2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

温泉・銭湯

2017年11月26日 (日)

万葉の湯にラン

割引券をゲットしたので、万葉の湯にラン。正規価格では行かない、セコイなcoldsweats01 まず四季の森公園で紅葉狩り。2週間前はほとんど青モミジで紅葉始めだったのに、すっかり見頃。

Shiki

次に里山ガーデンへ。森全体が黄葉。梅田谷戸に下りて、上川井神明神社付近で絹の道(浜街道)に合流。保土ヶ谷バイパスと東名IC脇の歩道からは丹沢山塊の向こうに富士山が見えた。撮ったんだけど、スマホ、薄くしか写ってないじゃんdown

Satoyama01

Satoyama02

で、万葉の湯にゴール。7.9km/44’15”dash そして、相棒さんは自家用車で遅れて到着。お約束catface

Manyo01

Manyo02

4時間も長居spa 7階の足湯場から、夕日と丹沢山塊。富士山も写っているんだけど、薄っ。

2017年9月 9日 (土)

恵びす温泉にラン

涼風が吹き始めると、銭湯に行きたくなるspa ランシューズが1足ダメになり、マラニック用のもう1足も、とっくに1000kmを越えていたので新調した。マラニック用はAdidasのSnova Glide boostを使っていたが、今度はadiZORO bostonshoe ソールドロップが低い方が好みだが、マラニック用は脚を甘やかしたいしアウトソールが頑丈な方が良いので、何年もBOOSTシリーズを使っている。トレーニング用にはソールドロップが低いシューズを選ぶ。

で、今日はシューズ卸しを兼ねて銭湯ランrun 目的地は、ずーっと行きたかった中華街の端にある恵びす温泉spa マップは一番下(42.195km.netさんで作成)。通常ルート(国道16号界隈)なら中山から15kmほどだが、20kmは走らないとシューズのお試しにならないので、遠回りした挙句に最後は山下公園と中華街でウロウロした。鶴見川沿いに新横浜-六角橋-市場-みなとみらい、20.5km/2:00’15”NETrun 真面目に走ったので、最初に脚を止めたのは六角橋の祐天地蔵尊(1)、目黒の祐天寺講中だそうだ。スタートから13km付近、東横フラワーロードとの交差点に新太田町駅跡(2)の表示(1946年廃止)。何度も走ってて初めて気づいた。

01yutenjizo 02shinoota_s

横浜中央市場前を過ぎ、海wave みなとみらい橋(3)を渡って、みなとみらい地区へ(15km付近)。実は臨港パーク(4)に行ったことが無かったので、行ってみた。ベイブリッジとパシフィコが近づいてくる。ついでに新港パーク、赤レンガ倉庫の海側も。海沿いはランナーが多かった。

03minatomirai_b

04rinko_p

山下臨港線プロムナード(5)から横浜三塔(クイーン)・象の鼻パーク・大さん橋を一望。

05zonohana

山下公園(6)に着いてしまったが、2時間経っていないので公園を一周半、中華街へ。まだ足りないのでローズホテル前を通過。あかいくつ号(7)の停留所だった。

06yamashita_p 07tyukagai

08ebisu

もうちょっとで2時間だ!で、加賀町警察署前にゴールdash 2時間ほぼぴったり。

せっかく中華街だし、肉まん食べようかと歩き出したが、昼だけど全然お腹空いていないpig もう、風呂入ろっと。警察署の前を真っ直ぐ元町に向かうと、首都高の前に恵びす温泉(8)の看板。ビル銭湯である。銭湯には珍しく、11時から営業している。なお、「温泉」は屋号で、天然温泉ではない。

2階に上がり、券売機で470円。カウンターに券と下駄箱キーを渡してロッカーキーを貰う。脱衣所と浴場の天井が高い。サウナが2階(浴場内に階段があって2階から1階を見下ろせる、別途料金)にあるのだ(行っていないけど)。銭湯絵画は無い。歩行浴・電気風呂・ジャグジー・薬湯(青かった)などがあって、湯温は調度良い。昼だし、数人しかいなくて楽々。ただ、ヒジョーに残念なのは、牛乳とコーヒー牛乳が無いtaurus 普通の自販機とコーヒーのカップ式自販機しか無~いdown 牛乳代わりにカフェオレを飲み、サッパリして退店。石川町から電車で帰った。あ、newシューズはマラニック用に耐えられそうだ。

Map

2017年3月20日 (月)

綱島温泉湯けむりの庄にラン

3月19日のこと。湯治をしたい相棒さんのリクエストに応え、綱島温泉・湯けむりの庄にランspa 湯けむりの庄は1年ほど前にオープンした日帰り温泉。今回で2度目。源泉かけ流しの黒湯が@1400円(土日祝)で楽しめるのだが、駅から遠くて送迎バスが無いとこが難点。なので、相棒さんは自動車で、自分は自走でrun ルート編。

鴨居でアンズが開花。ソメイヨシノMy標準木は蕾。今年も鴨居で桜まつりが開催される(4/1)。

01anzu 02sakura

03kitasen 鶴見川ロードから18日に開通したばかりの北線を見上げる。走ってるねぇ、自動車。

大竹橋を渡って、大熊川へ。せっかくだから西方寺に寄り道しよう。

新羽の西方寺は、冬のロウバイ、春の中日桜・モクレン、夏のアジサイ・アヤメ、秋の彼岸花・萩、花が一年中楽しめる。

中日桜の巻は前回の記事へ。ハナモモと参道の中日桜を1枚ずつ。

04saihoji02 04saihoji

新羽橋を渡ると、よこはま月例マラソンの皆さんが走ってるrun あそこに混じるのかぁ、いやぁ~、とグズグズしていても仕方ない。教習所の土手は狭くて交通量が多くて走れないから河川敷に下りなきゃしょうがないのだ。えいや!と合流。樽綱橋過ぎの月例ターン地点まで約2km、マジで走った。怖かったwobbly マジ走りのせいか、いつもより速いタイムでゴールdash 13.9km/1:17’29”89NET。

05geturei01 06tunashima

相棒さんと合流し、いざ、湯治spa 最近多いバーコード付リストバンドで後払い方式。つい“あまおうソフトクリーム”を食べてしまう恐ろしいシステムだcoldsweats01 そのうえ、相棒さんの湯治は長い。5時間も滞在sweat02 ソフトどころかランチ、マッサージのフルコースで散財yen なんと、男湯は入場制限してて(制限前に入館した)、5時間も滞在してスマン。風呂レポは、露天の源泉かけ流し黒湯風呂×3(内1つは炭酸湯)、寝湯、壺湯。内湯はジャグジー×2、黒湯×1、サウナ。岩盤浴は未見。黒湯、温まるよぅspa タオル・館内着付で@1400(平日@1200)。露天が広くて、光と風が心地よい。小学生未満入館お断りなので、落ち着いた雰囲気。休憩所のイビキはどこも同じcoldsweats01 というわけで、お勧めの日帰り温泉ですgood

2016年10月22日 (土)

港北天然温泉にラン2016

Map 今週末は地元でリフレッシュ・ランrun 花巡りランと紅葉ランの狭間、毎年この時期は風呂に走ってリフレッシュ。走って行くところがアホっぽいcoldsweats01

銭湯・温泉spa数ある中で(数あるところがスゴイぞ横浜good)、駅近(または送迎バス有)・休憩室有・リーズナブル・綺麗・温泉、というウルサイ希望を満たすところは、港北天然温泉スパガーディッシュしかない!土日祝日@1,440(2012年初訪では@1,400だった)で館内着・タオル付き(5時間以内)、素晴らしいhappy01

というわけで、プチ贅沢を満喫するのに真っ直ぐ向ってはバチが当たる。IKEA近くの淡島社を経由しての、11.6km/1:07’23”60(NET)run

141214iwasaki_b いつも違うコースを走ってキョロキョロしたい道草ランナーeye 緑産業道路の岩崎橋交差点で淡島路道標(再建された道標)を見るまではザックリと「IKEAまで行こう」程度だった。淡島社に詣でよう、決定。東方町交差点を旧道へ。以下、道々の石塔石仏をピックアップする。肝心の淡島路道標を撮り忘れたので、2014/12/14撮影の写真をUP→

旧道の東方町と折本町の境にあった青面金剛の庚申塔(1)。三猿直踏みバージョン(間に邪鬼がいない)だ。真照寺分岐手前、折本地蔵講中修復の子育地蔵尊(2)。真照寺の丘に背を向けて立っているところを見ると、真照寺方向から南に向かう道があって、この辺りで東西の道と交差していたのかもしれない。単に移設しただけかもだがcatface

01higashikata 02orimoto

折本交番交差点東の淡島社(3)に到着。以下、覚書として雑感をダラダラ書くと。由緒書き石碑によると、御祭神は少彦名命・神功皇后・大霊貴命・素戔嗚尊の四柱。江戸時代以前和歌山の加太淡島大明神より分祀鎮座したそうな(明治に大神宮・天王社・新宮社を合祀)。なら、主祭神は少彦名命だろう。拝殿には「日本中に数少ない女性の祭神 淡島大明神」という木札が掛かっているので、住吉明神の后神説?または、神功皇后の方を採っているのか。はたまた医薬神でもある少彦名命は女性の病気平癒や安産・子授に霊験あらたか、だから?さらに、由緒書きには「相模街道大熊村より左へ十三四丁入りて織本村にあり 神主雲路氏奉紀す」とも彫られている。相模街道とは八王子街道の別名ではないのか?だいぶ遠いよ?問題は棚上げして、境内からIKEAを望むcoldsweats01

03awashima 04awashima_b

05sanae 目的地を東に行き過ぎているので戻るのだが、もっと捻りたい道草ランナーrun

行けそうな小径を上り、行けそうな階段を上ったら淡島橋(4)に出た。真照寺の丘上を西へ。来た道に戻る前に丘を下ったら、早苗地蔵尊(5)が坂の途中に鎮座していた。1530年頃、用水路の建設に尽力した僧了信と娘つが、この二人を祀ったお地蔵様とのこと。豊作を願い、若い苗を供えたことから早苗地蔵と呼ばれるそうだ。港北ニュータウンの周辺は昔の面影があって興味深い。

もうひと山越えなければならないので、東方天満宮の境内越え、失礼しま~す。参道入口の三夜塔と青面金剛庚申塔(6)。東方原への辻にも青面金剛庚申塔(7)。両方とも三猿・邪鬼踏みつけバージョンだ。

06higashikata 07higashikata

道草はここまで。歴博通りを真っ直ぐ。スパガーディッシュは“港北みなも”の3階だ。みなも手前の地下鉄高架下にゴールdash 地下鉄だけど高架catface で、スパガーディッシュspaは混んでいなくて良かったhappy01 お風呂は源泉かけ流しの黒湯(内湯)、天然温泉の炭酸風呂(露天)など7つ(8つだっけか?) ローズ風呂があったが入っていない。

Spa

リラクゼーションルームも空いていたし、温泉にタップリ浸かってリフレッシュできたscissors 温泉にランなのに、石塔ネタばっかりだったけどbleah

帰りは歩いてセンター南へ。センター北と南の間には“みなきたウォーク”という遊歩道がある。そのセンター南側の早渕川畔に堰の元地蔵尊、別名子育地蔵(8)。昔この辺りに早渕川取水堰があったそう。お堂前の青面金剛庚申塔は、正覚寺(都筑の花の寺)裏手にあったものを移転したそう。街中にもある古の面影だ。地下鉄グリーンラインで中山へ帰る。お疲れ様でしたpaper

08sekinomoto Minakita_w

2016年4月17日 (日)

万葉の湯にラン(嵐)

湯治をしたい相棒さんのリクエストに応え、町田の万葉の湯に行くことになったspa 相棒さんは自動車でcar 自分は自走run ほとんど嵐なのにtyphoon

どーせ湯に浸かるのだから濡れたってイイさ、と思っていたが、想像以上に降るわ吹くわ。三保市民の森でびちょびちょsweat02 若葉台でびちょびちょsweat02 マンション群のビル風に煽られて飛ばされそう、うへぇ~wobbly

01miho 02wakaba

帷子川源流は新緑に輝いて見えるが、嵐である。先週末に桜吹雪を観に行った環状4号線も、すっかり葉桜だ。雨粒がコンデジのレンズに当たる嵐だが。

03katabira 04wakaba

相棒さんに予告したタイムより少し早めに万葉の湯に到着、43’37”/7.6kmrun 裏ZOO・三保市民の森越えで、シューズがドロドロ。大人@2,300也。館内の料金はロッカーバンドのバーコードでピッとやって後会計。いくら使ったかウヤムヤのまま、ついソフトクリームなど食べてしまう恐ろしいシステムだcatface 嵐の露天風呂は人が居なくて楽しかった。ひとり、風呂で仁王立ちだcoldsweats01 そして、4時間も滞在しているうちに嘘のように晴れてるしsun いや、こんな道路あったっけ?月末に開通するとかいう国道16号線の町田立体、だそうだ。高いなー。

05manyo 06machida

晴れても風が吹き荒れるtyphoon 好き好んで風雨に晒されたわけではない(好き好んでいるようにしか思われないが)ので、帰りの車内(帰りは相棒さんの車だよ)からランナーを見かけるたび、羨ましかった。

Map

2015年12月 6日 (日)

旧東海道神奈川九宿ラン(小田原宿-箱根宿)後編

12月5日のこと。“旧東海道神奈川九宿ラン~神奈川県縦走?”最終回。神奈川県のウォーキング企画に乗っかって、気持ちオリジナリティを出してみた、「東海道神奈川九宿ウォーキングラリー」の宿場シールを集めながら神奈川県を縦走するrun 全4回の本企画。祝・縦走run マップも完成↓

今回の小田原宿-箱根宿も、ポイント写真をマップに載せて省略だ。ひとつのロング企画を集中して実行したのは初めてかもしれない。いつも思いつきで虫食いのように走るからね~coldsweats01 マップが綺麗で良いわぁ。この調子で、2016年は綺麗な三浦半島ランを目指そうかなdash

Sounji というわけで、最終回のスタートは小田原宿板橋見附。九宿目の宿場シールは箱根関所でゲットgood 走行距離は15.4km/1:51’ 更に箱根峠まで伸して+2.0km。合計17.4km/2:04’37”09run 石畳道では早歩きfoot 「コケない」これがマストだから、早雲寺にお参りしてから天下の険に挑んだよsweat01

早雲寺の境内では見頃を迎えていたモミジだが、山を上るにつれ、落葉の季節。

割石坂で石畳を慎重に進んで坂がひと段落。目を上げると、彩な紅葉がmaple

01wariishi01 01wariishi02

Hatajuku 石割坂のモミジが一番赤かったな。

前回も撮った畑宿のイラスト案内板→ 箱根宿まで5.5km。全行程走れたらすぐに着くのだけど、七曲り&石畳だから、近そうで遠いのよねぇ。

石畳そのものよりも、石畳道と県道を繋ぐ急階段が、脚力を奪う。むしろ、七曲りの車道を走っている方が脚が休まるsweat02

最もプルプルしたのは橿木坂の階段。長い階段を上って、見晴らし茶屋への分岐でプルプルが治まるのを待つ。山根橋、甘酒橋を渡り、地図で想像した以上に起伏に富んだ旧道を猿滑坂へ向かう。開けた場所では遠くに相模湾が見えた。

02kashinoki 02yamane_b 02sagamiwan

03oikomi 猿滑坂から県道を渡って、また階段を上る。車道よりもかなり高い位置→緩やかに下るので走りながら脚を回復させる。

追込坂に合流するのだが、途端に、ぴゅ~typhoon 冷た~い風が吹いてきた。寒っ。甘酒茶屋に向かう緩い追込坂を急いで走り、甘酒茶屋へdash 持ってきたステンレスボトルに甘酒@400を入れてもらう。これで道中が心強いわ。とっても熱いから、すぐ飲んだらキケン。石畳最長区間の白水坂、天ヶ石坂で十分撹拌され丁度いい温度になった甘酒を飲む。美味しいhappy01

42.195km.netさんでマップを作った。実は芦ノ湖に着いてから、箱根峠から三枚橋が東坂、峠から三島宿までが西坂と呼ばれることを知った。なーるほど、坂だね。と思って東坂の距離側したら、約13kmだった。神奈川県縦走のために箱根峠まで伸したのだが、東坂西坂という意味でも正解だったなgood 箱根峠からの国道1号線下り坂は楽チンだった。安定して走れるって幸せって思った。箱根神社参道まで、4.5km/25’17”67run 総走行距離は、21.9kmrun 締めはバスで箱根湯本に戻り、箱根湯寮でひとっ風呂spa コーヒー牛乳を飲んで、お疲れ様でした。

Staticmap 04yuryo

2015年8月23日 (日)

中原街道ラン(中山-丸子の渡し)と丸子温泉

高野山レポからの逃避、第2弾coldsweats01 今日は中原街道を中山から丸子の渡しまで走りました。15.9km/1:32'34"06NET(街道に至るまでの0.5km含む)run

ポイント写真はマップに載せて省略wink なるべく旧道ルートです。気になる石塔・寺社・旧跡ストップが多かったので、総所要時間は約2時間。坂が多いし、思いの外晴れ間があったので、暑くて給水が進む進むsweat01 少し遅めのペースを保ったので、元気に多摩川と丸子橋を見ることが出来ましたgood

今日の本来の企画は、温泉に入りたいspa でした。走るのに良い距離(15~20km)で、駅近もしくは送迎バスあり、が条件。朝から地図を見ながら検討の結果、新丸子の丸子温泉spaに決定。中原街道ランは後付けcoldsweats01 丸子温泉は1年前に諦めた銭湯なので、今日こそは!とワクワク。ランニングパック、ザ・ノース・フェイスのマーティンウイング(10L)のお試しもできた。10Lは大きいかと思ったが、銭湯ランにはピッタリ。着替えが入って、コンデジ・ケータイ・小物・ペットボトル2本(背面のメッシュポケットに、もう1本入る)、タップリ収納。通気性も良くて、背中ビチョビチョにならなかったgood

Marukoonsen

で、肝心の丸子温泉spa 土日は10時から営業しています。昔懐かしい番台形式。銭湯につき物のペンキ絵はありませんでした。470円を番台のおばちゃんに払って入湯。ちょっと熱めの黒湯と白湯を堪能して、さぁ~っぱりhappy01 仕上げにコーヒー牛乳をグッと飲み干し、良い湯でしたspa 帰りは最寄りの新丸子駅から電車。今日も良いランでした。これは、中原街道ランの続きがありそうな予感catface

2014年10月28日 (火)

帷子川水源から河口へラン

10月26日のこと。中山近くに水源がある帷子川。水源から河口まで、走るrun まずは水源まで行かねばならない。三保市民の森を越え、若葉台の遊歩道を辿って、4.9km/30分58秒32の一部トレラン。スタートラインに立つ前に疲れたdown 上川井小川アメニティの先に、石に穿たれた湧水口。ここが帷子川水源地だ。この先は農業用水路状の小川が続くが、ココが水源地ってことでOK。

01suigen 02amenity

さあ、改めて、河口に向かってGOdash 小川アメニティから一旦暗渠になり、水路橋付近で姿を現した帷子川は、もう小川ではない。しかし、川井宿を過ぎるまで川沿いに走ること能わず。吹上橋で川沿い道に入ると、もう立派な河川となっている。ポイント写真はマップに載せたので省略ですpaper


より大きな地図で 2014/10/26 帷子川源流から河口へ を表示

ルートは一部水道みちを通る(横浜水道みち 川井-野毛山)。上星川まで、川沿い道が突き当たるたびに右岸と左岸を行ったり来たり。和田町までは水道みちだ。

帷子川は河川改修工事の跡が分かりやすい。あちこちに旧河川が緑道として残されている。鶴ヶ峰では捷水路トンネルが大きな口を開け、川を飲み込む。

07syosuiro_tunnel

西谷の学校橋がなかなかシュールだったcoldsweats01 二宮尊徳、ではダメなのか。薪を背負って本を読むのは虐待、とか?裸体の子どもはイイのか?などとしょーもないことを考えつつ、通過。

12gako_b01 12gako_b02

ついでに目を引くオブジェシリーズsweat02 星川の川辺公園にて「はいっちゃだめ河童」。国道1号線の横浜三井ビル前に立つ、金色の巨人。背中から足にかけてのブラックが上品だcoldsweats01 首都高見てるの?

17kappa 21mitui

相鉄ムービルまで来て、あと一歩のところで帷子川沿いに行けない。横浜駅構内を通過し、みなみ東口から地上へ、金色の巨人から再び帷子川へ。シーバスが発着するベイクォーターを左に眺め、高島水際線公園の端っこにゴールrun 横浜港だ~。海の匂い、寄せる波。河口を眺めるって気持ちイイ。そして、なんて良い距離なんだ、帷子川good 鶴見川も多摩川も、水源地から河口まで一気なんて、自分には無理よ。17.2km/1時間37分37秒24でしたrun

24kako 25yokohamawan

ひと休みの後は、銭湯にランspa 東白楽の徳の湯までユル・ラン、3.1km/17分25秒40run

28tokunoyu

反町の反町湯、大口の鷲の湯に続き、この界隈3軒目のビル銭湯である。入浴料金がいつの間にか大人470円。消費税上がったしねぇdespair 中はフロント式で券売機。浴場は1・2階で男女日替わり。人工温泉の露天風呂あり。壁絵は富士山に清流でした(1階)。浴場は広々で、片隅の壁面に「ぶら下がりバー」がある。ぶらさがってみたくなった。想像してみた...止めておこうcoldsweats01 内湯の赤外線?が、湯が柔らかくってとても良かったgood 露天風呂に入ったり涼んだり、たっぷりと湯を楽しみました。帰りは東白楽駅から電車(徳の湯は駅前にある)train

2014年8月24日 (日)

銭湯ラン 小机・藤の湯

毎週末企画ラン続きだったので、今日はおとなし~く、銭湯spa 走ってcoldsweats01

小机の駅近くにある藤の湯。以前から気になっていた銭湯です。日曜の朝8時から12時まで朝湯営業しているので(通常15時から23時、月曜定休)、朝湯にランrun いい汗かいて、やってきました藤の湯。レトロな昭和っぽい外観。建物の右脇には薪が山積みでした。

Fujinoyu01

Fujinoyu02

Staticmap 中は番台形式。朝湯は400円(通常450円)でした。床も天井も黒光りする板張り。浴場壁のペンキ絵は、男湯が赤富士(女湯から見えた)で女湯は松島みたいな風景に富士山です。

先客が1名。湯船は気泡風呂と超音波風呂(深い)?の2つ。薪でガンガン焚いているからか、熱~いwobbly 水を足しました。熱い湯に浸かる→水を被る、を繰り返し、高温に慣れたところで超音波風呂チャレンジ。熱い湯が盛大に泡立ってたら、体感もっと熱いでしょsweat01 そして、自分の目が確かならば、温度計は50度を指していましたよspa ひぃ。大丈夫だったけど。

熱々の湯でサッパリした後は、ビン牛乳をグイッと。良い湯でございました~good 帰りは小机駅から電車です。

さて、マップはいつもの42.195km.netさんで作成。赤ポチは1kmのマーク。20kmオーバーなので5km毎の青ポチになるところ、赤ポチが良かったので、ギリで20km未満になるようマップを作りました。コースは、中山駅前から都筑緑道北ルートへ。東山田あたりで早渕川沿い→新田緑道→鶴見川→小机駅 2時間走になるよう調整しながら走ったので、楽チン・ラン。20.2km/2時間00分31秒52run

写真は、蝉の鳴き声がコレでもかと降り注ぐ緑道(都筑中央公園西側)。早渕川と鶴見川の合流点。新田緑道のオブジェは本物の機械だった。「寄贈(有)品川製作所 パープレス」と書いてありました。穴あけ機械のようです。

Tuduki_sp Hayabuti_r Nita_gl_2

2014年6月 4日 (水)

芦ノ湖一周ラン

08ekiden 5月31日のこと。箱根湯本から箱根関所まで旧東海道ラン11.4km。関所で小休止の後、ついでの芦ノ湖一周ランに出発!

ルートマップとポイント写真は 2014/05/31 旧東海道ラン(箱根湯本・三枚橋-箱根関所)と芦ノ湖一周ラン をご覧ください。

まずは、箱根駅伝往路ゴール地点へ。隣には箱根駅伝ミュージアムもあって、参加校の幟が見えていました。この箱根園地駐車場の隅に、芦ノ湖西岸歩道のご案内があった。これは助かる。園地から湖尻水門まで10.9km。自分は関所京口スタートなので、11.4kmrun

09map

西岸歩道に入る前に鎮座する、駒形神社に参拝。本殿改修中でした。御祭神はアメノミナヌシノカミ、オオヤマツミノカミ、スサノオノミコト。箱根神社の社外末社です。コケませんように、と念入りに祈願think

10komagata

道は白浜辺りで車両通行止めになり(ゲートがある)、林道になる。白浜に下りて駒ヶ岳遠望。爽やか~happy01 途中、トレラン3名、ウォーカー数組とすれ違うも、見えるは森と木々の間の湖面と、空。聞こえるは野鳥の囀りと打ち寄せる波の音だけ。先導はクロアゲハとアサギマダラ(止まる気配がなく撮れずdown)。急なアップダウンは無いが、石ゴロゴロの沢や、木の根っこの張り出しがあって、足元要注意。後半、遠雷thunderが聞こえだし、曇天に。空気が湿り気を帯び、いつ降り出してもおかしくない雰囲気。更に、道は亀ヶ崎まで木々の根っこがウネウネとトラップを形成した場所多数。亀ヶ崎を過ぎると道幅が広くなる。深良水門が見えた。

11shirahama

12tateiwa 13fukara

林道が終わり、神山を望む湖尻の浜、湖尻水門で西岸トレラン、ゴールdash 何度かトラップに引っ掛かり、足首を捻りかけたけれど、無事good 1時間13分くらい(時計を止めなかったのでアバウト)。いつの間にか雷鳴も聞こえなくなった。芦ノ湖キャンプ村を通り抜け、桃源台でプロテインゼリーを補給して小休止。今度は芦ノ湖東岸ランの始まり。東岸は木々に覆われてはいるものの、普通の舗装路なので足にくるぅwobbly しかも、けっこうアップダウン有。

14kojiri 15togendai

そろそろ足のアーチが下がってきて痛いぞ、という頃合いに、関東総鎮守・箱根神社到着dash 元箱根から芦ノ湖を眺めると目に入る朱い鳥居。そこに今、いる。ちょっと感動good 箱根神社の御祭神は箱根大神(ニニギノミコト、ヒコホホデミノミコト、コノハナサクヤヒメノミコトの三柱)。元宮は駒ヶ岳山頂にあるそうです。最後の最後で転びませんように、とシツコク祈願。お隣の九頭竜神社新宮にもお参りthink

16hakone01 16hakone02 17kuzuryu 18motohakone_2

湖の向こうに一の鳥居が見える。あそこがゴールだ。ガンバレ、自分~。そして元箱根港にゴ~ルdash 7.1km/42分33秒35run そしたら、1時間に2本しかない旧道経由の湯本行バスbusがソコに。そのままバスに乗車。汗拭く間もなく芦ノ湖よ、サラバ~。

車窓からお玉が池を見て、七曲をぐるんぐるんと通過。あんなに頑張って走った旧街道を、あれよあれよという間に下って奥湯本入口へ。ランの締めは温泉だspa 20年ぶりの天山湯治郷でひとっ風呂。

19tenzan

今回、小田急の温泉クーポン@2,790円(小田急往復乗車券+入湯代)を使ったので、少しお得に入湯(通常1300円タオル別)spa 20年前と変わりなく鄙びた雰囲気で、野天風呂を堪能。女湯の休み処から男湯が見えるのも、相変わらず(逆は無いのでご安心を)coldsweats01 お客は多くなく、疲れは取れたし、ストレッチもできたし、ゆったりできました。帰りは温泉組合バス@100円で湯本駅へ。ロマンスカーで帰りました。走って観光して温泉入ってロマンスカー。お土産は菜の花の「あじさいまんじゅう」(写真撮る間もなく相棒と完食pig 紫芋を使ったと思われる紫色の薯蕷饅頭、さっぱり餡子もgood)。今回も素敵な旅でございましたscissors