2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

自然

2017年6月 9日 (金)

矢倉沢往還ラン(御殿場-二ツ屋)リベンジ

6月4日のこと。1ヶ月前の矢倉沢往還ラン(御殿場-沼津宿)でコンデジにメモリを入れ忘れるという失態をやらかし(15km過ぎて、電気屋で購入)、リベンジに燃えるrock 15km過ぎのキリが良い地点である県道394号線二ツ屋交差点をゴールとして、御殿場の新橋浅間神社前をスタートrun もちろん、浅間神社で道中の安全を祈念し、木の花名水をボトルに詰めた。そして今回も、一の鳥居横からの富士山ビュー、見えなかったdown 前回撮れなかった御殿場のマンホールも載せておく。三島市以外はすべて富士山デザインだった。

00sengen 00manhole

ルート詳細はマップに載せて省略。御殿場-二ツ屋16.4km/1:30’53”NET(五竜の滝に寄り道含む)run 5月6日のレイヤーに6月4日の写真をUPし、青ポチでネタを追加した。

東名高速を過ぎて、最初の旧道は県道394号線と御殿場線を挟んで参道が伸びる諏訪神社(1)が目印。線路脇には鳥居と「竈村」由来の碑などがあり、水路と広い民家が立ち並び、旧道の雰囲気がある。

01suwa

西方寺過ぎから再び旧道へ。左に黄瀬川をチラ見しながらrun 富士岡公園(2)から富士山が見えなかったが、裾野だけで雄大さを感じる。村岡製作所を過ぎて栃窪バス停を左折。滝見橋(3)。前回は、この滝を見ながら痛恨のメモリ忘れに気づいたのだwobbly 滝の名前は不明。

02fujioka_p 03takimi

高橋(4)の欄干には、高橋を架けた大工の源作さんが鑿を落とし、探しているうちに水底に宮殿を見つけ、お姫様と過ごしましたっていう感じの伝説がある(高橋の竜宮伝説)。

04takahashi01

04takahashi02 04takahashi03

またも滝。このルート上は無造作に滝やら淵やらがあって楽しい、カンコラ淵の滝(5)。 御殿場市から裾野市へ入った。田んぼが美しい深良地区を走る。御殿場線新道踏切(6)から富士山方向はモクモク雲だcloud

05kankora02 06shindo

深良地区には日本疏水百選「深良用水」(7)が流れている。この地名に見覚えがある。それは二度目のせいじゃなくて、芦ノ湖一周ランの時に湖尻の深良水門を見ているからだ。深良水門から箱根外輪山を貫通し、県道337号線に沿うように深良地区に下ってくる。スゴい工事だ。

07fukara02 07fukara01_2 07yurugi_b01

深良用水震橋(ゆるぎはし)にはギリギリに立つ弁天様?(7)が↑

御殿場から14km弱、佐野上宿で寄り道。五竜の滝(8)へ(五竜の滝の巻)。

08goryu01

前回裾野市のマンホールをUPしたので、制水弁の蓋(8)、小さいです。前回は撮れていると信じていた五竜の滝を後にして、マックスバリュでメモリを買ったのだ。今、SDカードって安いのね。そんな思い出に浸りながら、二ツ屋交差点(9)にゴールdash そして佐野街道ランが始まる。6月8日の記事に戻る、と。やっとレポ終了。お疲れ様でした。

08seisuiben 09futatuya

ストロベリー・ムーンはミニ・ムーン

今日の満月は2017年最小満月「ミニムーンfullmoon、なんだって。アメリカ先住民がイチゴの収穫時期に登るこの満月を「ストロベリー・ムーン」と呼んだのだそう。イチゴ色なわけじゃありません。

Strawberrymoon01 Strawberrymoon02

雲がかかっているので黄色っぽく見えたが、だいたい白っぽいいつもの満月fullmoon 月が登った直後に見たら、もっとオレンジ色っぽく見えたかも。比較物が無いので分かり難いけれど、確かに小さい、と思った。

2017年6月 8日 (木)

裾野市・五竜の滝

6月4日のこと。矢倉沢往還ラン・リベンジ、裾野市の静岡県指定天然記念物・五竜の滝をピックアップ。“約1万年前の新富士火山三島溶岩流の末端に形成された滝”である。ここが撮れていなかったのがガッカリで、リベンジしなくちゃ気が済まなかった次第ですcoldsweats01

前回は黄瀬川を渡って中央公園側からアプローチしたが、今回は黄瀬川の手前、西中学校裏出入口から。そこは吊橋の左岸側。吊橋の長さは63m、高さ9m、一度に渡れるのは5人まで。一人でも揺れるけど、ワザと揺らさないでね~sweat01

Goryu01_2

滝。

Goryu02

吊橋。

Goryu03

滝。水飛沫がかかって気持ち良いhappy01 この大きな三条の滝が雄滝(左から、雪解、富士見、月見、という名前が付けられている)。

Goryu04

五竜の滝なので、あと二条ある。それは本流の右側、雌滝。銚子・狭衣と名付けられている。木々の隙間から見えた(写真じゃ見えないdown)。

Goryu05

吊橋を戻って雌滝に行ってみた。橋の下に二条の滝がかろうじて見えたが、やっぱり写真では分からないねdespair 右下写真は滝の天端、銚子の滝だろうか。滝の上流は用水路のように整備されていた。

Goryu06 Goryu08

Goryu07 雌滝の上には水天宮が鎮座。御祭神は天之御中主神・水分神(みまくりのかみ)の2柱。

前回よりも堪能できた五竜の滝。記録も残せて満足だgood 気楽に走り出すのは良いけれど、もうトシなんだから、持ち物チェックはシッカリねって思った。

佐野北交差点で矢倉沢往還をそれた(スタートから14km弱地点)ので、戻るrun

なかなかルート編に辿り着けない。未だ写真整理中rock

2017年6月 5日 (月)

ゲリラ豪雨雲?

18時過ぎの東の空。ものすごい積乱雲。その下は真っ暗。都心ではゲリラ豪雨が発生していたようだ。この雲の上に行ってみたい。

20170605

2017年5月14日 (日)

矢倉沢往還ラン(御殿場-沼津宿)

5月6日のこと。4日の矢倉沢往還ラン(関本宿-足柄峠-竹之下宿-御殿場)の巻の続き、御殿場-沼津宿、企画コンプリートの巻。大山の麓(市米橋)から始めた矢倉沢往還ランの最終回なのに、致命的なミス!コンデジにメモリ入れ忘れた!!メモリは、お・う・ちsweat02 それに気づいたのはスタートから7.2km、滝見の橋。その時、コンデジの内蔵メモリで凌ごうと画像サイズを小さくするなど設定した。な・の・に!サイバーショットって内蔵メモリ無いんだね!知らなかったよー。自宅に戻ってから知ったよーweep ルート上には電気屋もコンビニも無く、スタートから15km、裾野市役所側のエディオンでメモリ購入。というわけで、写真があるのは15km以降。半分過ぎてる上に、旧街道らしい前半の記録が無い。ガ~ッカリdown いつもなら「ルート詳細はマップに載せて省略」と言うところだが、載せてないのに省略coldsweats01 27.5km/2:25’31”NET(寄り道を除くと26.3km)run

メモリをゲットして撮影できた後半をピックアップ。黄瀬川の鮎壺の滝。長泉町と沼津市の境に位置する。伊豆半島ジオパークの一部である。詳細は下の説明写真で省略bleah 滝の上流には展望台、下流には吊橋がある。吊橋を渡った沼津市側は鮎壺の滝公園だ。

Ayutubo01 Ayutubo02

Ayutubo03 Ayutubo05

Ayutubo04_2

Ayutubo06 一番大きな滝の上に茂る木には藤の花が咲いていた。滝の流れ状態によっては、滝の裏側に入れるそうだ。

長泉町と沼津市とを結ぶ、鮎壺のかけ橋→ この吊橋から滝を見ると、富士山も見える、んだって、晴れたら。この日の富士山は雲の中cloud

県道87号線に戻って新幹線高架下を通過。そこには御殿場街道と書かれていた。古代東海道→鎌倉往還→矢倉沢往還・箱根裏街道・甲州街道→御殿場街道って変遷?上石田で国道414号線、すぐに離れて旧東海道の下石田に合流する。旧東海道ランだrun

沼津警察署の裏手に沼津宿一里塚跡があった。

Humadu_101 Humadu_102

大手町に入り、狩野川沿いに川廓通りへ。通りの出口を見つめるニャンコ像cat 川廓は沼津城(三枚橋城)の外郭にあたる東海道。当時は船着場があった。現在はあゆみ橋の下に渡し舟乗り場があって、下流の沼津港や我入道へと運航している。

Kawaguruwa02 Kawaguruwa01

Kawaguruwa03 Ayumi_b

ランの軌跡をマンホールで表現すると(御殿場マンホールが無くて仕事が半端sweat02)、(1)裾野市 (2)長泉町 (3)沼津市 走っていないけど(4)三島市 三島市だけ富士山じゃな~い(ミシマザクラ)。

M_susono_2M_nagaizumi_2
M_numadu_2M_mishima_2

上土町を右折して通横町、左折して本町、右折して浅間町と、カクカク曲がって浅間神社前にゴールdash 前半消化不良なのは帰宅後に判明したので、この時点では爽やかに企画コンプリートgood 駿河湾と千本松原を見に歩いて、千本浜公園へ。すんごい強風で、飛ばされるよぅwobbly 駿河湾の荒波は三浦の荒崎公園より凄かったwave こりゃぁ松も斜めになるわぁ。

Senbon02 Senbon01

Senbon03 Senbon04

そして、この千本松原が相棒さんとの待ち合わせ場所であった。紆余曲折あったのに、予告時間の14時に少ししか遅れなかった自分を褒めてあげたcoldsweats01 矢倉沢往還ランは終わったが、旅は三島あたり散歩に続くのであった。5/9~12の記事に戻る。

2017年5月11日 (木)

柿田川ジオサイト・柿田川公園

5月7日のこと。三島あたり散歩レポ3は、伊豆半島ジオパークの柿田川ジオサイト、柿田川公園・柿田川湧水群(公園は三島市ではなく清水町)。何年か前に柿田川公園を訪れ感動したので、矢倉沢往還ランの締めに三島に1泊して三島あたり散歩をしたのだ。矢倉沢往還ランの5月4日の巻と5月6日の巻は、鋭意写真整理中rock

約1万年前の富士山噴火で流れ出た溶岩は愛鷹山と箱根の間、三島を流れ下り、柿田川まで達し、溶岩流の中を流れ出た地下水は湧水群を形成した。柿田川公園には湧水の出口「湧き間」がいくつもあって、間近に観察することができる。八つ橋から眺める柿田川中流部、爽やか~happy01 川の中ほどには緑鮮やかなミシマバイカモらしきものが流れに揺らめいているが、遠くて判然としない。

Kakita01

八つ橋の途中にある船着き場(泉頭城時代の船付曲輪跡 下に城跡案内板写真あり)の湧き間から湧水がこんこんと。

Kakita02 Kakita03

柿田川下流から歩き始めたので、次は第二展望台。神秘的な青。アユが泳ぐ水底からは砂を巻き上げ水が湧き出していた。

Kakita_0201 Kakita_0202

第一展望台は視界が広く、左右に湧き間がある。生き物のように動く砂を眺めるのって、飽きないなーhappy01

Kakita_0101

Kakita_0102 Kakita_0103

カワトンボ(ニホンカワトンボorアサヒナカワトンボ)が多い。最後の一枚は柿田川公園が泉頭城だったころの見取図。北条氏による築城で、徳川家康が隠居所とする計画があったという(家康の死により中止)。昔から景勝の地だったのだなぁ。

Kawatonbo_2 Izumigashira

この後、境川・清住緑地・丸池ジオサイトにも行ったのだが、ミシマバイカモの花見られず、残念(バイカモの花期には早いが、三島のバイカモは開花期間が長いと聞いた)。

三島あたり散歩の最後は、市街地から少し離れて、日本一の大吊橋体感の巻。

2016年10月 9日 (日)

二重の虹

6時40分ごろ、西の空に二重の虹が出た。

Rainbow_l_2   Rainbow_r_5

外側は薄っすら。だんだん濃くなってきたので、急いで東側に回ると、こちらは一重の虹。10分もすると消えてしまった。朝のラッキーでしたhappy01

2016年9月15日 (木)

十五夜のうさぎ饅頭

やっと見えた、十五夜お月さまmoon1 満月は17日。

15ya 15ya_usagi

十五夜に月見団子をと思ったけど、胃もたれしそうな予感がしたのでうさぎ饅頭にしたhappy01 1個だけにしたから胃もたれしていない。月見団子だって、ひと山完食しなければ胃もたれしないだろう。そういうことねcoldsweats01

2016年9月 6日 (火)

夕焼けのライン

中山駅前にて。スマホを持たない天邪鬼は、いつも空を見ている。空に真っ直ぐ引かれた夕焼けのライン。丹沢山系の影だろうか。上を向いて歩いても、歩きスマホで下を向いても、どっちも前方足元要注意coldsweats01

0906sunset

2016年3月31日 (木)

飴玉がのぼる

今朝の日の出sunは飴玉みたいだった。桜色、と言った方が季節感があって良いかもしれないが、見るなり「飴ちゃんだ」と思ったcoldsweats01 ああ、飴ちゃんが上るup

Sun01

飴ちゃんが輝く。

Sun02

小腹がすいた時の飴ちゃん、必須。こうして年度末の夜が明け、朝ランにお出かけdash 6.6km/40分run

3月の月間総走行距離は131.1km、年間総走行距離は438.7kmとなった。抑え気味で良いペースだ。

より以前の記事一覧