2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ

湘南鎌倉三浦

2017年7月24日 (月)

引地川ラン 河口から源流へ

7月22日のこと。去年は相模川を遡って座間ひまわりまつり(座間会場)に走ったので、今年は引地川を遡って栗原会場に走った。22.4km/2:’10”07NETrun ルート詳細はマップに載せて省略。

鵠沼橋から河口(1)。江の島が目の前だ。朝から暑いぞsun 引地川は左岸をよく走るので、今回はなるべく右岸ルートでrun

01enoshima 01kugenuma_b

02hukuda8go 国道1号線を過ぎて6km付近の引地川親水公園から田園風景。

スタートから9km付近の石川堰と横須賀水道橋から小田急江ノ島線の駅が近くなり、再び市街地を流れる川らしくなる。円行では桜並木が川に枝垂れかかっていた。10km過ぎの円行公園・柳橋までは過去に走っていたが、そこより上流は川を渡ったことしかない、未踏域。さっそくその先の湘南台高校から川沿いの道が無くなり、遊水地(工事中ばかり)を迂回するコース。蓼川分岐から上流は再び川沿いに。川幅も狭くなってくる。

スタートから15km弱、東海道新幹線の手前で藤沢市から大和市に入る。16.5km付近、桜の名所・千本桜(2)にやってきた。約1.4kmの桜並木cherryblossomだが、治水対策のために桜の伐採を行うと聞いていた。右の写真は右岸下流端の福田8号橋から下流を見たもの。一気にではなく何年かかけて徐々に伐採を進めるらしい。

暑さにやられていたが、千本桜の下は涼しくて回復good 千本桜終点の新道下大橋手前の八幡山公園付近では、緑がキラキラhappy01

02senbon01 02senbon02

03yamashita_b_2 千本桜が川幅を広げるために伐採されるように、引地川ではあちこちで工事が行われていたっけ。

県道45号線(丸子中山茅ヶ崎線)を境に、下流は県管理の幹線(約17km)、上流は大和市管理の準用河川(約4.5km)となる。(3)山下橋の袂に案内板が設置されていた。

走っていて分からなかったが、ちょうど山下橋辺りから西側は厚木基地だった。上流に行くにつれ、基地の森が川に迫ってくる。草柳2号公園手前でスタートから20km。

県道40号線下のトンネル、相鉄本線下のトンネルを抜けると、そこは大和市ふれあいの森(4)。すっかり森の流れになった。東名高速下のトンネルと釣り堀を過ぎて、引地川は水門(5)の向こうへ。

04hureai 05suimon

はるばる海から来ました、引地川水源地・泉の森しらかば池(6)、緑の吊橋(7)、吹く風が心地よい園路を辿る。ここはハナショウブの名所でもあるのだが、以前来た時はタイミングが早かったっけなー。

06shirakashi 07turibashi

国道246号線の下(8)、源流(9)に、とーちゃ~くrun 水源はフェンスの向こうです。

08_246 09suigen

暑い。バテバテwobbly ひとまず売店に戻ってソフトクリーム@280を食べた。売店のオバちゃんに「暑くて言葉も出ない?」って言われた。口が回らなかったからね。夏場はよくあるよね~coldsweats01

ひと心地ついたところで、森をプラプラしつつ厚木街道に出た。座間ひまわりまつり栗原会場へと再び走るdash だいたい北西方向斜めに進むと日産座間工場に着く。そこから会場まではすぐ、2.3km/13’19”NETrun 総走行距離は24.7km。水分1.5L補給。左腰痛出ず、右膝痛若干。まあ、思っていたより良好であった。

2017年7月18日 (火)

三浦半島一周ラン2017(久里浜-横須賀)

7月17日のこと。海の日は海へGOrun 4月29日以来の三浦半島一周ランの続き、久里浜から横須賀まで。久里浜のペリー公園にゴールしたのは1月28日のことだった。冬の三浦半島は青くて清々しくて良かった。それに比べて夏の三浦半島は、靄っとしてるうえにジリジリしているsun 1ヶ月経っても左腰痛が治まらないので、控えめに横須賀(JR横須賀駅前)まで、16.9km/1:36’05”31NETrun ルート詳細はマップに載せて省略。

昨年10月から12月にかけて(>>)走っているので撮るものが変わり映えしない。まずはスタート地点の久里浜(1)。15分ほどで浦賀に到着し、浦賀の渡し船(2)に躊躇なく乗船@200(走行距離・タイムに船移動含む)。年に3度目の利用ともなると、遠慮なく呼び出しボタンを押せるcoldsweats01 西渡船場から東渡船場まで、ほんの2分の船旅ship

01kurihama 02uraga_w_2

02uraga_w02 02uraga_w03 02uraga_e_2

鴨居浜から観音崎大橋を渡って多々良浜へ。(3)黒船のマイルストーン越しの多々良浜は、この日一番の人口密度だった。三浦半島マイルストーンは鎌倉から東回りに多々良浜まで8ヶ所あり、一周ランのついでにチェックしていた。だが、鎌倉は見逃すし、湘南国際村は海から遠いし(標高も高いしup)で、制覇できていない。観音崎自然博物館の海側園路を進むと、ハマナデシコが咲いていた。

03tatarahama 03hamanadeshiko

園路の先、観音崎の岩礁の突端に、円筒形の物体が見えた。帰宅後に調べたところ、旧海軍が潜水艦を捕捉するために建造した水中聴測所跡(4)だった。ここまで、スタートから約6km。

04misaki 05mabori

06gelato 走水神社を過ぎ破崎緑地の展望台まで上り。走水海岸・馬堀海岸・三笠公園方向へと続く「よこすか海岸通り」は、冬なら絶好の富士山ビューロードだが、夏は靄って見え~ず。下り坂の終わる場所には走水水源地があって、誰でも水を汲めるように水栓が何カ所か設置されている。「ヴェルニーの水」をマイボトルに詰めて再出発。前回よりも美味しく感じた。

スタートから10km、馬堀海岸緑陰道路(5)からは、もう、ひたすら暑いwobbly 毎回思う、「緑陰」道路なのか?と。横須賀ジェラートファクトリー(6)に立ち寄ることしか頭にないcoldsweats01 関口牧場のミルクとスイカ@370、頭がキンキンするぅ。ここまで15km弱。牧場系アイスクリーム屋さんマップ更新>>

左腰痛・右膝痛は出ていない。ジェラートでクールダウンできたし、まだまだ走れるぜ!と、バラが咲くヴェルニー公園(7)を通過。公園から眺める護衛艦いずも(7)が祝日バージョン?になっていた。JR横須賀駅を撮影していたら、逗子行きの電光掲示板が見えて急激にヤル気失速。あと、10分くらいで乗れるな~って、改札に吸い込まれ、終了coldsweats01 お疲れ様でした。あと2回でコンプリートかな~。

07verny 07izumo

2017年7月12日 (水)

湘南ひらつか七福神めぐり(2)

7月8日のこと。湘南ひらつか七福神めぐりラン後半。弁財天の平塚八幡宮から国道1号線を1.7km(最長区間)run 毘沙門尊天の春日神社(6)に到着。ここは平塚宿の京方見附に近い。境内に鐘楼があって、神仏習合の名残りがある。やはり茅の輪があったので八の字に回ってお参したが、平塚八幡宮とは回り方が違った(詳細は忘れたsweat02)。拝殿左横の毘沙門堂には小さな木像が3体。中央に毘沙門尊天、左右に大吉祥天女と禅尼子童子が祀られていた。

06kasuga 06bisyamon01

06bisyamon02

春日神社の東並びには、平塚地名発祥の地と伝わる「平塚の塚」緑地と、甕のハスが境内を埋める日蓮宗松雲山要法寺がある。ここで寄り道。もう昼近いので閉じたハスが多かったが、毎年七夕の頃に見頃を迎えるそう。

Yohoji01 Yohoji03

Yohoji02 Yohoji04

七福神めぐり最後は旧東海道の南側、大黒尊天の日蓮宗顕応山妙安寺(7)。平塚鬼子母神と呼ばれるお寺。本堂に祀られている鬼子母尊神は大きくて真っ黒、経典を捧げ持ち、目は金色で炯々。女性が赤ん坊を抱いているイメージだったんだけど、日蓮宗は鬼形。お寺さんが説明してくれたところによると、日蓮宗では法華経の行者守護の神様なのだとか。大黒尊天像は鬼子母神像の右隣で、サイズ的に完全に圧倒されているcoldsweats01

07myoanji 07kishimojin 07daikoku 7hukujin

これにて満願good 寿老尊の長楽寺から大黒天の妙安寺まで、5.6km、総所要時間は約2時間だった。七夕まつり会場の平塚宿江戸見附まで走って、出張ラン終了。足裏が攣ってヤバイwobbly 水分補給1.5L、観蓮ランからの総走行距離は20.1km、お疲れ様でした~。

2017年7月11日 (火)

湘南ひらつか七福神めぐり(1)

7月8日のこと。鵠沼で観蓮から、湘南海岸を走って須賀港(平塚漁港)にいったんゴール。湘南出張ラン最後のお楽しみは、湘南ひらつか七福神めぐりランである。夏の七福神めぐりに平塚ほどピッタリな場所はない。毎月7日に七福神めぐりツアーが行われているくらいだし(公式サイト>>)、平塚といえば七夕だ。今年の7月7日は平日だったので、翌8日に実走となった。熱いぞ、平塚sweat01

格安自販機に救われた熱中症目前ランナーは、最初の寿老尊・真言宗海詠山長楽寺(1)にたどり着いた。本堂に参った後、オミナエシが咲く寿老尊像へ。事務所で御朱印色紙(色紙+御朱印@800)を頂いたら、像の後ろのお堂に本体?が祀られているとのこと。さっそく扉を開けて、改めてお参りconfident 境内には県指定有形文化財の庚申塔もあって、青面金剛の両脇に二猿。三猿じゃないのは珍しい。

01tyorakuji 01juroson01

01juroson02 01koshinto

恵比寿神の平塚三嶋神社(2)は祭礼の準備中。湘南のえびす様は拝殿の前にも鎮座。社務所の横には福笹を持ったえびす様もいる。御朱印を頂いている間に記帳を勧められたのだが、自分の前は6月だった。あれ?流行っていない?やっぱ、夏に巡るのは邪道なのって思ったcoldsweats01 福笹えびす様の横にはキキョウが咲いていた。ひらつか七福神は秋の七草めぐりもできるようになっているのだ。

02mishima 02ebisu01

02ebisu02 03zensyoji

三嶋神社西門の真ん前に福禄寿の日蓮宗梵行山善性寺(3)。別名湯呑寺と呼ばれるだけに、本堂の福禄寿像は陶器製のようだった。

03hukurokuju02 03hukurokuju01

次は少し離れている。国道1号線に入り、「ちょんまげ最中」が魅惑的な弘栄堂さん隣、布袋尊の真言宗馬入山蓮光寺(4)。山門は高野山総本山金剛峯寺東京別院から拝領・移築した立派で渋いものだが、本堂前には巨大なサボテンがボーボー(花も咲いていた)。何、このギャップcoldsweats01 布袋尊像の右隣には「持ち上げ地蔵」という丸っこいお地蔵様がいて、軽く感じたら願いが叶うとか。

04renkoji 04hotei01 04hotei02

国道1号線を西へ1.3kmrun 弁財天の平塚八幡宮(5)は鳥居が七夕バージョン。夏越祓の茅の輪が設置されていたので八の字(左2回、右1回)に回ってお参り。平塚弁財天社は西御池に鎮座している。七夕まつり期間中だからか、境内に屋台があって、焼き鳥売ってたのビミョーな感じだった。境内にアヒルやらカモやらの美味しそうな鳥さんたちがたくさん住んでいるから...

05hatimangu 05chinowa

05benzaiten01 05benzaiten02

さて、熱中症目前ランナーは最初の長楽寺で十分休憩を取ったので復活していたが、まだぞろフラフラしてきたsweat01 春日神社への最長区間をヘロヘロ走るのであった。続くpaper

2017年7月10日 (月)

湘南海岸ラン

7月8日のこと。鵠沼の桜小路公園はす池で観蓮の後、平塚で湘南ひらつか七福神めぐりをするため、走ったrun 久しぶりの湘南海岸ラン

まず、海岸へ。鵠沼橋の歩道橋から江の島ビュー。ここからは晴れたら富士山も見えるのだが、靄ってて見えず。海岸ロードを西へrun 富士山は見えないし、海辺の花は萎れたマツヨイグサくらい(ハマユウとハマヒルガオが少し)。なので、真面目にラン、ランrun 茅ケ崎サザンCはスタートから約8.5km地点。Cの彼方の烏帽子岩も靄ってる。海の家から流れる音楽はサザンだnote

01enoshima 02southernc

スタートから11km、相模川の河口に到着。めっちゃ暑いsun 500mlボトル1本では持たなかった。熱中症になりそうで、かなりヘロヘロ状態で湘南大橋を渡った。その先に、格安自販機があると信じてcoldsweats01

03sagami_r_2

04sagami_r Terihanoibara

05hudanotuji 1枚だけ海辺の花を、テリハノイバラ↑夏の日差しに照り照りしちゃって、こっちは干乾びそうだよーんsweat02

湘南大橋を下りて、須賀港(平塚漁港)に向かう途中で格安自販機発見!水分補給、ちょっと復活。そして、相州須賀湊札の辻跡にゴールdash 12.9km/1:13’33”NET

ここ須賀は北条氏直轄の交通・経済の要衝の地で、札場があったそうだ。札場の向かいには串だんごの幟が揺れる和菓子屋さん。古くからありそうな、普段使いの店構えで、美味しそう。だが、まだスタート地点に移動してきただけで、七福神めぐりはこれからだ。団子にうつつを抜かしている場合ではない。次回、夏の七福神めぐり!湘南ひらつか七福神めぐりの巻。

Map

2017年7月 9日 (日)

鵠沼・桜小路公園はす池で観蓮2017

7月8日のこと。藤沢駅前から走ること1.2km、今年も桜小路公園はす池に観蓮ランrun

はす池は2ヶ所ある。まずは、白くて大輪の舞妃蓮が咲く第一はす池。見頃過ぎだなぁ。去年より1週間以上早い。7月9日は観蓮会が開かれる。

Maihiren01 Maihiren02

第二はす池では、八重咲きの誠蓮。ウッドデッキと池のアングルは定番wink

Makoto01 Makoto03

Makoto02

Makoto04 Makoto05

第二はす池はまあまあ見頃ではあるが、去年より咲き進んでいた。トンボとハスも定番wink

Tombo

湘南出張ラン、前半のメインが観蓮。次は海岸ロードを平塚に向かうrun 湘南ひらつか七福神めぐりがメインである。次回、湘南海岸ランの巻。

2017年7月 8日 (土)

湘南ひらつか七夕まつり

第67回湘南ひらつか七夕まつりに行ってきた。諸々のついでの一番最後なんだけどcoldsweats01

見附からメイン会場のスターモールを駅方向にfoot 七転八起も七夕飾り?

Tanabata01

猫バスcatとトトロが飛んでいる。

Tanabata02

昔話で、桃太郎。

Tanabata03

湘南ひらつか七福神。今日の出張ラン、後半は七福神めぐりランだったのだrun

Tanabata04

七夕まつりは、まー、人だらけ。広~い道路に屋台がビッシリ。モールにもビッシリ。何か、ホイッスルがついたジュース?を売っているらしく、そこら中から鳥の鳴声みたいな高い音が響き、疲れ倍増。何にしても、天候に恵まれて良かったね。

出張ランの巻は、鋭意写真整理中。

2017年5月28日 (日)

北鎌倉・東慶寺のイワガラミなど

今日のスタートは北鎌倉、臨済宗松岡山東慶寺。開門間もない境内へ、茅葺の山門をくぐって、お邪魔します。鐘楼も茅葺。

Tokeiji01 Tokeiji03

本堂裏のイワガラミ、特別公開が始まっている(5/27-6/11)。御本尊の釈迦如来坐像にお参りし、本堂の縁側を土足のまま回り込んで裏へ。後で御朱印もいただいた。

Tokeiji02 Tokeiji04

崖一面を覆うイワガラミは、わずか1本の木なのだ。すごいね。白く装飾花を咲かせているのはまだ少ないけど。見頃は来月だろう。

Iwagarami01 Iwagarami02 Iwagarami03

本堂を出て更に奥へ進むと、今度は一面のイワタバコ。蕾が膨らんで、産毛がキラキラしてる。紫の五芒星が見られるまで、もう少し。

Iwatabako01 Iwatabako02

境内には多くの花が咲いている。ユキノシタ。アワモリショウマ

Yukinoshita Awamorisyoma

Ajisai01 他には、カルミア、ツツジ、キショウブなどなど。

黒姫アジサイがしっとりしてて綺麗happy01

6月に入ればイワガラミとイワタバコが見頃になって、更にハナショウブやアジサイが咲いて華やかになるだろう。拝観者も激増して、じっくり鑑賞どころでないかもしれないcoldsweats01

では、走ってお帰りrun 次回はランの巻。

2017年5月 2日 (火)

三浦半島一周ラン2017(江の島‐逗子-衣笠)

4月29日のこと。2月以来の三浦半島一周ランの続き。江の島東浜スタート、一周ラン2回目のスタート地点・逗子海岸入口に一旦ゴール(11.9km)。その後、横須賀しょうぶ園に藤の花を見に行って(9.3km 前々回の記事へ)、最後は衣笠駅前にゴール、2.2km。総走行距離は、23.4kmrun 衣笠まで含めたけれど、三浦半島縦断、しないからっsweat01 古代東海道の走水へのルートはいつかrock ルート詳細とポイント写真はマップに載せて省略。

由比ガ浜から材木座海岸に向かうべきだが、せっかくの藤の季節だから、大町の時宗別願寺に寄り道、藤の花happy01 境内には鎌倉市指定有形文化財・足利持氏の宝塔(供養塔)。鳥居が浮き彫りにされている珍しい宝塔だった。

01betuganji01

01betuganji02 01betuganji03

材木座海岸に戻って和賀江嶋築港遺跡を眺める。小坪側からの眺めは海中に沈む玉石が綺麗だ。近くの小坪飯島公園には「海」のマイルストーンがあった。これは案内表示があったから気づいたが、鎌倉海浜公園のマイルストーンには気付かなかった。残念down

Kotubo02 Wagaenoshima03

小坪を後にして内陸へ。葉山町役場あたりから丘越えが続く。一色大滝通り(県道27号線)の滝の坂が最高地点だったかもup そこには霊泉滝ノ不動尊という魅惑的な看板があった。水、水ぅ~coldsweats01 もうひと上りしたところに不動尊(吾妻神社)が鎮座し、石段わきから清水が流れ出ていた。柄杓があったので、日本武尊も飲んだという霊泉、頂きましたgood

Takinosaka01 Takinosaka02

Takinosaka03 Takinosaka_t

Manhole一色大滝通りに戻って、吾妻神社のすぐ脇を通る滝の坂隧道通過↑クラックのチェックが多すぎて、アートかと思ったcoldsweats01

県道27号線をひたすらrun このあたりは、2011年の棚田を見よう&葉山古道企画、2015年の藤沢-横須賀ランで実走している。大楠山登山口交差点を右折するコースは、初。細い道を、阿部倉温泉サインに翻弄され走るも(温泉は休業中)、ひと丘越えて横須賀しょうぶ園に到着dash

今回の企画は“三浦半島一周ランのついでに横須賀しょうぶ園で藤の花を見よう”なのだが、前日までは“さらについでに大楠山に登ろう”もあった。あわよくば湘南国際村でマイルストーンをチェックして、国際村の登り口から入山、阿部倉温泉に下って横須賀しょうぶ園へ。という、壮大な“ついで企画”であった。壮大になると目的を見失いがち。1番が三浦半島一周ラン、2番が横須賀しょうぶ園だから。と、ギリギリで思いとどまって無難なルートになった。最後は、衣笠駅前のペリーさんマンホールhappy01 お疲れ様でした。

2017年4月29日 (土)

横須賀しょうぶ園・ふじ苑

今日は2014年以来の横須賀しょうぶ園に、藤の花を見に走った。4~6月は入園有料@310。外国人団体さんと多くの中高年で賑わっていた。券売機に並んでいると、「高齢者割引は無いの?」「こういうところに来るのは高齢者ばっかりなんだから無いよ」という“高齢者あるある”を小耳に挟んだ。確かに、行く先々の有料公園で耳にする、あるある話coldsweats01 5月5日まで「ふじまつり」、6月には「花しょうぶまつり」開催。ここの花菖蒲は見応えあるよgood しょうぶ田では緑の葉が伸び、スタッフさんが園の整備を行っていた。

Syobuen01

Syobuen02

ふじ苑は見頃の始まり。11品種約250本の藤、県内最大級らしい。九尺藤は花序が伸びきっておらず、見頃はGW明けかもしれない。藤棚も見頃には早かったが、開花が進んだ藤棚の下は休憩の人で満員。

Nagasaki Momo

Momo02 Noda

藤のトンネル。

Tunnel Shiro

咲き方もバリエーション豊か。濃くなり始めた緑と藤色、遠景が美しいhappy01

Kutibeni Syobuen03 Kokuryu_yae_2

八重咲きの黒龍藤↑と一重の黒龍藤↓

Kokuryu

入口広場では物産販売、蕎麦打ち実演販売など開催。藤の他にはオオデマリとシャクナゲが見られた。帰りは衣笠駅まで走って、横須賀線train 良いお花見だったhappy01 ルート編は後日up

より以前の記事一覧