2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

旅行・地域

2018年8月27日 (月)

函館夏旅 恵山散策

函館夏旅最終日。今も噴気を上げる霊場・恵山car 市街地から海沿いの道を1時間ちょっとcar 斜度14%もある急坂(恵山登山道路)を上って火口原駐車場に到着(標高約300m)。駐車場の手前で鹿の親子に遭遇したが、カメラ間に合わず。

駐車場からもう賽の河原と恵山山頂を望める。硫黄臭がすごい。恵山の標高は618m。駐車場から山頂まで2.9km/60分。ゴロゴロ岩場を2kmほど登るコースだし、装備も時間も無いので止めておいた。

02esan

01esan

勾配の少ない岬展望コースを選択。恵山岬を見下ろす展望台へ、片道1.5km。高山植物が咲いている散策コースだ。ヤマハハコ、オノエイタドリ。撮りそこなったが、シラタマノキの白い実、ガンコウランの黒い実、コケモモの赤い実が見られた。

Yamahahako Onoeitadori

Hotutuji 薄桃色のホツツジ→ 大沼国定公園で見たホツツジは白かった。

この旅で非常に気なったのが、鼓膜に響く虫の鳴声だった。横浜辺りでは聞いたことが無い大音量。ぜったいセミだと思ったのだが、姿を見ることができなかった。恵山でも盛大に聞こえてくる ギィーーーーという声。相棒さんと探した!低木しかないし、今度こそ見つけて見せる!見っ~け!やっぱりセミだhappy01 本体は親指ほどしかないのに、すごい音量だ。しかも、手掴みできてビックリ。山のセミは警戒心が薄いなsweat02 帰宅後に調べたら、コエゾゼミであった。このセミを捕まえられただけで、相棒さんは恵山に来た甲斐があったと大満足であった。良かったっすねcoldsweats01

ヘンな大人に捕まったコエゾゼミさんは、いつまでも付き合ってられないと飛んでいきました。そんな感じで散策を楽しんでいると、背後の山間から雲が上がってくる。この日の天気予報は午後から雨だったので、展望台に急いだfoot

Co_ezo01 Co_ezo02

恵山岬展望台。恵山岬は太平洋と津軽海峡(日本海)の境だ。残念ながら濃い海霧の中だった。太平洋も津軽海峡も雲海の下。ここから有珠山や室蘭が見えるそうだが、雲っすね。

03misaki01

03misaki02

展望台から振り返ると、こんな。

03misaki03

戻る途中で権現堂(恵山山頂)コースに合流。山頂手前の峰がゴジラの背中みたい。荒々しい岩肌が迫力(落石注意)。

04esan 05esan

展望台・権現堂分岐に戻ってきた。

06esan

1時間ほどの散策だった。恵山登山道路を下る途中car 海峡展望台に立ち寄り。下北半島・津軽半島を見渡せる、晴れたらねcloud 薄っすら見えてはいるんだけど。2枚目は恵山山頂方向。

07kaikyo01

07kaikyo02

観光地としてはマイナーなのか、他に2組しか会わなかった。ここまでの海岸線で柱状節理を見かけたし、恵山周辺は面白いと思う。最終日の時間が無い中だったのが残念だ。毎年こうして残念のカケラを量産する夏旅。回収する日は来るのだろうかと思うと、侘しくなるなー。以上で夏旅レポ終了paper

2018年8月24日 (金)

大沼国定公園散策

函館2泊3日の夏旅、2日目。ちょっと足を延ばして大沼国定公園car

行きは七飯町城岱牧場展望台経由。函館山からの夜景が定番だが、ここからの夜景も素晴らしい、らしい。確かに、良い眺めhappy01

01shirotai

大沼国定公園で散策foot 函館本線を境に東が大沼、西が小沼。国定公園は、じゅんさい沼と北海道駒ヶ岳を含むエリア。大沼・小沼湖畔には4つの散策路があって、島巡りの路と、隣接する森の小径を歩いた。1時間ちょっと、3kmくらいかな。湖面越しの北海道駒ヶ岳。標高1,131m(剣ヶ峰)。元は富士山のような円錐形だったそうだが、寛永の大噴火によってこのような特異な山容になったそう。火山活動によって大小126もの島々が形成され、今はこうして島巡りの散策が楽しめる。

Onuma01 Onuma02

レストランの近くに架かる湖月橋↑ ルート上(森の小径)、木橋は石楠花橋だけ↓

Onuma03 Onuma04

見かけた植物たち。ホツツジツルリンドウ。夏旅で目についたのは、とにかくデカイ植物。オオイタドリ(2m以上ありそう)、エゾニュウ(巨大シシウドみたいな)、アキタブキ(コロポックルがいそうな大きさ)。

Hotutuji Tururindo

Kitonbo_2 トンボもいろいろ。かろうじて撮影できたのが、これ。キトンボかな?

この日は快晴で、日なたは暑かった。散策後は遊覧船で涼もうship

遊覧船からの北海道駒ヶ岳。ガイドさんによれば、こんなに綺麗に見えるのは珍しいとか。でも、年に半分ほどだって言っていたので、半分なら珍しくないのでは?

湖面が凪いでいたら、逆さ駒ヶ岳が見られそう。岸方向は湖面に青空と雲が映って、爽やか~happy01

Onuma05

Onuma06 Onuma07

レンタサイクルで大沼一周するか迷ったが車で一周し、小沼とじゅんさい沼の間にある日暮山展望台へ。展望スポットということだが、未舗装路だったとはsweat01 擦れ違いができない道幅なので、対向車が来ないことを祈りながらの前進car 駐車場から更に5分ほど登った山頂(標高303m)から駒ヶ岳・小沼・大沼を一望good 美しい地形だ。はるか先に、もしかして太平洋が見えてる?

Higurashi01

Higurashi02 Higurashi03

Nanae 湖畔で遅いランチをして、国道5号線で函館市街地へ戻った。途中、七飯町の道の駅、なないろ・ななえでソフトクリーム休憩。行く先々でソフトクリームを食べる二人組だwink 大沼湖畔には山川牧場のソフトクリームという魅惑的な商品があったのだが、相棒さんが納得しなかった。拘りポイントが不明でメンドーなのだsweat02

ガラナソフトというご当地飲料を使ったソフトクリームもあったが、やはりそこは牛乳taurusじゃないと。ななえの牛乳ソフトと林檎ソフト(各350円)。七飯町は日本で初めて西洋リンゴを栽培した地なんだって。林檎ソフトの林檎感、濃い!牛乳ソフトもなかなか(八王子のと似た感じかなぁ。記憶曖昧)。

ソフトクリーム・レポに一番チカラが入っている...夏旅3日目も山。鋭意写真整理中rock

2018年8月22日 (水)

函館デザインマンホールと夜景など

今年の夏旅は函館2泊3日。2日目の夕方、赤レンガ倉庫街スタート・ゴールでデザインマンホール探しラン、6.6km/37’07”NETrun ふと思った、横浜市民が函館ベイエリアに来るのは、どうなの?って。ベイエリアに赤レンガ倉庫、元町、異国風な建物、坂道、オサレなカフェ...似てる。

街角に立つ黄色い消火栓も味があった。あれも撮っておけばよかったなー。で、函館のデザインマンホールたち。

函館土木現業所の北海道庁旧本庁舎マンホール。北海道庁旧本庁舎って、札幌の。このデザインは北海道の土木現業所共通らしい。

Manhole01_3 Map

汚水管の五稜郭形に旧函館区公会堂マンホール。カラーバージョンもあった。

Manhole02 Manhole03

雨水管のイカマンホールと汚水管のカラーイカマンホール。函館と言えば、イカ。毎日1食はイカを食べていたhappy01

Manhole05 Manhole04

十字街の南角に立つ水道局が入居したビル、アクロス十字街入口にはカラーマンホール全種類4つが展示されているそうだ。そこで信号待ちしていたのに、全然気づかなかったよーんcoldsweats01 市電の通りから1本海側の通りに、日本最古のコンクリート電柱が1本立っている(近くにもう1本あるが平成に造られたもの。なのに、既にクラック入ってたsweat02)。たびたび大火にみまわれた函館故のコンクリ電柱、現場打ちなんだって、すごいgood

Shiden02_2 Dencyu

その夜のお出かけで、函館山からの夜景shine と、溢れんばかりの人人人sweat02 函館湾と日本海に挟まれた一番狭いところは1kmほど。走って横断しておけば良かったなぁ。走りやすい街なのでラン・メインで訪れたいが、そんな贅沢できな~いdespair

Hakodate_m_2

Soko

最後の1枚は、七財橋から見た夜の赤レンガ倉庫街と函館山山頂。山頂周辺は夜景を美しくするために、街灯などが一切無い(山の裏側にはあるのだ。徹底している)。

旅写真、ぼちぼち整理中。随時UP予定です。

2018年4月 9日 (月)

山中湖からの富士山など

4月8日のこと。忍野八海で富士山と湧水と桜を愛でた後、山中湖car

長池親水公園からの富士山ビューfuji 撮ってたら、白鳥が一羽浮かんでた。富士山と白鳥を一緒に撮ろうとコンデジを構えるも、意外と早く移動する白鳥dash 先回りするため走る、撮る。これが限界coldsweats01

Yamanaka01

Yamanaka02

往路で目を付けてた道の駅すばしりに立ち寄り。足湯のある2階テラスから富士山fuji 陽が当たって暖かいので、ここでソフトクリームを食べよう!富士山麓の牛乳ソフト@350、信玄餅ソフト@500。牛乳ソフトは山頂が食べられている状態ですbleah 牛乳が濃い、さっぱりした甘さ。美味いgood 牧場系かどうか分からないので牧場系アイスクリーム屋さんマップには載せないでおこう。

Subashiri01

Subashiri02

道の駅向かい、東口本宮・冨士浅間神社に参拝。南側社叢には水路があり、境内入口横で滝になっていた(信しげの滝)。大鳥居の横では大山桜(エゾヤマザクラ)が見頃。富士山と言えばこのタイプ、富士塚に狛犬。しかも、獅子の子落とししてた。随身門をくぐって拝殿へ。

E_sengen01 E_sengen02 E_sengen_koma

E_sengen03 E_sengen_s

拝殿南側の鳥居から出ると、富士山fuji このレンガ敷きの歩道の東側に鎌倉往還の説明板があった。社叢を通っている。走りたくなるぅhappy02 山中湖を走っている人もいたなー、良いなー、羨ましいなー。

E_sengen_fuji

サクサク帰らないと、東名が渋滞しちゃう。サラバ、富士山paper 以上で、珍しく車でお出かけの巻でした。

2018年4月 8日 (日)

忍野八海で富士山と桜

忍野八海に行ったことが無い」と呟いたら、急きょ行くことになった。相棒さんのヤル気と自分の希望がマッチした春の奇跡coldsweats01 朝から自動車でGOcar

駐車場に一番近かった八番霊場菖蒲池から散策開始foot おお~、ホントにバッチリ見えるんだね富士山fuji 雲かかっているけど。

08syobu

七番霊場鏡池。水面が波打っていたので逆さ富士もぼやけていた。御殿場あたりでは満開過ぎだったは、忍野八海周辺では咲き始めから見頃まで様々だったcherryblossom 池の周りに茅葺の水車小屋やお土産物屋があって、最も賑わっている。真ん中にある中池からは水が湧きだし、ニジマスやらが泳いでいた。ここは私有地なんだって。

07kagami00

07kagami01

07nakaike 07kagami02

賑わっている通り沿いに、五番霊場湧池六番霊場濁池がある。濁池からの流れは阿原川で、下流で新名庄川に合流する。見頃には少し早い桜並木が続く。

05waki

06nigori

二番霊場お釜池と四番霊場銚子池はこじんまりしている。お釜池は一番小さい池。真ん中が深く、青い。新名庄川に続く流れには緑のバイカモが揺れていた(撮り忘れた)。銚子池では砂地から湧き出す様子が見えた。

02okama 04tyoshi

三番底抜池は榛の木林資料館の敷地内(有料)なので、スルーしたcatface 一番霊場出口池は、一番近いお釜池からでも徒歩約15分。出口池もスルーsweat02

富士山を背に新名庄川(しんなしょう)を遡りつつ、桜並木を楽しむ。水仙も見頃だったhappy01

Map Shinnasyo_r01

河原の散策路から見た八海一号橋と橋の袂の桜。浅間神社付近まで約200本の桜が両岸に植えられている。

Shinnasyo_r02 Shinnasyo_r03

桜と水仙と大門橋。大門橋から見た富士山。雲、とれないね。

Shinnasyo_r04 Shinnasyo_r05

浅間神社裏に架かるお宮橋から富士山。この辺りの桜は咲き始めたばかり。全体の見頃は今度の週末かなぁ。

Shinnasyo_r06 Sengen

忍草浅間神社にお参りしてから駐車場に戻った。1時間半ほどの散策。桜には早かったが、奇跡のお出かけだったのでそこまでは望むまいcoldsweats01 「早く行って早く帰る」という相棒さんの提案通り、山中湖に立ち寄ってすぐ帰る。次回、山中湖の巻。

2017年9月20日 (水)

巾着田曼珠沙華まつりにラン

9月18日のこと。巾着田曼珠沙華まつりにラン!ルート編。八王子あたりが走り場になってくると、埼玉県近いな、と思うようになった。もう何だかわからないが、行けるとこは走り廻っちゃえ!というアホなアラフィフcoldsweats01 立川スタートの予定だったが、台風一過、猛暑日sunになりそうだったので、大事を取って拝島駅北口スタートにした。

大山道八王子通り(日光街道)は拝島駅を南北に横切っている。しかし、大山道で巾着田に向かうのは東に行き過ぎなので、大山道は少しだけで、まあまあ直線的なルート取りで向かった。ポイント写真はマップに載せて省略。大山道探索のため瑞穂町の大橋・狭山池と回り道をしている。また、国道299号線のバイパスがGoogleマップに反映されていないので、ルート線がアバウト。22.1km/2:06’07”NETrun

道中の写真は少ない。大山道八王子通り(日光街道)の面影は見当たらなかったが、痕跡が。拝島駅前の日光橋、創業明治五年「漢方の會田」さんの建物が建つ旧日光街道の交差点、残堀川の大橋(関東大震災で倒壊するまで常夜燈が建っていたそう)くらい。

01niko_b Nikokaido

05oohashi Jakkui

残堀川源流狭山池には蛇喰次右衛門↑の伝説が残されている。真新しい石像で、なかなかのインパクト。水浴びしていた次右衛門さんに襲い掛かった小さな蛇!絡みつく蛇に噛みつく次右衛門!途端に大蛇となり傷口から流血すること七日七夜。大蛇は退治されたが血とともに池の水が流れ出し、その流れがさながら大蛇のようであった→蛇堀川。後に残堀川と呼ばれるようになりましたとさ(石板の意訳)。狭山池でスタートから7km。

国道16号を渡って瑞穂町保存樹林を抜けた。1km以上続く林道で、水たまりにハマって悲しくなりつつも進んだrun 樹林地を抜けると、そこは埼玉県入間市(スタートから10km付近)。いつくかの丘を越え、川を渡り、暑さにだんだんバテてくるwobbly 入間川に向かって緩やかに下る15km付近は眺望も良く(秩父山系?)気持ちが良かったが、飯能市はダラダラ上り。埼玉県、自販機少ない!と切実に思った。ハイキングコースがある天覧山の東を上って下ると国道299号線に合流する(19km付近)。飯能市の観光案内所が100均の隣にあったのでベンチで休憩。国道をヒーヒー上って、真新しい切通道路を一気の下り。あれ?瀧不動尊が無い?どゆこと?台交差点に着いてしまった。バテた頭に??が並ぶが、高麗川を渡って巾着田にゴールdash 帰宅後に調べたら、7月に開通したばかりの国道299号線バイパスを走っていたので、瀧不動尊を通らなかったのだった。

曼殊沙華公園については前回の記事へ。中ほどに架かるドレミファ橋は一部水没。橋は高麗峠につながっていて、国道299号線中山西交差点からハイキングコースがあるのだ。峠を越えてきた人は驚くだろうなぁ、水没でsweat02 例によって食欲は無かったが祭会場でジェラートの出店を見つけた。加藤牧場のジェラート(ミルク)@300taurus 写真は食べかけではなく、最初から溶け気味だったジェラートと行列coldsweats01 牧場系アイスクリーム屋さんマップ更新>>

Doremihula_b Katobokujo

Manjusyage

これにて巾着田曼珠沙華まつりにラン・レポ終了。

2017年9月18日 (月)

巾着田曼珠沙華まつり2017

2年ぶりに500万本の曼殊沙華(ヒガンバナ)が咲く、巾着田の曼殊沙華公園に行った。走って。拝島スタートで22.1kmrun  ランの巻は後日UP。台風一過の猛暑日となった今日sun 巾着田曼珠沙華まつりは盛況で、花も見頃happy01 高麗川の上流がほぼ満開。下流に行くほど蕾状態が多くなるが、台風のせいか、倒れた花も見受けられた。

Manjusyage01

Manjusyage02 Aiai

あいあい橋の袂でターン↑ この辺りは蕾が多い。あいあい橋から上流方向↓

Manjusyage03

Manjusyage04 Manjusyage05

Shiro わずかだがシロバナマンジュシャゲも咲いていて、そこは人だかり。TVのクルーもいたような?人力車があったなぁ。

巾着田の真ん中ではコスモスが咲き始めていた。コスモスまつりもやるらしい。春には菜の花、桜が咲いて四季を彩る。

上流の入口から入場して(期間限定@300)あいあい橋でターンして戻って、中ほどの祭会場でジェラートを食べ、約2.5km/1時間。もうシューズの紐を緩めても、足パンパンwobbly

Manjusyage

八高線は30分に1本train 時間があるから高麗神社などを巡ろうかと思っていたが、足パンパンで気持ちが萎えた。高麗川駅行きのバスは1時間に1本だ。時間あり過ぎ。西武の高麗駅が近いことを思い出し、人の波に乗り高麗駅へ。東飯能駅で八高線に乗り換え中山帰着。スムーズgood

2017年9月17日 (日)

夏旅2017(7)熊本城

夏旅レポ最終回、熊本城の巻。震災によって石垣の約1割が崩落、約3割が修復する必要があり、国指定重文13棟・再建復元建造物20棟すべてが被災したそうだ。城内は立入禁止、周囲は歩けるようになっているので、二の丸駐車場に車を止めて時計回りに一周散歩foot なんだかんだで2時間ほどかかった。

01inui 01inui01

01inui02 02uto

もっとも城に近づけるのは加藤神社鳥居前のココ↑ 宇土櫓と奥の足場が天守閣。加藤神社境内から見た天守閣加藤神社の巻)↓ 参拝後は、けっこうな急坂、棒庵坂を下って城の東側へ。加藤神社までは多くの人がいたが、rain雨が降ってきたこともあり、以降は観光客っぽい人は少なかった。市役所の前で市電に会う。

03honmaru Train

市役所14階の展望所が熊本城ビュースポットということで、お邪魔した。天守閣と本丸御殿が見える。写真左端に切れているが、緑の囲い(足場)がかかってるのは飯田丸五階櫓。

04kumamoto_c

04kumamoto_c02

坪井川沿いの長塀通り↓ この石垣の上には白い漆喰に黒板を張った長塀があったのだが(約242m)、部分崩壊したため解体保存したそうだ。馬具櫓の前、行幸橋袂に加藤清正公像

05nagabei01 05nagabei02 06kiyomasa

観光施設・城彩苑から、高低差のある通路を通って二の丸広場に戻ることができる。その階段を上がったところに未申櫓と空堀。空堀は石垣置き場になっていた。

07hitujizaruyagura

Kintuba ランチに馬刺しと馬丼を食べ、店外に出たら雨が本降りrain 城下町歩きは諦め、早めに空港に向かったcar

震災から1年以上経って、再建に向けた一歩を踏み出した熊本城を見ることをできたのは良かった。シンボルの復活と被災地の復興を祈り、夏旅レポ終了。2泊3日じゃ足りなかったが、勤め人のうちは2泊3日がせいぜい。元気(と、お金yen)があるうちにリタイアして、ゆったり旅をしたいものだ。アラフィフになって、高齢者の旅行熱が分かる気がしてきたcoldsweats01

お土産は香梅庵の三面焼まるきんつば・肥後鍔(日持ち3日)。柔らかく抑えた甘さの、きんつば。美味しく戴きました。

2017年9月13日 (水)

夏旅2017(6)高千穂峡

夏旅、熊本&ちょこっと宮崎2日目は、ちょこっと宮崎。高千穂峡の巻。

高千穂峡でボートに乗りたい、という相棒さんの希望であったが、高千穂峡上流の道の駅高千穂案内所で確認したところ、10時ごろ既に2時間以上待ち(予約不可)。諦めて散策することに。真名井の滝、御橋ビュー(写真左下)と、上流の滝見台ビュー(右下)。ボートで滝の下に行ってみたかったわけだね。

Manai Takatiho01

Takatiho02

阿蘇山から噴出した火砕流が五ヶ瀬川沿いに流出・冷却固結してできた柱状節理

仙人の屏風岩(高さ約70m)。切り立った柱状節理が屏風のよう。

Takatiho_byobu

槍飛橋から見た高千穂三段橋(神橋・高千穂大橋・神都高千穂大橋)。この先は上りだし、遊歩道を引き返すことにした。湿った岩場ではイワタバコが咲いているhappy01

Sandan_b Iwatabako

Dog 高千穂峡は五ヶ瀬川の峡谷で東西約7km、遊歩道は約1km整備されている。思いの外に観光客が多くて何よりだgood

峡谷に近い駐車場は満車だったので、高千穂神社近くに駐車して、徒歩で下りてきた。かなりの下り坂だったので上るのイヤだな~。と、各駐車場と高千穂神社を周るバス(有料)がある!さっそく乗車bus 高千穂神社で下車し、参拝。神社の巻>>

2日目は南阿蘇の湧水群も観に行ったのだが、割愛coldsweats01 最後の写真は、途中で出会った、ツーリング中?の楽し気なワンコたちdog

2017年9月12日 (火)

夏旅2017(5)阿蘇山

帰ってきた夏旅レポ。2泊3日熊本&ちょこっと宮崎の旅。前回までは神社編、今回からは見どころ編。初日、阿蘇山界隈ドライブの巻car

当時は阿蘇大橋と阿蘇長陽大橋が不通で、ミルクロードが渋滞していた。阿蘇外輪山のスカイラインに入ると渋滞解消。大観峰から阿蘇五岳(根子岳・高岳・中岳・烏帽子岳・杵島岳)とカルデラ地形を一望。

Daikanbo01

Daikanbo03

箱根芦ノ湖もカルデラだが、阿蘇とは見た目が随分違う。箱根外輪山は笹が密生し低木林が疎らにある感じだが、阿蘇は草原だ。牧場も多い。人為的に出来上がった植生なのだろうか?遊歩道脇ではノコギリソウ、カワラナデシコ、ツシマママコナなどの花が観られた。素晴らしい崖っぷりを堪能し、途中の牧場レストランで昼食、阿蘇神社に向かって下山した。神社の巻は先月の記事へ>> 豊肥本線の踏切で電車通過待ち。もしかして、貴重だったかも?

Daikanbo02 Hohihonsen

中岳周辺のロープウェイは運休している。通行止めもあって、阿蘇パノラマラインを行くのみ。中岳河口付近、阿蘇山上広場(1)までは行けたが、火山活動活発のため立入禁止。(2)西巌殿寺奥之院と、写真に無いけど右奥に阿蘇山上神社が鎮座している。振り返ると(3)杵島岳。草千里ヶ浜から見た中岳火口(4)、噴煙を上げていた。生きてるねぇ。

01nakadake_2 02saigandenji_2

03kineshima_2 04nakagake_2

道を戻って、阿蘇火山博物館前の駐車場に停め、草千里ヶ浜を散策。噴煙を上げる中岳と、緑の牧草地帯と緑の烏帽子岳は、好対照。烏帽子岳は簡単に登れそうな気がしてしまう近さ。

Kusasenrigahama01

Kusasenrigahama02

阿蘇山周辺は乗馬体験ができる牧場が多いが、ここ草千里ヶ浜でも決められたコースをポックリポックリ歩いてる、お馬さんhorse

Kusasenrigahama03 Nekodake

Kometuka 阿蘇パノラマラインを戻る車窓から↑根子岳。阿蘇五岳の中で、山頂がギザギザの山が根子岳。目立つ。

中岳に向かう時は反対車線だったので、帰りに駐車して見た米塚。お椀を伏せたような形が美しい。山頂が窪んでいるのは火山の証。逆光down

夕方になるにつれ、夏空が戻ってきたsun 初日から2泊3日じゃ足りない、と思った。長期休暇をとれる身分になりたい。

次回はちょこっと宮崎の巻。

より以前の記事一覧