2018年9月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

« 四季の森公園のナンバンギセルと虹のカケラ | トップページ | 大沼国定公園散策 »

2018年8月22日 (水)

函館デザインマンホールと夜景など

今年の夏旅は函館2泊3日。2日目の夕方、赤レンガ倉庫街スタート・ゴールでデザインマンホール探しラン、6.6km/37’07”NETrun ふと思った、横浜市民が函館ベイエリアに来るのは、どうなの?って。ベイエリアに赤レンガ倉庫、元町、異国風な建物、坂道、オサレなカフェ...似てる。

街角に立つ黄色い消火栓も味があった。あれも撮っておけばよかったなー。で、函館のデザインマンホールたち。

函館土木現業所の北海道庁旧本庁舎マンホール。北海道庁旧本庁舎って、札幌の。このデザインは北海道の土木現業所共通らしい。

Manhole01_3 Map

汚水管の五稜郭形に旧函館区公会堂マンホール。カラーバージョンもあった。

Manhole02 Manhole03

雨水管のイカマンホールと汚水管のカラーイカマンホール。函館と言えば、イカ。毎日1食はイカを食べていたhappy01

Manhole05 Manhole04

十字街の南角に立つ水道局が入居したビル、アクロス十字街入口にはカラーマンホール全種類4つが展示されているそうだ。そこで信号待ちしていたのに、全然気づかなかったよーんcoldsweats01 市電の通りから1本海側の通りに、日本最古のコンクリート電柱が1本立っている(近くにもう1本あるが平成に造られたもの。なのに、既にクラック入ってたsweat02)。たびたび大火にみまわれた函館故のコンクリ電柱、現場打ちなんだって、すごいgood

Shiden02_2 Dencyu

その夜のお出かけで、函館山からの夜景shine と、溢れんばかりの人人人sweat02 函館湾と日本海に挟まれた一番狭いところは1kmほど。走って横断しておけば良かったなぁ。走りやすい街なのでラン・メインで訪れたいが、そんな贅沢できな~いdespair

Hakodate_m_2

Soko

最後の1枚は、七財橋から見た夜の赤レンガ倉庫街と函館山山頂。山頂周辺は夜景を美しくするために、街灯などが一切無い(山の裏側にはあるのだ。徹底している)。

旅写真、ぼちぼち整理中。随時UP予定です。

« 四季の森公園のナンバンギセルと虹のカケラ | トップページ | 大沼国定公園散策 »

散歩・ジョギング」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

こんにちは

函館は、横浜と異なり、観光客に見せる街と実際の街が物凄く乖離していますので、住んでみるとガッカリする可能性が高いです。多くの観光客は、観光の「顔」だけを見てそこそこ満足して帰っていきます。
横浜は比較的開放的で変化を続けている街ですが、函館は封建的で古臭いところが強いです。商店など企業の屋号も、北陸と同じ北前船のような近世的(江戸時代的)なところが特徴的で、横浜ではこういう景観は見ないですね。信号無視など交通違反が多いのもびっくりします、この辺りは横浜でなくて川崎と似ています。(津軽の浜っ子の粗暴な気質を受け継いでいます。)
道民全体でもそうですが特に函館(と青森)は喫煙率が非常に高く路上喫煙によく出くわすのも、横浜では少ないことです。

函館の中心市街は(男鹿やモンサンミシェルなどと同じ)陸繋砂州なので平らですから、高低差が少ないという点では走りやすいかもしれません。函館山近辺は反対に急坂なので坂道マニア向けです。
砂州の幅最短の1キロのところは道路名も「1キロ通」です。
気づいたかもしれませんが、路面状態はボコボコで悪いので、走りにくいです。冬に積もるし凍るので路面が傷み、それを部分的に補修するのでツギハギのボコボコになってしまいます。
函館の旧市街(西部地区)は面積が狭いので、まともに走ろうと思うと内陸側に走っていく必要があります。函館でランナーが多いのは、漁火通(大森町〜湯の川温泉)や、五稜郭公園の堀の周囲です。
冬は積雪と凍結で転倒リスクは高まるし、ソールの硬い靴の方が転倒しにくく、走り方も夏と変わりますので、膝(や腰)がいきやすくなります。住むと辛いです。走りに来るなら雪のない時季です。しかし、湿度が高く、風の強い日が多いので、夏でも意外と走りにくかったりします。
坂が多いとはいえ、「丘のヨコハマ」の方が走りやすいと私は思っています。

昔は北洋漁業が盛んだった函館ですが、今はイカと昆布が漁業の大半です。西部地区は寂れて、高齢化と貧困の雰囲気が特に強くなっています(観光地の顔と物凄いギャップです)。駅前のデパート「棒二森屋」ですら来年の1月に閉店します。新幹線開業とともに「北斗星」「カシオペア」「急行はまなす」がなくなって、駅前は寂しくなった気がします。
今の函館は、内陸側(美原や昭和や桔梗)の方が年齢層が若く、ショッピングセンターや家電量販店やホームセンターも内陸が中心ですね。

あきさん、こんにちは。コメントありがとうございます。
五稜郭はランナーが多くて羨ましかったですねー。こちらでは平坦な場所に行くのに手間がかかるので(^^; 函館山の坂全部制覇とか、チャレンジしたくなりました。
そういえば、幹線道路を離れると道路に凸凹が多いと思いました。砂地(陸繋砂州、と言うのですね)にできた街だから、維持管理が大変でしょうね。タクシーの運転手さんから聞きましたが、ホテルの地上の高さ以上に地下深くに基礎を造らなければならないので宿泊代が高くなる、とか。
駅前デパートの閉店垂れ幕を見ました。駅前の一等地なのに、街の実情は厳しいのですね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2032526/74078086

この記事へのトラックバック一覧です: 函館デザインマンホールと夜景など:

« 四季の森公園のナンバンギセルと虹のカケラ | トップページ | 大沼国定公園散策 »