2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

昆虫

2017年6月22日 (木)

夏の訪問者

朝、玄関を開けたら、干していたビニール傘に夏の訪問者がいた。2017年夏第1号訪問者は、ツヤアオカメムシ君だ。ビニール傘に艶々ボディのツヤアオカメムシ君は何だか似合う。

Tuyaao02

Tuyaao

放っておいたら、傘を片付けようとした相棒さんが、くるっと巻いてボタンを閉じようとした瞬間に気づいた。お互い、危なかったねーwink

2017年6月17日 (土)

四季の森公園のハナショウブ2017(5)など

四季の森公園のハナショウブは最終段階。一見、たくさん咲いてるようだけど...

Syobu01 Syobu02

Syobu03 Tonbo

トンボが止まっているハナショウブ↑ 花弁の端が巻いているのは、萎れちゃうサイン。咲いているハナショウブの多くがこんな感じで、今年のハナショウブはもうお終いだねぇ。

Syobu04 Syobu05

他に見られたのはアジサイ、キスゲ、蛍鑑賞の季節に咲くホタルブクロオカトラノオなど。

Hotarubukuro Okatoranoo

区役所脇に続くプロムナードではアジサイが咲きそろってきた。紅白のアジサイは消防署付近にて。

Promenade01 Ajisai

今日は走らず、速歩foot 水曜朝ランで骨盤左の激痛。その後、痛みは緩和したが念のため整形外科に行き、「また来ちゃって面目無い」と先生に申し上げたsweat02 レントゲンでは異常ないが疲労骨折の疑いもあるってことで、再発したらMRI、ということになった。走っても良いけど悪化したら骨折してるかもねって、脅しcoldsweats01 さすがのランニングバカも走れない。しばらくは休足期間にするよぅdespair

2016年9月 4日 (日)

新治市民の森の晩夏から初秋など

1時間走なら水無しでいける季節になってきた。近場でランrun 横浜動物の森公園植物公園工事進行中。左が4/26、右が今日(フェンスの隙間から撮った)。カキツバタ園の予定だ。もともと湿地だから丁度良い。

Zoo0426 Zoo0904

新治市民の森に立ち寄り。旭谷戸は実りの季節。稲穂が頭を垂れている。ワレモコウも咲いている。晩夏から初秋へ向かう谷戸である。ナンテンハギは夏から秋にかけて咲く花だが(草ではなく木)、ハギといえば秋のイメージ。地面ではモンキアゲハが吸水中。

Asahiyato Waremokou

Nantenhagi Monkiageha

田んぼの周りでタチフウロが咲く。去年よりも少ないし、遠いdespair 他に見られた花はツルボたくさん、ツリガネニンジンなど。

Tatihuuro01 Tatihuuro02

6jizo さらに足を延ばして、北八朔の丘越え、藤が丘・中里へ。

JA横浜中里の斜め前、藤が丘1丁目町内会館の敷地内に、六角柱の六地蔵尊と堅牢地神塔が安置されていた。一面に一体のお地蔵さまは六道それぞれの衆生を救済する。現在の谷本小学校に享保9年建立されたものを移転と記されていた。建立発起人の名簿があるのが珍しい。小島源右衛門さんとか。

で、ここがゴール。9.4km/53’08(NET) JAで浜なし(3L×3)を買ったら重すぎて持ち帰れないwobbly 相棒さん出動要請をし、車で帰りましたとさcoldsweats01

8月の走行記録。総走行距離は126.1km。年間総走行距離は1187.8kmとなった。今年も8月の野望、御岳山でレンゲショウマ、が果たせなかった。また来年paper

2016年7月16日 (土)

桜小路公園はす池のハス

今年最初の観蓮の舞台は、鵠沼の桜小路公園第一はす池と第二はす池。藤沢のハスの名所となっている。第一はす池の方は前回の観蓮(2013年7月)では咲いていなかった。公園の案内によると、ボランティアの方々の努力で昨年植え付けに成功したそうだ。一重の優しい色合いの白、大輪の蓮、舞妃蓮という品種。今年は数百と咲いたそうだ(見頃は先週だった模様)。

Maihiren01 Maihiren02

Maihiren03 Maihiren04

第二はす池のハスは誠蓮という品種。こちらは毎年八重の花を咲かせている。

Makotobasu01 Makotobasu02

Makotobasu03

Makotobasu04 Makotobasu05

ウシガエルが重低音を響かせる池の端にはミシシッピアカミミガメ(いわゆるミドリガメ)が甲羅干しをしていた。カメって蓮の茎を食いちぎっちゃうのではなかったか?心配。

トンボも多いはす池。ポーズをとってくれたのはコシアキトンボだった。あんなに忙しないヤツがじっとしているなんて、ハスの奇跡coldsweats01 コシアキ部分が黄色い個体はメスのようだ。

Koshiaki01 Koshiaki02

さあ、今日はここがランのスタート地点。まずは江の島へrun ランの巻は次回。

2015年10月12日 (月)

新治市民の森の赤いソバの花など

昨夜、ラン企画を作ったのに、結局3連休ず~っと不調。あ~あdown ツマラナイ。午後、走れそうな気がしてきたので、出かけたrun あわよくば20km走、ダメでも10km走。実際は、全然ダメで、6.5kmでリタイアして帰宅。あ~あdown

立ち寄りした新治市民の森にて、赤いソバの花。高嶺ルビーかな?高嶺ルビーは気温が下がると赤味を増すそうです。瀬谷の「めん太くんのそば畑」で見たものよりも、濃い赤happy01 白花のソバは、結実し始めていました。

Soba01

Soba02

稲刈りが終わった谷戸田では、タイアザミ、ワレモコウ、ツリガネニンジンなどが咲いていました。翅がボロボロのメスグロヒョウモン

Azami Mesugurohyomon

いつも梅田川沿いに下るのだけど、リタイアが見えてきて、せめて何かやってやりたい。という苦し紛れの寄り道。新治の神明社は初めての参拝です。横浜市指定の名木古木が何本もある境内。梅田川沿いに広がる住宅街一望。

Shinmeisya01 Shinmeisya02

ガッカリ3連休。のんびりできたかというと、不調だからそうでもない。ああ、やり直したいcoldsweats01

2015年8月 8日 (土)

キツネノカミソリが、あんまり

Kamatate 新治市民の森へ、キツネノカミソリを探しにランrun

で、あんまり咲いていないキツネノカミソリでしたdown もうすぐお盆なのに、暑すぎるのかなぁ。仮称・鎌立池も暑そうだ。

いつものキツネノカミソリ観察ポイントへ向かうも、1ヶ所目、全く咲いていない。2ヶ所目、こんな感じ↓

Kitune01 Kitune03_2

3株しか咲いておらず。蕾が膨らんだ株がいくつか。もちろん、白花キツネノカミソリも無い。見に来るのが早かったのか、遅かったのか、どっちだ?分からな~いdespair

チョウやトンボが舞い踊るcoldsweats01新治市民の森で、撮れたのはハグロトンボ(雌)のみ。ひらひらと、湿った木陰を舞っては止まる。

Haguro

三保市民の森まで出張ろうか迷ったけれど、蚊が怖いのでsweat01 次は梅田川を遡って念珠坂公園を突っ切り、四季の森公園へ。四季の森公園のキツネノカミソリは安定的に、この場所で咲く。そして、近づくとあっという間に蚊の餌食になるのだshock ビクビクしながら撮るので毎年ブレる。

Kitune04 Syojo

清水の谷の田圃でショウジョウトンボが撮れました。ショウジョウトンボは赤すぎて夏真っ盛り感がある。秋らしいアキアカネが恋しいわdespair

以上、9.2km/54'51"のランでした。今日は涼しかったなぁ。昨日までの猛暑と比べれば、30度越えだって涼しい。明日も涼しいと良いな。

2015年6月13日 (土)

四季の森公園のハナショウブ開花状況(3)

今日は黄砂襲来と聞き、気管支炎でゼーゼーしている身としてはガクブルで引きこもっていたが、どうも平気そうだぞ。と分かった途端、四季の森公園にお出かけ。

四季の森公園ではハナショウブが見頃ですhappy01

Syobu01

Syobu02

お尻から出てきたのはトラマルハナバチ?虎柄、毛むくじゃら、可愛い。

Syobu03_2 Hanabati

Ajisai 園内では、ヤマユリ、オカトラノオ、キツリフネが咲き始めました。

しょうぶ園の周囲ではアジサイも良い色になってきましたが、公園全体では疎ら。中山では“あじさいまつり”が開催されるので、商店街から四季の森公園に続くアジサイのプロムナードにも幟が立っています。駅に近い方が見頃を迎えていました。写真はプロムナードにて。今年のアジサイは発色が良いような気がする。

薬漬けの気管支炎ランナーは、明日...アジサイ...うーん...明日の朝考えよっとrun

2015年5月17日 (日)

小山田緑地-小野路界隈の花など

晴れた日曜は、布団を干してお出かけだ。最悪15時までに帰宅しないと、布団が重くなっちゃうwobbly 制限時間内に帰れそうで、夏日になりそうだったので、多摩丘陵でトレランしようrun ということで、淵野辺駅に降り立った。

ルート編は後日UPします。今日は大まかなマップ(42.195km.netさんで作成)と、トレラン中に出合った花などの巻。淵野辺駅-小山田緑地-奈良ばい谷戸-小野路城址-万松寺谷戸-小野路宿-(間違って)恵泉女学園付近-真光寺公園・尾根道-鶴川 17.0km/1:46'03"(NET)run

Staticmap Hyoko

小山田緑地にて、タツナミソウホウノキ。どっちも終了間際。陽当たりの良い原っぱは帰化植物ニワゼキショウだらけでした。

01tatunamiso 02honoki

小野路界隈・奈良ばい谷戸にて、道に覆いかぶさるハコネウツギシオヤトンボかな?交尾中catface

03hakoneutugi 04tonbo

スタートから7.3km、45分ほど(寄り道タイム除く)で小野路宿里山交流館に到着。小野路宿の旅籠、旧角屋(角に建っているしね)を改修した施設です。昼には少し早かったけれど、売店で里山酒まんじゅう(2個260円)を購入し、お休み処で食す。これ、土日限定販売らしいですhappy01 他には、うどん(お食事メニュー)、コロッケ、赤飯、クッキー、アイス、地場野菜などが販売されていました。

05koryukan 05sakaman

06okatatunamiso 酒まんじゅうはまだ温かく、皮はしっかり麹が香り、さっぱりした甘さで美味しかったhappy01

30分ほど休憩し、後半のプランを練りました。「まちだフットパスガイドマップ2」700円も購入した。うーん。関屋の切通から別所に下りて、もう一回尾根越えして、真光寺を周って鶴川駅ゴール。そんなプランを立てた。しかし、如何せん、ガイドマップには小野路宿から東が載っていな~いdown 出発前のイメトレも、小野路宿までしかしていないsweat01 迷子になること間違い無しsweat02

オカタツナミソウは、関屋の切通に向かう途中で。しかし、その最初の目的地に着くことは無かったのでありました...

ルート編UPに向けて、鋭意写真整理中。

2015年5月16日 (土)

四季の森公園のコウホネなど

雨が上がったので、走りに出たrun 四季の森公園にはワニグチソウのその後を見たくて立ち寄ったのけれど、なあんと!ひと株無い!掘り返した跡があり、明らかに採取されていました。不届きもの~angry 先週末も、キンランを見ながら「どんなに深く採ってもダメだったのよね~」などと、いかにも何度か移植チャレンジした風に話してる輩がいました。反射的に「採るなよ」と声を出してしまいましたが、自分のこととは思わなかった模様。撮っていいのは写真だけ、残していいのは足跡だけfoot

と、怒りのドミノが始まりそうになるのは悪いクセcoldsweats01 そーだ、残っていたワニグチソウは萎れてて、まるで○○のようだった(想像してごらんcatface)。さて、今日は清水の谷でキショウブとコウホネが咲いていました。テカテカの黄色の花は、曇天で撮るに限るなぁ。花弁に見える外側5枚は萼で、そのうち緑色になるって!気づかなかったぁ。中心部は、まるでマーガレットhappy01 コウホネは夏まで見られます。

Kouhone

ユキノシタは未だのようです。タツナミソウは終わったかと思ったら、ちんまり咲いてた。5cmくらい。ちっちゃ。ちっちゃくても花は立派。

Tatunamiso_2

アカボシゴマダラ春型。数センチまで近づいても動かないので、顔アップ。春型は白い。黄色い口がアクセント。

Akaboshi01 Akaboshi02

さくらの谷にて、サクランボcherryblossom 左が横浜緋桜で、右が寒桜。触ってみたらプニプニしてて美味しそうだった。

Yokohamahizakura Kanzakura

Shirokamo_t ざっくり四季の森公園巡回を行い、長坂谷公園を抜け、何年振りか分からないくらい久しぶりに白山の住宅街を延々下り(1.2kmくらい)、白鴨トンネルの上から下りたrun 白山って登坂トレーニングに良さそうだと、一瞬思ったけど、すぐ否定した。やらないってsweat01 走っていると脳内会議が忙しいcoldsweats01

約7km/41分のランでした。

2015年5月 6日 (水)

栃尾のカワトンボ

GWの帰省先にて。その日2度目の散歩で林道をガシガシ歩いていたら、横浜でもよく見かけるニホンカワトンボっぽいトンボを目撃。しかし、その飛翔は明らかに白い。横浜のより小さい。翅の真ん中が白いのが何とも判断つかないけれど、これはアサヒナカワトンボ(オス)のようです。(追記2015/05/07 翅が白いのは羽化したて、ということらしい)

Asahina_m01

翅の真ん中が白いよ。どれもこれも白いよ。雪解け水を集めた沢の周囲に、乱舞するメタリック&褐色&白(撮れなかったけどねぇ)。面白~いhappy01

Asahina_m02

この個体は↓メスと思われる。

Asahina_f

森でトンボを追う、無邪気な中年女が一人。老い始めた両親に申し訳ない気分に、一瞬襲われたが、疲れた中年女よりはマシだろうと思い直した森の中coldsweats01

より以前の記事一覧