2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

散歩・ジョギング

2018年8月27日 (月)

函館夏旅 恵山散策

函館夏旅最終日。今も噴気を上げる霊場・恵山car 市街地から海沿いの道を1時間ちょっとcar 斜度14%もある急坂(恵山登山道路)を上って火口原駐車場に到着(標高約300m)。駐車場の手前で鹿の親子に遭遇したが、カメラ間に合わず。

駐車場からもう賽の河原と恵山山頂を望める。硫黄臭がすごい。恵山の標高は618m。駐車場から山頂まで2.9km/60分。ゴロゴロ岩場を2kmほど登るコースだし、装備も時間も無いので止めておいた。

02esan

01esan

勾配の少ない岬展望コースを選択。恵山岬を見下ろす展望台へ、片道1.5km。高山植物が咲いている散策コースだ。ヤマハハコ、オノエイタドリ。撮りそこなったが、シラタマノキの白い実、ガンコウランの黒い実、コケモモの赤い実が見られた。

Yamahahako Onoeitadori

Hotutuji 薄桃色のホツツジ→ 大沼国定公園で見たホツツジは白かった。

この旅で非常に気なったのが、鼓膜に響く虫の鳴声だった。横浜辺りでは聞いたことが無い大音量。ぜったいセミだと思ったのだが、姿を見ることができなかった。恵山でも盛大に聞こえてくる ギィーーーーという声。相棒さんと探した!低木しかないし、今度こそ見つけて見せる!見っ~け!やっぱりセミだhappy01 本体は親指ほどしかないのに、すごい音量だ。しかも、手掴みできてビックリ。山のセミは警戒心が薄いなsweat02 帰宅後に調べたら、コエゾゼミであった。このセミを捕まえられただけで、相棒さんは恵山に来た甲斐があったと大満足であった。良かったっすねcoldsweats01

ヘンな大人に捕まったコエゾゼミさんは、いつまでも付き合ってられないと飛んでいきました。そんな感じで散策を楽しんでいると、背後の山間から雲が上がってくる。この日の天気予報は午後から雨だったので、展望台に急いだfoot

Co_ezo01 Co_ezo02

恵山岬展望台。恵山岬は太平洋と津軽海峡(日本海)の境だ。残念ながら濃い海霧の中だった。太平洋も津軽海峡も雲海の下。ここから有珠山や室蘭が見えるそうだが、雲っすね。

03misaki01

03misaki02

展望台から振り返ると、こんな。

03misaki03

戻る途中で権現堂(恵山山頂)コースに合流。山頂手前の峰がゴジラの背中みたい。荒々しい岩肌が迫力(落石注意)。

04esan 05esan

展望台・権現堂分岐に戻ってきた。

06esan

1時間ほどの散策だった。恵山登山道路を下る途中car 海峡展望台に立ち寄り。下北半島・津軽半島を見渡せる、晴れたらねcloud 薄っすら見えてはいるんだけど。2枚目は恵山山頂方向。

07kaikyo01

07kaikyo02

観光地としてはマイナーなのか、他に2組しか会わなかった。ここまでの海岸線で柱状節理を見かけたし、恵山周辺は面白いと思う。最終日の時間が無い中だったのが残念だ。毎年こうして残念のカケラを量産する夏旅。回収する日は来るのだろうかと思うと、侘しくなるなー。以上で夏旅レポ終了paper

2018年8月25日 (土)

湘南出張ランからのソフトクリーム

猛暑日sun 久々に湘南で走ったrun 例によって諸事情により引地川の上村橋スタート。マップはGPS計測。

Map

引地川沿いに河口へ。鵠沼海岸は波が高いwave さすがに海水浴してる人はいないようだが、浜ではビーチサッカーやヨガをやってた。ランナーは少ない。

01hikiti 02kugenuma

稲村ヶ崎公園からの江の島ビュー。富士山は見えないね。稲村ケ崎の切通を越え、由比ガ浜、スタートから10.5km付近。滑川を過ぎて材木座海岸を北上、海よサラバだ。大町通りを抜けて若宮大路へ。

03inamura 04yuigahama

スタートから14.3km、鶴岡会館前に到着。北海道興部町の農場ノースプレインファームの姉妹店、ノースプレインファーム鎌倉ぎゅう舎。ずっと狙っていたんだけど、タイミングが合わなくて、ようやくありつけた。今日のランはこのソフトクリーム目当てだったのだwink 牛乳ソフトクリーム小@300。今年食べたソフトクリームの中で、一番牛乳が濃い。甘さも砂糖っぽくなくてイイgood また行こうっとhappy01 牧場系アイスクリーム屋さんマップ更新>>

05gyusya01 05gyusya02

大船駅前を目指して巨福呂坂を上るのだが、その前に巨福呂坂切通へ歩いて寄り道。鎌倉七口のうち未確認なのは巨福呂坂だけだったので(釈迦堂切通は通行止め状態を確認した)。写真の番号を振り間違ったsweat02 旧道を上っていくと左手が巨福呂坂送水管路隧道、右手が切通(3)。早春には梅が咲くであろう青梅聖天社(1)、御本尊は双身歓喜天。社の下あたりに石造物群(2)がある。猿田彦、大国主、青面金剛、道祖神、庚申塔、石仏など。さらに上っていくと未舗装路になり、もう少し行けるか?と思うとすぐに民家があって行き止り(4)。現在の巨福呂坂隧道の上くらいか。

06kobukuro03_2 06kobukuro01_2

06kobukuro02 06kobukuro04_2

元に戻って巨福呂坂を上って北鎌倉へ。せっかく旧鎌倉街道(中道)を辿っている状態なので、小袋谷も旧道へ。水堰橋際に立つこの道標は観音講の道標、「右とつか道 左藤沢道」。横須賀線第一鎌倉道踏切の際に茅葺の山門が目を惹く成福寺

07kobukuroya 08johukuji

鎌倉道は斜めに県道301号線と交差するが、離脱して県道を大船駅へ、ゴールdash 18.9km/1:52’30”NET 海岸線は強めの風が暑さを和らげてくれたが、内陸は暑かったsweat01

2018年8月24日 (金)

大沼国定公園散策

函館2泊3日の夏旅、2日目。ちょっと足を延ばして大沼国定公園car

行きは七飯町城岱牧場展望台経由。函館山からの夜景が定番だが、ここからの夜景も素晴らしい、らしい。確かに、良い眺めhappy01

01shirotai

大沼国定公園で散策foot 函館本線を境に東が大沼、西が小沼。国定公園は、じゅんさい沼と北海道駒ヶ岳を含むエリア。大沼・小沼湖畔には4つの散策路があって、島巡りの路と、隣接する森の小径を歩いた。1時間ちょっと、3kmくらいかな。湖面越しの北海道駒ヶ岳。標高1,131m(剣ヶ峰)。元は富士山のような円錐形だったそうだが、寛永の大噴火によってこのような特異な山容になったそう。火山活動によって大小126もの島々が形成され、今はこうして島巡りの散策が楽しめる。

Onuma01 Onuma02

レストランの近くに架かる湖月橋↑ ルート上(森の小径)、木橋は石楠花橋だけ↓

Onuma03 Onuma04

見かけた植物たち。ホツツジツルリンドウ。夏旅で目についたのは、とにかくデカイ植物。オオイタドリ(2m以上ありそう)、エゾニュウ(巨大シシウドみたいな)、アキタブキ(コロポックルがいそうな大きさ)。

Hotutuji Tururindo

Kitonbo_2 トンボもいろいろ。かろうじて撮影できたのが、これ。キトンボかな?

この日は快晴で、日なたは暑かった。散策後は遊覧船で涼もうship

遊覧船からの北海道駒ヶ岳。ガイドさんによれば、こんなに綺麗に見えるのは珍しいとか。でも、年に半分ほどだって言っていたので、半分なら珍しくないのでは?

湖面が凪いでいたら、逆さ駒ヶ岳が見られそう。岸方向は湖面に青空と雲が映って、爽やか~happy01

Onuma05

Onuma06 Onuma07

レンタサイクルで大沼一周するか迷ったが車で一周し、小沼とじゅんさい沼の間にある日暮山展望台へ。展望スポットということだが、未舗装路だったとはsweat01 擦れ違いができない道幅なので、対向車が来ないことを祈りながらの前進car 駐車場から更に5分ほど登った山頂(標高303m)から駒ヶ岳・小沼・大沼を一望good 美しい地形だ。はるか先に、もしかして太平洋が見えてる?

Higurashi01

Higurashi02 Higurashi03

Nanae 湖畔で遅いランチをして、国道5号線で函館市街地へ戻った。途中、七飯町の道の駅、なないろ・ななえでソフトクリーム休憩。行く先々でソフトクリームを食べる二人組だwink 大沼湖畔には山川牧場のソフトクリームという魅惑的な商品があったのだが、相棒さんが納得しなかった。拘りポイントが不明でメンドーなのだsweat02

ガラナソフトというご当地飲料を使ったソフトクリームもあったが、やはりそこは牛乳taurusじゃないと。ななえの牛乳ソフトと林檎ソフト(各350円)。七飯町は日本で初めて西洋リンゴを栽培した地なんだって。林檎ソフトの林檎感、濃い!牛乳ソフトもなかなか(八王子のと似た感じかなぁ。記憶曖昧)。

ソフトクリーム・レポに一番チカラが入っている...夏旅3日目も山。鋭意写真整理中rock

2018年8月22日 (水)

函館デザインマンホールと夜景など

今年の夏旅は函館2泊3日。2日目の夕方、赤レンガ倉庫街スタート・ゴールでデザインマンホール探しラン、6.6km/37’07”NETrun ふと思った、横浜市民が函館ベイエリアに来るのは、どうなの?って。ベイエリアに赤レンガ倉庫、元町、異国風な建物、坂道、オサレなカフェ...似てる。

街角に立つ黄色い消火栓も味があった。あれも撮っておけばよかったなー。で、函館のデザインマンホールたち。

函館土木現業所の北海道庁旧本庁舎マンホール。北海道庁旧本庁舎って、札幌の。このデザインは北海道の土木現業所共通らしい。

Manhole01_3 Map

汚水管の五稜郭形に旧函館区公会堂マンホール。カラーバージョンもあった。

Manhole02 Manhole03

雨水管のイカマンホールと汚水管のカラーイカマンホール。函館と言えば、イカ。毎日1食はイカを食べていたhappy01

Manhole05 Manhole04

十字街の南角に立つ水道局が入居したビル、アクロス十字街入口にはカラーマンホール全種類4つが展示されているそうだ。そこで信号待ちしていたのに、全然気づかなかったよーんcoldsweats01 市電の通りから1本海側の通りに、日本最古のコンクリート電柱が1本立っている(近くにもう1本あるが平成に造られたもの。なのに、既にクラック入ってたsweat02)。たびたび大火にみまわれた函館故のコンクリ電柱、現場打ちなんだって、すごいgood

Shiden02_2 Dencyu

その夜のお出かけで、函館山からの夜景shine と、溢れんばかりの人人人sweat02 函館湾と日本海に挟まれた一番狭いところは1kmほど。走って横断しておけば良かったなぁ。走りやすい街なのでラン・メインで訪れたいが、そんな贅沢できな~いdespair

Hakodate_m_2

Soko

最後の1枚は、七財橋から見た夜の赤レンガ倉庫街と函館山山頂。山頂周辺は夜景を美しくするために、街灯などが一切無い(山の裏側にはあるのだ。徹底している)。

旅写真、ぼちぼち整理中。随時UP予定です。

2018年8月18日 (土)

四季の森公園のナンバンギセルと虹のカケラ

今日の夕ランは、四季の森公園ぐるぐる後、恩田川ロード。8.5km/50’06”run

四季の森公園へは遅ればせながらキツネノカミソリを探しに行ったのだが、やはり遅すぎた。全然ない。しかし、ナンバンギセルが咲いていた。自分がいつも見ている場所ではなく、トンネルの近くだった。昨日から涼しいもんで、秋だなぁとか思いたくなる。

Nanban01

Nanban02

Misohagi ワレモコウの蕾が出来はじめていた。このまま秋になって欲しい。切に願うが、予報によれば暑さが戻ってくるらしい。やーだーなーsweat02

ミソハギが見頃→

蛍川橋のハスは結局咲かなかったのだろうか。毎年忘れたころに咲いたりするんだが、蕾は無かった。

公園を出て恩田川へrun

刷毛をはいたような筋雲は涼し気で秋の気配を感じる。その空に、虹のカケラが見えた。飛行機が横ぎったairplane

Niji01 Niji02

2018年8月16日 (木)

早野のヒマワリ

夏季休暇一日目。麻生区早野のヒマワリを見にランrun 谷本川を遡って、8.6km/50’54”NET。南の風8m/sとか、強風typhoon

早野景観保全圃場、ヒマワリ畑に到着。約6000㎡に約10万本のヒマワリが栽培されている。緑肥効果があって土壌に良いのだそう。マップに書いた3ヶ所の他に、早野聖地霊園入口の角でもチラホラ咲いていたが、一面を覆うほどではなかった。

Hayano00 Map

道路沿いの圃場に咲くのはハイブリッドサンフラワーsun 満開で見頃happy01

Hayano01

ヒマワリ畑の中には入れないが、通路が1本作られている。

Hayano02

Hayano03

アゲハチョウとヒマワリ。クマバチもたくさんいた。

Hayano05

Hayano06

圃場中央と西端に大輪のサンマリノ、約2.5万本。西端のヒマワリは俯き始めていて、そろそろ終盤。

Hayano04

Hayano07

最近新聞に載ったらしく、見に来ている人が何組かいた(なんと、外国人まで。情報力あるなー)。風に翻弄されるヒマワリを撮るのは大変。もう、当たりを付けてテキトー撮りだったsweat02

帰りは青葉台を抜けて恩田川沿いに下るコース、7.7km/46’55”NET。帰り道は雲が多く(天気雨も降った)、涼しかった。

2018年8月14日 (火)

滝山城址にラン(2)

8月11日、山の日のこと。昭和記念公園玉川上水口をスタートして滝山城址の仮称・高月口に着いたところまでが前回の記事(スタートから9km)。ルートマップも前回の記事へ。

庚申塔・地蔵尊の辻には都立滝山公園の標柱もあった。そして滝山城跡への急坂がいきなり始まるup ほとんど直線的に約500m登った先に車止め。振り返ると多摩川と高月町の田園風景(1)。スタートから9.5km地点。なおも石畳の急坂を登ると(もはや走れないwobbly)、(2)引橋が頭上に架かっていた。右手が本丸、左手が中の丸跡だ。標高約160mの丘一帯に滝山城の遺構が残っている。

01takatuki 02hiki_b01

滝山城は戦国時代中頃(1521年)に築城された国指定史跡、続日本100名城にも選定されている。引橋の先を右折し、枡形虎口(3)、本丸跡(4)へ。本丸への出入りは引橋と、この虎口の2ヶ所。枡形がよく残っている。本丸広場には霞神社(5)が鎮座。引橋を渡って中の丸へ。

03koguti 04honmaru

05honmaru 02hiki_b02

引橋(2)から見下した枡形虎口への分岐。中の丸跡(6)には旧滝山荘とトイレがあった。滝山公園は桜の名所で、中の丸にも桜の大木がある。春にまた来たいねぇcherryblossom

02hiki_b03_3 06nakanomaru

大手口がスズメバチのため通行止めになっていたので尾根つたいの道へ。喰違い虎口の空堀(7)。(8)木橋(引橋)の下にも空堀。同じく続日本100名城に選定された小机城址よりも随分と大掛かりな山城だったことが伺える。尾根道の(9)古峰の道を南東へ。南西の斜面には乗馬クラブのクロカンコースがあった。

07karabori 08kibashi

09kobunomiti02 09kobunomiti01

10takiyamadai 尾根の一本道が二股に分かれたが、なんとなく左の小峯ヶ原園地方面へ。林道の状態が良かったものだから、つい脚が進んだrun 後で地図を見てみれば、道の駅に行くのだから分岐を右(少林寺口)へ行くべきだった。

途中でトレランナー数人とすれ違ったりしつつ、快調に尾根道を進むと、初めての階段下り。滝山台口(10)。国道16号線に出てしまった。滝山丘陵約3.5kmのトレランだった。

走るの重視で城跡見物は二の次。今度は花見を兼ねて大手口から登ってみたいな。

都内唯一の道の駅八王子滝山まで、1.4km戻る。スタートから13.9km、道の駅に到着。

去年もサギソウ帰りに立ち寄って、ジェラートを食べた。今回はソフトクリームを食べたい。金子牧場の搾りたて牛乳を使ったアイスミルクMO-MOカネコミルクスペシャルソフトクリーム@300を購入。牛乳味濃いhappy01 牧場系アイスクリーム屋さんマップ更新>> この道の駅は品ぞろえが良いので何か買って帰りたくなる。いっそバスで八王子駅に帰ろうかと思ったくらいだが、美味しいソフトクリームで元気注入。残念ながら走って帰れそう。せめてものことに、東京牛乳を買って飲んだ。美味しいなーhappy01

Momo Milk_tokyo

11hiyodori 外に出たら小雨が降り出した。わお、くるか?夕立rain 八王子駅まで、ひよどり山道路を真っ直ぐrun 全長1km以上もあるひよどり山トンネル(11)で、チャリに轢かれたら誰も助けてくれないなーと妄想を膨らませる。なぜって、閉所恐怖症気味な上に、歩行者無し、チャリはガンガン飛ばすbicycle 歩行者には危険な歩道だからである。轢き逃げされたら助けは来ないと思うと、ビビるsweat02

トンネル抜けたら雨が徐々に降り出した。駅に近づくほど本降りに。駅入口交差点にゴールrun 17.0km/1:46’17”NET。総走行距離は、21.3km。以上で、山の日に山に走ってソフトクリームを食べる企画終了。その後土砂降りになったが、相原以南は晴れていた。

2018年8月12日 (日)

滝山城址にラン(1)

8月12日のこと。昭和記念公園でサギソウ鑑賞&ぐるぐるで4.3km走った後、玉川上水口(1)からランの本番スタートrun 山の日だけに、滝山城址に行こうという計画。丘陵だけど、そこはまぁ、山ってことで。

柴崎用水を遡って玉川上水へ。松中橋(2)に到着。松中橋の上流右岸に砂川用水と柴崎用水の分水口(3)がある。玉川上水緑道を拝島に向かい、拝島駅を越えて多摩川を渡るコース。拝島駅前の平和橋(4)で、スタートから約4.5km。橋の下流右岸には拝島分水口。(玉川上水緑道ラン>>

01syowakinen_p 02matunaka_b

03shibasaki_sunakawa 04heiwa_b

05kumakawanowatashi 拝島駅は富士山ビューポイントなのだが、この日は雲中。ちなみに、この日のルートは立川市-昭島市-福生市(平和橋周辺)-昭島市(拝島駅前)-福生市-あきる野市-八王子市。多摩地域は行政区画が入り乱れているなー。

睦橋通りを多摩川へ。睦橋の東際に睦橋(熊川の渡し)碑(5)。江戸時代、伊奈宿から江戸に向かう“えな道”の渡し場だった。えな道は後に五日市街道となったそうな。

睦橋の中ほどで、スタートから6km。福生市からあきる野市に入った。下の2枚目、多摩川の下流に伸びている緑地が目的地の滝山城址がある滝山丘陵(都立滝山自然公園)。

05mutumi_b_3

05tama_r

初・あきる野市。イメージが長閑。秋川(6)と言えば、秋川渓谷を連想する程度の認知度coldsweats01 バーベキューの賑わいも多摩川下流域とは大違いの東秋川橋(7)袂、秋川ふれあいランド。このくらいが丁度良いよねぇ。橋を渡ると、もう八王子市。あきる野市を1.6kmだけ体感。またいつか会いましょう、秋川&あきる野市paper

06aki_r 07e_akikawa_b

滝山丘陵東裾を北進。スタートから9km、高月町の庚申塔・地蔵尊の辻(8)を右折。いよいよ滝山城址に上るup 登坂の途中で見られたキツネノカミソリでひと息いれて、続く。

08takatuki Kitunenokamisori

Map

2018年8月11日 (土)

昭和記念公園のサギソウなどなど

山の日には山へ!って山の日ができてから言い続けているが、なかなかねcoldsweats01 今年は昭和記念公園から八王子の滝山城址へ向かう。ちょっとだけ、山。まずは、立川駅から昭和記念公園へ。今はサギソウまつりをやっているので、西立川口から入園。9時開園だと思って行ったら9時半だった。ゲート前に長ーいプール行列が、スゴっ。なお、ヒマワリとナツズイセンは終了。

サギソウは西立川口ゲート付近と花木園展示棟前で見られる。スタンプラリーもあるのだが、まだ準備ができておらず、スタンプ・リベンジ断念(去年、スタンプ失敗した>>)。青葉・銀河・輝き、という3品種が栽培されていて、8月上旬→中旬→下旬と開花するそう。今咲いている品種は、?sweat02

Sagiso01_2 Sagiso02

水鳥の池の奥に湿地があって、デッキの側に数輪が咲いていた。

Sagiso03_2 Sagiso03

花木園展示棟前のサギソウ。

Sagiso04_01

Sagiso04_02

Sagiso04_03

可憐なサギソウを堪能した後は、日本庭園に行こう!大ケヤキが聳える原っぱを横断run 時間が早いので、だーれもいない。原っぱの東花壇ではコスモスが生育中。

Keyaki

日本庭園内はお散歩。ここは見られるトンボの種類が多いのだ。空飛ぶステンドグラス、チョウトンボもいた。が、撮れずdown ギンヤンマも当たりを付けて撮ったけど全然ダメ。東屋で悪戦苦闘していたら、真下のハスに何か、いる。カイツブリだった。

Jp_y Kaituburi

Uchiwayanma Akane

Kawaranadeshiko 日本庭園で撮れた唯一のトンボは、ウチワヤンマ↑ こもれびの丘園路で何かの赤トンボ↑ もう赤トンボ系の同定を放棄しているcoldsweats01 (タイワンウチワヤンマとコノシメトンボとの事。Thanksはるきょんさんgood 8/13追記)

他に見られた花は、秋の七草の一部(カワラナデシコ、キキョウ、オミナエシ、萩)、ヤブミョウガ、スイレン、ハス(1輪しか見ていない)、サルスベリなど。

園内の移動はランで、4.3kmrun 玉川上水口から外へ。ここからランの本番。玉川上水に出て拝島-あきる野-滝山城址。ルート編は後日UP。

2018年8月 7日 (火)

坂東三十三箇所観音霊場巡礼ラン(第十三番)

今日は立秋。奇跡的に涼しい1日。さて、8月4日のこと。坂東三十三箇所観音霊場を巡礼するランの完結編。5月5日に神奈川県内9ヶ寺の巡拝を終え、都内唯一の観音霊場、浅草観音へ。まだ23ヶ寺もあるが、そこまで走れないので神奈川・東京だけでお終い。

スタートはハスが見頃の上野不忍池。池の東岸には駅伝の碑「駅伝の歴史ここに始まる」。大正6年に初開催された駅伝は、京都三条大橋をスタートし、不忍池博覧会正面玄関前にゴール。500km超を3日かけて走破!スゴっsweat01 自分は浅草寺まで、ほんの2.5kmですcoldsweats01

01shinobazunoike 02ekiden

浅草通りを走ること15分で雷門前に到着。第十三番浅草観音、聖観音宗金龍山浅草寺。御本尊は聖観世音菩薩。2014年正月以来の参拝である。7時台なので、仲見世は閉まっていて人も少ない。主に歩いているのは外国人観光客。

03kaminari_g 04nakamise

宝蔵門と五重塔。

05hozo_g 05hozo_g02

本堂前もスッキリ。お参りも余裕でジックリとできる。朝早いって良いなぁ。ただ、御朱印の授与などは8時から。境内を散策foot 五重塔とスカイツリーが、靄っている。

06hondo 07gojunoto

06hondo02

境内の東側、二天門のそばに浅草神社が鎮座しているので、そちらにもお参り。御祭神は浅草寺の御本尊観音像を網で拾い上げたという、桧前浜成命・桧前竹成命、像を奉安した土師真中知命の三柱。三社を祀るので三社様と呼ばれたが、後に東照宮を合祀し四柱となった。浅草神社例祭が三社祭というのは三社様からきている。8時になったので影向堂で御朱印をいただいた。写真の右に見切れている「五月五日」に金目観音を参拝したのだなぁ。3ヶ月も空いてしまった。

08asakusajinja Gosyuin


09azuma_b これで本当に神奈川・東京だけ10ヶ寺の坂東三十三箇所観音霊場巡りはお終い。お疲れさまでした。以下のリンクは参拝順。

この日走ったのは2.5kmだけで、歩いたほうが長い。時刻は8時過ぎ。隅田川ランをしつつ品川方面に向かう予定だったが、緊急事態発生!お腹が、お腹が~wobbly どうして自分のお腹はこうも我がままなのか。せっかく浅草まで来たのに無念のリタイア。吾妻橋からスカイツリーと大ジョッキ(アサヒビールタワー)と筋斗雲(アサヒビール炎のオブジェ)を眺めて遣る瀬無い気分に浸った後、電車で帰宅。隅田川ランはまたの機会にpaper

より以前の記事一覧