2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ

« 2017年6月 | トップページ | 2017年8月 »

2017年7月

2017年7月31日 (月)

鶴見川(谷本川)ラン

7月29日のこと。小山田神社と薬師池公園で観蓮の後、お帰りランrun ルート検討の結果、最近敬遠していた鶴見川(谷本川)ルートで。谷本川は日影が少なくて夏向きじゃないのだ。

中山から河口へは毎年のように走っているが、上流は「ついで」ばかり。ついでを繋げると源流から河口まで走破しているのだが、今回は谷本川メイン(右岸)で行く。マップも作ったので、今度は源流まで行かねばならないなー。ルート詳細はマップに載せて省略。

距離標識をピックアップ。バクの距離標36.0km(1)は図師にあったもの。このタイプは新袋橋から恩田川合流点までの右岸には無かったが、恩田川との合流点から下流には河口付近まで設置されている(2016/12/10鶴見川ラン)。神奈川県の鶴見川看板(4)、新しいバージョンには以前無かった距離表記がある。鶴見川流域共通サイン・バクの案内板(2)は、新袋橋から9km付近、上谷本町で初登場(初登場は7km付近の寺家橋でした)。橋梁に直付け(5)パターンは数少ないが、バクの案内板とともに下流域では見かける。最後は神奈川県横浜川崎治水事業所の距離標(3)。近年、この黄色いタイプに更新されつつある。

01_36km 04tokiwa

02miyamae9km 05yamoto 03_206km

道中、百日紅の花が色とりどりで綺麗だったし、青葉区に入ると浜梨が野球ボール大に生長していて来月が楽しみだったりしたのだが、川に集中run しかし、浜梨妄想が頭をグルグルcoldsweats01 どの梨園もネットに覆われ、たわわに実った梨ちゃんは紙のお布団にくるまれていた。今年はどこの農園でゲットしようかなー、って考えてたら恩田川合流点に着いたbleah 15.0km/1:25’01”NET。観蓮ラン含む総走行距離は、22.1km。

2017年7月30日 (日)

薬師池公園の大賀ハス2017

7月29日のこと。小山田神社で大賀ハスを観た後、薬師池公園でも観蓮しようとランrun 鶴見川沿いに約5km、8時過ぎに到着。すでに結構な見物人。

Yakushi01 Yakushi02

Yakushi03 Yakushi04

一昨年から植え替え作業を行っているので、ここ数年で最も良い咲き具合だったgood 今年の観蓮会は30日の7時~9時。この記事をUPする頃には終わってるねbleah

Yakushi05 Yakushi06

Yakushi07

観蓮終了。あとは帰るだけだが、どのルートがイイか?恩田川・奈良川・鶴見川?夏に不向きな鶴見川に決定。ずっと敬遠してきたので、反省を込めて恩田川との落合まで真面目に走ろう。頑張ろうrock 次回、鶴見川ランの巻。

2017年7月29日 (土)

小山田神社の大賀ハス2017

今年も早朝観蓮、小山田神社のハス田に、走らず電車とバスで向かった。帰りに走るから、観蓮は朝着かなきゃ意味が無いからね。桜美林学園までバスで、ひと丘走って下って小山田神社に到着。

大賀藕絲館の蓮まつりは先週末だったが、今日も花数が多くてまだまだ見頃happy01

Oyamada01

Oyamada04 Oyamada06

神社の裏手。東側奥は終わっているのか手入れができなかったのか咲いていなかったが、神社寄りと西側は多く咲いていた。これだけ広大だと手入れは大変だろう。

Oyamada02

Oyamada03 Oyamada05

畦道を進むとバッタが飛び散る。アキアカネも飛んでいたし、ニイニイゼミが花弁にしがみついていた。撮れなかったけどdown 次は薬師池公園に観蓮ランrun

2017年7月27日 (木)

四季の森公園の大賀ハス開花状況2017(2)

今朝は涼しい、朝ラン日和。と思ったら、6時30分ごろから雨rain 雨の四季の森公園で大賀ハスチェック。先週蕾だったものが開花していて、この1輪だけ。蛍川橋は無し、清水池はノーチェック。

Shiki01

Shiki02

2017年7月24日 (月)

引地川ラン 河口から源流へ

7月22日のこと。去年は相模川を遡って座間ひまわりまつり(座間会場)に走ったので、今年は引地川を遡って栗原会場に走った。22.4km/2:’10”07NETrun ルート詳細はマップに載せて省略。

鵠沼橋から河口(1)。江の島が目の前だ。朝から暑いぞsun 引地川は左岸をよく走るので、今回はなるべく右岸ルートでrun

01enoshima 01kugenuma_b

02hukuda8go 国道1号線を過ぎて6km付近の引地川親水公園から田園風景。

スタートから9km付近の石川堰と横須賀水道橋から小田急江ノ島線の駅が近くなり、再び市街地を流れる川らしくなる。円行では桜並木が川に枝垂れかかっていた。10km過ぎの円行公園・柳橋までは過去に走っていたが、そこより上流は川を渡ったことしかない、未踏域。さっそくその先の湘南台高校から川沿いの道が無くなり、遊水地(工事中ばかり)を迂回するコース。蓼川分岐から上流は再び川沿いに。川幅も狭くなってくる。

スタートから15km弱、東海道新幹線の手前で藤沢市から大和市に入る。16.5km付近、桜の名所・千本桜(2)にやってきた。約1.4kmの桜並木cherryblossomだが、治水対策のために桜の伐採を行うと聞いていた。右の写真は右岸下流端の福田8号橋から下流を見たもの。一気にではなく何年かかけて徐々に伐採を進めるらしい。

暑さにやられていたが、千本桜の下は涼しくて回復good 千本桜終点の新道下大橋手前の八幡山公園付近では、緑がキラキラhappy01

02senbon01 02senbon02

03yamashita_b_2 千本桜が川幅を広げるために伐採されるように、引地川ではあちこちで工事が行われていたっけ。

県道45号線(丸子中山茅ヶ崎線)を境に、下流は県管理の幹線(約17km)、上流は大和市管理の準用河川(約4.5km)となる。(3)山下橋の袂に案内板が設置されていた。

走っていて分からなかったが、ちょうど山下橋辺りから西側は厚木基地だった。上流に行くにつれ、基地の森が川に迫ってくる。草柳2号公園手前でスタートから20km。

県道40号線下のトンネル、相鉄本線下のトンネルを抜けると、そこは大和市ふれあいの森(4)。すっかり森の流れになった。東名高速下のトンネルと釣り堀を過ぎて、引地川は水門(5)の向こうへ。

04hureai 05suimon

はるばる海から来ました、引地川水源地・泉の森しらかば池(6)、緑の吊橋(7)、吹く風が心地よい園路を辿る。ここはハナショウブの名所でもあるのだが、以前来た時はタイミングが早かったっけなー。

06shirakashi 07turibashi

国道246号線の下(8)、源流(9)に、とーちゃ~くrun 水源はフェンスの向こうです。

08_246 09suigen

暑い。バテバテwobbly ひとまず売店に戻ってソフトクリーム@280を食べた。売店のオバちゃんに「暑くて言葉も出ない?」って言われた。口が回らなかったからね。夏場はよくあるよね~coldsweats01

ひと心地ついたところで、森をプラプラしつつ厚木街道に出た。座間ひまわりまつり栗原会場へと再び走るdash だいたい北西方向斜めに進むと日産座間工場に着く。そこから会場まではすぐ、2.3km/13’19”NETrun 総走行距離は24.7km。水分1.5L補給。左腰痛出ず、右膝痛若干。まあ、思っていたより良好であった。

2017年7月22日 (土)

座間ひまわりまつり2017

座間ひまわりまつりは7月開催と8月開催があって、7月開催の栗原会場には行ったことが無かったので行ってみた。もちろん走ってrun しかも変な方向から。ランの巻は後日UPするとして、ヒマワリの巻

7/21~7/26まで開催の栗原会場は座間厚生病院の真ん前である。約1haに10万本のヒマワリが咲いている。座間・新田会場は約4.5haに45万本なので規模が違うが、見頃で大賑わいだった。なお、駅からの臨時バスは無いので路線バス(1時間に1・2本)が頼りだ。

Zama01_2

Zama02

Zama07 Zama08

第1会場の展望台から。5分咲きくらいかな。

Zama04

Zama05

座間会場より狭いのに賑わっているので、人を写し込まないようにするのは大変。この「座間なう。」プレートも、実は他の人が持っていたのが写っただけcoldsweats01 いろんな種類があったよ。

Zama03

Zama06

売店でアイスキャンデー・ソーダ味@200を買ったら、太陽にかざすと綺麗ですよって言われたので、青空とヒマワリと撮ってみた。溶けたsweat01 そして、ざまりん登場。一人で歩けませんcoldsweats01

Soda Zamarin

帰りは路線バスで相武台前駅へ。暑かった~。

2017年7月21日 (金)

その後の里山ガーデン(3)

7月20日の朝ランにて、四季の森公園の大賀ハスと里山ガーデンのその後をチェック(3回目)run 一時完全閉鎖されていた里山ガーデンだが、前回は一部開放されていることを確認した。放置されていたポッド入りカキツバタのカキツバタ園は相変わらずなのかと思ったら、撤去が始まっていた。どうなる、カキツバタ園。

Kakitubata

Kakitubata02

早朝散歩の人が数組いた。グランピングサイトの空中回廊的ウッドデッキは通れる。

Granping

Planter_s_2

プランター通りの途中で通行止めは変わらず。フェンス手前(右側)に外周路への出入口があるので、外へ。ぐるぐる回って、朝ラン7.0kmでしたrun

2017年7月20日 (木)

四季の森公園の大賀ハス開花状況2017(1)

今朝の四季の森公園、大賀ハスの開花状況をチェック。仮称清水池、今のところ、咲く気配が無いねぇ。

01shimizu

蛍川橋は蕾が1輪。はす池は2輪開花。今年も下旬から8月上旬かな。

02hasu_2

02hasu02

園内で見ごろなのは、ヤマユリ。斜面のあちこちで重たい花を咲かせていた。

Yamayuri

2017年7月18日 (火)

三浦半島一周ラン2017(久里浜-横須賀)

7月17日のこと。海の日は海へGOrun 4月29日以来の三浦半島一周ランの続き、久里浜から横須賀まで。久里浜のペリー公園にゴールしたのは1月28日のことだった。冬の三浦半島は青くて清々しくて良かった。それに比べて夏の三浦半島は、靄っとしてるうえにジリジリしているsun 1ヶ月経っても左腰痛が治まらないので、控えめに横須賀(JR横須賀駅前)まで、16.9km/1:36’05”31NETrun ルート詳細はマップに載せて省略。

昨年10月から12月にかけて(>>)走っているので撮るものが変わり映えしない。まずはスタート地点の久里浜(1)。15分ほどで浦賀に到着し、浦賀の渡し船(2)に躊躇なく乗船@200(走行距離・タイムに船移動含む)。年に3度目の利用ともなると、遠慮なく呼び出しボタンを押せるcoldsweats01 西渡船場から東渡船場まで、ほんの2分の船旅ship

01kurihama 02uraga_w_2

02uraga_w02 02uraga_w03 02uraga_e_2

鴨居浜から観音崎大橋を渡って多々良浜へ。(3)黒船のマイルストーン越しの多々良浜は、この日一番の人口密度だった。三浦半島マイルストーンは鎌倉から東回りに多々良浜まで8ヶ所あり、一周ランのついでにチェックしていた。だが、鎌倉は見逃すし、湘南国際村は海から遠いし(標高も高いしup)で、制覇できていない。観音崎自然博物館の海側園路を進むと、ハマナデシコが咲いていた。

03tatarahama 03hamanadeshiko

園路の先、観音崎の岩礁の突端に、円筒形の物体が見えた。帰宅後に調べたところ、旧海軍が潜水艦を捕捉するために建造した水中聴測所跡(4)だった。ここまで、スタートから約6km。

04misaki 05mabori

06gelato 走水神社を過ぎ破崎緑地の展望台まで上り。走水海岸・馬堀海岸・三笠公園方向へと続く「よこすか海岸通り」は、冬なら絶好の富士山ビューロードだが、夏は靄って見え~ず。下り坂の終わる場所には走水水源地があって、誰でも水を汲めるように水栓が何カ所か設置されている。「ヴェルニーの水」をマイボトルに詰めて再出発。前回よりも美味しく感じた。

スタートから10km、馬堀海岸緑陰道路(5)からは、もう、ひたすら暑いwobbly 毎回思う、「緑陰」道路なのか?と。横須賀ジェラートファクトリー(6)に立ち寄ることしか頭にないcoldsweats01 関口牧場のミルクとスイカ@370、頭がキンキンするぅ。ここまで15km弱。牧場系アイスクリーム屋さんマップ更新>>

左腰痛・右膝痛は出ていない。ジェラートでクールダウンできたし、まだまだ走れるぜ!と、バラが咲くヴェルニー公園(7)を通過。公園から眺める護衛艦いずも(7)が祝日バージョン?になっていた。JR横須賀駅を撮影していたら、逗子行きの電光掲示板が見えて急激にヤル気失速。あと、10分くらいで乗れるな~って、改札に吸い込まれ、終了coldsweats01 お疲れ様でした。あと2回でコンプリートかな~。

07verny 07izumo

2017年7月16日 (日)

馬場花木園に観蓮ラン2017

今年も馬場花木園に早朝観蓮ランrun 原因不明の生育不良により恒例の早朝観蓮会は中止だが、早朝開園はやっている(今日まで)。生育不良具合を確かめるべく、朝5時前に起床して走った。鶴見川ロード-篠原城址緑地脇経由、13.0km/1:19’02”28NETrun

左が今朝。右が去年の7/18。3分の1くらいかな。花数はもっと少ない。ハスが無くなる現象って、たまに耳にするけれど、亀?ザリガニ?水質?空梅雨?何なんだろうねぇ。あ、東屋の屋根が新しくなってた。

Baba01 Baba01_2

Baba03 Baba04

Baba06 Baba05

↑ハスの花が横になってコッチを見てるcoldsweats01 他に見られた花々は、アジサイ、ミソハギ、シモツケ、コオニユリ、キキョウキスゲ瓢箪の花など。瓢箪の花は夕方から咲くそうで、確かに今朝は閉じた花の方が多かった。涼しい萩のトンネルでひと息、蚊に刺されるwobbly

Kikyo Kisuge

Hyotan Hagi

観蓮会が無いなりに、早朝の馬場花木園は楽しめる。休憩所外に並んでいる鉢植えのハスが1輪だけ満開だった。ここでは毎年蚊の餌食になるのだが、1ヶ所しか刺されなかった奇跡と生育不良は無関係coldsweats01

帰りは菊名駅前まで2.0kmrun 途中で気になっていた県道111号線の祠を確認。寺尾稲荷道・湾前(ワンメ 111号を北東に突き当たり付近)の表示と青面金剛の庚申塔が二基あった。寺尾稲荷道は旧東海道鶴見橋から始まる寺尾稲荷(現・馬場稲荷 寺尾城址付近)参詣の古道らしい。これは野望リストにメモだwink

Baba02 Koshinto_2

2017年7月12日 (水)

湘南ひらつか七福神めぐり(2)

7月8日のこと。湘南ひらつか七福神めぐりラン後半。弁財天の平塚八幡宮から国道1号線を1.7km(最長区間)run 毘沙門尊天の春日神社(6)に到着。ここは平塚宿の京方見附に近い。境内に鐘楼があって、神仏習合の名残りがある。やはり茅の輪があったので八の字に回ってお参したが、平塚八幡宮とは回り方が違った(詳細は忘れたsweat02)。拝殿左横の毘沙門堂には小さな木像が3体。中央に毘沙門尊天、左右に大吉祥天女と禅尼子童子が祀られていた。

06kasuga 06bisyamon01

06bisyamon02

春日神社の東並びには、平塚地名発祥の地と伝わる「平塚の塚」緑地と、甕のハスが境内を埋める日蓮宗松雲山要法寺がある。ここで寄り道。もう昼近いので閉じたハスが多かったが、毎年七夕の頃に見頃を迎えるそう。

Yohoji01 Yohoji03

Yohoji02 Yohoji04

七福神めぐり最後は旧東海道の南側、大黒尊天の日蓮宗顕応山妙安寺(7)。平塚鬼子母神と呼ばれるお寺。本堂に祀られている鬼子母尊神は大きくて真っ黒、経典を捧げ持ち、目は金色で炯々。女性が赤ん坊を抱いているイメージだったんだけど、日蓮宗は鬼形。お寺さんが説明してくれたところによると、日蓮宗では法華経の行者守護の神様なのだとか。大黒尊天像は鬼子母神像の右隣で、サイズ的に完全に圧倒されているcoldsweats01

07myoanji 07kishimojin 07daikoku 7hukujin

これにて満願good 寿老尊の長楽寺から大黒天の妙安寺まで、5.6km、総所要時間は約2時間だった。七夕まつり会場の平塚宿江戸見附まで走って、出張ラン終了。足裏が攣ってヤバイwobbly 水分補給1.5L、観蓮ランからの総走行距離は20.1km、お疲れ様でした~。

2017年7月11日 (火)

湘南ひらつか七福神めぐり(1)

7月8日のこと。鵠沼で観蓮から、湘南海岸を走って須賀港(平塚漁港)にいったんゴール。湘南出張ラン最後のお楽しみは、湘南ひらつか七福神めぐりランである。夏の七福神めぐりに平塚ほどピッタリな場所はない。毎月7日に七福神めぐりツアーが行われているくらいだし(公式サイト>>)、平塚といえば七夕だ。今年の7月7日は平日だったので、翌8日に実走となった。熱いぞ、平塚sweat01

格安自販機に救われた熱中症目前ランナーは、最初の寿老尊・真言宗海詠山長楽寺(1)にたどり着いた。本堂に参った後、オミナエシが咲く寿老尊像へ。事務所で御朱印色紙(色紙+御朱印@800)を頂いたら、像の後ろのお堂に本体?が祀られているとのこと。さっそく扉を開けて、改めてお参りconfident 境内には県指定有形文化財の庚申塔もあって、青面金剛の両脇に二猿。三猿じゃないのは珍しい。

01tyorakuji 01juroson01

01juroson02 01koshinto

恵比寿神の平塚三嶋神社(2)は祭礼の準備中。湘南のえびす様は拝殿の前にも鎮座。社務所の横には福笹を持ったえびす様もいる。御朱印を頂いている間に記帳を勧められたのだが、自分の前は6月だった。あれ?流行っていない?やっぱ、夏に巡るのは邪道なのって思ったcoldsweats01 福笹えびす様の横にはキキョウが咲いていた。ひらつか七福神は秋の七草めぐりもできるようになっているのだ。

02mishima 02ebisu01

02ebisu02 03zensyoji

三嶋神社西門の真ん前に福禄寿の日蓮宗梵行山善性寺(3)。別名湯呑寺と呼ばれるだけに、本堂の福禄寿像は陶器製のようだった。

03hukurokuju02 03hukurokuju01

次は少し離れている。国道1号線に入り、「ちょんまげ最中」が魅惑的な弘栄堂さん隣、布袋尊の真言宗馬入山蓮光寺(4)。山門は高野山総本山金剛峯寺東京別院から拝領・移築した立派で渋いものだが、本堂前には巨大なサボテンがボーボー(花も咲いていた)。何、このギャップcoldsweats01 布袋尊像の右隣には「持ち上げ地蔵」という丸っこいお地蔵様がいて、軽く感じたら願いが叶うとか。

04renkoji 04hotei01 04hotei02

国道1号線を西へ1.3kmrun 弁財天の平塚八幡宮(5)は鳥居が七夕バージョン。夏越祓の茅の輪が設置されていたので八の字(左2回、右1回)に回ってお参り。平塚弁財天社は西御池に鎮座している。七夕まつり期間中だからか、境内に屋台があって、焼き鳥売ってたのビミョーな感じだった。境内にアヒルやらカモやらの美味しそうな鳥さんたちがたくさん住んでいるから...

05hatimangu 05chinowa

05benzaiten01 05benzaiten02

さて、熱中症目前ランナーは最初の長楽寺で十分休憩を取ったので復活していたが、まだぞろフラフラしてきたsweat01 春日神社への最長区間をヘロヘロ走るのであった。続くpaper

2017年7月10日 (月)

湘南海岸ラン

7月8日のこと。鵠沼の桜小路公園はす池で観蓮の後、平塚で湘南ひらつか七福神めぐりをするため、走ったrun 久しぶりの湘南海岸ラン

まず、海岸へ。鵠沼橋の歩道橋から江の島ビュー。ここからは晴れたら富士山も見えるのだが、靄ってて見えず。海岸ロードを西へrun 富士山は見えないし、海辺の花は萎れたマツヨイグサくらい(ハマユウとハマヒルガオが少し)。なので、真面目にラン、ランrun 茅ケ崎サザンCはスタートから約8.5km地点。Cの彼方の烏帽子岩も靄ってる。海の家から流れる音楽はサザンだnote

01enoshima 02southernc

スタートから11km、相模川の河口に到着。めっちゃ暑いsun 500mlボトル1本では持たなかった。熱中症になりそうで、かなりヘロヘロ状態で湘南大橋を渡った。その先に、格安自販機があると信じてcoldsweats01

03sagami_r_2

04sagami_r Terihanoibara

05hudanotuji 1枚だけ海辺の花を、テリハノイバラ↑夏の日差しに照り照りしちゃって、こっちは干乾びそうだよーんsweat02

湘南大橋を下りて、須賀港(平塚漁港)に向かう途中で格安自販機発見!水分補給、ちょっと復活。そして、相州須賀湊札の辻跡にゴールdash 12.9km/1:13’33”NET

ここ須賀は北条氏直轄の交通・経済の要衝の地で、札場があったそうだ。札場の向かいには串だんごの幟が揺れる和菓子屋さん。古くからありそうな、普段使いの店構えで、美味しそう。だが、まだスタート地点に移動してきただけで、七福神めぐりはこれからだ。団子にうつつを抜かしている場合ではない。次回、夏の七福神めぐり!湘南ひらつか七福神めぐりの巻。

Map

2017年7月 9日 (日)

鵠沼・桜小路公園はす池で観蓮2017

7月8日のこと。藤沢駅前から走ること1.2km、今年も桜小路公園はす池に観蓮ランrun

はす池は2ヶ所ある。まずは、白くて大輪の舞妃蓮が咲く第一はす池。見頃過ぎだなぁ。去年より1週間以上早い。7月9日は観蓮会が開かれる。

Maihiren01 Maihiren02

第二はす池では、八重咲きの誠蓮。ウッドデッキと池のアングルは定番wink

Makoto01 Makoto03

Makoto02

Makoto04 Makoto05

第二はす池はまあまあ見頃ではあるが、去年より咲き進んでいた。トンボとハスも定番wink

Tombo

湘南出張ラン、前半のメインが観蓮。次は海岸ロードを平塚に向かうrun 湘南ひらつか七福神めぐりがメインである。次回、湘南海岸ランの巻。

2017年7月 8日 (土)

湘南ひらつか七夕まつり

第67回湘南ひらつか七夕まつりに行ってきた。諸々のついでの一番最後なんだけどcoldsweats01

見附からメイン会場のスターモールを駅方向にfoot 七転八起も七夕飾り?

Tanabata01

猫バスcatとトトロが飛んでいる。

Tanabata02

昔話で、桃太郎。

Tanabata03

湘南ひらつか七福神。今日の出張ラン、後半は七福神めぐりランだったのだrun

Tanabata04

七夕まつりは、まー、人だらけ。広~い道路に屋台がビッシリ。モールにもビッシリ。何か、ホイッスルがついたジュース?を売っているらしく、そこら中から鳥の鳴声みたいな高い音が響き、疲れ倍増。何にしても、天候に恵まれて良かったね。

出張ランの巻は、鋭意写真整理中。

2017年7月 7日 (金)

七夕の月

綺麗に晴れた七夕の夜に白い月。星はあんまり見えないけれど、昼間の暑さも忘れられるなーwink 今夜の月は小望月fullmoon 満月は日曜日。

20170707

2017年7月 3日 (月)

その後の里山ガーデン(2)

7月2日のこと。6月4日に閉幕した都市緑化よこはまフェア・里山ガーデンのその後を偵察、2回目run (開催中4/16の里山ガーデン

東入口からブルーのフェンスが無くなり、“ここからどうぞ”的な控えめなフェンスになっていた。何人か散歩していたので安心して侵入coldsweats01 カキツバタ園脇の出入口もフラワーボックスの車除けだけに。撤去されると思っていたカキツバタ園のポッド入りカキツバタ達は、そのままで枯れていたcatface どうするんだろ。

01e_e 02kakitubata

里山ガーデンの中央には大花壇と森の空中回廊があったが、中央方向は全て閉鎖。森の広場は良い感じの芝生だから、早くもゴルファーの練習場と化していた(フレームの外に出て行ったが)。グランピングサイトもスッキリ。仮設の施設は撤去済みだ。

03morinohiroba 04granping

正面広場に向かうプランター通りの途中で行き止まり。フェンス脇の出入口から園外へ。園外路を先に進むと、東北側出入口最後の1ヶ所は行き止まりフェンスの先につながるので閉鎖。

05planter_s 06e_e4

07e 正面入口にまわってきたら、こちらはガッチリ閉鎖。9月29日まで「公園の花壇・柵等の整備を行っています」看板。10月に再オープンするってことだね。

大花壇の復活よりも、カキツバタ園の行く末の方が心配だなー。

ズーラシア前を通って中原街道へ。四季の森フォレオにゴールdash 5.2km/30分

このくらい短距離だと腰痛出ず。しかし、左に寝返りをうてないとか、サイドプランクができないとか、やっちまってから20日近いのに細かく痛いwobbly

2017年7月 2日 (日)

ジェラート・ランからの多摩丘陵ラン

01sn_p 7月1日のこと。相模原北公園でアジサイを愛でた後。左腰痛のリハビリに、あっちこっち迷走ランrun

ひとまず、ジェラート・ランを始めるキッカケになった町田あいす工房ラッテに向かう。牧場系アイスクリーム屋さんマップ>>

相模原北公園は段丘の縁に広がっているので、少し上って台地に戻り、国道413号線(久保沢道)に向かう。その二本松界隈は初めての道だ。国道を渡って三代目二本松を左へ、相原八幡宮に向かう脇道に入る。突き当りの右手に、相原八幡宮(1)が鎮座している。本殿は二間社流造(社殿が左右に分かれて、誉田別命と牛頭天王の二柱を祀っている)という珍しい形式、とのこと。境内は大ケヤキなどの大木に囲まれ、相原起番地之碑などがある。

01hatiman01 01hatiman02

01aihara1 02magome

境川を渡って町田市に入る。広い道路の脇に(2)真米地蔵尊が鎮座していたが、左手に持つ錫杖が石造にしてはリアル。もしかして「米」って書いてある?宝塔の変形か?

真米地蔵からすぐ、東京家政学院前交差点角、(3)町田あいす工房ラッテ(みるく工房併設)に到着、4.1km/23’43”NETrun さっそく、ジェラートダブル(搾りたてミルク・相原産ブルーベリー)@400、発注。うむ、2度目もサッパリしていて美味しいhappy01

03latte 03latte02

ジェラートランはコンプリートしたが、リハビリランは続く。都道を北上run ゴルフ場に向かって上り坂の頂上が町田・八王子市境。都道東側の森には大日堂があって、七国峠へと続く山道がある。路面状態が雨後で悪いのでトレイルは止めて、七国の新興住宅街を抜け、七国の尾根緑地(4)を突っ切る。結局プチ・トレイルで泥んこcoldsweats01 町田市に戻って相原諏訪神社(5)に参拝。諏訪神社に至る前の丸山地区が名前の通り山越え(丘越え)で参ったsweat01 相原駅前に向かう途中の中村公会堂角に(6)庚申塔

04nanakuni02 04nanakuni01

05suwa 06nakamura

町田街道を思案しながら走る。橋本駅に戻るか、もっとリハビッてみるか...リハビろう!では、無難なところで境川沿いを下るか、鑓水小山緑地に上るか...ああ!勝手に脚が久保ヶ谷戸トンネルの上に!アホかcoldsweats01 見晴らしが良さそうで、つい上ってしまった。三つ目山西公園(7)から境川方向を望む。結局、多摩丘陵ランだ。小山ヶ丘で鑓水小山緑地(8)へ上る。小山内裏公園の西端から奥多摩方面を遠望(9)するも、曇天cloud ここからは走り慣れた道。

07mitumeyama 08oyamagaoka

09yarimizu 10oyamadairi_p

戦車道とも呼ばれる緑道では生き生きしているアジサイ(10)が観られた。南多摩斎場までが国道16号から続く5370mの緑道(町田・八王子市境界隈)。その先も尾根道緑道(11)が続くが、これは丸ごと町田市。ケヤキ並木が尾根道緑道中央交差点まで、その先は桜並木だcherryblossom 春には桜めぐりでお世話になっています。ラッテから10km過ぎて、左腰痛発生wobbly 桜並木を諦めて淵野辺駅に向かう。

11keyaki 12kamiyabe

境川を越えて相模原市へ。上矢部交差点には上矢部の土塁跡(12)があった。八王子の武士団・横山党の支族がこの地で矢部氏を名乗り、この土塁の西側に館を築いたそうだ。道を直進すれば矢部駅だったが、斜めに淵野辺駅、ゴールdash 14.1km/1:18’10”NET、総走行距離は20.2kmrun 左腰痛が悪化する前にリハビリラン終了。やはり1時間を超えると良くないdespair

Map

2017年7月 1日 (土)

相模原北公園のアジサイ

今日もリハビリランrun 橋本駅スタートで相模原北公園のアジサイを観に行こう!きっとこれが今季最後のアジサイ・ランだ。公園まで2km、雨rain 天気予報どおり9時台は雨で、着いたら上がった。

アナベルが満開happy01 見頃を過ぎた株は花が摘まれているようで、一面の白いアナベルを楽しめた。

Anabell01

Anabell02 Anabell04

Anabell03

時折雨が降る。全体に見頃過ぎなこともあり、人影もわずかだった。青い伊豆の華越しにもアナベル。

Anabell05 Izunohana

まだ見られるアジサイを幾つか。コサージュ、フラウ・ヨシコ。最後は名前知らずだけれど、濃紫色が綺麗happy01

Corsage Frauyoshiko

Ajisai

やっと梅雨らしくなった7月、アジサイもお終い。今季は怪我のためアジサイ巡りができなかったが、おかげで10日も休足することを覚えたcoldsweats01 アジサイを観た後は、人体実験的なリハビリランに出発。次回、迷走気味なリハビリランの巻。

« 2017年6月 | トップページ | 2017年8月 »