2018年6月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ

公園・森林

2018年6月20日 (水)

相模横山-水道みちラン

6月16日のこと。相模原でアジサイ巡りラン、ルート編。相模原北公園-県立相模原公園-相模原麻溝公園の3ヶ所が花の見どころ。それぞれの巻は以前の記事へ。一昨年は相模原段丘のヘリに延びる段丘斜面林・相模横山の下段を走り、上段にある麻溝公園に上ってアジサイ鑑賞をした。今回は上段ルート。段丘崖や湧水などを楽しむには下段がお勧めで、ヤル気と元気があるなら上段と下段両方を行くべきだが、そこはね、無理よcoldsweats01 ということで、段丘崖を下に見ながらのラン。

例によってルート詳細はマップに載せて省略。麻溝公園から先は横浜水道みちルート、環状4号線で日和って十日市場ゴール。総走行距離は、24.9kmrun

ピックアップは当然、相模横山がらみ。相模原北公園(1)は段丘面から下がった段丘崖の斜面に整備された公園なので、道路からさらに下方に傾斜している。林が視界を遮らなければ、高低差が生かされる丹沢山系ビューポイント(2)になる。

01kita_p 02kita_p

JR相模線は段丘崖の途中を走っている。相模原北公園から3km付近、姥坂跨線橋から見た相模線と相模横山(3)。その先には横山丘陵緑地(4)。段丘下段に下る坂は「せとむら坂」。丘陵下には遊歩道や湧水がある。

03ubazaka 03ubazaka02

04oosawa 04yokoyama

上溝駅に向かって線路が下っていくので高低差が大きくなる、えのき公園付近(5)。えのき公園と横山公園間の切通(6)を渡って横山公園へ。(7)横山公園の西端から線路を見下ろすも、見えず。右に林を見ながら「照手姫の里ロマン探訪の小径」(照手姫は「小栗判官物」の主人公で伝説上の人物。実在は?)を進むと(8)上溝中学校の門脇に出た。

05enoki 06yokoyama

07yokoyama 08kamimizo_jh

上溝駅前の上溝中坂下、上溝ふれあい橋(9)からの眺め。相模横山って素敵happy01

09nakazaka01 09nakazaka02

上溝で少し下ってしまったので、また坂上に上る。相模線とはここでお別れpaper

(10)陽光台小学校西側の道には「相模横山・相模川近郊緑地特別保全地区」の看板がある(マップに載せた)。小学校の木々と相模横山に挟まれて、労せずして斜面林を体感できるエリアだ。北公園から6km、道保川公園上段エリアに到着。ここは一昨年も訪れ、めっちゃ楽しかった公園>> 今回は上段、(11)下に続く階段を眺めるのみ。蛍も見られる道保川公園、オススメgood

10yokodai 11doho_r

12nanamagari01 12nanamagari02

道保川公園の間を下りる道は七曲り坂(12)。坂上からの眺めが良いが、恐ろしいほどの曲がり具合だ。雪が降ったら絶対に通りたくないsweat01 さらに2kmほど進むと相模原沈殿池(13)。農地の先に相模横山。柴胡が原陸橋をくぐった目の前が県立相模原公園だ。段丘面のヘリを体感すべく、県立相模原公園の展望台(14)へ。段丘崖を下る車。丹沢山系ビュー。雲が厚すぎるdown

13chindenchi 14sagamihara_p

北公園から9km、ハナショウブの水無月園に到着。麻溝公園(16)のアジサイも鑑賞して、お帰りは横浜水道みち。両公園を分けるように直進するのが横浜水道みち(15)。

15asamizo 16asamizo

横浜水道みちについてはコチラのまとめ(過去記事)でザックリ省略bleah 米軍住宅を迂回して、懐かしの小田急相模原駅前に出た。麻溝公園から3.5km付近、喫茶木の里(17)がまだあった!通っていたのは20数年前の2年間ほどだが、当時すでに古びていた。老舗だなー。でっかいパフェと、初めて読んだ「修羅の門」が記憶に残っている。1巻から読んでいないうえに最後も知らないので、ストーリーも中途半端に記憶しているsweat02 あと、オダサガと言えば餃子屋の萬金。オススメwink

17kinosato 18ikoi

相模原市内の水道みち緑道は大和市内に入るとさくらの散歩道という名称になり、桜並木が続く。さえずりの小径・ふれあいの小径・憩いの小径のエリアに分かれており、特に(18)憩いの小径エリアは八重桜の隠れた名所である。アジサイも綺麗だったwink

麻溝公園から8km付近、境川左岸、南町田の(19)鶴間公園を突っ切る水道みちだが、南町田は再開発中で公園入れず。公園を迂回し、国道246号線を渡り、東名高速下をくぐる(麻溝公園から10km付近)。川井浄水場は近いが、もう水道みちには戻らないもん。いきなり日和るcoldsweats01 だって、上川井や都岡から中山に帰るルートって、キツイんだもーんsweat02

19turuma_p01 19turuma_p03

19turuma_p02 20kanjo4

環状4号線桜並木(20)の下を十日市場へrun 駅前にゴール。涼しかったので消耗が少なく、まあまあ元気に走り終えた。気温って大事。東京五輪が心配。

2018年6月18日 (月)

相模原麻溝公園のアジサイ

Green_tower 6月16日のこと。相模原でアジサイ巡りラン、3ヶ所目。県立相模原公園に隣接する相模原麻溝公園でアジサイ鑑賞

公園のシンボル、展望台グリーンタワー。センター広場の大花壇は季節の花々で彩られていた。

樹林広場のアジサイは約200品種7,400株。アジサイ小路では珍しいヤマアジサイが多くみられる。この日のアジサイは、ちょうど見頃だったhappy01

樹林広場にて。日本固有種の姫アジサイは土壌の酸度によって青から桃色まで各種の色がでる。2枚目のガクアジサイは、お名前不明。

Himeajisai

Gaku_b

アジサイ小路にて。紅ガクアジサイ。紅系のヤマアジサイが見られるので、麻溝公園好きhappy01

Benigaku

クレナイヤマアジサイ。2枚目は不明だが、紅色が綺麗happy01

Kurenaiyama

Gaku_r

桃花ヤマ。薄紫がかった桃色が可憐だ。

Momobanayama

白花甘茶。お釈迦様の花まつりで供される甘茶は、この葉を乾燥・発酵させたもの。通っていた保育園がお寺さんだったから、甘茶をお釈迦様にかけたり、白いゾウ(もちろん作り物)を引いたりしたっけなー。

Shirobana_amacya

東口の階段脇に、アナベルとピンクアナベル。ピンクアナベルはアナベルの改良種で、花弁(萼)が小振り。

Pink_anabell

北公園のように一面も良いけど、変化のある配置も良いね。アナベル、ほぼ満開happy01

Anabell

以上で花巡りランは終了(1.8km+9.0km)。ここから帰るのだが、涼しかったので、町田と言わず行けるトコまで行こうじゃないかっrun そんなルート編は後日。

2018年6月17日 (日)

県立相模原公園水無月園のハナショウブ

6月16日のこと。雨上がりの相模原アジサイ巡りラン。2箇所目は県立相模原公園。相模原北公園から9.0kmrun ここでは水無月園のハナショウブがお目当て。相模原北公園ではほぼ終了していたハナショウブだが、こちらは毎年見頃が長い。約2,300㎡の園内で、伊勢系・江戸系・肥後系、約118品種22,000株が見られる。

園の中央で満開になっているのは肥後系。東屋前の伊勢系はほぼ終了。

Minaduki01

Minaduki02

肥後系は豪華な花を咲かせるのが特長。

Higo01

Higo02

Higo03

園の南側のスペース、江戸系。半分くらいは咲いているかな。江戸系は平咲き(上から見るのに適している)が多いそうだ。

Edo

次週末には肥後系も終わってしまうだろう。ギリギリセーフだったgood 次はジョグって隣接する麻溝公園に向かう。

2018年6月16日 (土)

相模原北公園のアジサイ2018

橋本駅から走って相模原北公園へ(1.8km)。今年も相模原でアジサイ巡り。相模原北公園のアジサイは去年7/1の状態よりも咲き進んでいた。ヤマアジサイが見頃過ぎ、西洋アジサイとアナベルが見頃。アジサイ園には約200品種、1万株のアジサイがあるそうだ。

相模原北公園と言えば、この一面のアナベルhappy01 雨のせいか、倒れかけた株も多い。

Anabell01

Anabell02

Anabell03

アナベル手前のガクアジサイたちは見頃過ぎ。

Anabell04

西洋アジサイは雨粒に濡れて、色鮮やか。

Gaku01

Gaku02

Seiyo01

Seiyo02

残念ながら菖蒲田のハナショウブ約4000株は終了していた。

花木園から丹沢山系を望む。花木園のバラもたっぷり濡れて、良い薫りhappy01

Kabokuen Rose

一昨年は相模原段丘の下で段丘崖遊びをしながら相模原公園・麻溝公園を目指した。今日は段丘崖のヘリ、相模横山を右に見ながら目指した。ルート編は後日UP。次回は相模原公園の巻。

2018年6月 9日 (土)

東村山市北山公園菖蒲苑のハナショウブ

初めての西武国分寺線に乗って初めての東村山市へ。ドリフ世代としては“東村山音頭(志村けんver)”脳内リフレインが止まらない。実は、この記事を書いていて初めて知った「庭先ゃタバコ」じゃなくて「庭先ゃ多摩湖」だったと!タバコの葉の生産地だと、ずーっと思っていたよcoldsweats01 失礼しました。東村山駅に降り立ち、最初に目についたのが「だいじょぶだァー饅頭」の幟catface

駅から歩くこと約1km、北山公園菖蒲苑に到着。風鈴がチリンチリンとお出迎え(入園無料)。10時前に着いたのに、すでに多くのお客さん。約6,300平米の敷地一面に、300種、約8,000株(約10万本)のハナショウブが咲く。6/2から6/17まで菖蒲まつり開催。出店あり、花摘み娘登場(11時)、人力車で園内周遊(@500)。人力車、面白そうだったgood

Kitayama01

菖蒲苑のバックは都立八国山緑地。ハナショウブは見頃だし、目に優しい眺めhappy01

Kitayama02

展望台もある。園の西、八国山が切れるあたりに西武園の観覧車が見えた(写っていないけど)。

Kitayama03

Kitayama04

八国山緑地と北山公園の間を西武園線が通るtrain 線路際にアナベルが植栽されていて、電車とのコラボが撮れる。だが、電車を待てなかったcoldsweats01

Anabell01 Anabell02

スイレンとハナショウブ。ハス田もあった。体験水田で子どもたちが田植えをしていた。とにかく全体的に盛況。朝から暑くて、3つの東屋は満杯。

Kitayama05

Kitayama06

300種あると言われても目移りしちゃって。インパクトのあるお名前、フレックルドゲイシャ。フリル感が芸者?違うか。

Geisya

Kitayama07

Kitayama08

Kitayama09

Kitayama10

神奈川県民には横須賀しょうぶ園があるが、今年は東京都に浮気bleah 横須賀の方が種類も株数も多いんですよ。きっとアチラも今が見頃でしょう。今年は多摩湖・狭山湖ランという野望があるため、下見っていうか、土地勘を養う思惑もありまして。10時を過ぎ、増え続けるお客さん。さあ、走って帰るぞ、どこかまで。ルート編などは後日UP。

2018年6月 3日 (日)

大井町せせらぎの郷花菖蒲園

6月2日のこと。足柄平野でハナショウブ・アジサイ巡りラン。小田原城東堀花菖蒲園-大井町せせらぎの郷花菖蒲園-開成町あじさいの里のせせらぎの郷花菖蒲園の巻

小田原城をスタートして9.4km、せせらぎの郷花菖蒲園に到着。酒匂川左岸、足柄紫水大橋の東側にあって、県道711号線を走っていると丸見え↓

Seseragi01

約3000株のハナショウブ。ゲート前は半分ほど散ってるかな。

Seseragi02

正面の“おむすび”みたいな山は矢倉岳。水を張っていない奥のハナショウブが見頃。

Seseragi03

Seseragi04

Seseragi05

水路に手を突っ込んでみたら、冷たくて気持ち良かったhappy01 次の目的地は開成町のあじさいの里。酒匂川の右岸へrun

2018年5月14日 (月)

都筑中央公園のローザ・つづきく

5月13日のこと。都筑中央公園で「ローザ・つづきく」というバラが見頃情報を得たので行ってみたrun 行きは市役所通りを真っ直ぐ、6.3km。昼から雨の予報と、バラまつり(10時から、円形広場にて)前に着きたいために、最短ルートで急いだrun

ローザ・つづきく」という名前、「つづき」で終わらず「つづき」まであるところ、インパクトあるcoldsweats01 フランスのアンジェ市で作られた品種で、都筑区との友好関係を記念して2000年に贈られたそう。円形広場の周囲に約200株植えられている。

Rosa_tuduki01

花弁が開ききる前のバラは清楚で美しい。

Rosa_tuduki02

Rosa_tuduki03

大池の近くに咲く、大輪のはまみらいが約10株。円形広場のバラはこの2種だけ。

Hamamirai01

Hamamirai02

餅つきが始まる前に離脱dash 帰りは緑道ルート。緑が濃い都筑中央公園-ささぶねのみち-鴨池公園-ゆうばえのみち。

Tuduki_sp Kamoike_p

Egonoki 草花が少ない時季だが木の花が見られる。エゴノキの花が、わっさわっさと咲いていた。

行きは富士見が丘から富士山が見えていたが、帰りは雲の中だった。往復12.7km/1:14’58”NET。天気予報よりも雨の降りだしが遅かったので、ゆっくり買い出しをして帰宅した。

2018年5月 5日 (土)

坂東三十三観音巡礼ランの鯉のぼりとか

今日は座間の星の谷観音から、厚木の飯山観音、平塚の金目観音と坂東三十三観音巡礼ラン。道々で見た鯉のぼりなどをUP。

早くも鯉のぼりではない、飯山の金剛寺大師堂前(飯山花の里)で行われていた飯山ポピーまつり(5/5-6)。カラオケ大会も絶賛開催中だった。ポピーの摘み取りもやってます。11月上旬にはザル菊まつりが行われるそう。菊はともかく、なぜにポピー?赤いからかな?

Iiyama_poppy01

Iiyama_poppy02

飯山から金目に向かう途中、厚木市森の里の若宮公園にて、鯉のぼり。結構な高低差と距離だよ、どうやって張ったのか?地道に地上を這わせた後に張った?今どきっぽくドローン?ドローンは無いかー、とか想像する。大山に向かって泳ぐ鯉のぼりがgood。

Walamoya_p01_2

Walamoya_p02

大山を源流とする鈴川の鯉のぼり。新大畑橋から下流を見たところ。これ、下流の舟橋から上流を見たら、右に大山、正面に富士山、左に箱根連山の素晴らしい眺めだったはず。今日の富士山は靄って薄っすらだったけれど、舟橋まで行かずに引き返したのは失敗であった。

Suzu_r01

Suzu_r02

鈴川から2kmちょっと、金目観音に到着した。その門前、金目川でも鯉のぼりが泳いでいた。今どきの鯉のぼりは水辺の上空を集団で泳ぐものなのだなぁcatface 星谷寺近くでは武者のぼりを見たけれど、あれはたまーに見かける。前に見たのはドコだったっけ(少なくとも神奈川県内)?限られた地域だけの風習なのだろう。

Kaname01

Kaname02

今日の写真、全然整理できていない。頑張ろうrock

2018年5月 3日 (木)

里山ガーデン2018(4)

雨は早くに上がったが、風が吹き荒れている。里山ガーデン谷戸のカキツバタ園で、鯉のぼりが元気に泳いでいた。菜の花は完全に終わり、去年の名残りのカキツバタ?がポツポツと咲いていた。

Kakitubata

6日に閉幕する大花壇の様子。回を追うごとに寂しくなっていく。真っ赤なポピーも枯れ始め。

Satoyama01

毎回撮っているアングル↓

Satoyama02

Satoyama03

Satoyama04

園内ではホウノキの花が見られたが、遠かったのでズーラシア駐車場付近で撮ったホウノキの花

Hounoki01 Hounoki02

正面口広場でソフトクリームでもと思っていたが、今日は残念ながら出店していなかった。ケバブ、カキ氷の店はあったけど。結局今回の開催でもオーガスタのソフトクリームを食べられずに終わりそうだ。ガッカリdespair

2018年4月30日 (月)

山下公園のバラとソフトクリームにラン

GW前半最終日は、ガーデンネックレス横浜2018の会場のひとつ、山下公園にバラを観にラン。マップは久々にランニングウォッチのGPSをONにして計測したもの。誤差は1km弱だった。17.3km/1:42’26”NETrun 遠回りコース。

みなとみらい橋に神奈川区・西区の区界表示があるって、今まで気づかなかった。

01minatomirai

01minatomira_b Map

山下公園ではガーデンネックレス横浜2018開催中(6/3まで)。里山ガーデンと同じくガーデンベア君がお出迎え。山下公園・未来のバラ園のバラは約190品種、2300株。

06garden_necklace

このゲートっぽいのは何?Rugby World Cup2019,Japanと書かれている。ああ、そっかそっか、散々撮ってから気づいたよsweat01

02rugby

パーゴラとバラ。

03pergola02

03pergola01

横浜マリンタワーとバラとホテルニューグランド。バラが立体的だねぇ。

08new_grand

05white02

05white

04yellow

氷川丸とバラ。既に見頃を迎えたバラ園でした。

07hikawamaru

Kokusai_b 続いて、どっちがメインイベントか分からない、マークイズみなとみらいにある町村農場へ向かうrun 弘明寺帰り(4/21)に行けなかった牧場系アイスクリーム屋さんだっ。若宮大路のアイスクリーム屋さんも、いつか行ってやるっcoldsweats01

ぞくぞくと人が渡ってくる汽車道の前を通り、結婚式場の運河側を迂回して国際橋の袂まで、2.0km/12’27”NETrun 国際橋から先は人が多くて走るのキケン。マークイズB1の町村農場直営ショップ(本社は北海道江別市)へ。プリンソフト@475(税別)を発注。イートインはテーブル席3つ、立ち食いテーブル3つと狭い。ソフトクリームは嫌味の無い甘さとコク、頭がキーンとなるも美味しいhappy01 ソフトの下のプリンは店舗で焼き立て。プリンも美味し~い。牧場系アイスクリーム屋さんマップ更新>> これで本日のミッションは完了。みなとみらい駅から電車で帰宅。

Matimura

より以前の記事一覧