2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

« 2018年2月 | トップページ | 2018年4月 »

2018年3月

2018年3月31日 (土)

二ヶ領用水の桜(1)

各地で桜が舞っている。早いなー。今日は新規開拓、二ヶ領用水の桜を観にランrun 野望のひとつ、二ヶ領用水を走りつつ観桜cherryblossom だが、桜ばっかり見てて二ヶ領用水を堪能していないので、これはリベンジが必要だなsweat02

登戸駅から二ヶ領宿河原堰に歩き、桜並木の宿河原取水口をスタート。宿河原堤約2kmに約400本の桜並木が続く。

01syusui

02syukugawara

南武線下を通る。屈まないと通れないので、電車が来たら楽しそう。桜は5分落ちくらい。川縁の遊歩道には花びらが積もっていた。

03nanbusen

04syukugawara

国の登録有形文化財、久地円筒分水。円筒に花筏。ここで四つの堀(久地堀、六ヶ村堀、川崎堀、根方堀)に分水される。川崎堀へ。国道246号線の下流は枝垂れ桜の並木。

05kuji

05kawasakibori 06_246

二子坂戸あたりまで、約2km近い枝垂れ桜並木。ほとんど枝垂れ桜だけで、こんなに長い桜並木を初めて見た。上流のソメイヨシノよりも花が残っていて見応えがあったhappy01

07mizonokuti

08hutago 08hutago02

ここまで約9km。ゴールの鹿島田駅付近までは宿河原堰取水口から13.3km。まだちょいちょい桜並木があったので、続く。

2018年3月30日 (金)

九品仏川緑道の桜2018(2)

今朝の九品仏川緑道の桜。5分落ちくらい。朝方の風に舞い落ちた花弁が、路地の端に積もっていた。葉っぱも伸び始めている。この週末でほとんど散ってしまうだろうなーcherryblossom

Kuhonbutu21 Kuhonbutu22

Kuhonbutu23

Kuhonbutu24

都心はこんな感じだが、横浜北部はこの週末がお花見日和。どこ行こうかなーっと仕事の合間に考える。合間にね。合間だよ。この作業も仕事前だからね、ねcoldsweats01

2018年3月29日 (木)

四季の森・山手・本牧観桜ラン ルート編

3月24日のこと。四季の森公園スタートで山手公園・本牧山頂公園と観桜ラン、ルート編。中堀川プロムナード・白根通りから概ね横浜すいどう道。野毛切通越えで山手へ向かう。マップは42.195km.netさんで作成。

Map

少ないネタを披露する。帷子川の両郡橋(1)、石崎川の扇田橋(2)。3/24時点では疎らな咲き具合だった桜。

01ryogun_b 02ishizaki_r

平沼で道を間違い、偶然突き当たったのが、桜の古木が美しい願成寺(3)。行基による開創と伝わる。願成寺前の道は保土ヶ谷道(4)だった。間違ってみるものだなー。

03ganseiji01 03ganseiji02

西区歴史街道・保土ケ谷道(4)。保土ヶ谷宿から戸部村、横濱村に通じる道で、野毛に向かう(5)くらやみ坂を上る。くらやみ坂と言えば、島田荘司氏「暗闇坂の人喰いの木」を即・連想(この坂が舞台らしい)。鞍止み坂とか暗闇坂とか諸説ある。(5)の写真2枚目に写っている擁壁の上(市立西中学校)辺りには刑場があったそうな。

04hodogaya 05kurayamizaka01 05kurayamizaka02

06hodogaya 07yokohama

08utikoshi 西区歴史街道のサイン(6)保土ヶ谷道と(7)横浜道。西区の歴史さんぽ道コースは3つあり、3つ目は旧東海道である(サインのカラーはえび茶色)。

当時は桜が咲き始めだった大岡川を渡り、石川町から山手に上るup 横浜市認定歴史構造物の打越橋(8)下を通って山手本通りへ。山手公園の入口を通り過ぎ(何となく)代官坂上から坂を下る。無駄に下ったところで山手公園の東側階段下にゴール 15.9km/1:29’09”NETrun 山手公園の巻は3/25の記事へ。

山手公園から本牧通り側に下りて、本牧山頂公園和田山口まで3.1km/17’20”NETrun 本牧山頂公園の巻は3/24の記事へ。

さて、帰りは石川町駅か桜木町駅をゴールにしたい。本牧山頂公園さくらの広場を出たところで再スタートrun 尾根から本牧通りに向かう下り坂が終わる辺り、立派な山門の奥に満開の枝垂れ桜が見えた。善行寺(9)に立ち寄り。

09zengyoji01 09zengyoji02

09zengyoji03 09zengyoji04

元町に下りてくると石川町駅は近い。近すぎたので、そのまま根岸線沿いに桜木町駅前まで、4.6km/26’40”NET。総走行距離は23.6kmrun 以上で3/24のレポ終了。良いお花見ランでした。

2018年3月28日 (水)

四季の森公園のカタクリなど

3月24日のこと。四季の森公園-山手公園-本牧山頂公園を観桜ラン。行った逆順でUPしてきた最終回、四季の森公園の巻。枝垂れ桜が1本だけ見頃。山桜が咲き始め、染井吉野が2分咲きくらいだった。今頃は里山のあちこちで桜が咲いて、淡い春色に染まっていることだろう。今朝(3/28)の横浜線車窓からは満開に近づく鴨居の桜(人道橋付近はすでに満開)が見られた。この週末はお花見日和になりそうだ。

Shiki

観桜ランのスタート地点なのに、早々に桜をうっちゃり、ミツマタ

Mitumata

そもそも記事のタイトルがカタクリなので、カタクリの群生地(植栽)。今年は早くて、もう満開過ぎ。開花してから2週間で終わってしまうカタクリ。今週末までもつか?

Katakuri01

Katakuri02

Katakuri03 Katakuri04

朝早すぎてアマナの花が開ききっていなかった。これは開いている方で、ほとんど閉じていた。

Amana

ハナモモが満開。

Hanamomo01 Hanamomo02

Sakura 展望台の広場(南口広場)にて、染井吉野が2・3分咲きかな。

展望台前のトラックはイベント「シイタケのぼだ木づくり」の設営。

ぶらぶら散策の後、南口からラン・スタートrun 山手公園に向かった。で、3/25の記事に戻る、と。

公園の巻はこれで最終回だが、ネタが少ないルート編もあるので後日UP予定。

2018年3月27日 (火)

鶴見川お花見ラン2018(3)

3月25日のこと。鶴見川お花見ラン最後は新横浜駅前公園の桜。鶴見川支流・鳥山川沿いの公園である。

ワールドカップ大橋付近には濃紅色の横浜緋桜cherryblossom 満開を過ぎて散り始めていた。

Shinyoko01

ソメイヨシノは5分から7分咲き。

Shinyoko02

Shinyoko03

Shinyoko04

三角橋と桜cherryblossom 

Shinyoko05

通常なら走って中山に戻りつつ探桜するのだが、前日の観桜ランでの高低差が脚にキテて疲れが取れていない。左足外脛骨痛もピキーンときてたので、ここでゴール。走行距離は10.9km。新横浜駅まで歩いて電車train 今年の鶴見川お花見ランは短かった。もう一度やるかどうかは、桜とコンディション次第。

2018年3月26日 (月)

鶴見川お花見ラン2018(2)

3月25日のこと。鶴見川お花見ラン2ヶ所目は都筑水再生センターからの放流水、江川せせらぎ緑道。桜並木は山崎製パン工場横からIKEA横までの約1kmあるのだが、うっかりIKEAに近い西濃運輸横に出てしまった。江川沿いにチューリップが植栽されているエリアはもっと上流だ。戻る気になれず、そのまま鶴見川支流大熊川との合流点まで緑道を行くrun

3分咲きくらいかと思ったが、満開に近い桜もある。概ね見頃を迎えていたcherryblossom

Egawa01

Egawa02

満開近い桜の周りは人だかり。

Egawa03

Egawa04

あっという間にIKEA横の新開橋下。新開橋の下流はコブシ並木なのだ。遠目には桜と見間違うくらい、コブシも満開だった。今年は桜が早くていろんな春に追いついている。土筆が大発生だし、コブシも例年なら散り始めている頃合いだ。

Egawa05

第三京浜を過ぎて、江川は半助橋の先でカーブ。そこから川向ポンプ場まで再び桜並木。この辺りは川面近くで3分咲きくらい。

Egawa06

鶴見川ロードに戻り、3ヶ所目の新横浜駅前公園に向かうrun

鶴見川お花見ラン2018(1)

3月25日のこと。第14回鶴見川お花見ラン。去年は4/9決行で満開。今年は鴨池人道橋付近がほぼ満開cherryblossom

Kamoi01

Kamoi02

鶴見川土手中ほどのMy標準木は5分咲きくらい。下流の並木は3分咲きから7分咲きくらいまで、咲き方にバラツキがある。

Kamoi03

Kamoi04

この辺りはアブラナの黄色い花と桜のコラボが見られたエリアだが、いつの頃からか見られなくなった。

Kamoi06

Kamoi05

お花見日和happy01 今度の週末は満開の桜が楽しめるだろう。鴨居桜まつりは4/7(土)、散る桜もまた良し。鴨居の次は江川せせらぎ緑道に向かったrun 次回は江川せせらぎ緑道の巻。

2018年3月25日 (日)

山手公園の桜

3月24日のこと。四季の森公園-山手公園-本牧山頂公園観桜ランの山手公園の巻。石川町から打越坂を上って山手本通りへ。山手本通りも桜並木があるが咲き始めだった。そもそも元町公園に行こうと思っていたのに(元町公園の開花状況は23日時点で5分咲きだった)、どこで山手公園になってしまったのか、我が頭を疑うsweat02 一晩寝たら元町が山手に...まー、いっかbleah

山手公園は国内初の洋式公園、国の名勝、近代化産業遺産、日本庭球発祥の地。思いの外すごい公園だった。テニス発祥記念館の向こうに桜のトンネルhappy01 園内には約80本の桜があるそうだ。5分咲きくらいかな。満開に近い桜もあった。

01yamate

旧山手68番館(公園管理センター)前は見頃を迎えた桜で覆われていた。テニスコート側から観ても綺麗だろうなー。

02yamate68

07yamate68

桜の古木、枝ぶりが迫力。

04yamate

06yamate

03yamate

05yamate

本牧通りに近い方の桜は疎らだった。次は本牧山頂公園に向かった。前回の記事へ。

2018年3月24日 (土)

本牧山頂公園の横浜緋桜など

左足外脛骨痛を騙し騙し観桜ラン。今日は四季の森公園-山手公園-本牧山頂公園と巡った。満開だった本牧山頂公園の横浜緋桜の巻からUP。2015年以来の来園である。

和田山口から上ってひざくらの丘へ。昼頃だったので、シートを広げてランチのグループが多数。腹減ったなcatface 広場の端っこにドッグランがあるのでワンコ多しdog

Y_hizakura01

Y_hizakura02

Y_hizakura03

満開cherryblossom

Y_hizakura04

横浜緋桜に混じった染井吉野、見頃happy01 右は横浜緋桜の原木。白井勲氏によって寒緋桜と兼六園熊谷桜との交配により1970年代に作り出された。原木は白井氏の寄贈。

Y_someiyoshino Y_hizakura00

山頂公園だけに、尾根道にそって東西に広がる公園。西に向かう。まきばの丘の前あたりにさくらの広場。ここでは染井吉野が5分咲きくらいcherryblossom

Sakura_p01

Sakura_p02

Sakura_p03

Sakura_p04

根岸森林公園が近いが、3ヶ所でお腹いっぱい(お腹は減ったが。グゥ~coldsweats01)。さくらの広場先から石川町駅か桜木町駅を目指して再びラン。最終的に桜木町ゴール。

2018年3月23日 (金)

九品仏川緑道の桜2018

今日の九品仏川緑道の桜cherryblossom 満開に近い状態だった。16日に開花したと思ったら、あっという間に見頃。この週末はお花見日和になりそうgood 街の桜まつりは4/6~8なのだが、こりゃ散ってるね。

Kuhonbutu01

Kuhonbutu03

Kuhonbutu02 この桜たちも随分と古くなって、近年は植え替えが行われている。特に今年は開花前にかなり剪定されたので、枝ぶりが寂しくなっている。例年ならば東横線のホームから見たときに緑道が薄紅色に覆われるが、去年が見納めだったか。うまく桜の世代交代ができると良いね。

今朝横浜線の車窓から見た感じ、鴨居の桜は鴨池人道橋付近で2分咲き、中ほどでは咲き始めだった。都区内と横浜北部ではこれほど違うのか。川沿いと建物が立て込んだ緑道では温度差があるのだろうが、それにしてもねぇ、違いにビックリさ。

そんなわけで、地元では花見に早すぎだし、都心に出るのはヤダし、そもそも有痛性外脛骨だしdown 遊びたい盛りのアラフィフは週末の遊び場に悩むのであったcoldsweats01
 

2018年3月19日 (月)

鴨居の桜開花状況2018

今日、勤務先付近(都内)の桜はすでに1・2分咲きになっていた。街の桜まつりは4/6からなのだが、散っているかもcherryblossom

3月18日のこと。新羽の西方寺へ中日桜を観に走った、その途中。鶴見川土手の鴨居の桜開花状況をチェック。鴨池人道橋上流のアンズ並木は満開だった。毎年このアンズが散ると桜が満開になる感じ。

Anzu01

Anzu02

桜のMy標準木cherryblossomは、蕾が膨らんで、今か今かとそわそわしてるwink 道明寺みたいで美味しそう。

Kamoi01

Kamoi02

もう1日2日で開花しそうな桜もある、鴨居桜並木であった。

Kamoi03

2018年3月18日 (日)

新羽・西方寺の中日桜2018

彼岸の入りに新羽の西方寺へ、中日桜を観にラン。今年はちょうど満開happy01

Saihoji01

Saihoji02

Saihoji03

Saihoji04

花弁は淡紅色から濃紅色まで様々、オシベも赤いものがある。もしかして、満開から日にちが経つと色が濃くなっていくのだろうか?品種は大寒桜なのかなぁ?

駐車場から。

Saihoji05

Saihoji06

Hanamomo 境内では季節の花々が多数みられる。さすがにロウバイは散っていた。ハナモモが満開→

去年の中日桜は、3/19に見に来て満開過ぎの散り始めだった。今年は都内ではもう桜が開花したし、鴨居の桜も数日内に開花しそうだった。桜だけじゃなく春の開花ラッシュだ。忙しくなるぞrun

だが、左足外脛骨痛が邪魔をする。気を付けて走ったが、中山-西方寺の往復は断念して小机駅前にゴール。12.4km/1:17’13”NETrun スピードも上げられない。先週土曜の次点では高尾梅郷リベンジや足柄春めき桜などの野望が渦巻いていたが、もうそんなコンディションではない。騙し騙し、花巡りランをしよう。

2018年3月16日 (金)

小仏関跡のサンシュユと、またもや故障

ここ数日でコブシやモクレンが咲きそろってきたと思ったら、勤務先(都内)近くの緑道で桜が一輪咲いたcherryblossom 早いわぁ。

さて、3月10日の高尾梅郷と八王子通り大山道についてはUPしたが、その間の木下沢梅林から八日町までの巻が無かった。今更なので、小仏関跡のサンシュユをUPして省略。梅ですらないcoldsweats01

ここは高尾梅郷・関所梅林なのだが、目立つ場所に赤と黄色があるので、この時季に紅葉?とか思ってしまった。赤は紅梅、黄色はサンシュユであった。

Komagino01

Komagino02_2

曇り空の会場に響き渡る陽気な歌声。noteだーれもいない海 二人の愛を確かめたくって~(南沙織バージョン) 場違い感が半端なくて楽しくなったwink

続いて、久しぶりの故障コーナーfoot この日、走り始めてすぐに左足甲内側が痛くなった。シューズ紐の締め具合がキツイと痛くなる部位で、下り坂が特に痛い。何度緩めても縛りなおしてもダメ。なので、せっかくの段丘崖も存分に楽しめなかったのである。もう、ひょこひょこと下る状態。最後の水郷田名バス停へのダッシュも辛かった。バスで足を開放。だが、降車の時、痛くて歩けないじゃんwobbly やっとのことで帰宅したのであった。

日曜日、甲の内側(踝前方)が膨れ上がっていた。しかも硬いって何?骨なの?ということで安静。

月曜日、踵から接地すると痛いことに気づき、歩けるようになる。

火曜日、横断歩道で小走ろうとしたら痛くて無理だった。ヤバい気がしてきた。まさか中足骨の疲労骨折?ヤメテ、桜が待ってるの~sweat01

水曜日、整形外科に行く。ドキドキのレントゲンの結果、「有痛性外脛骨」成長期の子どもが罹るやつですねー。って先生が言うので「更年期なのに?」って返した。大人でもたまになるそうだ。レントゲン写真には小指の先くらいの骨が舟状骨から独立して写っていた。痛みが和らいだら走って良い、ということで、湿布貰って帰宅。

疲労骨折じゃなかったのは良かったけれど、毎日カーフレイズで足底筋鍛えているのにショックdown むしろ外脛骨は無くならない分シツコソウで良くなかったか?明日は行楽日和になりそうなのに、たぶん無理だなぁ。ツマラナイなーdespair

2018年3月12日 (月)

大山道八王子通りラン(八日町-久所の渡し)

3月10日のこと。高尾梅郷で観梅散策の後、甲州街道を八日町交差点まで走って戻り(木下沢梅林から八日町交差点まで、9.5km)、ほとんどライフワーク的な大山街道ラン。今回は八王子通り大山道にチャレンジ。八王子通りは中山道熊谷宿から八王子を経て伊勢原の上粕屋で青山通りに合流する。また、相模原市橋本で当麻方面と田名方面に分かれるが、田名方面に向かう。それは、田名の段丘崖が好きだからcoldsweats01

八日町交差点スタート、相模川の久所の渡し(田名)ゴール。ルート詳細はマップに載せて省略。15.4km/1:26’21”NETrun 総走行距離は25.9km(高尾駅前-上椚橋1km含む)。

どこもそうだが、古道はほぼ消失している。面影があるのは御殿峠(杉山峠)付近。八日町から5km付近で、「江戸時代に八王子のまちを作った八王子代官 大久保石見守長安」が見守る東京工科大前交差点を右折。御殿山に上る道は見当たらないので周囲をぐるっと迂回する道へ。写真の白線は古道があったと思われるライン。

Goten01 Goten02

日本閣の敷地から公道を挟んで斜面の上に古道が残っている。ロープが垂れているので上れないことはないが、国道16号(御殿峠南信号)に迂回。古道にチャレンジするべく、トラックが出てくる砂利道を上る。尾根道に出たら左折。古道の面影がある山道に出ることができた。1kmほどのトレイル。

Goten03 Goten04 Goten05

町田街道・相原に下りて峠越えお終い。黙祷を捧げましょうと防災放送?が聞こえてきた。3/10は東京大空襲だった。14時ちょうど、黙祷。

国境の境川を渡って相模原市へ。八日町から9km過ぎ、橋本の棒杭に至る。ここで当麻方面と田名方面に分かれる。安政2年に追分に立てられたという不動明王坐像の大山道道標は、民家の敷地内?で大切にされている。田名ルートを選んだ要因、相模野台地河岸段丘的には、上段の相模原段丘から中段の田名原段丘に下りたところである、下九沢の九沢橋手前には庚申塚などの石造物群が残っていた(マップで省略)。で、田名原段丘から下段の陽原段丘への段丘崖が好きhappy01 素晴らしい眺めだ。

Bokui Tana

段丘崖に沿って下りてゆく新道から分かれ、急カーブで下りる旧道がある(バス通りでもある)。ここは岩肌が白かったからしろ坂と呼ばれたそうだが、湧き水が流れ落ちる岩肌は白でなくて錆色。

Tana_shirozaka01 Tana_shirozaka

Kuzo 新道・旧道と言ってみたが、旧大山街道はしろ坂の更に外側にある細道である。

田名八幡宮の手前を左折し相模川へ。高田橋の袂、久所の渡しにゴールdash 対岸の小沢を望む→ 高田橋の先には未だ行ったことが無いのだ。ここからはバスで横浜線の駅に戻るのだが、ルートをスマホ君に尋ねたところ、水郷田名バス停発があと5分で出発!大急ぎでバス停に走った。ゴールの余韻無しdespair

八王子通り大山道ラン、続きをいつ決行するかなー。体力的に上粕屋から更に上ってこま参道ゴールとか、無理そうsweat01 もう何度も走っているから、いいところでバスに乗っちゃう?とか、検討事項があって楽しい大山道ラン。これにて3/10のレポ終了。

2018年3月11日 (日)

高尾梅郷(2)

3月10日のこと。高尾梅郷で観梅散策、木下沢梅林の巻。湯の花梅林から木下沢(こいさわ)梅林まで約1.8km。本数は少ないが路線バスも走っている。(10)は梅林下の日陰バス停。大きなカーブを上って(11)中央本線下をくぐると、案内板に「ここ右折 約270m」と書いてある。

10koisawa 11koisawa

梅林に向かう坂道は中央本線の撮影スポットで、バズーカcameraを設置した電車待ちのカメラマンが数人いた。中央高速の向こうが木下沢梅林(12) 山頂にチョコンと木が伸びているのは富士見台。尾根づたいに八王子城跡に行ける。梅林は約1400本の梅が植えられている、3/10-25(予定)までの期間限定開放。無料だが、寄付も募っています。

12koisawa

梅林は上中下段に分かれて園路が整備されている。(13)中段下段境の入口から入る。入口周辺は結構咲いているが、全体的には2分咲きくらい。(14)中段から。電車も見えた。

13gedan

14tyudan

14tyudan02

14tyudan03

(15)上段の梅。広場でランチ休憩の人、多数。団子を頬張るおじさんを見て羨ましかった。今回もこれから走るので、食事抜き。

15jodan

(16)下段の梅。臨時駐車場がある西側の下段は3分咲きくらいかな。臨時駐車場内から見た西側全景(17)。

16gedan

17koisawa

見頃は中旬以降だろう。遊歩道梅林の入口・上椚橋から木下沢梅林まで4km弱の散策だった。今度は走って戻る。スタンプハイクの最後、関所梅林に立ち寄り。南沙織の「17才」が鳴り響く会場で抽選。結果...外れ!ティッシュ2個貰いました。花粉症にピッタリcoldsweats01

Map01 Map02

次回はランの巻。帰宅後に気づいたが、荒井梅林に行くの忘れてたし、どーしよう。また行くか?今季の観梅ランは仕舞いにするか?足柄の春めき桜の記憶に残る香りも気になる~。

2018年3月10日 (土)

高尾梅郷(1)

今日明日は高尾梅郷梅まつり。南の方はピークを過ぎてきたので、北で観梅。小仏川沿いと旧甲州街道沿いに点在する梅林で約1万本の紅白の梅が咲き誇る。

高尾駅前からジョグること約1km、梅まつりの会場、小仏川の遊歩道梅林に到着。観梅記念スタンプハイクでスタンプも集めた(4ヶ所制覇したら抽選で賞品が貰える)。開花状況は、2-3分咲きくらい。

01yuhodo

02yuhodo

03yuhodo

雨粒が花弁に残っている。

04yuhodo

05yuhodo

関所梅林への分岐があったが、遊歩道をそのまま進むと、(6)もあった。雨で増水した流れは迫力がある。橋を渡って右岸に行くと、遊歩道は根っこトラップに流れる水で遊べない道になる(私有地なので遊歩道から出ないように)。

06kobotoke_r01 06kobotoke_r02

高尾天満宮・天神梅林(7)に着いた。斜面上の天満宮周辺は咲いているが、斜面下は蕾が多い。

07tenmangu

07tenmangu02

天神梅林のスタンプ会場は更に上流の圏央道下、高尾梅の郷まちの広場(8)にある。広場は新しくトイレも常設(行列できてた)。梅もあるのだが、あまり咲いていない。広場のすぐ先に湯の花梅林(9)。

08umenosato_p 09yunohana

ここでもスタンプを押してもらった(全ヶ所押してもらう形式)。残りは関所梅林だが、約1400本の梅林という木下沢梅林に向かう。最長区間徒歩約25分。次回は木下沢梅林の巻。

2018年3月 5日 (月)

三浦海岸河津桜-田浦梅林ラン

Miura 3月3日のこと。三浦海岸桜まつりにて、満開の河津桜を愛でた後、田浦梅の里へランrun マップは記事の下、42.195km.netさんで作成、青ポチは5kmのマーク。

三浦海岸の河津桜→ まつりは3/11まで。

花見の後、三浦海岸駅前に戻ったが、翌日が三浦国際市民マラソンであることから、海へ歩いた。

(1)三浦海岸と、さくらまつり・マラソン大会幟(2)。テントが張られて各所設営が進んでいた。大会のスタート地点は、幟の先。駐車場内にスタート・ゴール地点看板が常設されている。そこまで行ってスタートしないところが、詰めの甘さというか、テキトーな仕事っぷりというか、我ながらどうかと思う点であるcoldsweats01 どーかと思ったが、結局三浦海岸交差点を山に向かってスタートrun 県道214号線を26号線(三崎街道)に向かう。

01miura_c 02marathon

駅前から一気に上り坂。左に富士山(3)が見えたが、写真分かり難いね。庚申塔群もいくつかあった。(3)仲尾の庚申塔群は青面金剛の他にも、三猿の台座に乗った猿田彦大神など様々。

03nakao 03koshinto

04tuen UP・DOWNを繰り返して三浦市から横須賀市に入り、一騎塚交差点まで下りる(スタートから5km付近)。今度は三崎街道(4)を衣笠に向かう。写真は通研入口交差点、スタートから7km付近。

横浜横須賀道路衣笠インター入口を左折。実は本日のメインイベントである、昨年9月30日に一部開通した久里浜田浦線を通る。

三浦縦貫道衣笠入口(7)までは開通していたが、その先は工事中だった。ちなみに、この交差点には衣笠城址への入口(階段)がある。開通区間はここから万葉公園東側(9)までの約1.2km。衣笠山公園と衣笠城址の間をドーンと切通し(8)ている、スタートから10km地点。短い平作隧道の向こうが万葉公園東側。あっという間にメインイベント終了。久里浜田浦線は田浦三丁目付近で国道16号線に繋がる計画道路だが、横横の横須賀インターから先は未開通。トンネルを掘るのだろうなぁ、田浦まで。

07jukando_e 08kuritaura

09kuritaura 10sawayama

阿部倉隧道を出たら右。池上十字路を左、逸見へ。スタートから13km地点の沢山隧道(10)がルート上最後の大きな上り下り。国道16号線に入って田浦へ。田浦梅の里大六天神社の下にゴール。17.3km/1:37’01”NETrun 観梅の巻は前回の記事へ。

Taura Map

2018年3月 4日 (日)

田浦梅の里2018(2)

3月3日のこと。三浦海岸で河津桜を愛でた後、走って田浦梅の里へ、花巡りラン。田浦梅林で観梅の巻。2/17以来、今季2度目の訪問。

2/17はほとんど蕾状態だったが、今回は見頃happy01 大六天神社下の出入口から階段上り。前回よりも走行距離が長いのに、今回は元気に上ったgood

01dairokuten 02dairokuten

鉄塔の段から水仙とコラボする二の段へ。水仙、お終い。そして頂上の芝生広場へ。登山グループが何組もいるなど(大楠山が近いので)、前回よりもずっと賑わっていた。

03taura 04taura

05hiroba 06nw

大作町側斜面、青少年自然の家に向かう道から、一面の梅林happy01 淡い色合いが綺麗。自然の家前にはトロッコが止まってた。自動車が上がれるような道は無いようだから、これで物資を運搬するのかな。自然の家では無料お茶サービスをしていた。

07nw

08torocco

自然の家から大作町に下りるルートは初めて。一面の梅林を見渡せるスポットだった。

10nw

09nw

このルート、複数ある中で最も階段が長い。上ってくるのは辛いねーsweat01 帰りは逗子駅を目指そうと思っていたが、またも不調down 電車で帰ろうと、なんとなく京急田浦駅に向かった。最寄りはJR田浦駅なのに...京急田浦までは約2km。歩くと遠いって、気づいた時には遅かったwobbly 次回、ネタが少ないルート編。

2018年3月 3日 (土)

三浦海岸河津桜2018

3月最初のマラニックは、三浦海岸桜まつりで河津桜を愛でた後、田浦梅林に走って観梅。三浦半島(ちょこっと)縦断、桜と梅を愛でるラン。

まず三浦海岸の河津桜cherryblossom 三浦海岸桜まつりは3/11まで。京急の三浦海岸駅前はこんな感じ。去年は2/11に来て7・8分咲きだったのだが、今年は現在満開過ぎ。河津桜バージョンの駅看板、去年の方が好みcatface

01miura_cs

10時前(駅前の写真は戻ってから撮ったので人が多い↑)、少し待てば人が途切れるので、まあまあスッキリ撮れた。

02miura

03miura

満開happy01 すでに葉が伸び始めている。すっかり葉桜の木も数本あった。

10miura

菜の花も見頃。

06nanohana

京急電車と桜並木と菜の花。定番撮影ポイントである。今年は警備員さんがいなかった。

04miura

05miura

小松ヶ池に行ってみる。ここの方が咲き進んでいて、散り始め。

07komatu

駅に戻る。ぞくぞくと人が来る~。周囲のおばさまたちが言っていた「座るところが無いから見て戻るだけなのよねー」 確かに、桜を観ながら座れる場所は小松ヶ池周辺しかない。あとは地場野菜を買って、マグロ丼などを食べるのが定番か。これから走るので、どっちも出来ないdespair

08miura

09miura

暖かくってお花見日和。1時間ほど歩き回って駅前へ。今満開なので、週明けに雨が降ったら次週末は花が散っているかもねぇ。

明日3/4は三浦国際市民マラソンrun 駅近くの市民センターでは仮設トイレの設営が進んでいた。せっかくなので、海に行こう!ということで、海岸まで歩いて、ランスタートrun ルート編は後回しにして、次回は田浦梅林で観梅の巻。

2018年3月 2日 (金)

2月の走行記録

2月は観梅月間。例年よりも開花が遅く、見頃は3月になってしまった。3月も観梅ランから始まるかしら。

2月は夜ランをサボっちゃったので、トレーニング4回、マラニック5回の計9回、月間行距離は125.8km。年間総走行距離は、245.8kmrun 写真は2/24の池上梅園にて、福寿草

Hukujuso

« 2018年2月 | トップページ | 2018年4月 »