2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

« 三島ジオサイト・三嶋大社 | トップページ | 三島スカイウォークからの富士山 »

2017年5月11日 (木)

柿田川ジオサイト・柿田川公園

5月7日のこと。三島あたり散歩レポ3は、伊豆半島ジオパークの柿田川ジオサイト、柿田川公園・柿田川湧水群(公園は三島市ではなく清水町)。何年か前に柿田川公園を訪れ感動したので、矢倉沢往還ランの締めに三島に1泊して三島あたり散歩をしたのだ。矢倉沢往還ランの5月4日の巻と5月6日の巻は、鋭意写真整理中

約1万年前の富士山噴火で流れ出た溶岩は愛鷹山と箱根の間、三島を流れ下り、柿田川まで達し、溶岩流の中を流れ出た地下水は湧水群を形成した。柿田川公園には湧水の出口「湧き間」がいくつもあって、間近に観察することができる。八つ橋から眺める柿田川中流部、爽やか~ 川の中ほどには緑鮮やかなミシマバイカモらしきものが流れに揺らめいているが、遠くて判然としない。

Kakita01

八つ橋の途中にある船着き場(泉頭城時代の船付曲輪跡 下に城跡案内板写真あり)の湧き間から湧水がこんこんと。

Kakita02 Kakita03

柿田川下流から歩き始めたので、次は第二展望台。神秘的な青。アユが泳ぐ水底からは砂を巻き上げ水が湧き出していた。

Kakita_0201 Kakita_0202

第一展望台は視界が広く、左右に湧き間がある。生き物のように動く砂を眺めるのって、飽きないなー

Kakita_0101

Kakita_0102 Kakita_0103

カワトンボ(ニホンカワトンボorアサヒナカワトンボ)が多い。最後の一枚は柿田川公園が泉頭城だったころの見取図。北条氏による築城で、徳川家康が隠居所とする計画があったという(家康の死により中止)。昔から景勝の地だったのだなぁ。

Kawatonbo_2 Izumigashira

この後、境川・清住緑地・丸池ジオサイトにも行ったのだが、ミシマバイカモの花見られず、残念(バイカモの花期には早いが、三島のバイカモは開花期間が長いと聞いた)。

三島あたり散歩の最後は、市街地から少し離れて、日本一の大吊橋体感の巻。

« 三島ジオサイト・三嶋大社 | トップページ | 三島スカイウォークからの富士山 »

旅行・地域」カテゴリの記事

公園・森林」カテゴリの記事

散歩・ジョギング」カテゴリの記事

自然」カテゴリの記事

河川」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 柿田川ジオサイト・柿田川公園:

« 三島ジオサイト・三嶋大社 | トップページ | 三島スカイウォークからの富士山 »