2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

神奈川県央・相模原

2017年8月16日 (水)

座間ひまわりまつりからラン

8月12日のこと。座間ひまわりまつりからのお帰りランrun 10時を過ぎて、だんだん暑くなるので、なるべく国道246号線を避けるルート。マップは42.195km.netさんで作成、青ポチは5kmのマーク。17.7km/1:39’42”NET

Map

Zama 味のある場内放送を聞きながら、端っこでストレッチ。次々とやってくる人々とヒマワリを後に、お帰りラン、スタートdash

今回も違うルートを走りたい。まずは、段丘を座間駅へup 藤沢街道の坂道は(1)梨の木坂。写真二股の右は鎌倉古道で、段丘崖には梨の木坂横穴墓群(10基ほど)が構築されている。

藤沢街道を上る、上る。まだ上るの?(2)丹沢を遠望できるが雲の中。立野台へと、いったん下って、また上るなんて、罪な道sweat01 246号線高架下を通過。

01nashinoki01 01nashinoki02 02zama

藤沢街道を離れてスタートから4.5km付近(3)文祖坂を上り、246号線に入る。大山道と交差する地点までは国道を行く。時折陽がさすと暑いが、まあまあ涼しい。泉の森をまたぐバイパスから(4)大山道青山通りへ。スタートから6km付近。西鶴寺斜め前の交差点を左へ行けば現厚木街道で大山道だが、暑そうな道はパス。交差点を真っ直ぐ(5)泉の森を通り抜け。先月の座間ひまわりまつり(栗原会場)ランでも通った道だ。キツネノカミソリが群生していたhappy01

03bunso01 03bunso02

04yakurazawa01 04yakurazawa02

05izumi Kitune02 Kitune01

小田急江ノ島線と246号線を越えて、境川に下る。(6)八雲神社と谷戸坂の標柱。境川の藤沢大和自転車道、(7)上瀬谷橋を渡って横浜市瀬谷区に入る。(8)若宮八幡宮の境内を通り抜け、上瀬谷の台地へ。スタートから10km付近。

06yakumo 06yato

07kamiseya_b 08wakamiya

09takizawa 環状4号線を十日市場へ。国道16号線下の滝沢隧道(9)から緑区に入る。帰ってきましたマイタウン。まだ6kmくらいあるけどsweat01

霧が丘から十日市場の環状4号線はアップダウンが激しいが、その分、桜並木が綺麗に観られる。中原街道と違って優しいアップダウンで景色に変化があるので好きだ。何度も中原街道が嫌だと書いて申し訳ないcoldsweats01

横浜線沿いに、中山ゴールdash 思った以上のアップダウンだった。やっぱり直線的なルート取りだとこうなるなぁ。お疲れ様でした~。水分補給500mlで済んだ。

2017年8月13日 (日)

座間ひまわりまつり(座間会場)2017

座間ひまわりまつりは55万本のヒマワリが咲き誇る。7月開催の栗原会場が約10万本、この座間会場(四ツ谷・新田宿)が約45万本。四ツ谷・新田宿の展望台には無かった撮影用小ネタ看板が、座間会場の展望台にはあった。「夏休み満喫中!」「座間なう。」など、固定されていた。10時前だったが座間会場は既に大賑わい。鮎のつかみ取りで子どもたちがキャーキャー。

Zama01

Zama02

ヒマワリアーチなどの撮影スポットは順番待ちだ。一人で撮っているとスタッフさんに「撮りましょうか?」と尋ねられる親切っぷりに、座間の経済に貢献できていなくて申し訳ない気持ちになるcoldsweats01

Zama03

Zama04

屋台が並ぶ座間りん広場付近は、先だっての台風で倒れてしまったヒマワリ畑が何面かあったが、そこはヒマワリの切り取り会場(有料)となっていた。10時が近づいてくると、恒例の?場内放送がノッテくるcoldsweats01 開花状況の説明や実行委員会のおじさまの所感というか...それが座間市民の歌「We Love ZAMA!」(座間市のHPからダウンロードできるよwink)をBGMに流れてくると、なんか頬が緩むcoldsweats01

Zama07

Zama05

Zama06 10時を回って薄日が差してくると、場内放送も「天気が回復して良かった」みたいな、本当に良かったね、と言いたくなるものになる。放送を聞いて、ひとりでニヤニヤしている人でした。

だが、日が差してきてもらっては困る。出発前から青空とヒマワリを諦めている身としては、いかに良好なコンディションの内に帰って来れるかも重要だ。小1時間のヒマワリ散策foot 帰りますrun

次回、お帰りランの巻。

2017年8月12日 (土)

座間ひまわりまつり(四ツ谷・新田宿)2017

昨日今日と、朝起きると雨ザーザーrain 涼しくていいけれど、山はキビシイし、ドコ行こう。ドコ?って相棒さんに聞いてみたら、「座間」と言われたので、今年も座間ひまわりまつりにGO。先月は栗原会場に引地川ルートで走ったが、今日は早めに鑑賞して、走って帰る作戦。座間会場の部は8/10-15まで。今回初めて四ツ谷会場に行ってみた。相模川の座架衣橋と国道246号線の中間あたり。座架衣橋まで1.5kmほどあって、メインの座間会場から遠いので空いている。

四ツ谷会場は全会場の中で一番良い状態だったhappy01

Yotuya01

Yotuya02

Yotuya03

Yotuya04

1kmほど歩いて新田宿会場に到着。丹沢は雲の中だが、ヒマワリは良い状態。足元はドロドロsweat01 滑るよ、注意。

Shinden01

Shinden02

Shinden03

天気はイマイチだが涼しいし、穂が伸びてきた水田の良い薫りを感じながら歩き回るには気持ちが良いhappy01 次回は座間会場の巻。

2017年7月24日 (月)

引地川ラン 河口から源流へ

7月22日のこと。去年は相模川を遡って座間ひまわりまつり(座間会場)に走ったので、今年は引地川を遡って栗原会場に走った。22.4km/2:’10”07NETrun ルート詳細はマップに載せて省略。

鵠沼橋から河口(1)。江の島が目の前だ。朝から暑いぞsun 引地川は左岸をよく走るので、今回はなるべく右岸ルートでrun

01enoshima 01kugenuma_b

02hukuda8go 国道1号線を過ぎて6km付近の引地川親水公園から田園風景。

スタートから9km付近の石川堰と横須賀水道橋から小田急江ノ島線の駅が近くなり、再び市街地を流れる川らしくなる。円行では桜並木が川に枝垂れかかっていた。10km過ぎの円行公園・柳橋までは過去に走っていたが、そこより上流は川を渡ったことしかない、未踏域。さっそくその先の湘南台高校から川沿いの道が無くなり、遊水地(工事中ばかり)を迂回するコース。蓼川分岐から上流は再び川沿いに。川幅も狭くなってくる。

スタートから15km弱、東海道新幹線の手前で藤沢市から大和市に入る。16.5km付近、桜の名所・千本桜(2)にやってきた。約1.4kmの桜並木cherryblossomだが、治水対策のために桜の伐採を行うと聞いていた。右の写真は右岸下流端の福田8号橋から下流を見たもの。一気にではなく何年かかけて徐々に伐採を進めるらしい。

暑さにやられていたが、千本桜の下は涼しくて回復good 千本桜終点の新道下大橋手前の八幡山公園付近では、緑がキラキラhappy01

02senbon01 02senbon02

03yamashita_b_2 千本桜が川幅を広げるために伐採されるように、引地川ではあちこちで工事が行われていたっけ。

県道45号線(丸子中山茅ヶ崎線)を境に、下流は県管理の幹線(約17km)、上流は大和市管理の準用河川(約4.5km)となる。(3)山下橋の袂に案内板が設置されていた。

走っていて分からなかったが、ちょうど山下橋辺りから西側は厚木基地だった。上流に行くにつれ、基地の森が川に迫ってくる。草柳2号公園手前でスタートから20km。

県道40号線下のトンネル、相鉄本線下のトンネルを抜けると、そこは大和市ふれあいの森(4)。すっかり森の流れになった。東名高速下のトンネルと釣り堀を過ぎて、引地川は水門(5)の向こうへ。

04hureai 05suimon

はるばる海から来ました、引地川水源地・泉の森しらかば池(6)、緑の吊橋(7)、吹く風が心地よい園路を辿る。ここはハナショウブの名所でもあるのだが、以前来た時はタイミングが早かったっけなー。

06shirakashi 07turibashi

国道246号線の下(8)、源流(9)に、とーちゃ~くrun 水源はフェンスの向こうです。

08_246 09suigen

暑い。バテバテwobbly ひとまず売店に戻ってソフトクリーム@280を食べた。売店のオバちゃんに「暑くて言葉も出ない?」って言われた。口が回らなかったからね。夏場はよくあるよね~coldsweats01

ひと心地ついたところで、森をプラプラしつつ厚木街道に出た。座間ひまわりまつり栗原会場へと再び走るdash だいたい北西方向斜めに進むと日産座間工場に着く。そこから会場まではすぐ、2.3km/13’19”NETrun 総走行距離は24.7km。水分1.5L補給。左腰痛出ず、右膝痛若干。まあ、思っていたより良好であった。

2017年7月22日 (土)

座間ひまわりまつり2017

座間ひまわりまつりは7月開催と8月開催があって、7月開催の栗原会場には行ったことが無かったので行ってみた。もちろん走ってrun しかも変な方向から。ランの巻は後日UPするとして、ヒマワリの巻

7/21~7/26まで開催の栗原会場は座間厚生病院の真ん前である。約1haに10万本のヒマワリが咲いている。座間・新田会場は約4.5haに45万本なので規模が違うが、見頃で大賑わいだった。なお、駅からの臨時バスは無いので路線バス(1時間に1・2本)が頼りだ。

Zama01_2

Zama02

Zama07 Zama08

第1会場の展望台から。5分咲きくらいかな。

Zama04

Zama05

座間会場より狭いのに賑わっているので、人を写し込まないようにするのは大変。この「座間なう。」プレートも、実は他の人が持っていたのが写っただけcoldsweats01 いろんな種類があったよ。

Zama03

Zama06

売店でアイスキャンデー・ソーダ味@200を買ったら、太陽にかざすと綺麗ですよって言われたので、青空とヒマワリと撮ってみた。溶けたsweat01 そして、ざまりん登場。一人で歩けませんcoldsweats01

Soda Zamarin

帰りは路線バスで相武台前駅へ。暑かった~。

2017年7月 2日 (日)

ジェラート・ランからの多摩丘陵ラン

01sn_p 7月1日のこと。相模原北公園でアジサイを愛でた後。左腰痛のリハビリに、あっちこっち迷走ランrun

ひとまず、ジェラート・ランを始めるキッカケになった町田あいす工房ラッテに向かう。牧場系アイスクリーム屋さんマップ>>

相模原北公園は段丘の縁に広がっているので、少し上って台地に戻り、国道413号線(久保沢道)に向かう。その二本松界隈は初めての道だ。国道を渡って三代目二本松を左へ、相原八幡宮に向かう脇道に入る。突き当りの右手に、相原八幡宮(1)が鎮座している。本殿は二間社流造(社殿が左右に分かれて、誉田別命と牛頭天王の二柱を祀っている)という珍しい形式、とのこと。境内は大ケヤキなどの大木に囲まれ、相原起番地之碑などがある。

01hatiman01 01hatiman02

01aihara1 02magome

境川を渡って町田市に入る。広い道路の脇に(2)真米地蔵尊が鎮座していたが、左手に持つ錫杖が石造にしてはリアル。もしかして「米」って書いてある?宝塔の変形か?

真米地蔵からすぐ、東京家政学院前交差点角、(3)町田あいす工房ラッテ(みるく工房併設)に到着、4.1km/23’43”NETrun さっそく、ジェラートダブル(搾りたてミルク・相原産ブルーベリー)@400、発注。うむ、2度目もサッパリしていて美味しいhappy01

03latte 03latte02

ジェラートランはコンプリートしたが、リハビリランは続く。都道を北上run ゴルフ場に向かって上り坂の頂上が町田・八王子市境。都道東側の森には大日堂があって、七国峠へと続く山道がある。路面状態が雨後で悪いのでトレイルは止めて、七国の新興住宅街を抜け、七国の尾根緑地(4)を突っ切る。結局プチ・トレイルで泥んこcoldsweats01 町田市に戻って相原諏訪神社(5)に参拝。諏訪神社に至る前の丸山地区が名前の通り山越え(丘越え)で参ったsweat01 相原駅前に向かう途中の中村公会堂角に(6)庚申塔

04nanakuni02 04nanakuni01

05suwa 06nakamura

町田街道を思案しながら走る。橋本駅に戻るか、もっとリハビッてみるか...リハビろう!では、無難なところで境川沿いを下るか、鑓水小山緑地に上るか...ああ!勝手に脚が久保ヶ谷戸トンネルの上に!アホかcoldsweats01 見晴らしが良さそうで、つい上ってしまった。三つ目山西公園(7)から境川方向を望む。結局、多摩丘陵ランだ。小山ヶ丘で鑓水小山緑地(8)へ上る。小山内裏公園の西端から奥多摩方面を遠望(9)するも、曇天cloud ここからは走り慣れた道。

07mitumeyama 08oyamagaoka

09yarimizu 10oyamadairi_p

戦車道とも呼ばれる緑道では生き生きしているアジサイ(10)が観られた。南多摩斎場までが国道16号から続く5370mの緑道(町田・八王子市境界隈)。その先も尾根道緑道(11)が続くが、これは丸ごと町田市。ケヤキ並木が尾根道緑道中央交差点まで、その先は桜並木だcherryblossom 春には桜めぐりでお世話になっています。ラッテから10km過ぎて、左腰痛発生wobbly 桜並木を諦めて淵野辺駅に向かう。

11keyaki 12kamiyabe

境川を越えて相模原市へ。上矢部交差点には上矢部の土塁跡(12)があった。八王子の武士団・横山党の支族がこの地で矢部氏を名乗り、この土塁の西側に館を築いたそうだ。道を直進すれば矢部駅だったが、斜めに淵野辺駅、ゴールdash 14.1km/1:18’10”NET、総走行距離は20.2kmrun 左腰痛が悪化する前にリハビリラン終了。やはり1時間を超えると良くないdespair

Map

2017年7月 1日 (土)

相模原北公園のアジサイ

今日もリハビリランrun 橋本駅スタートで相模原北公園のアジサイを観に行こう!きっとこれが今季最後のアジサイ・ランだ。公園まで2km、雨rain 天気予報どおり9時台は雨で、着いたら上がった。

アナベルが満開happy01 見頃を過ぎた株は花が摘まれているようで、一面の白いアナベルを楽しめた。

Anabell01

Anabell02 Anabell04

Anabell03

時折雨が降る。全体に見頃過ぎなこともあり、人影もわずかだった。青い伊豆の華越しにもアナベル。

Anabell05 Izunohana

まだ見られるアジサイを幾つか。コサージュ、フラウ・ヨシコ。最後は名前知らずだけれど、濃紫色が綺麗happy01

Corsage Frauyoshiko

Ajisai

やっと梅雨らしくなった7月、アジサイもお終い。今季は怪我のためアジサイ巡りができなかったが、おかげで10日も休足することを覚えたcoldsweats01 アジサイを観た後は、人体実験的なリハビリランに出発。次回、迷走気味なリハビリランの巻。

2017年3月27日 (月)

城山かたくりの里から町田に旧道ラン

3月25日のこと。城山かたくりの里にラン、からの、旧道通って町田駅前にランの巻。ルートマップは一番下↓ 城山かたくりの里ルートは青ライン、4.6km/26’01NETrun 町田ルートは赤ライン、17.2km/1:35’47”NETrun

城山かたくりの里ルートは、3月5日の本沢梅園ランと同じなので省略bleah 写真にふった番号(撮った順)とUP順が違うのは愛嬌。さて、かたくりの里からの帰り、(2)川尻八幡宮前の道標には「右つくいみち 〇おおやまみち」と刻まれている。相模原市内には旧道の痕跡が多いので、帰りは旧道ランなのだrun 一の鳥居に向かって緩やかに下る途中で斜めに脇道に入る。国道413号原宿の交差点に出ると、(4)原宿市跡の標柱(相模原市設置)と(3)大山不動明王道標(自治会館敷地内)がある。

02kawajiri 04harajuku

大山道標の右面「西 津久井道 東 江戸八王子道」。大山詣りの講中は、相模川の小倉から舟で厚木まで下ったそうな。国道を西に向かった先の久保沢の温泉坂には「鎌倉みち起点」の碑があって、小倉橋に至る。この東西の道は久保沢道(津久井道)とも呼ばれ、原宿より東、二本松には(11)久保沢道の標柱がある(3/5撮影)。ただ、原宿を直進(北進南進)して道なりに進んでも小倉の渡船場に行き着く。高尾山詣でからの大山道(浅川口)はこっちのルートだと思われる。直進dash

03harajuku01 03harajuku02 03harajuku03 11kubosawa01 11kubosawa02

小倉まで行くと遠くなってしまうので、原宿5丁目バス停を左折して橋本駅へ。駅南口の橋本2丁目交差点南北方向は大山道(八王子道)で、(1)大山道の標柱がある。「北 八王子方面 南 大山方面」 かたくりの里に向かって最初に撮ったので(1)なのだ。

01hashimoto03 01hashimoto02 01hashimoto01

交差点を北進。突き当りに(5)棒杭の標柱。八王子通り大山道はここで西南の田名方面と、東南の当麻方面に分かれる。ここの東に大山道道標(棒杭と呼ばれた)が現在も守られている。

05boukui01 05boukui02 05boukui03 05boukui04

その(6)橋本の棒杭が、民家の敷地内に守られている。

06boukui02 06boukui01

07shiyakusyo ここでも大山道を行くと相模川に至ってしまうので、今度は藤沢に至る八王子道(滝山道)を進む。棒杭の突き当りを左、アリオ橋本の前を通るルートである。滝山街道((八王子-藤沢)も野望リストに入っているんだった。忙しいな~coldsweats01

国道16号と並走しつつも蛇行する道。旧道と呼ばれてるようだ(鵜野森旧道という交差点もある)。相模原駅を過ぎて西門交差点から市役所に向かって、(7)市役所桜通り「かながわの花の名所100選」の桜並木が続く。約1.6km、300本ほどもあるそうだcherryblossom 数輪が開花していたので、次週末には見られるようになりそうだ。

淵野辺駅前の先で道を間違って16号に近づいてしまったdown 旧道は線路近くの道なので、東淵野辺で方向修正。古淵の大野小学校前に(8)八王子道の標柱を見る。

08hatiojimiti01 08hatiojimiti02

一度道を間違ってしまったので、旧道に対する執着が薄れてしまった。鵜野森中学校の前で左斜めに伸びる(9)緑道を目にして、吸い込まれるrun 十月桜がショボショボと咲く緑道を終点まで行くと、(9)「相模緑道緑地鵜野森地区」の看板があって、八王子道に戻った。ここに出るのか!相模原公園からの帰りに通過したこと、2度ほど。そうと分かれば、町田駅までは簡単。駅前、境川にゴールdash 汗をふきふき、横浜線に乗車train お疲れ様でした。

09unomori 10kamituruma

Map

2017年3月26日 (日)

城山かたくりの里の山野草

Shiroyama 3月25日のこと。城山かたくりの里にて、カタクリ以外の山野草の巻。

30万株のカタクリの群生もさることながら、春の山野草の多さにはビックリ。樹木(梅・桜・桃・ツツジなどなど)も種類が多い。4月16日まで、まだまだ色々な花が楽しめるだろう。また行きたいな~happy01

現在園内で最も咲き乱れているのが、雪割草(キンポウゲ科ミスミソウ属ミスミソウ)。花弁に見えるのは萼片である。花弁(萼片)の先が丸っこく白いものはミスミソウ属スハマソウ(yukiwariso06)。色とりどりで綺麗happy01

Yukiwariso01 Yukiwariso02

Yukiwariso03 Yukiwariso06

Yukiwariso04 Yukiwariso05

その他の花々。1.ショウジョウバカマ 2.黄花セツブンソウ 3.キクザキイチゲ 4.ミツマタ 5.大輪ミツマタ 6.紅花ミツマタ 7.スモモ 8.サクランボ 9.バイカオウレン(散りかけ) 10.星咲きイチリンソウ 11.リュウキンカ 12.ネコノメソウ(蕾?) 13.イワナシ

SyojobakamaY_setubunso

Kikuzaki_ichigeMitumataMitumata_bMitumata_beniSumomoSakuranboBaikaoorenHoshizaki_ichirinsoRyukinkaNekonomesoIwanashi

アズマイチゲの群生は下を向いてて開いていなかった。日向ミズキ、各種ツツジ、バクハンツバキ、フクジュソウなどが見られた。人もたくさん見られたcoldsweats01 入り口わきの広場は休憩所になっていて、地場野菜や焼きそば、団子など販売。園内各所にベンチが設えてあり、茶店が一軒ある。今回は干した布団を取り込むミッションがあるために、散策1時間で切り上げたが、また行けたら、ゆっくりしたいな~japanesetea

2017年3月25日 (土)

城山かたくりの里のカタクリ

昨日から都市緑化よこはまフェア開催(3/25-6/4)で、里山ガーデンが徒歩圏内foot だが、カタクリは待ってくれない。花の寿命は1週間だ。カタクリの見頃はソメイヨシノの見頃と被るので、行きたくても行けなかった城山かたくりの里(個人の所有地)に、や~っと訪問run 30万株のカタクリが咲く里山。他にも春の山野草や桜も見られる「かながわの花の名所100選」である。まずは、カタクリの巻happy01 入園料は500円、開園は毎年3月第2土曜日~4月第3日曜日、9時~日没まで。

群生する斜面はこんな感じで、ほとんど咲いていないけれど、陽当たりの良い場所ではけっこう咲いていて、全体では5分咲き。日が当たらないと花弁が反り返らないのだ。

Katakuri Katakuri01

Katakuri03

Katakuri04

Katakuri05

白花カタクリが一輪だけ見つけたhappy01 黄花カタクリも一輪だけ咲いていたが、撮り待ちが長くて諦めた(雪割草を潰してまでカタクリを撮る不届き者もいるんだよぅpout)。最後の一枚は後ろに雪割草を従えて。

Katakuri_w Katakuri02

次週末が見頃でしょう。桜と被るなぁ。平日に休めれば良いんだけど、そうはいかない勤め人の辛さよ。プレミアムフライデーなんて無関係さ。月末の金曜なんて、多忙に決まっているdown さて、お怒り(ひがみ?)醒めやぬところで、次回はカタクリ以外の花々の巻。

より以前の記事一覧