2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

« 小田原フラワーガーデン渓流の梅園(1) | トップページ | 旧東海道-飯泉観音巡礼街道-小田原FG »

2018年2月 6日 (火)

小田原フラワーガーデン渓流の梅園(2)

2月3日のこと。小田原フラワーガーデン渓流の梅園、続き。3/11まで梅まつり開催中。

紅冬至。若木で花付きが良かった。

08benitoji

緋梅。小振りな花弁から長いオシベが広がっている。

09hibai

冬至。冬至の頃(冬至から小寒の頃)に咲くことから冬至。花弁の形が如何にも梅だし花付きも良い。見栄えが良い梅だ。

10toji

中咲の明星が咲き始め。花弁の先がフリル状なのでボリューム感がある。

11myojo

錦性野梅

12kinseiyabai

中咲、青軸性の一重緑萼。緑色の軸と萼に真っ白な花弁、中心の橙色がアクセント。背景が暗くて残念な出来栄え。

13ryokugaku01 13ryokugaku02

黒雲(くろくも)。蕾は葡萄色にも見える濃紅。オシベも濃紅。

14kurokumo

鹿児島紅はオシベが白っぽい。

15kagoshimako

Umeshiruko 他に見られたのは中咲で小田原原産種の十郎、一郎。緋梅性の蓮久、世界の図、などが咲き始めだった。

全面芝生の園内はフワフワで気持ち良く、寝転んだらもっと気持ち良さそうだが、そこまでOKなのかは不明。梅木に囲いなどが無いので近寄って見ることができる。今は見頃の早咲きと咲き始めの中咲きで全体2分咲き程度だが、2月下旬には全体的にも見頃になっているだろう。園内から西を眺めれば、冠雪した明星ヶ岳・金時山などが近い。この日は山頂が雲に覆われていた。

フラワーガーデンの休憩所では軽食を扱っていたので、梅しるこ@350を購入。想像通りのお味だった。食べ終わったところで1時間に1本しかない小田原駅行きのバスに乗車。30分ほどで駅東口に到着。初めての小田原フラワーガーデンレポはこれでお終い。次回は、ルート編。

« 小田原フラワーガーデン渓流の梅園(1) | トップページ | 旧東海道-飯泉観音巡礼街道-小田原FG »

公園・森林」カテゴリの記事

散歩・ジョギング」カテゴリの記事

植物」カテゴリの記事

神奈川県西」カテゴリの記事

コメント

小田原フラワーガーデンへ行かれたのですね。lovely
ここは、下が芝生なところが好きですね。
膝をついても汚れない。
また、満開のころに行こうと思っています。

写真道楽人さんの写真を見て、いつかは!と思っていたのです。
雲が多いのが残念でしたが、初見の梅もあって楽しかったですよ。
そうそう、膝をついても汚れない。大事ですねwink
満開の頃の写真、楽しみにしていますhappy01

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2032526/72847074

この記事へのトラックバック一覧です: 小田原フラワーガーデン渓流の梅園(2):

« 小田原フラワーガーデン渓流の梅園(1) | トップページ | 旧東海道-飯泉観音巡礼街道-小田原FG »