2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

« 鶴岡八幡宮のハス | トップページ | 小山田神社の大賀ハス2018 »

2018年7月16日 (月)

光明寺のハスとルート編

Komyoji 7月14日のこと。鎌倉で観蓮巡りラン、最後の3ヶ所目は材木座の浄土宗大本山光明寺。大船フラワーセンターから7.3km

この季節、総門と山門の間は海水浴場の臨時駐車場と化す。真っ黒に日焼けした老若男女が闊歩する。材木座海岸に向けて開けており、開放感のある良いお寺さん。地域に根差しているなー。

本堂左の記主庭園の蓮池では八重咲のピンクのハスが見られる。恒例の観蓮会は7/21-22。庭園内に立つ大聖閣には阿弥陀三尊像が安置され、観蓮会の当日は扉が開け放たれて尊顔を拝すことができる。近年はハスの状態が良くなったのだが、昨年末に某「池の水を抜く」TV番組で掻い掘りを行った蓮池、元気になったかな?

Komyoji01

Komyoji02

Komyoji03

元気になってる!去年は行けなかったので一昨年の状態2016/07/30>> 花が多いし、立葉が元気。すごいなー。去年生育不良だった鶴見区の馬場花木園も手入れをしたら元気になったそうだし、お手入れ大事ね。

Komyoji04

Komyoji05

Komyoji06

いつもトンボが多い蓮池だけど、今年はいつにも増して多かった。シオカラ、ショウジョウ、コシアキ、ナツアカネ? 本堂と開山堂を結ぶ回廊から眺める記主庭園は、今年も良い眺めであった。日陰は涼しいし 拝観者が増えてきたので退散。巨大な山門は1階が和風、2階が中国風の五間三戸二階二重門。前週の様式を取り入れられたもの。

Komyoji_tonbo Komyoji_sanmon_2

01nameri_r_2 富士山が見えたら光明寺裏の展望台に上ろうと思っていたが、靄ってまったく見えなかったので総門を出た。この日の観蓮巡り、終了。

で、ルート編の始まり

大船フラワーセンターをスタートして、ここまでたった7.3km。後半はただ走るだけだが、大船に戻るか、海岸を藤沢へ向かうか。ひとまず国道に出て滑川の信号で考えよう 海風が心地よい。それに比べて、往路の大船-鶴岡八幡宮間の暑さったら しかも今度は巨福呂坂を上るし歩道狭いし。暑いのイヤ 海岸線を藤沢へ、決定 由比ガ浜は白く、海空は青い。既にハマユウが終りかけなのを見て天神島のハマユウ(ハマオモト)を思い出す。あの北限のハマユウは、今ごろ見頃だろうなー。爽やかな気分で海岸沿いを進むと、ここ数年通行止めだった稲村ヶ崎の歩道が通れるようになっていた。

02sakanoshita 03inamuragasaki

いつもの稲村ヶ崎公園からの七里ガ浜と江の島ビュー。行合橋からの江の島ビュー(大船から12km付近)。キリッと晴れていたら江の島の右に富士山が見えるのだが。

04inamuragasaki 05yukiai_b

鎌倉高校の踏切前まで歩道の拡張が済んでいる。欲を言えば、木陰が欲しい国道134号線。頭にスッと熱中症の気配がやってきた。何か冷たいものが頭に走る時、それは熱中症の前兆。藤沢駅への途中に桜小路公園はす池に立ち寄ろうと目論んだが、これはイカン!ヤバくなる前にリタイアだ。

06kamako 07tatukuti

Map 海沿いは止めて、腰越から江ノ電道へ。龍口寺前を通過して江ノ電江の島駅前にゴール まあまあ元気なまま、総走行距離14.3km。

あのまま桜小路公園はす池に寄り道して藤沢駅まで走ることはできただろうが、帰宅後に遅れてきた熱中症で酷い頭痛に見舞われるイメージがあったので、無理はしない。夏場はよくあるのだ、帰宅後に症状がでることって。

江ノ電には乗らず、洲鼻通りをぶらぶら歩いて小田急片瀬江ノ島駅へ。昼過ぎには帰宅。

« 鶴岡八幡宮のハス | トップページ | 小山田神社の大賀ハス2018 »

寺社巡り」カテゴリの記事

散歩・ジョギング」カテゴリの記事

植物」カテゴリの記事

湘南鎌倉三浦」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 光明寺のハスとルート編:

« 鶴岡八幡宮のハス | トップページ | 小山田神社の大賀ハス2018 »