2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ

« 2017年9月 | トップページ | 2017年11月 »

2017年10月

2017年10月28日 (土)

四季の森公園のトリカブトなど

また台風がくる。その前に、走っておこうrun まず四季の森公園へ。秋だなぁ。

Shiki

早くもツワブキが咲き、イヌショウマは影も形もない。里山の斜面でツクバトリカブトが咲いていたが、これも3分の1ほど散っていた。

Torikabuto01

Torikabuto02

Junior_olympic いつものとおり、脚の向くまま気の向くままだが、今日は最低でも20km走るつもりで、ひとまず鶴見川へ。亀の甲橋で55分。この調子だと足りないので、日産スタジアムの回廊に入った。人だかりあるので寄ってみたら、ジュニアオリンピック、中学生の陸上競技大会だった。

回廊を一周して亀の甲橋に戻るとスタートから1時間。港北NT緑道に向かうか検討の結果、時々小雨が当たるので、緑道で遊ばずに鶴見川ロードを戻り、足りない距離を川和か十日市場まで行って稼ごう作戦に決定。落合まで戻って30分足りなかったので、川和-青砥-小山町と回って駅前ゴール。2:02’08”/21.1kmrun これで今月の走行距離、104.6km。走れていないなー。

2017年10月24日 (火)

亀十のどら焼き(白)

今日までの出店だった、自由が丘駅南口の浅草・亀十。また行っちゃった、どら焼・白あんを買いに。

でかい。

Kameju_w1

前回は歯形が残る写真をUPしたが、今回はナイフで切ってみた。うーん、真ん中で切ると普通っぽく見える。が、デカくてフワフワな皮の中心に手亡豆(白いんげん)がモッチリ。小豆の粒あんより好きな甘さだった。

Kameju_w2

さよなら亀十。また会う日まで~paper って、もう来ないよね、自由が丘にcoldsweats01

2017年10月21日 (土)

読書記録

今日、不在者投票に行ったら。明日の台風を見越してやってきた人で大行列。「投票の最後尾はココでーす!」「1時間でーす!」 マジかsweat02 人生初の1時間超行列が期日前投票とは、記念になるねcoldsweats01 そして、本当に1時間以上かかった。昼時、空腹と酸欠で気持ちが悪くなったdown

さて、雨続きでネタも無いので、久しぶりに読書記録。

神去なあなあ日常/三浦しをん

紀伊半島の山奥、神去村に放り込まれ、突然林業に従事することになった青年の成長物語と、山村の「なあなあ」で結構ハードな日常。読みやすかった。

汚染訴訟 上・下/ジョン・グリシャム

リーマンショックで大手法律事務所を解雇された女性弁護士サマンサが、アパラチア山脈ブレイディの山岳法律扶助協会でインターンをすることに。巨大炭鉱企業の不正を暴く弁護士ドノヴァンに巻き込まれていく。これもサマンサの成長物語だった。

小暮写真館 上・下/宮部みゆき

古びた写真館に引っ越してきた花菱家。高校生の英一君たちが幽霊絡みの謎を解く。青少年の成長物語でした。だいたい若者が主人公なら成長するよねって、コレ書いてて思った。

黒書院の六兵衛 上・下/浅田次郎

江戸城無血開城のその時、無言で座り続ける謎の御書院番士がいた。官軍のにわか隊長となった尾張藩士・加倉井隼人をはじめ、六兵衛を巡り右往左往する城内の人々。なんと、謎の六兵衛は謎のまま終わってしまうのだ。武士の精霊か?六兵衛。さすがにコレまで成長物語ではない、と思うcoldsweats01

前回の読書記録UPが6月、、、その間、もっとたくさん読んだはずだけど、忘れちゃったsweat02 増殖する本の整理もできていないし、年末までに整理したい、と毎年思っているcatface

2017年10月20日 (金)

亀十のどら焼き

最近、自由が丘駅南口に舟和が期間限定出店している。芋羊羹ではなく、久寿もちを買おうと昨日立ち寄ったら、東京三大どら焼きのひとつ、浅草の亀十が出てた。やったーhappy01 10月24日まで出店してます。おまけに最中も買ってみた。

Kameju01

Kameju02

でかい。そして、フワッフワの生地。どら焼きのイメージを覆す触感と食感、うんまい。かなり食べ進んでようやく巡り会える粒あんは甘すぎず、生地にマッチしている。これは、2つ食べられる、危険などら焼きだcoldsweats01

最中はというと、相棒さんにあげたら、黙々と食べていた。そして寝たsweat02 感想聞けず。また買いに行こうっとwink

2017年10月12日 (木)

三浦半島一周ラン2017(港南台-江の島)

10月9日のこと。三浦半島一周ランの最終回は、港南台西公園から江の島。一周の総走行距離は、114.8km(衣笠への道は除く)。スタートが三崎口だったのに、どーしても江の島ゴールにしたくなった(女夫饅頭をお土産にしたかったからcoldsweats01)のが、5回で走りきるべき距離を6回に分けてしまった原因だ(9か月もかけて女夫饅頭のために走ったと言えるgood)。そうした諸々がありつつの、今年1月28日に始まった本企画、ようやくコンプリートである。

港南台-江の島、勝手知ったる湘南三浦エリアと思いきや、ちょいちょい間違って13.7km/1:16’50”NETrun ルート詳細はマップに載せて省略。

001yokohamamiti 江の島の巻は前回の記事へ。道中の道標をピックアップする。最初の道標は鎌倉街道の道祖供養塔兼横浜道道標(1)。左側面に「ぐみょうじ横濱道」、正面右脇に「かまくら道」と彫られている。現鎌倉街道はカーブが少ないが、七曲りバス停が坂の途中にあるように昔は難所だったので、1861年に道普請され、その時に建てられたそう(現在地は移設された場所)。

スタートから10km過ぎ、新林公園も過ぎて江の島道に入る。江の島神社詣での道で、江の島弁財天道標が設置されている。高さ約1mの四面石柱、概ね正面に「ゑのしま道」、側面に「一切衆生」「二世安楽」と彫られている。江戸時代の検校、杉山和一(杉山検校)が寄進したものだ。藤沢市内に14基が現存しているそうだ。

片瀬小学校の前に、この日最初の江の島弁財天道標がある。のだが、その左に石塔群(2)がある。これは風化が激しく判然としないが、道標を兼ねていないね。

002koshinto

これが片瀬小前の江の島弁財天道標(3)。密蔵寺(4)の門前に、杉山検校設置ではない道標があり、正面に「弘法大師道」右面に「向 江之嶋」と刻まれている。

003enoshima01 003enoshima03

004kobo01 004kobo02

密蔵寺先の二又に江の島弁財天道標(5)。次は片瀬市民センター敷地内にあるはずだが、探しても見つからない。センターの人に尋ねたら「どこかの公園に移設された」とのこと。どこかは不明。ええ~down モノレール湘南江の島駅手前の二又にある江の島弁財天道標(6)は、「従是右江嶋道」「左龍口道」とあり、左は龍口寺に向かう。また「願主 江戸糀町」なので、杉山検校設置ではなく江戸糀町の講中設置のようだ。

005enoshima 006enoshima 007enoshima

17enoshima 江ノ電を渡り、賑わう洲鼻通りを進むと、洲鼻会館の前に江の島弁財天道標(7)。

国道134号の地下道を通り、名勝及史蹟江ノ島石碑前にゴールdash 江の島弁天橋は人だらけで普通に歩くのさえ難しい。ここは一度は行ってみたい舟で裏江の島。というこで、遊覧船@400に乗船。以降は前回の記事へ。

ここまで載せた江の島弁財天道標は、これまでも何度か撮ってきたのだが、江島神社境内にある最後の1基は、いつも見逃していた。だいたい疲れちゃっててsweat02 場所は随身門をくぐって辺津宮に向かう階段の踊り場脇。福石の前に立っている。今回は道標5基を確認した。残りは9基。市民センターからどこかの公園に行ってしまった2基も気になるし、いつか全基確認するぞrock と新たな野望が生まれた瞬間であったcoldsweats01 これにて2017年の三浦半島一周ラン、終了。

2017年10月 9日 (月)

三浦半島一周ラン2017 江の島

三浦半島一周ラン最終回、ゴール地点、江の島の巻。ルート編は後日up 土曜日に港南台西公園にゴール。今日は西公園スタート、名勝及史蹟江ノ島碑前にゴールrun 13.7kmと短かったので、元気いっぱい。そのまま遊覧船べんてん丸に乗船(片道400円)ship 江の島の裏側を見てみたかったのだ。富士山も雲の上に頭を出しているfuji

01hune 01hune02

02chigo

稚児ヶ淵で下船して岩室洞窟方向に行ったが、洞窟行列。やめて振り返ると、磯、富士山、大山が青いhappy01

03chigo

階段を上って江島神社の奥津宮にお参り。拝殿の天井には八方睨みの亀が描かれている(レプリカ)。

04okutumiya 04kame

階段を上ったり下りたり。脚は快調。混んでいなければ走って戻れそうだった。そう、かなり混んでいた。裏江の島にあんなに人がいるとは思わなかったし。中津宮への途中、猿が飛び回っている庚申塔が立っていた。群猿奉賽像庚申塔。四面の猿36匹が山王神を称え祝っている様子、だそうだ。台座のウネウネは蛇で、弁財天信仰に因んだもの。展望台から富士山とシーキャンドル

05gunenhosai 06seacandle

中津宮も参拝。辺津宮に向かう階段はヨットハーバーから稲村ヶ崎、逗子の方まで見渡せるビュースポットだ。

07nakatumiya 07nakatumiya02

最後に辺津宮と江島弁財天に参拝して御朱印をいただいた。新しい御朱印帳の1ページ目だ。

08hetunomiya

Gosyuin_benten Gosyuin_eno

参道は人でごった返していた。10月も大賑わいなのね。

09sando 10torii

Meoto 参道の女夫饅頭屋さん、お気に入りの紀の国屋さんで女夫饅頭を購入。ホカホカ饅頭を詰めてくれるので、持ち帰る間にくっ付く。見た目が悲しいが、味は間違いないgood

べんてん丸のオジサンの口上どおり、寄り道しなければ40分で弁天橋の袂まで帰って来れる。まだまだ元気は余っていたので鎌倉まで走ることもできただろうが、なんと言っても饅頭を持っている。電車で帰りました。

2017年10月 8日 (日)

三浦半島一周ラン2017(横須賀-港南台)

10月7日のこと。10月と言えば、走り散らかした企画の数々をお片付けする月。それより、大掃除をやったらいいのに、と思ったりもするが、この連休は三浦半島一周ランをお片付け。3回目と4回目のランが中途半端だったので、全6回になってしまう。江の島から横須賀まで、総走行距離77.8km。5回目の今回は横須賀-港南台23.3kmで、100km超えた。残りは14~15kmなので、一周約115km(紆余曲折有)。4・5回で走りきれないと駄目な距離だ。それに、自分は三浦半島の北端を円海山北麓としているが、地図を見れば見るほど悩ましい。半島北端=三浦丘陵北端とすると多摩丘陵とつながってキリがない。大岡川といたち川が三浦丘陵の端っこだとしても、みなとみらいまで行かねばならない。来年の課題としよう。来年もやるのかぁcoldsweats01

さて、今回のスタートはJR横須賀駅前。富岡総合公園を回り込み東京湾を離れて半島内部へ。足裏が痛くなって港南台駅付近でリタイアwobbly 23.3km/2:10’49”NETrun ルート詳細はマップに載せて省略。

京急で移動中に雨が上がり、横須賀に着いたら青空も見えた。晴れたり曇ったり、北風強めの、まあまあラン日和だった。スタート前にヴェルニー公園を散歩。いつもの潜水艦が白煙吹いてたcoldsweats02 火事?間が良い?ことに消防車のサイレンが聞こえる。が、誰も慌てていないところを見ると、火事ではない。白煙が気になったが、いつもの護衛艦いずもの方を見ると、オレンジ色の砕氷船しらせが停泊していた。

Verny_p V_submarine

V_shirase V_izumo

年に何度も通る国道16号線なので、発見が少ない。追浜の商店街が故郷の「雁木」みたいで懐かしかったなー(写真撮っていない)くらいだ。他ちょっとしたネタはマップに載せた。

スタートから10km、金沢文庫の海の公園で、大勢がゼッケンをつけて走っていた。第1回YOKOHAMAビーチサイドマラソンであった。海の公園一周3kmの周回コースでハーフもフルもある。3km周回でフル!うげー、飽きるぅ~。そんな自分はレースに不向き。よく分かっているcatface だが、ココを走る以上は自然と混じってしまうのだな。そして想定外に八景島近くまで行ってしまった。島に渡るか悩んだが、止めて、芝町を北上。左に緑地を見ながら昔の海岸線と思われる道を走る。スタートから15km、富岡並木ふなだまり公園にやってきた。付近が埋め立てられる前の入り江の名残りである。着いたのは干潮の頃合いだったので、浜が見えていた。

Beachside_marathon_2 Hunadamari_p

15enkaizan 海蝕崖がそそり立つ富岡総合公園を回り込み、国道16号に戻ってすぐに環状3号線へ。半島の北側を閉じるべく大船方向に向かって丘をアップダウンrun 横浜横須賀道路越しの円海山辺りビュー。スタートから21km。

ところが足底筋膜が、めっちゃ痛いwobbly 港南台駅近くの港南台西公園でリアタイア。シューズの紐を緩めて、ヒョコヒョコと駅に向かった。駅前に高島屋がある。失礼ながら、ちゃんと営業している。周囲の人が「混んでいなくてイイのよね~」と話しているのが聞こえてきたので入ってみた。ちょうど良い賑わい。良いなぁ、こういう店、近くに欲しい。というわけで、この日のランは終了。お疲れ様でした。

2017年10月 1日 (日)

追分市民の森の花など

9/23旭大橋から追分市民の森南側のマリーゴールドを見下ろしたのだが、旭大橋の反対ではコスモスが咲いていたかもしれないし、咲いていなかったかもしれない。行ってみなけりゃ分からないってことで、今日は遠回りして行ってみたrun

まず四季の森公園周辺でコバノカモメヅルを見つけた。これは湿地に生えると思っていたが、木陰とは言え湿っていない場所だったので意外。最短ルートなら中原街道一直線のところ、中堀川プロムナードを鶴ヶ峰へ。秋の旭くんマンホールだけ撮ってみた(四季の旭くんがいるので探してみようwink)。鶴ヶ峰から帷子川を北上して中原街道御殿橋方向へ。さらに御殿橋手前で支流の今宿川を遡った。

Kamomeduru Nakabori_r Imajuku_r

無駄にアップダウンを繰り返し、金が谷を越えてようやく旭大橋に到着。最短なら4kmのところ、10kmsweat01 で、追分市民の森の北側を見ると、コスモス無しdown 南側ではマリーゴールドが咲いていた。

Oiwake01 Oiwake02

Marigold01 Marigold02

追分市民の森の花畑は北からエリアA~Fに分かれていて、マリーゴールドが咲くエリアがE。何かの新芽が出ているこのエリア↓がCとD。この新芽ってコスモス?菜の花には早すぎるよねぇ。そして、夏には百日草が咲いていたエリアAでコスモスが咲いていたhappy01

Oiwake03 Oiwake04

Oiwake05 Tumaguro

コスモスの間を飛び回るツマグロヒョウモン。旭大橋から眺めた時は、コスモス見られずに帰宅かと気落ちしたが、咲いてたねぇ。エリアCは何が咲くかな?コスモスかな?

帰りは普通に中原街道run 総走行距離は14.0km/1:18’41”NET 四季の森フォレオにゴール。今日はマルエツ一の市。野菜売り場が殺伐としていたsweat02 怖かった。

« 2017年9月 | トップページ | 2017年11月 »