2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

« 2017年11月 | トップページ | 2018年1月 »

2017年12月

2017年12月31日 (日)

鶴見川ラン2017(中山-河口)

2017年の走り納めは、鶴見川ランのお片付け。前回12/16は源流まで行ったので、今日は河口まで行って鶴見川ランをコンプリートだ。源流の泉の案内板には河口まで43.9kmと書いてあったが、バクの案内板には42.5kmと書いてある。その上、前回の源流ラン実走距離は21.9km、今回の河口ランは20.4km(河口0km地点までは20.3km)/1:54’35”62NETrun 実走合計42.2km...迂回もあるのに?ああ、図師から上流は川沿いを行けなかったからかー、納得bleah

今日の走行距離はUP&DOWN3.0kmプラスして、合計23.4kmだった。月間走行距離は155.4km、年間総走行距離は1762.2kmでフィニッシュdash 盛岡駅から線路に沿ってどこまでも走ったとすると、山陽本線玖波駅と大竹駅の間(広島県大竹市)。岩国駅まであと少しであった。まー、どんなに頑張っても山口県まで行けないだろうなぁ。

ルート詳細はマップに載せて省略。恩田川分岐点、河口から19.7km地点(の距離標はもう無くなっている)をスタートrun

年末年始は大晦日だけ天気悪い予報。寒い。鴨居で雪降ってきた!snow 分かり難いが白い点々が雪。吹雪いて来た。うへぇ~。だが、雪が降ったのは約2kmだけで、新川向橋を過ぎたら雨に変わった。だいたい、川向橋辺りを境に天気が変わるという経験を何度かしている。丘陵部から平野部への境になるのかなぁ。雨も新横浜では上がった。

01kamoi01

01kamoi02

01kamoi03

もう河口coldsweats01 鶴見川ランは3年連続だし、何度も走っているのでネタが無い。晴れたら富士山推しのテもあったのだけどsweat02 はい、「源流から42.5km 河口から0km」のバクの案内板です。左岸にはバクの距離標0kmと路面標示0kmがあるが、右岸は鶴見川河口干潟にこの案内板がある。

02baku

鶴見川河口干潟「貝殻浜」は横浜市北東部唯一の干潟。白い貝殻の浜を歩くと、シャリシャリ音がする。走らないと寒風が~、寒~いwobbly 最終的には0km地点を過ぎて、堤防路が西にカーブする角まで行ってゴール!冷えちゃうよ~。

03kaigarahama01

03kaigarahama02

風邪ひきそうなので、とにかく走って暖をとる。潮見橋まで戻ってDOWNも終了。歩いて本町通り商店街へ。何でかって、久しぶりに和菓子こめ蔵に行くためさ。こめ蔵の餡子と餅は最高だ!さすがに大晦日なので、店先に並ぶのは伸餅・角餅・丸餅・餡子。かろうじて、おはぎ3個パック・5個パックがあったので、3個パック@450(税込)を購入。帰宅後に相棒さんとお茶タイム。塩梅の良いタップリ粒あん、優しく握られたモッチリもち米、美味しいhappy01

04komegura01 04komegura02

これにて2017年の更新は終了。では、この1年もご愛顧いただきありがとうございました。佳いお年をお迎えください。

2017年12月29日 (金)

帰宅ランと西方寺のロウバイなど2017

今年も一人仕事納めからの帰宅ランrun 3年連続なので段々要領良く納めされるようになってきて、13時前には社を出た。

帰宅ランは細かい道を通らないことを基本としているので、ルートの捻りが難しい。今回は田園調布駅前を通らずに放射状の住宅街外周道を通ってみた。カモなどが泳ぐ宝来公園(1)、同じアングルがマンネリなsweat02多摩川と丸子橋(2)。矢印の下に富士山が見えていたが、スマホ写真じゃ見えないね。

01horai_p 02tama_r

スタートから約4km、綱島街道から外れて新丸子の京浜伏見稲荷神社(3)に立ち寄り。境内には108体の神狐像があるらしい。昭和26年創建の新しい神社で、京都の伏見稲荷大社からの勧請。拝殿周囲は富士山の溶岩を積んだ造りで、多くの神狐像が囲んでいる。富士山を模した浅間社が祀られていたり、なかなか個性的な境内であった。

03inari01 03inari02 03inari03

綱島街道に戻ってrun 綱島の松下跡地にアピタ・テラス建設中(4)。綱島駅前から街道を離れ、新吉田町で新田緑道を南下する。新羽町は工場が多いせいか、(5)新田緑道には工場っぽいオブジェが設置されている。赤いネジ型の車止めポール。

04apita_terrace 05nitta_gl

スタートから12.5km。新羽の西方寺(6)に到着。横浜七福神の恵比寿大神を祀っているので、参道にはもう幟が立っていた(御開帳は元日から7日まで)。茅葺の本堂の脇に見事なロウバイ(満月蝋梅)。去年より開花が少ないが、もう香っているhappy01 見頃は1月中旬かな。

06saihoji01 06saihoji02

緑産業道路から(7)江川せせらぎ緑道へ。冬枯れの桜並木も良いものだ。昼抜きのためガス欠になって、脚が重くなってきた。鶴見川を越え、中山北緑道から中山駅前にゴールdash ここまでが仕事納めって感じ。お疲れ様でした。19.4km/1:46’13”NETrun これが走り納めかどうかは、まだ分からないwink

07egawa_2 Map

2017年12月28日 (木)

青ガエル電車がケーキになった

会社の人がゲットしたので撮らせてもらった。自由が丘駅88周年記念、青ガエル電車のクリスピーシュガーケーキcake 初代5000系を可愛くデフォルメ(もう完売している)。直径は12cmくらいかな。現行5000系の青ガエルラッピング電車(東横線開通90周年記念)と並べてみた。

Aogaeru_c01Aogaeru_c02

あ、88周年プレートが割れてる。自分の仕業じゃないよーpaper

2017年12月24日 (日)

四季の森公園でロウバイ咲く

穏やかな大掃除日和・ラン日和の週末だったが、不調でどっちもダメダメdown せめて散歩を。ロウバイを観に、四季の森公園へ。毎年クリスマスの時季には見頃になっている、あし原前(春の草原エリア)のロウバイ。鼻を寄せて良い薫りを嗅ぐ。

Robai01

Robai02_2 Robai03

Robai04

青空が透ける蝋細工のような花弁。今季も綺麗happy01

里山ではジョウビタキやシジュウカラが飛び回っていて、撮ったけどボケ過ぎてて使えなかった。見るに耐えるのはメジロのお尻1枚だけ。この木にはメジロの群れが飛来していて、メジロ・ツリー状態だったのに、これだけっすcoldsweats01

Mejiro_2

2017年12月17日 (日)

鶴見川ラン2017 (中山-源流)

12月16日のこと。12月恒例の鶴見川ラン。今年は源流までキチンと走ってみよう、いつも何かのついでだったから。スタートは中山の谷本川(鶴見川本流)・恩田川の落合(河口から19.7km)。

ルート詳細はマップに載せて省略。

谷本川は7/29にも走っているので、7/29の記事とマップ↑でスッパリ省略coldsweats01 ピックアップは、可愛いカワセミhappy01 水辺には野鳥が多く、コサギ・チュウサギがよく見られる。金井町より上流ではカワセミも。

Kawasemi

スタートから15km付近、薬師池公園最寄りの新袋橋より上流は、蛇行する旧河川を整備した親水広場が増える。野津田や小山田の森を右手に、風景が長閑になってくる。16km手前の郷見橋袂にあったバクの距離標35.2km側面には「源流まであと約5kmです」とあった。こういう表記は珍しい。元気出たgood 護岸改修工事が進んでいて、新しい橋が続く。マップ上はまだ大きくカーブしている宮川橋付近は、既に真っ直ぐな流れに変わり、カーブの部分が親水広場になっていた。宮川橋袂にバクの距離標36.5km

Satomi352 Miyagawa365

宮川橋手前の新しい親水広場。2枚目は宮川橋上流で護岸改修工事中。この先、流れは自然の蛇行を繰り返しながら上流へ。川沿いを諦めてバス通りに出る。

Miyagawa01

Miyagawa02

Joryutan 帰り方について、漠然と南大沢に出ようかと思っていたが、日大三校入口でバスも有りだな。気分がバスに傾いてきたbus

スタートから20.4km、鶴見川上流端・新橋に到着run 新橋から上流は直角に曲がって続き、用水路の風情になる。河川名も小山田川になる。

スタートから21.0km、小山田バス停で待機中の町田ターミナル行きのバスを見て、ますますバスも有りだなって思った。ただ、1時間に1本の時間帯。まだ決めかねていた。

そして、スタートから21.5km、鶴見川源流の泉に到着。丸い泉からコポコポと湧きだす水。1日約1300tの地下水を湧出しているそうだ(案内板より)。以前に来た時より辺りが綺麗になっているような気がした。鉄パイプで囲われているところは以前のまま。源流の泉から生麦河口までは43.9km。恒例の河口までラン、年内にできるかな~。

Izumi01

Izumi02

源流の泉は人工感がある。より上流を探るべく、さらに谷戸の奥に進む。多摩よこやまの道につながる山道で、鶴見川源源流(源頭)道標があった。笹のトンネルを抜けると、湿気が足りない湿地に出た。2つの谷から幾筋かの流れが集まってくる。100m先行き止りの表示があったので、ここを源頭地としよう。21.9km/1:58’25”NET。総所要時間は約3時間。

Gento01

Gento02

バス気分が高まっていたので小山田バス停に走って戻った。町田行には時間が余るが、淵野辺行なら丁度いい。ところが、走っているうちに気分が良くなってきて、バス停を通過。あろうことか、淵野辺行のバスに負けまいと尾根緑道に向かってしまったrun 10分くらいしか先行していない上に、なかなかの丘越えだぞ。そもそもスタート地点に行くのに2.2km、本番21.9km走ってる。ランナーズ・ハイかsweat02 案の定、境川を越えたところでバスに抜かれた。しばらくは停車するバスに食らいつこうとしたが、無理っす~wobbly 引き離されて淵野辺駅北口にゴール。+4.3kmで、総走行距離は28.4km。お疲れ様でした。駅前でフラダンスをやってたなぁ。

2017年12月16日 (土)

玉川上水ラン(明大前-四谷大木戸)

12月10日のこと。11/3の拝島-明大前間は浅間橋まで約25kmの都立玉川上水緑道を走ったので、川と緑を楽しむことができた。下流は暗渠になって、ところどころで水路が顔を出す。玉川上水ラン最終回は、明大前-四谷大木戸。江戸時代は四谷大木戸まで開渠(約43km)、江戸市中へは石樋や木樋を地下に埋設した水道管を使っていたそうだ。スゴイね。

最後の玉川上水ランは7.8kmと短いので、前後にオマケを付けて総走行距離21.1km。オマケの巻は以前の記事へ。今回のルート詳細はマップに載せて省略。

明大前から始まる玉川上水公園で、導水管(1)が一部露出していた。京王線代田橋駅付近から玉川上水緑道(2)が始まる。以降ほとんど暗渠上の緑道なのだが、一部だけ昔ながらの水路が開渠になっている。ゆずり橋(2)からまた緑道。また開渠(3)。ここから渋谷区。笹塚駅前を通って三田用水取水口跡から玉川上水第二緑道。

01meidai 02daita_b 02yuzuri_b 03sasaduka01

五條橋交差点を渡ると名称が玉川上水旧水路緑道になる。面倒だなcoldsweats01 その上、サブネーム?があって、笹塚駅前が飛び地的に笹塚緑道。次に第二緑道があって、五條橋から大山緑道・幡ヶ谷緑道、幡ヶ谷駅から東は西原緑道である。山下橋(4)は西原緑道の東端付近。代々木警察署前は初台緑道(5)。明治神宮の西参道は代々木緑道の中ほどで、代代幡町石灯籠(6)が両端に立っている。文化学園までが代々木緑道で、緑道公園はここまで。

04yamashita_b 05yoyogi

06yoyohata 06yoyohata02

文化学園の前に玉川上水の記とモニュメント(7)。その先の代々木二丁目あおい公園を通り抜けると、いよいよ完全に街中。

07monument01 07monument02

暗渠はビル群の下になるので甲州街道に入る。新宿バスタ前が人人人。うへぇ、突然の人混み~wobbly でも600mほどで新宿御苑新宿門に到着。玉川上水内藤新宿分水散歩道(8)には流れが再現されている。晩秋の散歩道が大木戸門まで、気持ち良いhappy01 区民センターの角に巨大な水道碑記と四谷大木戸跡碑が立っていた(実際の大木戸は四谷四丁目交差点)。区民センターが玉川上水水番所跡(9)でもあるようだ。

08naito 09yotuya01

09yotuya02 10yotuya

四谷四丁目交差点を渡って、(10)四谷大木戸跡碑前にゴールdash 約43km(総走行距離は43.3km)の玉川上水ラン、コンプリートgood そして12/10の記事に戻る、と。御岳山にランのついでに通ったことで始まった企画なので、43kmを3分割。ちと不満だが、何事も偶発的に始まるので致し方無しbleah

2017年12月13日 (水)

目黒川・北沢川ラン 後編

16map 12月10日のこと。中目黒・宝来橋をスタートして、目黒川が烏山川と北沢川に分岐する地点まで(2.3km)が前編。後編は、玉川上水・明大前まで、北沢川緑道ランrun

目黒川の国道246号線から上流は暗渠。北沢川も河川跡である。

分岐点に立っていた案内板、淡島通りまで680m地点。「健康はウォーキングから」の上の「自分の健康は自分で守ろう」って、まあ、そうなんだけど、自己責任の時代ですなぁ。

さて、淡島通りの次は環状七号線を渡り、小田急線梅ヶ丘駅北側に向かう。北沢川は上北沢が源頭域なので、緑道も豪徳寺、赤堤へと続くのだ。かつては玉川上水から分水を引いていたらしい。今回の目的地は明大前なので梅ヶ丘で離脱する。

環状七号線の手前でデジャヴ。見たことあるぞ、この風景。北から下って緑道と交差する道。角の石垣。うーん、うーん、代田だぞ?親柱に鎌倉橋(17)と書いてあるってことは、これは鎌倉道。うーん。帰ってから考えようって、先に進むrun 帰宅後に記録をほじくり返したけど、2014年羽根木公園観梅ランでは通っていないし、20ウン年前に自動車で通ったかもしれないなー。

17kamakura_b01 17kamakura_b02

宝来橋スタートから4km過ぎ、環七のすぐそば。青空に向かって伸びる参道が美しい真言宗圓乗院(18)前を通過。宮前橋(19)で環七を渡ると緑道から流れは消え、住宅街が迫る遊歩道となる。十月桜が咲く遊歩道をちょっと行くと、もう(20)小田急線梅ヶ丘駅高架が見えた。

18enjoin 19miyamae

20umegaoka_s 21hanegi

22meidai 宝来橋から5km、羽根木公園(21)に到着。2014年観梅ラン以来の訪問だ。懐かしいが、先を急ぐ。公園出口間違って代田小学校前に出ちゃったsweat01

羽根木公園から明大前までは住宅街をウネウネと、井の頭線沿い。

スタートから7.3km(北沢川に入ってから5.0km)、餅つき大会中の駅前を通過し甲州街道の歩道橋を渡って明大前(22)にゴールdash 寄り道・お遊びが過ぎて、NETでは37’42”でも所要時間は1時間だった。

やっと玉川上水ランのスタート地点に立った。距離は短いが長かったなぁ。次回、玉川上水ラン完結編。

2017年12月12日 (火)

目黒川・北沢川ラン 前編

01jakudure_r 12月10日のこと。玉川上水ラン(明大前-四谷大木戸)の続きをするために、前後にオマケをつけ、中目黒駅前スタート・ゴールの城南・城西ぐるっとランrun 今回は玉川上水「前」の巻、目黒川・北沢川ラン。「後」の巻と全体像マップは前回の記事へ。

目黒川に蛇崩川が合流する地点(1)に広場があったので、ここで準備運動。目黒川の桜はLEDでグルグル巻きにされていた。今年もイルミネーションやるんだね。

では、広場下手の宝来橋をスタートdash しようとしたら、欄干のレリーフが目に留まった。これはランのお供に良いかもしれない。撮り始めたら、橋、多いしcoldsweats01

2.宝来橋 3.日の出橋 4.別所橋 5.桜橋 6.宿山橋 7.朝日橋 8.緑橋 9.天神橋 10.千歳橋

千歳橋から山手通りの間には柳橋・南部橋・中の橋があるが、レリーフは無かった。山手通りの目黒橋袂には目黒川改修の記念碑が立っていた。

11.東山橋 12.氷川橋 13.万代橋

02horai 03hinode

04bessyo 05sakura

06syukuyama 07asahi

08midori 09tenjin

10chitose Meguro_b

11higashiyama

12hikawa 13bandai02

13bandai01 万代橋の北側(目黒川左岸)に巨大な建造物。首都高大橋ジャンクション内側に造られた公園、目黒天空庭園・オーパス夢広場だ。寄り道しようっとwink

1階はオーパス夢広場。子どもたちがサッカーをしていた。階段とEVで3階の屋上庭園「目黒天空庭園」に行くことができる。

上がってみると、思った通り眺めが良いhappy01 そして、想像以上に完全に庭園だった。走るなんてとんでもないよ、散歩しようねという作り。東屋が点在し、東に向かって高く、展望台もある。起伏と植生に富んだ庭園からは富士山が見えたfuji

なんと、田んぼもある(おおはし里の杜)が、立ち入りできないようだった。道草はこれくらいにして、庭園を一周せずに戻った。なんたって、まだスタートから1.5kmくらいだ。

13opas 13tenku

13oohashisatonomori 13tenku_fuji

万代橋と国道246号線(大橋)の間に、最後のレリーフ付き橋、14.常盤橋。ココより上流の目黒川は暗渠。流れを地上に再現した目黒川緑道(15)となる。

14tokiwa 15meguro_r

小川にはコサギが無造作にいる。自分と1mほどの距離でも完全無視で獲物を狙うコサギ。野鯉に反応してて、それは無理でしょってツッコんだ。宝来橋から2.3km、目黒天空庭園から1kmも行かないうちに目黒川の終点、北沢川・烏山川分岐点(16)に到着。

15kosagi 16kitazawa

たった2.3kmにネタが盛りだくさんであった。明大前には北沢川(北沢川緑道)の方を辿る。次回は北沢川緑道の巻。こっちの方が距離があるのにネタは少ないぞcoldsweats01

2017年12月10日 (日)

神宮外苑いちょう並木などなど

江戸の飲料水を確保するために造られた玉川上水は、羽村取水所から四谷大木戸まで約43km。8/26、10/21の2回で明大前まで到達。今日は残りの四谷大木戸まで。距離が短いのでいろいろとオマケを付けて、中目黒スタート・ゴールrun 全体マップは記事の一番下。目黒川・北沢川ラン-玉川上水ラン-中目お帰りラン、の3段階。最後のお帰りランの巻から。

四谷大木戸をスタートして、無名橋を渡って神宮外苑へ。線路が谷だなー。東京って山あり谷ありって体感。道はこの先、渋谷川まで緩やかに下っている。新国立競技場建設中。そしたら、脇でランニングイベントやってた。「FITチャリティ・ラン2017」とのこと。歩道も聖徳記念映画館前も、すっごい人で驚いた。

01kokutiru 02fit

神宮外苑いちょう並木は、針山みたいになってたdown 歩道が黄色い。

03icyo01 03icyo02

03icyo03 03icyo04

国道246号線を渋谷方向へ。外苑から宮益坂上の246号線は青山通り大山道だが、途中から千駄ヶ谷からくる鎌倉街道中道でもある。中道は旧こどもの城前の坂を明治通り・渋谷川に向かって下る。その坂の途中に鎮座する金王八幡宮に立ち寄り。この八幡宮を中心に渋谷氏の居城・渋谷城があったそうな。なんと、その城砦の石垣が拝殿前に置てあったんだけど、うっかりスルーしてしまった。触っときたかった~despair

04konno01 04konno02

04konno03 04konno04

後で残念だったことに気づいた参拝を済ませ、坂に戻る。渋谷川に架かる並木橋袂に鎌倉道の説明板があった。向かって右の細道が鎌倉道(中道)。代官山を越える。中道は交番前交差点を直進して目切坂を下り、目黒川を渡り二子玉川に向かうのだが、中目黒に戻るのだrun 目黒川・日の出橋にゴールdash 四谷大木戸から中目黒まで6.0km/32’12”NET。お疲れ様でした。

05namiki_b 06meguro_r

42.195km.netさんで作成したマップ。青ポチは5kmのマーク。総走行距離は21.1km。次回は目黒川・北沢川の巻かなぁwink

Map

2017年12月 9日 (土)

今春オープンした池辺市民の森

Map 今年4月1日にオープンした池辺市民の森に走った。往復8.3km/45’32”NETrun 都筑区内2つ目の市民の森である(1つ目は川和市民の森)。

名称は「いこのべ」かと思ったら「いけべ」だった。この辺りは「いこのべ」町じゃなかったっけか?

池辺市民の森は南側が高く北側に向かって傾斜する、竹林や雑木林の森だ。広さは約4ha。中原街道の坂を上って伊勢大神宮の祠を左へ、南出入口に到着。

01n_ent

竹林のカーブから林間広場へ。散策路はフカフカだ。

02rinman

03rinman

疎林広場。

04sorin

尾根筋の展望広場からの眺望。右手にランドマークタワー、左手に新横浜プリンスホテルが見えた。

05tenbo

06tenbo

南出入口。谷に下りて、中原街道との角にはお地蔵様が立っていた。目印は、お地蔵様の北口、伊勢大神宮の南口、だな。川和市民の森より広く、散策路の傾斜が優しい。また、比較的針葉樹・常緑樹が少ないので、明るい森だった。

07s_ent

2017年12月 8日 (金)

青ガエル電車が走ってる

東急東横線の青ガエル電車(現行の5000系に緑のラッピング)train、やっと撮るタイミングがあった。何度か遭遇しているし、乗ってもいるんだけど、撮るタイミングがなかなか無くて。

Aogaeru

東横線開通90周年記念で運行している。 ちなみに、自由が丘駅は九品仏駅から自由が丘駅に改称して88周年。何かイベントがあったかどうかは分からないcatface

2017年12月 4日 (月)

矢崎通り大山道ラン

12月2日のこと。大山詣でのルート編。これまで走った主な大山道は、青山通り、田村通り、柏尾通り。今年は平塚宿から向かう矢崎通り大山道ランrun 田村通りと合流する伊勢原駅前までは約9km、こま参道入口までは更に7kmちょっとの計16.4km。足りないので、スタートは茅ヶ崎一里塚跡。東海道を走って平塚宿に向かう。プラス5.5kmで、総走行距離は21.9kmである。

ルート詳細はマップに載せて省略。東海道も、これまでの繰り返しになるのでザックリと省略。

東海道平塚新宿から矢崎通りは分岐する。平塚駅前交差点次の八幡大門通りを平塚八幡宮へ。旅の安全を祈願するため平塚八幡宮に寄り道。今年2度目の御朱印をいただいた(前回は相模国六社巡りで)。横浜ゴム辺りの地名が追分で、六本交差点に中原の由来や中原街道・大山道について記された中原之碑(1)が立っている。その一画には大山道の道標が以前はあって、現在は日枝神社境内に移設されているとのこと。また、この付近で平塚本宿から田村通りに向かう中原豊田道とも合流している。日枝神社境内の庚申供養塔大山道道標(2)。左面に「左ステーション道」と彫られた不動明王像道標。ステーション?明治20年に開業した東海道線平塚駅のことだそう。意外と新しかった。

Hatiman 01nakahara 02hie02 02hie01

大山を源流とする鈴川沿いの道路脇に廿三夜塔兼道標(3)。「川上いせ原道」「川下ひら塚 かない道」と彫られている。分かりやすいなー。平塚から6km付近で鈴川沿いから北上する。岡崎城址入口の看板の下に風化した道標(4)がちんまり立っていた。正面に「南〇〇」読めず。右面に「東 城島 田村道」。

03_23yato01 03_23yato02 04okazaki01 05_2torii

伊勢原駅を越えて、東から来る田村通りと合流(平塚から約9km)。東名高速北側の二の大鳥居広場にあった古地図(5)が参考になる。石倉橋で更に東から青山通りと合流。石倉橋交差点にあって、現在は鈴川付近に移設されている大山道道標(6)を初めて見に行った。不動明王坐像を乗せた典型的な道標で、正面に「左 戸田 あつぎ 青山 道」、右面に「右 いせ原 田村 江ノ島 道」と彫られているので、元は大山方向を向いて立っていた大山帰りの道標と思われる。

06ishikura 07roben

08tohuzaka 石倉橋を過ぎると、いよいよ山登りup 平塚から14km付近の這子坂は、這い上がる気持ちが分かる急坂。鈴川を渡って先導師旅館街をヒーヒー上り、愛宕滝で紅葉を観ながらひと息。平塚から16km地点、大山まんじゅう本舗良辨で大山まんじゅうを予約。

開亀橋(7)の向かいに延びる旧道、とうふ坂(8)が最後の難関。毎回この案内板を読んで、「無理でしょ」ってツッコむ。掌に乗せて豆腐を啜りながら登るなんて、舗装されている現在でも無理でしょ。食べ終わってから登ろうよって毎回呟くcoldsweats01

激坂を歩いたり走ったり、千代見橋を渡ってこま参道入口にゴールdash 茅ヶ崎一里塚跡から2:10’04”NET。八幡宮や日枝神社、良辨などの立ち寄りが多かったので、総所要時間は3時間。ランは終わったが、参拝はこれからだ。この先の詳細は土曜の記事へ。

女坂を登って大山寺で御朱印をいただき、紅葉を楽しみ、脚をプルプルさせながら大山阿夫利神社下社に到着。所要時間は約50分foot 紅葉は最後の見頃。今年も無事に大山詣できましたと、お参り。お疲れ様でした。

Ahuri01 Ahuri02 Ooyama

2017年12月 3日 (日)

鶴見川の河津桜が咲いた

鶴見川の河津桜は、よく狂い咲く。1週間ほど前は確認できなかったが、今日は見っけ。一輪だけで他には見当たらなかった。

Sakura

Shinyoko_p

新横浜公園のメタセコイアが紅葉終盤。春と秋が見られる新横浜界隈で、ラン 9.4km/53’51”run

2017年12月 2日 (土)

大山の紅葉2017

Okazaki 去年は12/3に登ってほとんど終了していた大山の紅葉。今年も終わっているかと思いきや、ギリギリセーフgood ヘロヘロになった矢崎通り大山道ランの巻は後日UP。

大山を源流とする鈴川。こま参道まで11km付近(スタートからも11km付近)の岡崎大橋から大山遠望。大山の裾が紅葉しているのが分かった。あそこに行くのよ~run この辺りではルンルンnote 富士山は雲の中だが、大山にかかる雲は減ってきていた。

石倉橋を過ぎ、這子坂をようよう上った。今年は去年よりヘタばるのが早い。最初に鈴川を渡る新玉橋からの紅葉と渓流が、大山に来たぞ!って感じで、少し元気が出た。上って上って、愛宕滝で紅葉、まだ綺麗じゃんhappy01

01atago 01atagotaki

開亀橋から良弁滝と良弁橋。ココの前に、平塚宿から16km(スタートから21.5km)、大山まんじゅう本舗に立ち寄ったが、昼頃ではもう品切れ。帰りに寄るからと予約して再出発したrun この時点で戻ってくることが決定。まんじゅう次第のルート決定という、いい加減な計画である。

02roben01 02roben02

で、やっと、こま参道入口にゴールdash 参道を上りながら息を整え、ケーブルカー乗り場を迷いつつも通過。通過してしまった。また女坂を登るのね。無計画だなsweat02 八意思兼神社の女坂・男坂分岐は去年より葉っぱが残っていた。これはもしかして紅葉セーフかも?って期待が膨らむ。

03omoikane 04otokozaka

女坂、登る登るup 来迎院本殿(前不動堂)のモミジも赤いし、背後の大山寺参道もモミジが残っていた。

05onnazaka 06raigoin

雨降山大山寺、参道のモミジが半分くらい残っていた。ラッキーhappy01 12月になるとグッと参拝客が減るので、12月最初の土日は穴場だ。落葉している可能性も大いにあるけどcatface 大山寺では御開帳していた。御朱印もいただいているが、ランの巻で。

07ooyama01 07ooyama02

07ooyama03 07ooyama04

大山寺を出て大山阿夫利神社下社に向かう。その道は更に急up あんまり景色を眺めている余裕が無かった。もうね、脚が上がらないのdespair なんで疲れてんのかなーって思ったけど、そりゃ21.9km走ってるし、ガンガン登ってるし、ガス欠だしね...やっと、下社の境内に到着。こま参道から何だかんだで徒歩50分。紅葉、残ってまーすhappy01 相模湾の江の島が薄っすら見えていた。

08shimosya01 08shimosya02

08shimosya03 08shimosya04

08shimosya05 08shimosya06

Cable01 1年ぶりの大山。下社境内の茶屋の1軒が、オシャレに生まれ変わっていた。大山豆腐パンケーキ?英語表記の案内板などが増えているし、力入ってるね。

大山はゴジラ(アニメ映画)とコラボしていて、スタンプラリーなどやっていた。スタンプラリー好きとしては参加?しかし、ハイテクスタンプラリー(スマホでQRコード読み取る式)だったので止めた。押したいの、スタンプをバンってcoldsweats01 ちなみに、大山まんじゅう本舗でもゴジラ焼き印大山まんじゅう(1日限定50個)を販売している。当然、昼頃じゃ完売。

大山まんじゅうが待っているので(時間指定で受け取りなので)帰りは急いでケーブルカーに乗車@630。ぎゅうぎゅうに乗せるのねsweat01 大山寺駅での擦れ違い。終点ケーブルカー駅の手前の線路脇に鹿がいたので、車内が盛り上がった(ギュウギュウで撮れず、目視のみ)。

Cable02 Cable03

Manju 身体が冷えてきたのでジョグって大山まんじゅう本舗良辨run  時間通りだと褒められるgood いや、褒められたのか呆れられたのかは判然としなかったが、12個入り@1,070税込GET。最寄りの愛宕滝バス停で伊勢原駅行きバスに乗車bus 試験走行として鶴巻温泉行きを運行しているそうだ。それは良いね。是非、休日だけでも定期運行にして欲しい。

25分ほどで駅に到着。電車に乗り換え帰宅。大山まんじゅうを相棒さんと食す。甘さ控えめ、良い塩梅、腰のある皮。大山まんじゅう最高happy01 まんじゅう登山かっ。

« 2017年11月 | トップページ | 2018年1月 »