2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

七福神

2017年7月12日 (水)

湘南ひらつか七福神めぐり(2)

7月8日のこと。湘南ひらつか七福神めぐりラン後半。弁財天の平塚八幡宮から国道1号線を1.7km(最長区間)run 毘沙門尊天の春日神社(6)に到着。ここは平塚宿の京方見附に近い。境内に鐘楼があって、神仏習合の名残りがある。やはり茅の輪があったので八の字に回ってお参したが、平塚八幡宮とは回り方が違った(詳細は忘れたsweat02)。拝殿左横の毘沙門堂には小さな木像が3体。中央に毘沙門尊天、左右に大吉祥天女と禅尼子童子が祀られていた。

06kasuga 06bisyamon01

06bisyamon02

春日神社の東並びには、平塚地名発祥の地と伝わる「平塚の塚」緑地と、甕のハスが境内を埋める日蓮宗松雲山要法寺がある。ここで寄り道。もう昼近いので閉じたハスが多かったが、毎年七夕の頃に見頃を迎えるそう。

Yohoji01 Yohoji03

Yohoji02 Yohoji04

七福神めぐり最後は旧東海道の南側、大黒尊天の日蓮宗顕応山妙安寺(7)。平塚鬼子母神と呼ばれるお寺。本堂に祀られている鬼子母尊神は大きくて真っ黒、経典を捧げ持ち、目は金色で炯々。女性が赤ん坊を抱いているイメージだったんだけど、日蓮宗は鬼形。お寺さんが説明してくれたところによると、日蓮宗では法華経の行者守護の神様なのだとか。大黒尊天像は鬼子母神像の右隣で、サイズ的に完全に圧倒されているcoldsweats01

07myoanji 07kishimojin 07daikoku 7hukujin

これにて満願good 寿老尊の長楽寺から大黒天の妙安寺まで、5.6km、総所要時間は約2時間だった。七夕まつり会場の平塚宿江戸見附まで走って、出張ラン終了。足裏が攣ってヤバイwobbly 水分補給1.5L、観蓮ランからの総走行距離は20.1km、お疲れ様でした~。

2017年7月11日 (火)

湘南ひらつか七福神めぐり(1)

7月8日のこと。鵠沼で観蓮から、湘南海岸を走って須賀港(平塚漁港)にいったんゴール。湘南出張ラン最後のお楽しみは、湘南ひらつか七福神めぐりランである。夏の七福神めぐりに平塚ほどピッタリな場所はない。毎月7日に七福神めぐりツアーが行われているくらいだし(公式サイト>>)、平塚といえば七夕だ。今年の7月7日は平日だったので、翌8日に実走となった。熱いぞ、平塚sweat01

格安自販機に救われた熱中症目前ランナーは、最初の寿老尊・真言宗海詠山長楽寺(1)にたどり着いた。本堂に参った後、オミナエシが咲く寿老尊像へ。事務所で御朱印色紙(色紙+御朱印@800)を頂いたら、像の後ろのお堂に本体?が祀られているとのこと。さっそく扉を開けて、改めてお参りconfident 境内には県指定有形文化財の庚申塔もあって、青面金剛の両脇に二猿。三猿じゃないのは珍しい。

01tyorakuji 01juroson01

01juroson02 01koshinto

恵比寿神の平塚三嶋神社(2)は祭礼の準備中。湘南のえびす様は拝殿の前にも鎮座。社務所の横には福笹を持ったえびす様もいる。御朱印を頂いている間に記帳を勧められたのだが、自分の前は6月だった。あれ?流行っていない?やっぱ、夏に巡るのは邪道なのって思ったcoldsweats01 福笹えびす様の横にはキキョウが咲いていた。ひらつか七福神は秋の七草めぐりもできるようになっているのだ。

02mishima 02ebisu01

02ebisu02 03zensyoji

三嶋神社西門の真ん前に福禄寿の日蓮宗梵行山善性寺(3)。別名湯呑寺と呼ばれるだけに、本堂の福禄寿像は陶器製のようだった。

03hukurokuju02 03hukurokuju01

次は少し離れている。国道1号線に入り、「ちょんまげ最中」が魅惑的な弘栄堂さん隣、布袋尊の真言宗馬入山蓮光寺(4)。山門は高野山総本山金剛峯寺東京別院から拝領・移築した立派で渋いものだが、本堂前には巨大なサボテンがボーボー(花も咲いていた)。何、このギャップcoldsweats01 布袋尊像の右隣には「持ち上げ地蔵」という丸っこいお地蔵様がいて、軽く感じたら願いが叶うとか。

04renkoji 04hotei01 04hotei02

国道1号線を西へ1.3kmrun 弁財天の平塚八幡宮(5)は鳥居が七夕バージョン。夏越祓の茅の輪が設置されていたので八の字(左2回、右1回)に回ってお参り。平塚弁財天社は西御池に鎮座している。七夕まつり期間中だからか、境内に屋台があって、焼き鳥売ってたのビミョーな感じだった。境内にアヒルやらカモやらの美味しそうな鳥さんたちがたくさん住んでいるから...

05hatimangu 05chinowa

05benzaiten01 05benzaiten02

さて、熱中症目前ランナーは最初の長楽寺で十分休憩を取ったので復活していたが、まだぞろフラフラしてきたsweat01 春日神社への最長区間をヘロヘロ走るのであった。続くpaper

2017年1月 9日 (月)

川崎七福神めぐりラン ルート編

1月7日のこと。川崎七福神めぐりランのルート編。マップは42.195km.netさんで作成、青ポチは5kmのマーク、一番下↓ 中山から武蔵新城駅東の安養寺まで13.2km/1:14'22"78NET、七福神めぐり9.3km/51'18"39NET、日吉駅西口まで1.2km/約7分、なんだかんだの総所要時間は約4時間run

7日は晴れの一日。中山の都橋(1)と川和の富士見が丘西(3)では富士山が見えた。(2)は川和駅前の桜と菜の花の見所。菜の花が青く、春の準備中。

01miyako_b 02kawawa 03fujimi

センター南を通過して早渕川を下流へ、勝田橋で中原街道に合流。去年の中原街道ランで見逃した道中坂(4)の標柱を見ようとしたら(見た)、(4)鎌田堂という地蔵堂があって、「酉年地蔵尊 第21番」と表示されていた。なんと、酉年御開帳chick 三浦不動より都筑・橘樹地蔵尊の方が身近でコンパクトだぞ。武相不動尊もあるし、悩ましい4・5月。

04dotyusaka 04kamatado

立ち寄りたい場所はたくさんあったが、今後のお楽しみに取っておくことにして七福神目指して走るrun 千年交差点を過ぎて(6)巌川橋で左折、江川せせらぎ遊歩道沿いに武蔵新城駅に向かう。(7)福禄寿・真言宗天輪山安養寺に到着。葬儀中ですthink 七福神巡りの詳細は前の記事へ。

06iwakawa_b 07anyoji

(8)弁財天・真言宗大谷山宝蔵寺 (9)毘沙門天・真言宗大栄山東樹院多聞寺 住宅街を抜けて等々力緑地(10)の遊歩道を楽しみ、小杉神社(11)前を通過。川崎市内って、地名ズバリな神社がいくつもあって興味深い。安養寺から約3km、(12)大黒天・真言宗龍宿山西明寺 長い参道を中原街道に向かい、史跡案内板「小杉御殿とカギの道」(12)を読んだら、「さいめいじ」じゃなくて、「さいみょうじ」だったかぁ。

08hozoji 09tojuin 10todoroki 11kosugijinja 12saimeiji 12kosugigoten

丸子の渡しから続く旧道っぽい道を行くrun 新幹線が境内から見える(13)恵比寿神・真言宗日吉山大楽院神宮寺 (14)丸子山王日枝神社では「びしゃ祭」が行われていた。五穀豊穣を祈念する歩射祭のことで、大きな的が道路から見えた。安養寺から約6.5km、(15)寿老神・真言宗瑠璃光山長寿院無量寺では長い縁台が設えてあったので、カイロを脚から剥すなど軽装化。湘南七福神では低温火傷の愚を犯したが、今回は無事good 平間駅を過ぎて(かなり行き過ぎて遠回りsweat02)横須賀線の御幸跨線橋(16)を渡る。

13dairakuin 14hiejinja 15muryoji 16kosen_b

昨年春に桜めぐりをした住吉ざくらの渋川(17)を渡って、到着。(18)布袋尊・真言宗木月山遍照院大楽寺 これにて結願。大楽寺は酉年地蔵尊の札所だった。酉年御開帳めぐりかぁ、春までに考えよう。

17shibu_r 18dairakuji

帰りは元住吉駅か日吉駅か。元住吉駅の方が近いし日吉駅は丘の上だし、通勤定期があるし、メリットが弱いにもかかわらず日吉駅に向かうrun 西口の(19)サンロードゲートがゴールにしか見えず、駅はまだ先だったけどゴールdash お疲れ様でした~。これでレポ終了paper

19hiyoshi Map

2017年1月 8日 (日)

川崎七福神めぐりラン(2)

1月7日のこと。川崎七福神めぐりラン後半は、5ヶ寺目の恵比寿神・大楽院から。

西明寺の参道は中原街道に続く。綱島街道を横切り、綱島街道と多摩川の間の旧道っぽく緩やかに蛇行する道を走る。西明寺から約1.5km、東海道新幹線が脇を通る大楽院に到着run 東横線新丸子駅からだと東口を出て真っ~直ぐ行くと、行き当たる。恵比寿神・真言宗日吉山大楽院神宮寺。福々しくて良いお顔の恵比寿神は山門入って右のお堂に祀られている。新幹線、通過bullettrain このお寺だけ、人手不足で御朱印セルフ。御朱印代入れ(お菓子の缶)が剥き出しで物騒sweat01

05ebisu01 05ebisu02 05ebisu03

同じ道沿いに、寿老神・真言宗瑠璃光山長寿院無量寺。賢者の風格、寿老神様。寺務所に御朱印行列10人以上。御朱印貰ってからお参りとか本堂スルーとかダメだから!と、行列が長くなると心中穏やかでないsweat02 イカンイカン、「気は長く心は丸く腹立てず」だよ。

06jurojin01 06jurojin02

最後の大楽寺までが最長区間、約3.5km。横須賀線を越える御幸跨線橋がルート上唯一の難所だった。住吉さくらの渋川と新幹線の高架を過ぎて、布袋尊・真言宗木月山遍照院大楽寺に到着run 新幹線と県道が交差する場所なのに、三重塔まであって別世界。

07hotei01 07hotei02 07hotei03

Gosyuin_2 本堂前で巨大布袋様が出迎えてくれるが、布袋尊像は本堂内に安置されている。若干、ビリケンさんか珍遊記風の布袋様だったcoldsweats01 堂内には他にもたくさんの布袋様がいらした。

唯一、本堂内で御朱印を頂く。日付も。完成した御朱印色紙がコレ→ 色紙に溢れんばかりの御朱印って良いなぁhappy01

安養寺から大楽寺まで、想定では8.6kmだったが、2度ウッカリ遠回りして、9.3km/51'18"39NETrun 所要時間は約2時間。ルートマップのラインは想定ルート(8.6km)。

大楽寺の最寄駅は元住吉駅だが、日吉駅に向かって走った、1.2km。いつも綱島街道側(駅東口)なので、初めて西口にゴールした。中山からの総所要時間は約4時間だった。お疲れ様でしたpaper

次回は中山からのルート編。

2017年1月 7日 (土)

川崎七福神めぐりラン(1)

今年2つ目の七福神めぐりランは、川崎七福神。川崎市中原区内の真言宗寺院7ヶ寺で、元旦から7日までの御開帳。中山からだと、綱島街道で布袋尊・大楽寺に行くか、中原街道で福禄寿・安養寺に行くか。走って行く前提だよcoldsweats01 ルート編は後日UP。

で、中原街道ルートでrun 南武線武蔵新城駅から近い、福禄寿・真言宗天輪山安養寺に到着。葬儀中だったので遠慮がちに入る(葬儀は門前の葬祭殿)。こちらの本殿はコンクリ造で、福禄寿様も何ていうか、現代的?モダン?参拝を済ませたら寺務所で御朱印色紙@300+御朱印@200(各寺)。押印してもらう方式。

01hukurokuju01 01hukurokuju02

最寄りの弁財天・真言宗大谷山宝蔵寺へ。こちらでも山門前に神像が安置されてるが、本堂左の弁天堂に木造の弁財天様が祀られていて、七福神の宝船もあった。参拝客が増えた。しかもママチャリ多数。どうやら地元の方が多いらしい。

02benzaiten01 02benzaiten02

02benzaiten03 02benzaiten04

宝蔵寺の前でイキナリ方角を見失って数百m遠回りdown ママチャリに追いつかれて毘沙門天・真言宗大栄山東樹院多聞寺に入る。山門入って左に毘沙門堂がある。長禄年間(室町時代)に、この地にあった毘沙門社を豪族が発見し、毘沙門堂を再建したとか。由緒ある毘沙門天像である。

03bisyamon01 03bisyamon02 03bisyamon03 03bisyamon04

等々力緑地をかすめて、徳川家小杉御殿跡隣の大黒天・真言宗龍宿山西明寺へ。安養寺から約3km(遠回り込)run ニッコリ笑っている大黒天様が本堂で待っている。参道が長く、境内は広い。良いお寺だhappy01 参道が長いと無条件で良いと思ってしまう。

04daikoku02

04daikoku03 04daikoku01

西明寺参道の入口は徳川家小杉御殿の表御門があった場所。中原街道は史跡が多くて見どころタップリなのだが、今日は七福神めぐりなので、中原街道については去年の記事(2015/08/23)に譲る。次回は5ヶ寺目、恵比寿神の大楽院から。

2017年1月 3日 (火)

湘南七福神めぐりラン(2)

1月2日のこと。2017年走り始め、逗子葉山・湘南七福神めぐりランrun 御朱印色紙などは前回の記事へ。

ルートは、福禄寿・東昌寺→寿老人・光照寺→弁財天・延命寺→大黒天・宗泰寺→布袋尊・長運寺(今年だけ不参加で、布袋尊象は仙光院)→毘沙門天・仙光院→恵比寿・玉蔵院 逗子市内4ヶ寺、葉山町内3ヶ寺、すべて真言宗の寺院である。走行距離は、11.1km/1:02'41"46NETrun 総所要時間は2時間。

京急神武寺駅から歩くこと数分。最初は宝仙福禄寿・真言宗青竜山東昌寺。駅からガードレール上に燈籠が設置されていたのが、東昌寺参道まで続いていた。大晦日から初詣に来たら幻想的だっただろう。福禄寿さまは本堂内の右奥に安置されていて見えなかったが、鰐口と紐で繋がっているので紐を掴んでお参り。寺務所で御朱印色紙@1,000を頂き、ラン、スタートdash

01hukurokuju01 01hukurokuju02

神武寺の南東、JR東逗子駅が近い、福寿延命寿老人・真言宗開宮山光照寺。こちらも紐で繋がっている。御本尊の前にいらしたのでご尊顔を拝することができた。御朱印は各寺@100、寺務所で押印してもらう方式だ。

02jurojin01 02jurojin02

JR逗子駅方向に向かい、田越川の手前、厨子弁財天・真言宗黄雲山「逗子大師」延命寺。入って右側に弁天堂があり、高野山より勧請したそうだ。堂内には弁天様の他16童子が安置されているそうだが、ガラス扉が逆光で弁天様以外はほとんど見えず。ちなみに、酉年に御開帳される三浦不動尊霊場第28番札所。今年だなぁ。どーしようかなーcatface

03benzaiten01 03benzaiten02

田越川沿いに南下、福徳大黒天・真言宗海向山宗泰寺。本堂にどーんと迫力、真っ黒な大黒天様。境内西の斜面には山之神社が鎮座しているのだが、焼け落ちていたdespair 逗子市内の寺院は以上4ヶ寺。次は葉山町に向かうrun

04daikoku01 04daikoku02

桜山隧道を抜けると葉山町。長柄交差点手前で旧道に入る。5ヶ寺目は円満布袋尊・真言宗景政山長運寺なのだが、今年に限り閉鎖されており、布袋尊は近隣の仙光院に安置されている。布袋様は引っ越しているが、本堂にお参りした。

Sakurayama 05hotei

森戸川沿いに、東へ。長柄毘沙門天・真言宗長谷山仙光院。本堂内に長運寺の布袋尊と仙光院の毘沙門天が並んで安置されていた。その指から外の回向柱に紐が伸びている。本堂の左側に、ぽっくり観音・ぼけ除け観音が。当然、お参りしたさcoldsweats01 ここまで約7km/40分NETrun 東昌寺では曇りがちだったが、すっかり青空で暑いくらいだった。ここで、脚に貼ってたカイロを剥いだり(ポケットに入れてたら腿が低温火傷したwobbly)、軽装化した。

06bisyamon01 06bisyamon02

県道311号から国道134号へ、ルート上の最長区間約4kmrun 葉山恵比寿・真言宗守護山玉蔵院。大きなイチョウ、大きな本堂。回向柱の先は本堂内の恵比寿様へ。シューズを脱いで、中に入ってお参りした。寺務所で最後の御朱印を頂き、日付を入れてもらう。飴玉も頂きましたhappy01 これにて結願。

07ebisu01 07ebisu02

9時頃スタートし、玉蔵院で11時前。想定よりも30分早かった。休み休みの11.1kmでは満足できないので、まだ走る気満々rock 西海岸沿いに逗子駅までか、鎌倉駅までか。とりあえず、再スタートdash 次回、後半戦。

2017年1月 2日 (月)

湘南七福神めぐりラン(1)

2017年の走り始めは、恒例の七福神めぐり。今年は逗子・葉山の湘南七福神めぐりランrun ルートは、福禄寿・東昌寺→寿老人・光照寺→弁財天・延命寺→大黒天・宗泰寺→布袋尊・長運寺(今年だけ不参加で、布袋尊象は仙光院におわします)→毘沙門天・仙光院→恵比寿・玉蔵院 11.1kmrun 最初のお寺で御朱印色紙を購入@1,000(御朱印込)、各寺@100×6ヶ寺=1,600円也。寺務所で押印してもらう形式なので、押印センスが無い自分のような人には助かるシステムcoldsweats01 笹と土鈴の授与もある。

まずは、これまた恒例の見せびらかしの巻。御朱印色紙と宗泰寺の護符?長生きしたくはないが、この言葉のようにいたいと常々思っている。

Syonan7_01 Sotaiji

東昌寺さんでマップをいただいた。右下は玉蔵院で撮った宝船風チラシ。お開扉は10日までですよ。

Syonan7_02 Map

見せびらかしは以上。次回、巡拝の巻。

おまけ。明日1月3日は火星と月が大接近するのだそうだ。今宵の火星と月も、十分近いhappy01

Moon

2016年8月 2日 (火)

大蔵寺の七福神

7月31日の夕ランのこと。何となく、久しぶりに曹洞宗廣福山大蔵寺に立ち寄った。境内社の稲荷神社の鳥居は朱色も鮮やかになっていたし、稲荷神社のお隣に以前は無かった七福神がある!

Daizoji Daizoji_inari

願いの道・七福神めぐり。まず一言地蔵尊にお参り、左から七福神をめぐる。恵比寿、大黒天、毘沙門天、弁財天、布袋尊、寿老人、福禄寿。猫cat 布袋尊の後ろにも猫cat

7hukujin00 00hitokotojizo 01ebizu 02daikokuten 03bisyamonten 04benzaiten 05hoteison 06jurojin 08hukurokuju Cat

最後に一言地蔵尊にお参りして、ひとつだけお願いをする。巡っている間に5ヶ所、蚊に刺されたので、悪化しませんようにとお願いしたcoldsweats01 罰当たり。

2016年1月19日 (火)

桜本商店街 さくらもと九福神

1月17日のこと。川崎大師駅前から走ること1.5km、さくらもと九福神を探しに桜本商店街(Lロードさくらもと)に到着。なぜこの商店街で七福神ならぬ九福神なのか?歌手の坂本九さんが幼少期に桜本に住んでいたとか、福神設立が1999年だったからとか、らしい。七福神+福招猫+上向小僧の九福神。上向小僧って、坂本九さんに因んでいるね。そして、なぜ“探し”になのかというと、九福神の安置場所がよく分からないのだ。

さて、大師方向から走ってくると商店街のメインゲートが正面に見えた。さあ、探すぞ九福神rock ゲート付近にある「わがまちふれあいマップ」は、こんな風に掠れてて九福神の場所がよく見えないよーんdown

Gate Map_9

って、立ち止まったソコ、ポケットパーク的なスペースに2体発見。左から福禄寿、上向小僧。上向小僧が指さす空の西、メインゲートの上に福招猫cat 朗らかで可愛い福神だねぇ。福禄寿と上向小僧はを連れてるねcat

02hukurokuju03uemuki01manekineko

134679

ポケットパークには九福神たちのご紹介が↑“あらゆる願いを上向きにしてくれるのが九福神さま”ですhappy01

最初の3体はすぐ見つかったが、次は。4.毘沙門天 金棒を持った鬼がピースサインしているみたいsweat02 ベルトのバックルが猫。5.寿老人 猫を逆さまに抱えてる。6.恵比寿 鯛に猫が噛みついてるよsweat01 7.弁財天 猫がいない。もしかして三味線というトンチの効いたヤツ?coldsweats01 この弁財天だけは場所のヒントが必要だ。写真で勘づくだろう、屋上なのだcatface

04bisyamonten05jurojin06ebisuten
07benzaiten_208hotei0108hotei02
09daikokuten9hukujin

Map_2 8.布袋尊 満面の笑みで持ってる団扇が猫形。最後は、9.大黒天 福袋?から猫が出てるよ。大黒天の上には「発見、歓喜、じわ~っと幸せ。さくらもと九福神」のプレート。九福神全員が猫といる。あれ?弁財天も猫持ってたのかな?見当たらなかったぞ。三味線じゃないのか?いや、普通は琵琶だから三味線で猫を表現してみたんだよね、きっと。

日曜のため閑散としていたが、街角には本物の猫がチラチラと姿を現す桜本商店街。福招きの猫たちと朗らかな九福神を探して発見、じわ~っと幸せだね。これで九福神めぐり結願。上向くかしらwink マップは九福神探しの動線。探しに行ってみようという方の参考に、なるかなcoldsweats01

帰りはジョグで川崎駅前の小土呂橋まで。途中、追分交差点の和菓子屋さん多摩川で追分まんじゅうを購入。持ちごたえのある追分まんじゅう片手に走るrun 川崎大師駅前から3.8km/23’55”84run お疲れ様でした。川崎駅から電車で帰宅train

Oiwake01

久々のお土産コーナーhappy01 追分まんじゅう@120(税込・箱代別途)。こぶし大の大きな饅頭はモッチリふわふわ。粒あんタップリ。きな粉は箱詰めの直前に振りかけてくれる。湿気ちゃうからね。あったかいし、美味し~いhappy01 しかし、胃痛持ちに2個は無謀だった。もう少し甘さを抑えてくれると2個目も美味しく食べられたのだが。もう少し砂糖を少なくしてくれぇ、と切に願うくらい、また食べたい残念さであったgood

Oiwake02 Oiwake03

2016年1月17日 (日)

一カ所七福神 川崎・医王寺

今日は変わり七福神めぐりへ、川崎にランrun 川崎大師の近くにある桜本商店街には、九福神があるという情報を得た。そしたら、やはり川崎大師の近くに1カ所七福神があった。川崎大師が呼んでいるな、これはwink 川崎大師までは約20km。良い距離だよなぁ。何度も参拝しているが、まずは1カ所七福神の巻

中山から走ること19km、川崎競馬場の隣、天台宗薬王山医王寺に到着。山門の右手に池があり、池を囲むように七福神の銅像が安置されており、池端の小高いデッキから見渡すことが出来る。

01ioji 01ioji02

池を反時計回りに、1.布袋和尚 2.寿老人 3.福禄寿 4.弁才天 5.毘沙門天 6.大黒天 7.恵比寿 弁才天までは5尺くらいありそうな大きな立像だった。

02hoteiosyo03jurojin04hukurokuju
05benzaiten06bisyamonten07daikokuten08ebisu

大きな赤い蟹の置物?も池の周りにあったのだが、境内の挿絵付き冊子風案内板によると、“むか~し昔、火事から鐘撞堂を守って焼け死んだ何百もの蟹たちがいたそうな。それ以来、池の蟹たちの背中は炎を浴びたように赤くなったそうな”(意訳したcoldsweats01) という具合に、他にも挿絵付き冊子風案内板があった。本堂の左手のお堂は塩解地蔵尊。できものに苦しんだ子どもたちの身代わりに、塩を擦り付けられて痩せ細ったお地蔵さまが祀られている。堂内のお地蔵さまには塩が袋で供えられていて、確かに痩せ細っていた。すごい痩せ方だったよぅdespair 自分もオトナなのにアトピーだから、お参りしたよ。

09shio01 09shio02

七福神以外にも見所のある寺院であった。次は川崎大師に向かうdash

より以前の記事一覧