2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

« 麻生区岡上のバラ園・ローズオカガミ | トップページ | 里山ガーデン(4) »

2017年5月16日 (火)

都県境界・成瀬尾根緑道ラン

5月14日のこと。麻生区岡上のバラ園・ローズオカガミに走った帰り道。せっかく横浜市の端っこに来たのだから、都県境界を走ろうrun ルートマップは一番下。42.195km.netさんで作成。青ポチは5kmのマーク。

ローズオカガミから川崎市・横浜市境の道に戻る途中に、(1)岡上梨子ノ木緑地がある。少しだけ入ってみたら、かなり鬱蒼とした緑地に道が作られ、NPO活動が行われているようだった。

01okagami01 01okagami02

この(1)三叉路が市境で、白矢印の始点が川崎市麻生区岡上、矢印方向の道が都県境界の道。緑矢印は往路で横浜市から岡上に入ったルート。曲がらず直進する道の北が岡上・三輪緑山、南が横浜市の緑山スタジオ。(2)市境界鋲が点々と続く。

01okagami03 02border

都県境の道は尾根道だ。(2)玉川学園中等部・高等部の前を通って、奈良町と東玉学の境を進むと西に大山・丹沢山系、奥多摩の方まで見渡せる。晴れたら富士山も見えるだろう。

02tamagaku01 02tamagaku02

(3)成瀬台に降りる階段上から、家々の屋根の向こうに見える緑の帯。あれが成瀬尾根緑道だ。(4)奈良谷戸橋からも大山ビュー。ここから道は南下する。

03e_tamagaku 04narayato_b

こどもの国駅へと下る道を挟んで階段(5)。さっき遠望した成瀬尾根緑道(5)へ。この尾根道がほぼ都県境界だが、ところどころ横浜市側。恩田尾根道と呼ばれず成瀬尾根道と呼ばれるのは、なぜ?フタリシズカが咲いていたり、スズメバチ注意の木があったり、シダの群生地(6)があったり、根っこトラップがあったりする楽しい緑地。

05naruseone01 05naruseone02

05hutarishizuka 06shida 07kazenohiroba

尾根道緑道はあかね台まで続いて住宅街に入るが、(7)風の広場前で里に下りた。

最寄りの長津田駅前(8)にゴール。7.9km/45’52”NETrun ちょっと走っただけでこの風景のギャップ。郊外は楽しいgood

08nagatuta Map

« 麻生区岡上のバラ園・ローズオカガミ | トップページ | 里山ガーデン(4) »

散歩・ジョギング」カテゴリの記事

植物」カテゴリの記事

横浜・川崎」カテゴリの記事

コメント

こんにちは。以前は青葉区民だった者で、懐かしく拝読しています。

成瀬尾根緑道ですが、町田市側は成瀬台ですが、横浜市側は「恩田」ではなく「奈良」地区なのではないかと私は思います。町田川(恩田川)と奈良川の分水嶺なのではないでしょうか。
それで、緑道自体は町田市民の活動によって保存されており、町田市側の管理のもとにありますから、町田市の地名が冠せられるのは当然だと思います。 http://naruseone.web.fc2.com/
あとは邪推ですが、宅地造成以前は里山だったというのですから、つまり住民の手が入った山林、おそらくは入会地だったはずです。そして、この山林を利用していたのは、成瀬側の人だったのかもしれません。

この辺りは、柿生と命運をともにした結果として川崎市になった岡上といい、緑山と(町田市にある)三輪緑山といい、政治的に分断された結果として得体の知れない現状があり、古くから住んでいないとなかなかわけがわかりませんね。

あきさん、こんにちは。情報をありがとうございます。
地元の方でないとわからないものですね。緑地の入口に町田市立成瀬尾根1号緑地という看板がありました。自然保護活動をしている方々のお蔭で、貴重な里山の風景が守られているのですね。
川崎の飛び地・岡上も、周りが開発されていく中、里山の風景が残されていました(市街化調整区域ですが)。残してほしいというのは部外者の勝手な願いですが、それでも残って欲しいものです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2032526/70571578

この記事へのトラックバック一覧です: 都県境界・成瀬尾根緑道ラン:

« 麻生区岡上のバラ園・ローズオカガミ | トップページ | 里山ガーデン(4) »