕暮れ迫る大山ビュー。15時ごろ。

07sanemakibara 08onna

見慣れた市街地を抜け、本厚木駅前にゴールdash お疲れ~。お腰につけた大山まんじゅうは2個しか食べていないので、相棒さんへのお土産となった。潰れていないよwink 大好きな大山まんじゅう、相棒さんにも好評でした。

伊勢原駅から本厚木駅まで全行程の所要時間は約6時間。総移動距離は、ラン18.7km+トレッキング7.1km=25.8kmfoot 翌日、未だかつてないほどの大腿四頭筋の筋肉痛になった(痛すぎて悲喜劇sweat02)。大山下り、恐るべし。と同時に、普段からハムストリングスを使えていることを実感し、自分を褒めてあげた。半月板損傷を理由に下りを避けているため大腿四頭筋が弱い。これは反省点。これにてレポ終了。師走も駆けずり回るよrock

2016年12月 7日 (水)

日向薬師の薬師堂 祝落慶

12月3日のこと。大山道走って、女坂上って、下社から日向道下りまくって、2012年以来の真言宗日向山宝城坊日向薬師参詣。2011年から平成大改修(350年ぶり)を行っていて、このほど落慶。11月20日に落慶法要が行われたそうだ。

仁王門

Niomon01 Niomon02

苔むして、丸みを帯びた石段を上って、

Sando01 Sando02

薬師堂(本堂)に到着。こんなに広かったんだぁ。以前は工事の囲いが迫ってきて境内がいっぱいだったのだが、そうか、こんなに広かったのだな。茅葺の本堂も、大きかった。

Yakushido01 Yakushido02

御開扉もしていたが、前立薬師如来坐像かな?ご本尊は宝物殿に安置されているだろう。周囲には四天王と十二神将像が配置されていた。最後に御朱印を頂きました。これで、大山寺、阿夫利神社、日向薬師と巡拝完了good ヒガンバナの時季に再訪すると言い続けて4年。来年こそは、来年こそは~!

Nihonsugi Gosyuin_2

下社からのルート編は後日UP。未だ鋭意写真整理中coldsweats01

2016年12月 5日 (月)

大山道ラン&トレッキング(糟屋宿-阿夫利神社下社)

12月3日のこと。伊勢原駅前からジョグでUP1.7km。大山道の柏尾通り(東海道不動坂付近始点)と青山通りが合流する糟屋宿から、大山詣でラン、スタートdash こま参道入口までラン8.0km+下社までトレッキング1.4km。何だろう、何だか楽しかった記憶しかないcoldsweats01 いつも通り雑だが、ルート詳細とポイント写真はマップで↓

Manju 大山を源流とする鈴川沿いに先導師旅館が立ち並ぶ。愛宕滝を過ぎ、良弁滝の手前に、大山まんじゅう本舗がある。名物、大山まんじゅう良辨。これは下山後では売り切れの可能性がある。しかも、ここに戻るとは限らないのが鉄砲玉ランナーだ(途中で体調が優れない場合は、戻る)。少し悩んだが、大汗をかきながら入店。買った大山まんじゅうを腰に括り付け、再び坂上りrun もう頭の中は桃太郎の唄がエンドレスでリフレインnote キビ団子ではないが。

とうふ坂を上るたび、豆腐を啜りながら上るなんて、オカシイだろ!とツッコミを入れる。ゼーハーいいながら走って、こま参道入口にゴールdash

紅葉の時季外れで参拝客が少なくケーブルカーが空いていて、新しくなった(去年)車両に乗るチャンスだったのだが、やっぱり自力で上るrock 女坂の七不思議をピックアップ。1.弘法の水 2.子育て地蔵 3.爪切り地蔵(弘法大師が爪で彫刻した) 4.逆さ菩提樹(現在2代目) 5.無明橋 6.潮音洞 7.眼形石

71kobo 72kosodate 73tumekiri 74bodaiju 75mumyo_b 76tyoondo 77mekata

眼形石を過ぎると下社はすぐだ。こま参道入口から50分(もろもろ込)、大山阿夫利神社下社に到着。下山の無事を祈願して御朱印を頂く。待っている間に拝殿の地下巡拝道に行ってみた。ご神水で喉を潤す。円やかで美味しかったhappy01 巡拝道には納太刀。江戸時代の大山詣りは鳶職たちが巨大な木太刀を担いで上り、奉納したそうだ。

Afuri01 Afuri02

相模湾に江の島が浮かんでいる。気持ちの良い眺めであった。

Afuri03

今年も御朱印ゲット。大山寺と大山阿夫利神社。体調は良好。予定通り日向薬師に向かうぜrock 落慶したばかりの日向薬師でも御朱印を頂くのだ。時刻は正午前。お腰につけたキビ団子ならぬ大山まんじゅう、食べるタイミングが無いまま再びスタートfoot 次回、日向薬師の巻。

Gosyuin01 Gosyuin02

より以前の記事一覧