2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

番外編

2014年4月 1日 (火)

多摩川台公園の夕桜 2014

あっという間に満開、散るcherryblossom 多摩川台公園の桜は、都心に比べて毎年少し遅めに咲きます。帰宅途中の夕桜見物

Tamagawa01

Tamagawa03

Tamagawa04

Tamagawa02_2 Tamagawa05

多摩川に映る夕日を眺める。風がちょっと冷たくて、花の終わりを遅らせてくれるかな。

おまけに、九品仏川緑道の桜cherryblossom もう、散り始めていますよ。

Kuhonbutu

2014年1月15日 (水)

池上七福神めぐり(3)

1月13日のこと。池上七福神めぐりレポ最終回は、弁財天から樹老人、締めの池上本門寺の巻

本門寺総門の前を左手へ、池上梅園方向に進むと弁財天の厳定院に至ります。池上七福神の中で、最も七福神を主張した山門でした。弁財天さまは本堂の右前に据えられた石堂の中に納まり、小さくて可愛らしいhappy01

05gonjoin 05benzaiten

再び総門の前を過ぎ、妙見坂の下までいったんは来ましたが、急階段を見上げて...最後にしようcoldsweats01 ということで、恵比寿の養源寺へ。本堂の前に十月桜?が咲いていました。恵比寿さまは寺務所の玄関です。

06yougenji_sakura 06yougenji 06ebisu

さあ、いよいよ最後、樹老人の妙見堂へと急階段を上ります。妙見坂上からの眺めcamera 樹老人さまの祠は境内の端で、赤い幟ひと竿で辛うじて七福神を主張していました。祠の扉が閉じていたので幟が無ければ気づかないでしょう。実際、お参りせずにスタンプだけ押していく人が多くいました(スタンプは妙見堂の前)。

07myoken_saka 07jurojin

09gojunoto 扉越しに覗きこむと、木目のはっきりした像で、愛嬌のあるお顔でした。こちらは「寿老人」じゃなくて「樹老人」。昔昔、妙見堂の大樹から彫られたそうですが失われ、現在の像は後年の作だそうです。

これで七福神めぐりはお仕舞い。締めは池上本門寺に参拝です。妙見堂の裏手から五重塔を見ながら本門寺の祖師堂へ。お祓い?が行われており、南無妙法蓮華経の読経を聴きながら合掌すると、いつまでもそうしていられそうでしたconfident

そろそろお腹もへってきたし、帰ります。本門寺の此経難持坂(キキョウナンジザカ)から池上の町を望む。

09niomon 09kikyonanjisaka

福禄寿の本成院には誰もおらず、スタンプ行列ができていた午前中が嘘のよう。なるほど、昼時に巡れば混んでいないんだな。多摩川経由で帰るため、最寄りの池上駅ではなく、1.6㎞歩いて下丸子駅foot 布袋尊の曹禅寺から始めて下丸子駅まで、約2時間/5.6㎞のウォークでしたfoot

お待ちかね?お土産コーナーpig 池上本門寺と言えば、久寿餅pig 前回の池上梅園ランでは、久寿餅御三家のうち浅野屋・相模屋のを頂きました。今回で御三家制覇、池田屋の久寿餅をお土産にしました。1年かけて、池上・川崎大師亀戸天神と食べ比べしたわけですが、覚えていないなぁ、味coldsweats01 池田屋さんの久寿餅はモッチリ柔らかく、酸味がほとんど無くてクセのない味でした。

Ikedaya01 Ikedaya02

2014年1月14日 (火)

池上七福神めぐり(2)

1月13日のこと。中山から走ってやって来た、大田区の池上地区run 池上七福神めぐりの始まり始まり~。コースは、布袋尊・曹禅寺-毘沙門天・微妙庵-大黒天・馬頭観音堂-福禄寿・本成院-弁財天・厳定院-恵比寿・養源寺-樹老人・妙見堂-池上本門寺-池上駅。曹禅寺から池上駅まで移動距離約4㎞(歩行約1時間)、所要時間約1時間40分でした。今回は布袋尊から福禄寿までの巻。以降は次回の予定です。

曹禅寺は曹洞宗のお寺。その他の寺院は池上本門寺の門前町だけに日蓮宗でした。七福神の色紙は、曹禅寺と養源寺で500円で販売しています。各寺院には福神スタンプとお札が置いてあり、毘沙門天の札は100円、他は志となっています。

さ、布袋尊の曹禅寺にお参り。本堂の左側、寺務所の脇に安置されていました。良いお顔happy01

01sozenji 01hotei

池上通りを国道1号方向にすすみ、毘沙門天の微妙庵に到着。こちらの毘沙門天は品川沖から出現したのだそうです。100円納めてお札も頂きました。他の六福神よりも大きなお札(前回のみせびらかしの巻参照)。そして、みせびらかしの色紙を見ると分かるように、御朱印スタンプ、斜めになっちゃったdown

02mimyouan 02bisyamonten

池上警察署の裏に小ぢんまりと佇む、大黒天の馬頭観音堂(馬頭観音教会)。狭い敷地に続々と参拝客がやってきますよぅ。ほとんど個人宅の庭のようなんですけどsweat02

03batou 03daikokuten

少し先に、馬頭観音堂の石碑と日蓮宗の経塔が建っていました。うーむ、ゴミ捨て場...

03kyoto

大黒天から弁財天に向かうつもりが、なぜか本門寺参道に出てしまいsweat02 福禄寿の本成院に到着。左写真の正面が本門寺の総門で、赤矢印の先が本成院。福禄寿さまは本堂内に安置され、ガラス戸で仕切られていました。ああ、反射するぅcamera

04honjoin 04hukurokuju

次回、弁財天の厳定院に続くsoon

2014年1月13日 (月)

池上七福神めぐり(1)

Nita_kankobai 3連休に2回も七福神めぐり。寺社めぐり好きではあるが、プラス、朱色と墨黒、好きなんだも~ん。実際はスタンプと印刷だけどね~coldsweats01

というわけで、一昨日は横浜市内(戸塚宿七福神)だったので、今日は都内へGOdash 去年、池上梅園に観梅ランで存在に気付いた池上七福神めぐりであります。梅が咲いているかもしれないけれど、池上梅園へは行きません。池上に向かう途中の新田緑道では寒紅梅が咲いていましたよhappy01

何回かにわけてご紹介。まずは、見せびらかしなどの巻。こういう色紙って、センスが問われますねぇ。センス無いなぁ、自分down そもそもスタンプ斜めとか、真横とか、かすれてるとか、隣と被ってるとか...我ながらガッカリだわdespair この色紙は、布袋尊の曹禅寺と、恵比寿の養源寺で販売しています、@500円。お札は、ひと際大きい毘沙門天だけ@100円で、他は志でした。

Shikishi

Huda

池上へは、言わずもがな、ランrun 今日は風が寒かったぁtyphoon 一昨日と同じく防寒スタイルでしたが(ヒートテックシャツ・長袖シャツ・ウンドブレーカ、ロングタイツ・ウインドパンツ、足の甲には貼るカイロ!(本来は足の「裏」に貼るカイロ)、ライトダウンをバックパックに詰めて)、今回は装備が役立ちましたgood 一番寒かった、多摩川・ガス橋のパノラマ写真(川崎市側から)↓東京都側からは丹沢山系が見えましたが、残念ながら富士山は見えなかった。中山-池上(曹禅寺まで)は、18.4km/1時間43分46秒62run 池上梅園ランの時より、最短ルートに近いコース取りでした。

Gas_b


より大きな地図で 2014/01/13 池上七福神めぐり を表示

次回、池上七福神めぐり編、の予定soon

2014年1月 4日 (土)

はとバスツアー ~浅草・柴又・巣鴨

1月3日のこと。初めてのはとバス~bus 上京してきた両親の、下町に行きたいという要望を踏まえたチョイス、浅草寺-柴又-巣鴨バスと都電の旅bus

東京駅丸の内南口出発(10時頃・有楽町の火災が影響したか、定刻より遅れた)→浅草寺散策→柴又「川甚」で昼食と柴又散策→都電荒川線で梶原→庚申塚(13分位)→巣鴨とげぬき地蔵散策→東京駅丸の内南口帰着(16:30頃 定刻より早かった)bus

はとバス乗りたかったので渡りに船。三が日なので、どのお寺も参詣客で混雑していましたが、なかなか楽しい旅でしたhappy01 ではさっそく、浅草寺の宝蔵門と大わらじとスカイツリー。曇ってて残念。この日は柴又あたりまで曇天cloudで、寒かった~。

01sensoji

02kawajin浅草寺は何度も訪れているので、写真1枚coldsweats01 本堂でお参りした後は、人出で身動き取れなくなることしばしばの仲見世を離れ、伝法院通りからぐるっと回って甘酒休憩japanesetea そこで時間です。次は柴又へbus

柴又の川魚料理屋、川甚で昼食。松花堂弁当(だと思う)と小丼、お吸い物でした。会場は写真右の新館。雰囲気は、法事catface

食べるのが早い御一行様は、さっさと寅さん記念館へ。世代ではないのでほとんど観たことがないのですが、ミニチュア模型の「人車鉄道」が面白かった。明治32年から大正2年まで、金町~柴又間の約1.5キロを人力で運行していたそうです。車夫がせっせと押している姿が愛らしいhappy01

03torasan 03torasan02 03torasan03_2

川甚の裏手は江戸川の土手。広い河原の向こうに、矢切の渡しが見えました。

05yagirinowatashi

柴又帝釈天(日蓮宗経栄山題経寺)も大賑わい。細かな彫刻が施された重厚な二天門大鐘楼も立派な建築ですね~。浅草寺もそうでしたが、わりと肝心の参拝場所にはスンナリ行ける。帝釈堂にお参りconfident

04taisyakuten01 04taisyakuten02 04taisyakuten03

参道を駅方向へ。道幅が狭いので混雑具合は浅草寺以上。草団子が評判だという高木屋老舗では団子行列に並び、草団子ゲット。ぶらぶらと散策しつつ集合場所に戻る途中、健脚達磨なるものが。なにか間違ってる気がしたけど、ま、いいかcoldsweats01

04taisyakuten04 05daruma

都電荒川線の梶原駅に向かうバスで、爆睡sleepy 眠~い。ぼ~っとしたまま都電に乗車。ぼ~っとしたまま庚申塚駅に到着train 巣鴨地蔵通商店街は、言わずと知れたおばあちゃんの原宿。中高年の心をくすぐるお店が軒を連ね、お寺に近づくほど中高年で溢れていました。名物には赤パンツは言わずもがな、塩大福もあります。が、すでに草団子を持っているので止めておきました。理性的だなぁcoldsweats01

06sugamo 06sugamo02

Tokyo_st_3 とげぬき地蔵(曹洞宗萬頂山高岩寺)に参詣。なぜだかどこも行列は本堂以外にある。ここでは洗い観音に大行列ができていました。

東京駅に戻りますbus 最後に皇居の近くを通ったのは、皇居を見たことが無い母にはラッキーでした。何度も上京してても、定番ってわりと行っていないものですね。バスで連れてってもらえるのは楽チンでした。それに、グループと逸れても最後はバスに戻ればいいのだから、すぐに行方不明になる男性陣がいる我々には気楽で良かった。もう少し散策時間があると良かったけど、三が日だから仕方ないねぇ。機会があったらまた利用したい、はとバスbus

はとバスツアーはこれで終了ですが、せっかくなのでKITTEの屋上庭園から東京駅を眺めました。うう、寒っwobbly

最後はお土産コーナーpig 柴又帝釈天参道、高木屋老舗の草だんご(12個入り630円)。消費期限は当日です。柔らかい草餅に、甘さ控えめの餡子。とっても美味しゅうございましたhappy01

Shibamatadango01 Shibamatadango02

2013年12月 4日 (水)

秦野戸川公園-渋沢丘陵-震生湖-246ラン ルート編

Togawa_p 11月30日のこと。渋沢駅からバスで県立秦野戸川公園へ。紅葉や丹沢大山の山なみを楽しみつつ、渋沢丘陵・震生湖ハイキングfoot ハイキングの巻は(1) (2) (3)で。

今回はルート編であります。自力移動総距離は約30.1km、諸々含む所要時間は6時間弱。ゴールは本厚木駅でした。お土産は、ありませんdown

個別の記録(ロスタイム含まず)foot 秦野戸川公園ウォーク約2km/30分shoe 戸川公園-渋沢中学校ラン5.4㎞/28分11秒39(迷子あり)run 渋沢丘陵-秦野駅ウォーク約7㎞/100分shoe 秦野駅前-国道246号線-本厚木駅ラン15.7㎞/1時間30分12秒06run 諸々が2時間くらいってことかぁ。渋沢駅からバスの乗り継ぎに20分近く待ちがあったにしても、けっこう諸々としてるんだなぁcoldsweats01

ルートマップはこのとおり↓ 青線がランで、赤線がウォークfoot 渋沢丘陵周辺だけ、マップに写真を載せました。


より大きな地図で 2013/11/30 秦野戸川公園-渋沢丘陵-震生湖ハイク&246ラン を表示

おまけ写真ですcamera 関東三大稲荷のひとつ、白笹稲荷神社に参拝。三大○○などというのは大抵他の二つを明記しませんな。ともあれ、鳥居の左手前では湧水が流れ、イチョウやモミジが色づいて綺麗でしたhappy01 拝殿の右手には「南はだの村七福神」の寿老人(テラコッタ製)が祀られていたので、台紙にスタンプpaper 震生湖の弁財天と2ヶ所だけだよsweat02

Shirasasa Shirasasa_jurojin

今泉名水桜公園の隣に福禄寿の太岳院があったのに、ちゃんとパンフを読んでいなかったので気づかなかったdown どっちにしても全部回らないのだから同じこっちゃね。何れスタンプ台紙をゲットして(秦野駅前の名産センター等で販売@500)完歩したいものです。そして、この桜は↓今泉名水桜公園にて、冬桜です。

Imaizumi_sakura

秦野駅辺りで給食休憩を取って、ラン・スタートrun 国道246号線に入ってすぐ善波峠越え。善波トンネルの手前で振り返ると富士山fuji 雲が良い感じにかかっていました。この際だから、新旧善波トンネルを見るのだrun 旧道は上るぞぅ。ラン・コース最高地点だup そして、ラ○ホテルが立ち並ぶゾーンで、なおかつ幽霊スポットでありますsweat01

Zenba_fuji

Zenba_new Zenba_old

伊勢原市に入ると、246号線沿いに農産物直売所が何軒もありました。柿が旬。大きな柿が美味しそうで、何度も誘惑に駆られましたが、ランの途中run 我慢だ。伊勢原駅入口付近で信号ストップしたら、湘南クッキーの自動販売機があった。ひとつのお店だけの自販機、初めて見た。これは珍しいのでは?かなり欲しくなったけれど、我慢、我慢だ!しかし、後で冷静になってみると、ここで「ジャコ瓦」とか変わったクッキーを買い食いしたところで大勢に影響はないのに、我慢してしまった。よくあるパターンだなぁpig

Syonan_cookie Donzoko

最後の1枚は、愛甲石田のスナック「どん底」。少なくとも20年前には存在したスナック、また会えて嬉しいよgood 周りがどんなに変わっても(並びにあった建物が無くなったし)、スナックどん底はソコにある。入ったことはないが、とにかく惹かれる店名であります。愛甲石田でどん底をクリアし、俄然本厚木まで行く気がみなぎってきたcoldsweats01

そうして本厚木駅ビル・ミロード付近にゴールdash 時刻は15時過ぎ。お疲れ様でした~paper これにて、秦野ハイキングと246ランのレポは終了。お付き合いくださった方も、お疲れ様でしたwink

2013年12月 2日 (月)

秦野戸川公園-渋沢丘陵-震生湖ハイキング(3)

11月30日のこと。ハイキングの巻、最終回は震生湖maple

震生湖は関東大震災の時にできた湖で、日本で最も新しくできた湖と言われます。風は無く、凪いだ湖面に紅葉が映りこんでいました。釣り客が何人かいましたが、ボートで出ている人はいませんでした。ヘラブナとか釣れるんでしょうかねfish

Shinseiko01

Shinseiko02

湖畔には秦野福壽弁財天神社が鎮座しています。7の日は御開帳。しかし、この日30日もなぜか御開帳。ふくよかで優しげな弁天様を参拝。そして、拝殿の前に焼き物(テラコッタ)の弁天様(赤丸のところ)。こちらは「南はだの村七福神」のひとつで、2年前にできたそうです。

Benzaitensya Benzaitensya02

Benzaiten

参拝したらお札を頂戴しました。せっかくなので、スタンプ台紙に弁天様のスタンプもhappy01

Shinseiko03 Shinseiko04

湖の西側から東側に歩いてきて、時刻はお昼頃。ランチのハイカーたちが何組かいましたが、ひとまず秦野駅に向かうのだfoot 丘陵に沿って行くと、秦野一望ポイント。振りかえれば富士山でした。

Hadano

大きくカーブしながら一気に麓に降ります。寄り道しながら30分ほどで駅に到着。給食は肉まんpig ひと休みしたら、いよいよ国道246号線をGOだdash これにてハイキングの巻は終了。次回はルート編、の予定でありますsoon

2013年12月 1日 (日)

秦野戸川公園-渋沢丘陵-震生湖ハイキング(2)

11月30日のこと。県立秦野戸川公園をあとにして、渋沢丘陵に向かってランrun 渋沢丘陵と震生湖の巻にする予定でしたが、写真が多かったので、震生湖の巻は次回で。

秦野戸川公園からジョグで下っていくと、丹沢・大山を背にした蔵林寺があります。ここから、ラン・スタートdash 渋沢丘陵ハイキングの入口のひとつ、渋沢中学校まで5.4㎞/28分11秒39(回り道含む)でした。渋沢駅まで下りなので楽チンwink

01zorinji

渋沢駅を越えると、國栄稲荷神社の前、道路脇に一本の大イチョウ。市指定天然記念物だそうです。渋沢小学校で曲がりそこなって無駄に坂を上って下りsweat01 渋沢中学校前に到着。まずは、手前に鎮座する渋沢神社に参拝。転びませんようにcoldsweats01

02kunisakaeinari 03shibusawajinaja

道々、このように↓道標がある。この道標から先は林道になります。しばらく行って振り向いたら、丹沢の山なみと渋沢の町と富士山fuji

04post04 05kyuryo_2

05kyuryo_fuji

林を抜けると眺望が一気に開ける。もう菜の花が咲いていました。相模湾も見えるhappy01

06kyuryo_2

右手に畑、時々駿河湾相模湾を眺めながら、あったかい陽の光を浴びて歩く。気持ち良いねぇhappy01 振り向けば富士山だしfuji 左手の林間からは渋沢の町や丹沢がチラチラと見える。ミカン畑がけっこうあるのが意外でした。林道の端に蜜柑を並べて座っているお婆さんがいたりして、長閑。この後のランが無ければ蜜柑をお土産にしたいところでした。

07kyuryo

08kyuryo_2

向山配水場(道を挟んで牛舎があった)を過ぎて林を抜けると、この眺め↑ 地図で見ると海は遠いのに、海だわ。

この農道を下っていくと震生湖公園の入口があります。渋沢中学校からここまで約40分のウォークfoot 次回、震生湖の紅葉mapleの巻~soon

2013年11月30日 (土)

秦野戸川公園-渋沢丘陵-震生湖ハイキング(1)

今年の紅葉狩りの舞台は秦野市。県立秦野戸川公園→渋沢丘陵→震生湖ハイキングfoot 秦野戸川公園までは渋沢駅からバスbus 公園から渋沢丘陵入口の渋沢中学校までランrun ウォークで巡って秦野駅まで。そして、国道246号線を行けるとこまで走るっrun 自力移動総距離30.1㎞、6時間弱(渋沢駅発・本厚木駅着)のコース。

何回かに分けてUPしますが、初回は県立秦野戸川公園の紅葉の巻maple アクセスは、小田急線渋沢駅北口バス乗り場2番から、大倉行(渋02)に乗車bus 15分位で終点の大倉(ビジターセンター最寄)に到着。バスから降りると、う~ん、清々しい~happy01 空気が美味しいよぅhappy01 ず~っと前に来たことがあるけれど、当時は未だ工事中で、風の吊橋は無かったような?橋の全長は267m。風が気持ち良いよgood

Kazenoturihashi Kazenoturihashi02

Kazenoturihashi03_2

橋の周囲をぶらぶら散歩。モミジは半分ほど散っていましたが、山と橋と清流と紅葉maple 時々ヤマガラの鳴き声。気持ち良いhappy01

Kazenoturihashi04

小1時間ほどの散策のあと、準備運動。公園の下手にある蔵林寺までUPのジョグ。渋沢丘陵に向かってランだrun

明日(12月1日)には、水無川沿いを走る第9回はだの丹沢水無川マラソン大会が開催されます。ハーフのコースは上るよぅ。自然を満喫できそうだけど、キツそうだなぁsweat01 参加者の皆さん頑張ってrock

次回は渋沢丘陵と震生湖の巻、の予定soon

2013年10月13日 (日)

品川神社で大福を食す

本日は秋晴れsun 旧東海道ランの続きを決行run 神奈川宿から品川宿まで約20㎞の道のりでした。ルート編は後日にして、今日は品川宿にゴールした後に訪れた、品川神社の巻。

御祭神は天比理乃咩命(あめのひりのめのみこと)。祈願成就・航海安全の神様で、源頼朝が勧請したそうです。国道15号沿いに龍が絡みついた石の鳥居。急階段を上って二の鳥居、三の鳥居をくぐると拝殿です。

Shinagawa01 Shinagawa02

階段の左には富士塚がありました。現在も7月に山開きが行われているそうです。富士塚と聞けば登らねばねfuji

Fuji01 Fuji02

山頂からの眺め、なかなかgood 富士山が見えるってことはありませんが、天王洲の方を望めました。

ここに至る前に、新馬場北口通りの御菓子司木村家にて大福を購入(コンビニで牛乳もtaurus 運動後はタンパク質だrock)。これはお土産じゃないの、お昼ごはんなのpig 富士塚山頂で食べたかったけれど、先客が多くて断念。境内の腰かけ石に座って頂きました。柔らか~い餅に、塩がほのかに効いた青えんどう豆がたっぷりIN。さっぱりした甘さの潰し餡。美味~いhappy01 こちらの餅は、搗くときに手で返すそうです。職人技ですね。

Kimuraya

満足満足happy01 お帰りは、わざわざ大井町駅まで歩き、大井町線で帰りましたtrain 品川って、下町があって面白い町だなぁ。

さて、次回は旧東海道ラン、ルート編、の予定でありますsoon

より以前の記事一覧