2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ

« その後の里山ガーデン(6) | トップページ | 四季の森公園の寒咲き桜とモミジ »

2017年11月 6日 (月)

玉川上水ラン(拝島-明大前)

11月3日のこと。8月に御岳山のレンゲショウマを観に走った際に通ってみた玉川上水(拝島駅前の平和橋から羽村取水所までの5.5km)。玉川上水は羽村取水所から四谷大木戸までの約43km。そのうち杉並区の浅間橋までは国指定史跡である。8月に走った拝島-羽村は舗装路が多く、上水沿いに走れない場所もあった。拝島から下流の浅間橋まで(約25km)は都立玉川上水緑道として整備され、三鷹駅前後を除いてほとんどオフロード、木陰を走ることができる。しかも標高差100m以下という緩い傾斜。春は桜、夏は木陰、秋は紅葉が楽しめる。周辺に寺社・史跡・公園などの見どころも多い。そんな感じなので、何度も通わないと堪能しきれない。自分的にハードルが高い出張ランであるがために、もう行かないモン!みたいな拗ねた気持ちになった なお、緑道は整備されているとはいえ、走るための道ではないので足元注意、人に注意だ。

ルート詳細とポイント写真はマップに載せて省略。拝島-明大前、30.0km/2:46’02”NET 信号待ち、写真ストップ込みの所要時間は4時間弱。あと7.5kmほどで終点の四谷四丁目交差点まで行けたが、足指がパンパン この先はThe都会だし、明治大学は学祭開催中で、続々と訪れる若者を目にして何故か気持ちが萎えた 京王井の頭線明大前駅から電車で帰った。

玉川上水緑道マップなどの数種のマップが橋際に多く設置してあり、便利だ。カワセミやアオサギが見られる豊かな流れだった。

Map Kawasemi

松中橋(1)、上流の玉川上水は流れと緑道が近く、川幅が広い。玉川上水駅まで2km弱の金毘羅橋(2)辺り、緑いっぱい。平和橋から8km付近、西中島橋(3)では土剥き出しの素掘りの状態が見られた。井の頭公園を過ぎた24km弱の地点、東橋(4)付近は竹林。

01matunaka_b 02konpira_b

03nishinakajima_b 04azuma_b

兵庫橋(5)、人見街道と交差する牟礼橋・どんどん橋から下流は緑道が綺麗に整備されていた。平和橋から約25.5km、緑道・国指定史跡の終点、浅間橋に着いた。様々な表情を見せた玉川上水は首都高4号線の下を通る暗渠となる。昭栄公園と首都高4号線(6)

05hyogo_b 06syutoko4

07josui2_p 上北沢駅入口交差点まで約2kmを首都高と並走。今度は東に向かって、杉並区立玉川上水第二公園(7)、第三公園、永泉寺緑地と約2kmも続く緑地を行く。第二公園は上水跡の上に土塁のように盛り上がった公園。第三公園は堀のように周囲から下がった公園。高井戸橋を境に、一部庭園風になっている永泉寺緑地。流れが暗渠になっても、表情様々だった。

さて、年内にコンプリートできるだろうか。

« その後の里山ガーデン(6) | トップページ | 四季の森公園の寒咲き桜とモミジ »

公園・森林」カテゴリの記事

散歩・ジョギング」カテゴリの記事

東京都内」カテゴリの記事

河川」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 玉川上水ラン(拝島-明大前):

« その後の里山ガーデン(6) | トップページ | 四季の森公園の寒咲き桜とモミジ »