2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

寺社巡り

2018年8月 7日 (火)

坂東三十三箇所観音霊場巡礼ラン(第十三番)

今日は立秋。奇跡的に涼しい1日。さて、8月4日のこと。坂東三十三箇所観音霊場を巡礼するランの完結編。5月5日に神奈川県内9ヶ寺の巡拝を終え、都内唯一の観音霊場、浅草観音へ。まだ23ヶ寺もあるが、そこまで走れないので神奈川・東京だけでお終い。

スタートはハスが見頃の上野不忍池。池の東岸には駅伝の碑「駅伝の歴史ここに始まる」。大正6年に初開催された駅伝は、京都三条大橋をスタートし、不忍池博覧会正面玄関前にゴール。500km超を3日かけて走破!スゴっsweat01 自分は浅草寺まで、ほんの2.5kmですcoldsweats01

01shinobazunoike 02ekiden

浅草通りを走ること15分で雷門前に到着。第十三番浅草観音、聖観音宗金龍山浅草寺。御本尊は聖観世音菩薩。2014年正月以来の参拝である。7時台なので、仲見世は閉まっていて人も少ない。主に歩いているのは外国人観光客。

03kaminari_g 04nakamise

宝蔵門と五重塔。

05hozo_g 05hozo_g02

本堂前もスッキリ。お参りも余裕でジックリとできる。朝早いって良いなぁ。ただ、御朱印の授与などは8時から。境内を散策foot 五重塔とスカイツリーが、靄っている。

06hondo 07gojunoto

06hondo02

境内の東側、二天門のそばに浅草神社が鎮座しているので、そちらにもお参り。御祭神は浅草寺の御本尊観音像を網で拾い上げたという、桧前浜成命・桧前竹成命、像を奉安した土師真中知命の三柱。三社を祀るので三社様と呼ばれたが、後に東照宮を合祀し四柱となった。浅草神社例祭が三社祭というのは三社様からきている。8時になったので影向堂で御朱印をいただいた。写真の右に見切れている「五月五日」に金目観音を参拝したのだなぁ。3ヶ月も空いてしまった。

08asakusajinja Gosyuin


09azuma_b これで本当に神奈川・東京だけ10ヶ寺の坂東三十三箇所観音霊場巡りはお終い。お疲れさまでした。以下のリンクは参拝順。

この日走ったのは2.5kmだけで、歩いたほうが長い。時刻は8時過ぎ。隅田川ランをしつつ品川方面に向かう予定だったが、緊急事態発生!お腹が、お腹が~wobbly どうして自分のお腹はこうも我がままなのか。せっかく浅草まで来たのに無念のリタイア。吾妻橋からスカイツリーと大ジョッキ(アサヒビールタワー)と筋斗雲(アサヒビール炎のオブジェ)を眺めて遣る瀬無い気分に浸った後、電車で帰宅。隅田川ランはまたの機会にpaper

2018年7月22日 (日)

小山田神社の大賀ハス2018(3)

今季2度目の小山田神社の大賀ハス。神社の裏手に回ってきた。

Oyamada06

ハスからリサイクルセンターの煙突がニョキっとwink

Oyamada07

シオカラトンボショウジョウトンボ♀。ウスバキトンボかと思ったけれど、ショウジョウトンボだなぁ。花弁の間に潜り込むキマダラミヤマカミキリも見っけ。写りがイマイチdown

Shiokara Syojo

社殿とハス。

Oyamada08

Oyamada09

Oyamada10

開こうとしている若葉とハス。今度の週末まで見頃が続きそう。蓮まつりのため、大賀藕絲館から無料の送迎車が出ている。帰りは利用させていただいて、藕絲館でひと休み。さあ、走りますかっrun ランの巻は後日UP。

Oyamada12 Oyamada11

2018年7月21日 (土)

小山田神社の大賀ハス2018(2)

今日は遠出の予定だったが、体調不良によりプランB、小山田神社のハスをもう一度観に行こう!である。前回7/16よりも早く着くため、淵野辺駅からバス(桜美林まで)bus 今日明日は大賀藕絲館の蓮まつりなので、早めに。が、前回より20分くらいしか早くなかったcoldsweats01 ピーカンsun

花が増えた。見頃を迎えた小山田神社。この感じだと、次の週末も楽しめそうだ。

Oyamada01_2

Oyamada03

Oyamada02

ハスの葉に映る蕾の陰。これは、親切な先輩に教えてもらったもの。面白いでしょってwink

Oyamada04

Oyamada05

Oyamada05_2

次は神社の裏に行ってみよう。

2018年7月17日 (火)

小山田神社の大賀ハス2018

7月16日のこと。今年も小山田神社の大賀ハスを観にランrun 淵野辺駅からバスか自走が定番だったが、最近のとんでもない暑さを警戒し、更に早起きして観蓮の前後に走るプラン。わざわざ相模原駅まで電車、ランスタートrun 尾根緑道に上って6.3km、小山田神社のハス田に到着。7時前。

見頃を迎えた大賀ハス。大賀藕絲館の蓮まつりは7/21-22だ。全体的には下旬が良さそう。小山田神社の鳥居を入れるのが定番アングルwink

Oyamada01

Oyamada02

蕾が濡れていた。これは誰かが霧吹きで掛けたんだな、他は乾いているから。朝露風、いただきましたcoldsweats01

Oyamada03

Oyamada04

参道右脇は咲いているハスが多かった。神社裏に回ってみると、ちょうど対角線上のエリア(社殿裏左)が良い。去年もそうだったなぁ。リサイクルセンターの煙突も定番。

Oyamada08

Oyamada07 Oyamada06

Oyamada05

Tonbo ハス田にトンボはつきもの。シオカラトンボとハス

全体的に花弁がお疲れ気味?暑いからねーsun では、激暑になる前に、薬師池公園へGOdash 続くwink

2018年7月16日 (月)

光明寺のハスとルート編

Komyoji 7月14日のこと。鎌倉で観蓮巡りラン、最後の3ヶ所目は材木座の浄土宗大本山光明寺。大船フラワーセンターから7.3kmrun

この季節、総門と山門の間は海水浴場の臨時駐車場と化す。真っ黒に日焼けした老若男女が闊歩する。材木座海岸に向けて開けており、開放感のある良いお寺さん。地域に根差しているなー。

本堂左の記主庭園の蓮池では八重咲のピンクのハスが見られる。恒例の観蓮会は7/21-22。庭園内に立つ大聖閣には阿弥陀三尊像が安置され、観蓮会の当日は扉が開け放たれて尊顔を拝すことができる。近年はハスの状態が良くなったのだが、昨年末に某「池の水を抜く」TV番組で掻い掘りを行った蓮池、元気になったかな?

Komyoji01

Komyoji02

Komyoji03

元気になってる!去年は行けなかったので一昨年の状態2016/07/30>> 花が多いし、立葉が元気。すごいなー。去年生育不良だった鶴見区の馬場花木園も手入れをしたら元気になったそうだし、お手入れ大事ね。

Komyoji04

Komyoji05

Komyoji06

いつもトンボが多い蓮池だけど、今年はいつにも増して多かった。シオカラ、ショウジョウ、コシアキ、ナツアカネ? 本堂と開山堂を結ぶ回廊から眺める記主庭園は、今年も良い眺めであった。日陰は涼しいしwink 拝観者が増えてきたので退散。巨大な山門は1階が和風、2階が中国風の五間三戸二階二重門。前週の様式を取り入れられたもの。

Komyoji_tonbo Komyoji_sanmon_2

01nameri_r_2 富士山が見えたら光明寺裏の展望台に上ろうと思っていたが、靄ってまったく見えなかったので総門を出た。この日の観蓮巡り、終了。

で、ルート編の始まりrun

大船フラワーセンターをスタートして、ここまでたった7.3km。後半はただ走るだけだが、大船に戻るか、海岸を藤沢へ向かうか。ひとまず国道に出て滑川の信号で考えようrun 海風が心地よい。それに比べて、往路の大船-鶴岡八幡宮間の暑さったらsweat01 しかも今度は巨福呂坂を上るし歩道狭いし。暑いのイヤwobbly 海岸線を藤沢へ、決定dash 由比ガ浜は白く、海空は青い。既にハマユウが終りかけなのを見て天神島のハマユウ(ハマオモト)を思い出す。あの北限のハマユウは、今ごろ見頃だろうなー。爽やかな気分で海岸沿いを進むと、ここ数年通行止めだった稲村ヶ崎の歩道が通れるようになっていた。

02sakanoshita 03inamuragasaki

いつもの稲村ヶ崎公園からの七里ガ浜と江の島ビュー。行合橋からの江の島ビュー(大船から12km付近)。キリッと晴れていたら江の島の右に富士山が見えるのだが。

04inamuragasaki 05yukiai_b

鎌倉高校の踏切前まで歩道の拡張が済んでいる。欲を言えば、木陰が欲しい国道134号線。頭にスッと熱中症の気配がやってきた。何か冷たいものが頭に走る時、それは熱中症の前兆。藤沢駅への途中に桜小路公園はす池に立ち寄ろうと目論んだが、これはイカン!ヤバくなる前にリタイアだ。

06kamako 07tatukuti

Map 海沿いは止めて、腰越から江ノ電道へ。龍口寺前を通過して江ノ電江の島駅前にゴールdash まあまあ元気なまま、総走行距離14.3km。

あのまま桜小路公園はす池に寄り道して藤沢駅まで走ることはできただろうが、帰宅後に遅れてきた熱中症で酷い頭痛に見舞われるイメージがあったので、無理はしない。夏場はよくあるのだ、帰宅後に症状がでることって。

江ノ電には乗らず、洲鼻通りをぶらぶら歩いて小田急片瀬江ノ島駅へ。昼過ぎには帰宅。

2018年7月15日 (日)

鶴岡八幡宮のハス

7月14日のこと。鎌倉で観蓮巡りラン、2ヶ所目は鶴岡八幡宮。大船フラワーセンターから走ること4.9km、鶴岡八幡宮の源平池に到着。

旧県立近代美術館が畔に立つ方は、大輪の白一色。

Genpei01

Genpei02

Genpei03

Genpei04

旗上弁財天社側にはピンクのハスもちらほら。これまで見に来た中で、一番の見頃状態じゃないかなぁ。若い蕾がニョキニョキ伸びているから、次の週末あたりの方が良いかも。

Genpei05 Genpei06

Genpei07

Genpei08

Genpei09

Genpei10

Genpei11

Genpei0_pigeon 源平池だがやはり白が圧倒的に多い。ぽつぽつと開くピンクのハスが、ホッとするような、それでいて幽玄な雰囲気を醸す。もっと朝早くなら良かったんだけどねぇ。

旗上弁財天社のハトも白。

3ヶ所目は材木座の光明寺。若宮大路二の鳥居を左折、大町通り、三浦道へ。朝からジリジリと照り付ける太陽が忌々しいが、海風が気持ち良かった。次回は光明寺の巻。

2018年7月 3日 (火)

神鳥前川神社の茅の輪と6月の走行記録

7月1日のこと。前日に夏越の大祓をリタイアしたので、1日遅いけど近くの神社で禊ぎ祓いの茅の輪くぐり。知る限りでは大倉山の師岡八幡神社、長津田の王子神社、青葉区の神鳥(しとど)前川神社。今回は一番近い神鳥前川神社に参拝ラン。

1187年創建。社名に「神鳥」とあることから想像できるとおり、御祭神は日本武尊、弟橘比売命。元の社名は「白鳥前川神社」だったそうだ。恩田川を見下ろす高台に鎮座している。

Shitodo01 Shitodo03

茅の輪のくぐり方って、神社によって2度ずつだったり、八の字だったりする。こちらはシンプルに1度ずつ。

Shitodo02

拝殿・参集殿裏手に境内社の仙元社・伏見稲荷神社・八坂神社が祀られていたが、そのエリアは参集殿新築工事中。夕方なのに参拝の先客が数組。さすが田奈・青葉台総鎮守である。恩田川ロードを往復、8.9kmだったrun

6月の走行記録run マラニック5回、トレーニング7回の計12回、162.8km。ハナショウブとアジサイがさっさと終わったうえに、梅雨まで終わってしまった6月であった。年間走行距離は、839.1kmとなった。

2018年6月24日 (日)

新治市民の森のチダケサシとアジサイなど

昨日しこたま走ったら、久しぶりにタンパク尿が出たwobbly 雨が降って涼しかったので水分補給が少なく、それが腎臓には負担だったらしい。水分をタップリとって回復した。二ヶ領用水本流&宿河原線などなどのラン、写真整理中、後日UPする。

今日は午後遅くに里山ランrun 新治市民の森へチダケサシを見に行った。7月の初旬に咲く花だが、今年はもう咲いているんじゃないかと思って。咲いてたgood 良いよね~、この薄桃色happy01 まだ咲き始めなので、今咲いている花は2週間くらいは見られるだろう。蕾から花まで群生していたので、全体ではもう少し見られるだろうか。

Chidakesashi01 Chidakesashi02

青紫色が鮮やかなナンテンハギ。他にはネジバナ、アキノタムラソウ、ノカンゾウ、ネムノキなどが見られた。旧奥津邸の長屋門前ではアジサイが見頃。

Nantenhagi Okutu01

旧奥津邸から新治・十日市場の尾根道に上る階段脇にアジサイの列。緑こんもり、良い眺めhappy01

Okutu02

Okutu03

Okutu04

Niiharu_jizo 尾根づたいに下っていくと、辻に大きな地蔵尊。この写真では分からないが、なぜか眼鏡をかけていた。以前見た時は無かったので、たまにオシャレさんになる?お歳を召したので眼鏡かけちゃったとか?

梅田川沿いに戻ったらいつもどおりなので、途中で旧道へ。高台にある神明神社は眺めが良い。横浜市指定名木古木のケヤキ、クスノキが伸びる。神社前の道を少し行ったところで振り返ったら、大山丹沢山系が見えた。写真では薄すぎるが、実際はちゃんと見えていたのだ。山・川・農地・住宅街、&高低差、The緑区を体感できる素敵な道。

Shinmeisya01 Shinmeisya02

8.0km/48’09”NETrun 雨降りの朝から一転、爽やかな日暮れ前であった。

2018年6月11日 (月)

アイス工房ヴェルデにラン

6月9日のこと。東村山市北山公園菖蒲苑にハナショウブを観に行った帰り、牧場系アイスクリーム屋さんの開拓にGOrun 多摩川を渡って帰るには武蔵村山市に行く必要は無いが、モトキ牧場アイス工房ヴェルデがあるので寄り道。

01kitayama

北山公園から歩いて国宝正福寺地蔵堂(千体地蔵堂)へ。都内唯一の国宝建造物を、せっかくなので見学。室町時代1407年建立。鎌倉の円覚寺舎利殿とともに唐様建築の代表的遺構とのこと。江戸時代に多くの小さな地蔵尊像が奉納され長押に置かれたことから千体地蔵堂と呼ばれるようになった。地蔵堂の屋根は板葺き(こけら葺き)で、30年に一度葺き替えが行われているそうだ(直近はH17年)。

02sentaijizo02 02sentaijizo01

で、門前をスタートrun 都道128号線を西へ。武蔵大和駅西交差点で都立狭山・境緑道と交差。村山貯水池(多摩湖)から武蔵野市の境浄水場まで続く緑道。サイクリストやランナーが通っていく。木陰でいいなぁ、こっちは暑いよsweat01 奈良橋交差点を左折して青梅街道、新青梅街道へ。

03sayamasakai_s 04oume_s

新青梅街道は暑い。特に面白いところは無い。モノレールの上北台駅入口の交差点に芋窪街道とあったのが、少し面白い。都内はいろんな通称をもつ道路があるなぁ。ここでスタートから5km付近。すでにバテバテ。武蔵村山のイオンモール付近で道を間違ったりしつつ、スタートから約9km、ヤマダ電機あたりでストップ。歩いて探す。看板が出ていたのですぐに見つかった。未舗装路の奥にアイス工房ヴェルデtaurus 熱中症気味で到着。アイス、アイス~wobbly

05kamitateno_e 06verd01

06verd02 ジェラートダブル@340、ミルクと自家製農園のブルーベリー。奥多摩ワサビなんていうのもあった。プリっとしたブルーベリーの実がまた美味しい。ミルクは牛乳感タップリ、砂糖味少し濃いめ、サッパリ。頭がキーンshine ゆっくり食べて、クールダウン完了。お店の外に出たら裏側からお客さんがやってくる。どうも裏側に駐車場があって、接道もそちらだったようだ。敷地にはベンチやブランコがあった。

ジェラートでリフレッシュした後は残堀川沿いに多摩川へ、再スタートrun 次回はお帰りラン後半。

牧場系アイスクリーム屋さんマップ更新。マップの赤ポチがアイス工房ヴェルデ↓ 

2018年5月26日 (土)

都筑・正覚寺のハナショウブとアジサイ2018

今年も天台宗長窪山正覚寺にハナショウブとアジサイを観にラン。5月に参拝したのは初めてじゃないかなぁ。いつもより大分早いよwink スイレンが咲く池の奥に本堂。今年の本堂は五色幕?が掛けられ華やかだった(団体さんが本堂前を埋め尽くしていたので撮らず)。明日、薬師護摩供養が行われるためか。

ハナショウブは3分咲きくらい。

Syogakuji01

Syogakuji02

Syogakuji03

墓苑の斜面一面にアジサイ。北側が白系、南側が赤系。白いアジサイは斜面の下の方が見頃の走り。赤系が色づき始め。

Ajisai01

Ajisai03

Ajisai02

団体さんに押し出されるように正覚寺から退却coldsweats01 次の週末にはハナショウブとアジサイ、両方良い感じになりそう。2016年と同じくらいの咲き方だ。

今日のランは正覚寺がメインなのだが、20kmくらい走りたいうえに都筑緑道はパスだな、とか注文の多いランナーは、「そうだ、鎌倉街道中道の続きを走ろう!」と思った。下道でも良かったのだが正覚寺を絡めやすいのは中道だと、思ったのだ。しかし今になってみると、中山-正覚寺-菊名で下道を丸子の渡しコースでも良かったなー。下道の方が過酷じゃないしsweat02 過酷だった中道の巻は後日UP。坂が多すぎて記憶が定かでない部分もあるんだけどcoldsweats01

より以前の記事一覧