2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

公園・森林

2017年6月23日 (金)

多摩川台公園のアジサイ

昨日(6/22)帰宅途中に多摩川台公園に立ち寄った。春は桜、梅雨はアジサイが楽しめる公園なのだ。夕暮れ時には公園から多摩川越しに眺める富士山が綺麗、らしいのだが、それはまだ見たことがないdown

公園は多摩川駅の目の前、多摩川沿いの台地に広がっている。斜面一面がアジサイ。台地の上には一段高い位置の東屋から眺められるアジサイ園があり、7品種約3000株のアジサイが植栽されている。

Tamagawadai01 Tamagawadai02

Tamagawadai03 Tamagawadai04

去年の春以来の来園だから、スロープができたり、全体的に園路が広がって綺麗になっていた。

Tamagawadai07

Tamagawadai06

駅側の入口にはベニガクアジサイの一画があるのだが、なかなか良い紅色のベニガクアジサイには出会えないなぁ。

Tamagawadai05 Benigaku

ちょっとした途中下車の旅でした。

2017年6月11日 (日)

薬師池公園のアジサイなど

6月10日のこと。薬師池公園のハナショウブを観に走ったのだが、アジサイも咲き始めていた。アジサイは園内に約1000株あるそうだ。アジサイと言えば斜め前の町田えびね苑の方が見応えがあるかも。えびね苑の開園は15日から。

薬師池公園のアジサイはしょうぶ田の斜面にも咲いているが、あじさい園ハス田のそばにある。7月は観蓮の季節だなー、楽しみhappy01

Yakushiike Hasuda

あじさい園にはガクアジサイが多いが、これはアナベルじゃなくてグランデフローラ

Grandefloral

紅ガクアジサイ

Benigaku

黒姫。全体的に咲き始めだから、次の週末あたりに見頃を迎えそう。

Kurohime

Twinliner 薬師池公園まで14kmと短かったので、町田駅まで走って帰ろうと思っていた。しかし、またもやお腹が不調で断念despair このところ毎週不調だ。このお腹の不自由さが、自分がレースに出ない理由のひとつでもある(たくさんの人に混じって走るのが怖いってのが一番)。人生胃腸次第胃腸に支配されている、と言っても過言ではないdown 胃腸薬漬けで、もはや効いているのかどうか分からない。お医者さんは「効いている」と断言するが、どーかなー?っと若干疑っているcatface

それで、公園最寄りのバス停で駅行きのバスを待っていたら、神奈中バスのツインライナー(全長18m)が通過したbus 回送だったから野津田車庫に行くのかなー。

2017年6月10日 (土)

町田薬師池公園のハナショウブ(2)

町田薬師池公園のハナショウブその2。

Yakushi08 Yakushi09

青いハナショウブだけ、品種名を控えた。鶴鵲楼(かくしゃくろう)。カササギの青か?花弁がスプーンのように上を向いて咲く品種もあった。

Yakushi13 Kakusyakurou

Yakushi10 Yakushi11

Yakushi12

真夏日ピーカンの空の下、ハナショウブの花弁が眩しかった。しょうぶ田脇の斜面にはアジサイが植栽されているのだが、まだまだ咲き始め。園内北側にもアジサイ園があるので、そちらにも行ってみた。

町田薬師池公園のハナショウブ(1)

真夏日っすsun 町田薬師池公園にハナショウブを観に走った。恩田川沿いに今井谷戸まで、都道18号線(鎌倉街道)に出てすぐ薬師池公園の裏門だ。14.0km/1:25’06”NETrun マップはランニングウォッチのGPS計測で作成。道中特筆すべきことが無かったので(成瀬の桜並木は気持ち良かった)ルート編は無し。オマケに日向台交差点付近の恩田川上流端の看板。これは去年の恩田川源流ランで撮り忘れたもの(2016/4/23)。

Map_3 Onda_r

薬師池公園の裏門から入るとしょうぶ田の上に出る。アジサイが咲き始めていた。ハナショウブは見頃happy01 昨日から公園では「しょうぶ・あじさいまつり」開催。斜め向かいの町田えびね苑では15日から。

Ajisai01_2 Yakushi01_2

Yakushi02_2 Yakushi03_2

Yakushi04_2 Yakushi05_2

約175種2200株のハナショウブ。種類が多すぎて種別撮影を諦めたcoldsweats01 園内をぶらぶらしていたら、しょうぶ田で早乙女姿の花摘み娘さんが、咲き終えた花を摘み始めた。

Yakushi06_2

Yakushi07_2

種別撮影は諦めたけど、あんまり咲いているものだから撮影枚数だけは多い。次回も薬師池のハナショウブでsoon

2017年6月 8日 (木)

裾野市・五竜の滝

6月4日のこと。矢倉沢往還ラン・リベンジ、裾野市の静岡県指定天然記念物・五竜の滝をピックアップ。“約1万年前の新富士火山三島溶岩流の末端に形成された滝”である。ここが撮れていなかったのがガッカリで、リベンジしなくちゃ気が済まなかった次第ですcoldsweats01

前回は黄瀬川を渡って中央公園側からアプローチしたが、今回は黄瀬川の手前、西中学校裏出入口から。そこは吊橋の左岸側。吊橋の長さは63m、高さ9m、一度に渡れるのは5人まで。一人でも揺れるけど、ワザと揺らさないでね~sweat01

Goryu01_2

滝。

Goryu02

吊橋。

Goryu03

滝。水飛沫がかかって気持ち良いhappy01 この大きな三条の滝が雄滝(左から、雪解、富士見、月見、という名前が付けられている)。

Goryu04

五竜の滝なので、あと二条ある。それは本流の右側、雌滝。銚子・狭衣と名付けられている。木々の隙間から見えた(写真じゃ見えないdown)。

Goryu05

吊橋を戻って雌滝に行ってみた。橋の下に二条の滝がかろうじて見えたが、やっぱり写真では分からないねdespair 右下写真は滝の天端、銚子の滝だろうか。滝の上流は用水路のように整備されていた。

Goryu06 Goryu08

Goryu07 雌滝の上には水天宮が鎮座。御祭神は天之御中主神・水分神(みまくりのかみ)の2柱。

前回よりも堪能できた五竜の滝。記録も残せて満足だgood 気楽に走り出すのは良いけれど、もうトシなんだから、持ち物チェックはシッカリねって思った。

佐野北交差点で矢倉沢往還をそれた(スタートから14km弱地点)ので、戻るrun

なかなかルート編に辿り着けない。未だ写真整理中rock

2017年6月 7日 (水)

その後の里山ガーデン(1)

早朝、四季の森公園でハナショウブを観た後、6月4日に閉幕した都市緑化よこはまフェア・里山ガーデンの様子を見に行ったrun 東入口から北側の出入口は、フェンスなどで全て閉鎖されていた。ハナショウブが見頃なのに、もったいないなー。まぁ、ポッドに入った状態で、株数も少ないんだけど。

Satoyama01 Satoyama02

Satoyama03 Satoyama04

「しばらくの間 撤去工事のため 閉鎖いたします」という幕が張ってあった。ポッドに入ったショウブやカキツバタ、仮設トイレなどは撤去するんだろうが、その後の利用計画はどうなっているのだろう。と思って調べたら、神奈川新聞カナココに記事があった>> 大花壇は秋に再公開、らしい。カキツバタ園はどうなるのか。ひとまず、裏zoo(植物園予定地)時代のように通り抜け出来るようにして欲しいなー。朝ラン、7.0kmでしたrun

2017年5月29日 (月)

ジェラート・ラン(小野ファーム・横濱アイス工房)など

5月28日のこと。北鎌倉の東慶寺をスタートして中山に帰る道々。20.5km/2:00’51”NETrun マップはGPS計測。明治学院大学付近で西にくねっている地点がジェラート屋さん、小野ファーム・横濱アイス工房戸塚店。中山まで走って帰るつもりが、お腹が緊急事態wobbly 鶴ヶ峰駅前でリタイアしたdown ジェラートを食べたせいじゃないよ、もともとヤバかったんだよぅ。走ったワタシがイケないのdespair

Map

01_3line_2 北鎌倉→本郷台駅→横浜市道環状3号線(1)の下を通って舞岡の坂登りup 環状3号線ってドコ通っているんだっけ?坂の途中で考えた。去年の三浦半島一周で走った、東は国道16号に合流する青砥坂の道だ。西は?帰宅後に地図で確認したところ、柏尾川の西、日之出橋が現在のところ終点らしい。国道1号線につなげる計画だろうか?

ひと丘越えて明治学院大学の前に、(2)小野ファーム・横濱アイス工房戸塚店があった。ここまで約7km。やたらカラフルでサイケデリックな牛がお出迎えだ。まだ時間が早いので、先客は一組。ジェラート・ダブル@400、ミルクと紫芋をチョイス。今年の1月に久里浜海辺の湯売店で食したソフトクリームが初・横濱アイス工房だが、ソフトよりもジェラート(ミルク)の方が牛乳感があって美味しいじゃないかgood 都市緑化よこはまフェア・みなとみらいグランモール公園会場に出店しているそう。里山ガーデンには相澤良牧場オーガスタ・ミルクファームが出店している。横浜牧場系アイスクリーム屋さんで一番のお気に入り、肥田牧場アイス工房メーリアは出店していないようだ。牧場系アイスクリーム屋さんマップ更新up

02ice01 02ice02

ジェラート休憩の後、向かいの(3)舞岡公園へ。思った以上に谷戸の地形そのままの公園だった。以前、鎌倉街道中道ラン(2013/5/3)でかすめた時は北側から見ていて、もっと平坦な公園だと思っていたのだ。

03maioka01 03utugi 03maioka02

戸塚区から港南区に入り、日限山・日限地蔵尊(4)を左折(北鎌倉から約10.5km)。下永谷駅前を通過して環状2号線へ。国道1号線と交差して上る、(5)品濃坂バス停の向こうに見えている陸橋が、環状2号線で分断された旧東海道品濃坂をつないでいる(旧東海道ラン2015/11/15)。

04higirijizo 05shinanozaka

環状2号線をひたすら北上run お腹ヤバいの本格化してきたsweat01 市沢町で2号線を離れて水道みちへ向かう途中で、鶴ヶ峰駅前リタイアを決めた。駅前ゴールdash バスで帰りますぅwobbly ヨタヨタとバスターミナルに向かって歩いてたら、あさひくんのデザインマンホールがエスコートしてくれた。お疲れさまでした。

Asahikun01Asahikun02

Asahikun03Asahikun04

2017年5月22日 (月)

里山ガーデン(5)など

01satoyama 5月21日のこと。横浜は真夏日だったらしいsun そんな真っ昼間の一番暑い時間帯に、暑さに慣れようと走るバカcoldsweats01

ついでに都市緑化よこはまフェア里山ガーデン・レポ第5回。

17日の朝には鯉のぼりが下がっていたカキツバタ園は、もはや春ではなく初夏の様相。だが、ポッドに入ったカキツバタとハナショウブの株って、フェアが終わったら撤去する気満々じゃないの。終了後はどうなるのだろう、このエリア。カキツバタは咲いているのだが、間隔が広いのでポツポツという感じ。ハナショウブは咲き始めたところだった。

03kakitubata 02hanasyobu

中央園路の右に空堀みたいな場所があるが(白矢印)、整備前はソコが林道で、今の道がある場所は私有地に続く道だった。正面広場のガーデンベアを記念撮影。

04center_s 06garden_bear

大花壇の様子。ペチュニアやポピーなど。暑くてヘタバッテいる人、多数。木陰で休憩できる場所が少ないので、道端に座り込んでいる人・寝ている人もいた。かき氷には行列。

05deck 05kadan

写真の真ん中へんが白くボケている。レンズが汚れていたのかな、汗でsweat01

里山ガーデンを後にし、プチトレしながら若葉台の帷子川源流、北部斎場経由で長津田へ。斎場の手前にある道正トンネルは数回しか通ったことが無い。渋い名前だと思っていたのだが、字名だったのね。そのトンネル脇の水抜きから水が流れ出ていて、コンクリの水受けがあった。なんとメダカが泳いでた!水草まで用意されていて、完璧。ヒメダカだね。

07dosei_t 07dosei_t02 07himedaka

岩川沿いに御前田交差点まで行き、長津田駅前にゴール。9.3km/54’33”NETrun 北口のマルヤさんでお団子と水無月を購入して電車で戻った。団子が昼ご飯pig 和菓子屋さんに水無月が並ぶと梅雨がくるなぁって感じる。

Maruya01 Maruya02

2017年5月17日 (水)

里山ガーデン(4)

朝ランで里山ガーデンチェックrun 前回4/23の「外から見てみよう」は東入口から武蔵中山台側(ガーデン北側)だったので、今朝は正面入口側を外から見てみよう、だ。マップは42.195km.netさんで作成、左が今日で、右が前回。

Map02 Map

正面入口と向かって左の森への出入口(1) 脇の小径は以前からある林道で、西ひかりが丘団地(里山ガーデン東入口)に続く。

Sato_entra Sato_entra02

正面入口を通り過ぎてズーラシアの駐車場に向かう。以前は駐車場に至る前に2ヶ所出入口があったのだが、今は施錠された管理ゲート(2)と盛土で消失(3) ズーラシア正面方向(中原街道方向)に向かうと、西ひかりが丘団地(東入口)(4)に続くゲートがある。「創造と森の声」はこの先に移転してきている。ゲートは7時~20時開放だが、既に誰か中を歩いていた。まぁ、生活道路みたいなものだからcoldsweats01

Sato_entr01 Sato_entr02

Sozo_fentr Sato_kakitubata02

谷戸のカキツバタ園の様子↑鯉のぼりの下で、紫の花がポツポツと咲いていた。ついでに四季の森公園にも廻ってしょうぶ園をチェック。例年の見頃は6月初旬なので、この時期はこんなものだ↓ しょうぶ園の脇でツリバナが揺れていた。

Hanasyobu Turibana

朝からUP&DOWN激しめrun 6.8km/41’05”

2017年5月11日 (木)

柿田川ジオサイト・柿田川公園

5月7日のこと。三島あたり散歩レポ3は、伊豆半島ジオパークの柿田川ジオサイト、柿田川公園・柿田川湧水群(公園は三島市ではなく清水町)。何年か前に柿田川公園を訪れ感動したので、矢倉沢往還ランの締めに三島に1泊して三島あたり散歩をしたのだ。矢倉沢往還ランの5月4日の巻と5月6日の巻は、鋭意写真整理中rock

約1万年前の富士山噴火で流れ出た溶岩は愛鷹山と箱根の間、三島を流れ下り、柿田川まで達し、溶岩流の中を流れ出た地下水は湧水群を形成した。柿田川公園には湧水の出口「湧き間」がいくつもあって、間近に観察することができる。八つ橋から眺める柿田川中流部、爽やか~happy01 川の中ほどには緑鮮やかなミシマバイカモらしきものが流れに揺らめいているが、遠くて判然としない。

Kakita01

八つ橋の途中にある船着き場(泉頭城時代の船付曲輪跡 下に城跡案内板写真あり)の湧き間から湧水がこんこんと。

Kakita02 Kakita03

柿田川下流から歩き始めたので、次は第二展望台。神秘的な青。アユが泳ぐ水底からは砂を巻き上げ水が湧き出していた。

Kakita_0201 Kakita_0202

第一展望台は視界が広く、左右に湧き間がある。生き物のように動く砂を眺めるのって、飽きないなーhappy01

Kakita_0101

Kakita_0102 Kakita_0103

カワトンボ(ニホンカワトンボorアサヒナカワトンボ)が多い。最後の一枚は柿田川公園が泉頭城だったころの見取図。北条氏による築城で、徳川家康が隠居所とする計画があったという(家康の死により中止)。昔から景勝の地だったのだなぁ。

Kawatonbo_2 Izumigashira

この後、境川・清住緑地・丸池ジオサイトにも行ったのだが、ミシマバイカモの花見られず、残念(バイカモの花期には早いが、三島のバイカモは開花期間が長いと聞いた)。

三島あたり散歩の最後は、市街地から少し離れて、日本一の大吊橋体感の巻。

より以前の記事一覧