2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

昆虫

2018年8月27日 (月)

函館夏旅 恵山散策

函館夏旅最終日。今も噴気を上げる霊場・恵山car 市街地から海沿いの道を1時間ちょっとcar 斜度14%もある急坂(恵山登山道路)を上って火口原駐車場に到着(標高約300m)。駐車場の手前で鹿の親子に遭遇したが、カメラ間に合わず。

駐車場からもう賽の河原と恵山山頂を望める。硫黄臭がすごい。恵山の標高は618m。駐車場から山頂まで2.9km/60分。ゴロゴロ岩場を2kmほど登るコースだし、装備も時間も無いので止めておいた。

02esan

01esan

勾配の少ない岬展望コースを選択。恵山岬を見下ろす展望台へ、片道1.5km。高山植物が咲いている散策コースだ。ヤマハハコ、オノエイタドリ。撮りそこなったが、シラタマノキの白い実、ガンコウランの黒い実、コケモモの赤い実が見られた。

Yamahahako Onoeitadori

Hotutuji 薄桃色のホツツジ→ 大沼国定公園で見たホツツジは白かった。

この旅で非常に気なったのが、鼓膜に響く虫の鳴声だった。横浜辺りでは聞いたことが無い大音量。ぜったいセミだと思ったのだが、姿を見ることができなかった。恵山でも盛大に聞こえてくる ギィーーーーという声。相棒さんと探した!低木しかないし、今度こそ見つけて見せる!見っ~け!やっぱりセミだhappy01 本体は親指ほどしかないのに、すごい音量だ。しかも、手掴みできてビックリ。山のセミは警戒心が薄いなsweat02 帰宅後に調べたら、コエゾゼミであった。このセミを捕まえられただけで、相棒さんは恵山に来た甲斐があったと大満足であった。良かったっすねcoldsweats01

ヘンな大人に捕まったコエゾゼミさんは、いつまでも付き合ってられないと飛んでいきました。そんな感じで散策を楽しんでいると、背後の山間から雲が上がってくる。この日の天気予報は午後から雨だったので、展望台に急いだfoot

Co_ezo01 Co_ezo02

恵山岬展望台。恵山岬は太平洋と津軽海峡(日本海)の境だ。残念ながら濃い海霧の中だった。太平洋も津軽海峡も雲海の下。ここから有珠山や室蘭が見えるそうだが、雲っすね。

03misaki01

03misaki02

展望台から振り返ると、こんな。

03misaki03

戻る途中で権現堂(恵山山頂)コースに合流。山頂手前の峰がゴジラの背中みたい。荒々しい岩肌が迫力(落石注意)。

04esan 05esan

展望台・権現堂分岐に戻ってきた。

06esan

1時間ほどの散策だった。恵山登山道路を下る途中car 海峡展望台に立ち寄り。下北半島・津軽半島を見渡せる、晴れたらねcloud 薄っすら見えてはいるんだけど。2枚目は恵山山頂方向。

07kaikyo01

07kaikyo02

観光地としてはマイナーなのか、他に2組しか会わなかった。ここまでの海岸線で柱状節理を見かけたし、恵山周辺は面白いと思う。最終日の時間が無い中だったのが残念だ。毎年こうして残念のカケラを量産する夏旅。回収する日は来るのだろうかと思うと、侘しくなるなー。以上で夏旅レポ終了paper

2018年8月24日 (金)

大沼国定公園散策

函館2泊3日の夏旅、2日目。ちょっと足を延ばして大沼国定公園car

行きは七飯町城岱牧場展望台経由。函館山からの夜景が定番だが、ここからの夜景も素晴らしい、らしい。確かに、良い眺めhappy01

01shirotai

大沼国定公園で散策foot 函館本線を境に東が大沼、西が小沼。国定公園は、じゅんさい沼と北海道駒ヶ岳を含むエリア。大沼・小沼湖畔には4つの散策路があって、島巡りの路と、隣接する森の小径を歩いた。1時間ちょっと、3kmくらいかな。湖面越しの北海道駒ヶ岳。標高1,131m(剣ヶ峰)。元は富士山のような円錐形だったそうだが、寛永の大噴火によってこのような特異な山容になったそう。火山活動によって大小126もの島々が形成され、今はこうして島巡りの散策が楽しめる。

Onuma01 Onuma02

レストランの近くに架かる湖月橋↑ ルート上(森の小径)、木橋は石楠花橋だけ↓

Onuma03 Onuma04

見かけた植物たち。ホツツジツルリンドウ。夏旅で目についたのは、とにかくデカイ植物。オオイタドリ(2m以上ありそう)、エゾニュウ(巨大シシウドみたいな)、アキタブキ(コロポックルがいそうな大きさ)。

Hotutuji Tururindo

Kitonbo_2 トンボもいろいろ。かろうじて撮影できたのが、これ。キトンボかな?

この日は快晴で、日なたは暑かった。散策後は遊覧船で涼もうship

遊覧船からの北海道駒ヶ岳。ガイドさんによれば、こんなに綺麗に見えるのは珍しいとか。でも、年に半分ほどだって言っていたので、半分なら珍しくないのでは?

湖面が凪いでいたら、逆さ駒ヶ岳が見られそう。岸方向は湖面に青空と雲が映って、爽やか~happy01

Onuma05

Onuma06 Onuma07

レンタサイクルで大沼一周するか迷ったが車で一周し、小沼とじゅんさい沼の間にある日暮山展望台へ。展望スポットということだが、未舗装路だったとはsweat01 擦れ違いができない道幅なので、対向車が来ないことを祈りながらの前進car 駐車場から更に5分ほど登った山頂(標高303m)から駒ヶ岳・小沼・大沼を一望good 美しい地形だ。はるか先に、もしかして太平洋が見えてる?

Higurashi01

Higurashi02 Higurashi03

Nanae 湖畔で遅いランチをして、国道5号線で函館市街地へ戻った。途中、七飯町の道の駅、なないろ・ななえでソフトクリーム休憩。行く先々でソフトクリームを食べる二人組だwink 大沼湖畔には山川牧場のソフトクリームという魅惑的な商品があったのだが、相棒さんが納得しなかった。拘りポイントが不明でメンドーなのだsweat02

ガラナソフトというご当地飲料を使ったソフトクリームもあったが、やはりそこは牛乳taurusじゃないと。ななえの牛乳ソフトと林檎ソフト(各350円)。七飯町は日本で初めて西洋リンゴを栽培した地なんだって。林檎ソフトの林檎感、濃い!牛乳ソフトもなかなか(八王子のと似た感じかなぁ。記憶曖昧)。

ソフトクリーム・レポに一番チカラが入っている...夏旅3日目も山。鋭意写真整理中rock

2018年8月11日 (土)

昭和記念公園のサギソウなどなど

山の日には山へ!って山の日ができてから言い続けているが、なかなかねcoldsweats01 今年は昭和記念公園から八王子の滝山城址へ向かう。ちょっとだけ、山。まずは、立川駅から昭和記念公園へ。今はサギソウまつりをやっているので、西立川口から入園。9時開園だと思って行ったら9時半だった。ゲート前に長ーいプール行列が、スゴっ。なお、ヒマワリとナツズイセンは終了。

サギソウは西立川口ゲート付近と花木園展示棟前で見られる。スタンプラリーもあるのだが、まだ準備ができておらず、スタンプ・リベンジ断念(去年、スタンプ失敗した>>)。青葉・銀河・輝き、という3品種が栽培されていて、8月上旬→中旬→下旬と開花するそう。今咲いている品種は、?sweat02

Sagiso01_2 Sagiso02

水鳥の池の奥に湿地があって、デッキの側に数輪が咲いていた。

Sagiso03_2 Sagiso03

花木園展示棟前のサギソウ。

Sagiso04_01

Sagiso04_02

Sagiso04_03

可憐なサギソウを堪能した後は、日本庭園に行こう!大ケヤキが聳える原っぱを横断run 時間が早いので、だーれもいない。原っぱの東花壇ではコスモスが生育中。

Keyaki

日本庭園内はお散歩。ここは見られるトンボの種類が多いのだ。空飛ぶステンドグラス、チョウトンボもいた。が、撮れずdown ギンヤンマも当たりを付けて撮ったけど全然ダメ。東屋で悪戦苦闘していたら、真下のハスに何か、いる。カイツブリだった。

Jp_y Kaituburi

Uchiwayanma Akane

Kawaranadeshiko 日本庭園で撮れた唯一のトンボは、ウチワヤンマ↑ こもれびの丘園路で何かの赤トンボ↑ もう赤トンボ系の同定を放棄しているcoldsweats01 (タイワンウチワヤンマとコノシメトンボとの事。Thanksはるきょんさんgood 8/13追記)

他に見られた花は、秋の七草の一部(カワラナデシコ、キキョウ、オミナエシ、萩)、ヤブミョウガ、スイレン、ハス(1輪しか見ていない)、サルスベリなど。

園内の移動はランで、4.3kmrun 玉川上水口から外へ。ここからランの本番。玉川上水に出て拝島-あきる野-滝山城址。ルート編は後日UP。

2018年8月 5日 (日)

追分市民の森のヒマワリ(2)

朝ランで追分市民の森run 一週間前に、ヒマワリ(東北八重)の見頃は一週間後と予想してみたので、確認。

Asahioohashi

一重咲きの大ぶりヒマワリは終了だね。

Oiwake01

八重咲の東北八重は、見頃を迎えていた。5分咲きくらいかな。今週いっぱい見頃が続きそうなんだけど、台風が近づいているなぁdespair

Oiwake02

Oiwake03

Oiwake05

Oiwake04

トンボ・コーナーhappy01 谷戸のキワには小川が流れている。小魚たくさん、トンボもたくさん。ハグロトンボ、メタリックが雄、ブラック一色が雌。

Haguro_m Haguro_w

コオニヤンマ、かな?

Kooni

7時前後のランだったが、もうスッゲ暑いwobbly 一番穏当な中原街道ルートでもヘロヘロ。往復10.7km/1:03’38”NET run 帰宅後に冷房付けて(朝から冷房を付けたのは自宅では初めてのこと)カラダが冷えるまで休憩。異常気象だよbearing

2018年7月28日 (土)

追分市民の森のヒマワリ

台風がやってくる前に、追分市民の森へ、ヒマワリの様子を見にラン。矢指川を遡って、追分市民の森北側へ、4.6km/27’01”run

追分市民の森のヒマワリは、半分が八重咲き、半分が一重咲き。今年は北側が東北八重だったが、案の定、早すぎた。まだ蕾。うーん、見頃まであと一週間と予想。

Yae01

Yae02

一重咲きのヒマワリは見頃。だが、なぜだか中央を向いて咲いているので、どこから撮ってもヒマワリの後ろ頭しか見えないsweat02 大振りの花を重そうに俯けている。台風で倒れちゃうかなぁ。

Oiwake01

Oiwake02

Oiwake03

ヒマワリの後ろ頭にオオシオカラトンボ

Ooshiokara

旭大橋の南側はキンセンカと百日草。百日草は咲き始めだった。咲き終わりはソバの花

Kinsenka Soba

旭大橋から見たヒマワリ畑。帰りは中山駅前まで、5.7km/32’27”run 都岡・上白根境の尾根緑道前後で横殴りの雨に降られたが、それ以外は曇りで涼しかった。

Oiwake04

2018年7月22日 (日)

小山田神社の大賀ハス2018(3)

今季2度目の小山田神社の大賀ハス。神社の裏手に回ってきた。

Oyamada06

ハスからリサイクルセンターの煙突がニョキっとwink

Oyamada07

シオカラトンボショウジョウトンボ♀。ウスバキトンボかと思ったけれど、ショウジョウトンボだなぁ。花弁の間に潜り込むキマダラミヤマカミキリも見っけ。写りがイマイチdown

Shiokara Syojo

社殿とハス。

Oyamada08

Oyamada09

Oyamada10

開こうとしている若葉とハス。今度の週末まで見頃が続きそう。蓮まつりのため、大賀藕絲館から無料の送迎車が出ている。帰りは利用させていただいて、藕絲館でひと休み。さあ、走りますかっrun ランの巻は後日UP。

Oyamada12 Oyamada11

2018年7月20日 (金)

夏の訪問者2018(2)

夏の訪問者2人目は、夜、外に出たら、ニイニイゼミが下にいた。捕まえたら、おぅ、柔らか~いcatface で、飛んでって、部屋のカーテンに留まった。大きさは親指くらい。また捕まえて、外に逃がした。ばいばーいpaper

Nini2018071801 Nini2018071802

も1人、日曜の朝の訪問者。玄関開けたらキマダラミヤマカミキリ。さすがにコレはそっとしておいたcoldsweats01

Kimadaramiyama

2018年7月19日 (木)

四季の森公園の大賀ハス開花状況2018(2)

今朝の四季の森公園大賀ハス。2輪開花、うち1輪は散りそう。蕾がいくつか。

Hasu01

Hasu02

同じ花。

Hasu03

ヒメオウギズイセンにとまるショウジョウトンボ。細いクモも写ってた。

Himeougizuisen

蛍川橋仮称・清水池では蕾も見られない。葉も低く小さい。清水池は咲かない年もあるくらいだが、蛍川橋は今頃?って咲き方をすることがある。今後に期待。

Hotaru_rb Shimizu

朝のハスラン、6.3km/37’45”NETrun

2018年7月 7日 (土)

四季の森公園の大賀ハス開花状況2018(1)など

里山ぐるっとラン、四季の森公園に立ち寄り。今季初の大賀ハス開花状況チェック。はす池では蕾がふたつ。立葉がまだ低い。蛍川橋は蕾無し。仮称清水池は未チェック。

Hasu

Koshiaki ハスのそばで2匹のコシアキトンボが舞っていた。恋のかけ引きとか?

上の池にはハンゲショウの群生がある。陽当たりが悪いからか、中心部だけが白くお化粧。あまり多くは無いが、あし原にもハンゲショウがある。そちらは白くなってきていた。

Hangesyo01_2

Hangesyo02

全体に薄暗い森にヘメロカリスが色彩を加えている。ヤブカンゾウもあちこで。

Hemerocallis

里山エリアの斜面ではヒヨドリバナとヤマユリが見頃を迎えている。大輪のヤマユリは斜面に倒れ込むよう。いつも思うが、助けて!って感じだけど、ガンバッcoldsweats01

Hiyodoribana

Yamayuri

Tanabata 南口には七夕飾り。風雨にやられちゃったのかな?元気ないよ。

他に見られた花は、見頃過ぎのホタルブクロとオカトラノオ、見頃のアキノタムラソウ、ネムノキ、アフリカハマユウ、咲き始めたばかりのミソハギ。など。

最後はスーパーにゴールrun 7.5km/44’25”NET

ココログフリーのディスク容量の残が15%を切った。もうひとつココログフリーで作るか、他にお引越しするか、検討しなくては。

2018年6月19日 (火)

四季の森公園ハナショウブ開花状況2018(5)などなど

6月17日のこと。晴れそうで晴れない午後、前日のリカバリ&買い出しランにお出かけ。まずは四季の森公園のハナショウブをチェック。

ほぼ終わり。

Syobu

一方で、アジサイが見頃を迎えていた。

Ajisai

葦原にてコバノカモメヅルサナエトンボの仲間。手乗りトンボに挑戦し、乗せられたがすぐに逃げられた。他にはオカトラノオが咲き進み、ハンゲショウが白くお化粧し始めていた。(2018/06/20追記 ヤマサナエ♀情報いただきました。Thanksはるきょんさん)

Kobanokamomeduru Sanae

公園を出てプロムナードへ。中山ではアジサイまつり開催中で、途中の駐車場では屋台などイベントをやっていた。恩田川に向かい、川沿いを走っていたら白い斑点のある大きめの昆虫が頭上をかすめて飛んできたので、追跡run ゴマダラカミキリであった。

Promenade Gomadarakamikiri

八十橋東側の一画にはアジサイが多く咲いていて見ごたえがある。赤紫系が多いってことは、畑の土壌(ここは畑の端っこ)がアルカリ性に振れているってことかな?だんだん晴れてきて、気温上昇。入道雲も湧いていた。

Ajisai_yaso01 Ajisai_yaso02

八十橋から坂下橋の間は貴重な未舗装路(しかも凸凹が少ない)。脚が不調な時などはこの場所を走って養生する。だが、とうとう舗装するそうな(右岸)。

Yaso_sakashita Cats

梅雨の晴れ間に農道で微睡むキャッツcat デジャヴ。このシチュエーション、ずーっと前にも見たような... 9.4kmのランでしたrun

より以前の記事一覧