2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

« 2016年12月 | トップページ | 2017年2月 »

2017年1月

2017年1月29日 (日)

三浦半島一周ラン2017(三崎口-久里浜)

1月28日のこと。三浦半島一周ラン2017の1回目は、三崎口-城ヶ島-久里浜、25.6km/2:26’46”run 城ヶ島散歩と久里浜の海辺の湯チェックを含む総所要時間は4時間。風弱く、暖かくて良い日和だった。富士山は少し靄っていても綺麗に見えたし、海は青いし、アップダウンもいと楽しcoldsweats01 去年10月には浦賀-小松ヶ池経由-佐島を走ったのだが、12月だったかと思うくらい、最近に感じる。トシねcatface

ポイント写真はマップに載せて省略。レイヤーごとに色を変えるからバランスが悪いのかな~。今年はサッパリした色合いで統一してみよう。

ピックアップは富士山fuji 冬は富士山。城ヶ島の馬の背洞門(1)(2)から。城ヶ島大橋(3)から。半島に戻って八景原(4)から。ここでスタートから6.5km付近。

01umanose 02umanose 03oohashi 04hakkeibara

風車が目印の宮川公園(5)には、三浦半島サイクルスタンプラリーなどに活用されているマイルストーン(写真撮影用のブロンズ像)が設置されている(半島に全8箇所ある)。マグロと大根の像。サイクリストはたくさんいるが、誰も撮らないねcoldsweats01 宮川橋の向こうにも小さく富士山。富士山ビューはこれが最後だった。

05miyakawa01 05miyakawa02

宮川公園を出ると毘沙門湾に向かって下り、江奈湾に向かって上って下る。スタートから11km、江奈湾干潟(6) 小網代の森にも干潟があって、半島には貴重な干潟が残っている。

06ena

07miura_c 江奈湾から台地に上るup 激坂だ。激坂を上りきったあともデイリーストアまでダラダラと上りは続く。デイリーストアで脚を止めて、緑の畑と青い海と房総半島を眺める。何年か前の“ひとり三浦国際市民マラソン”でも同じことしたな~。上った分だけ金田湾に向かって下る。相棒さんに踏まれた足指が痛いですweep 行きつけの整形外科医によると、末梢神経の損傷で、痛みが無くなるまで2ヶ月だそうです。痛いだけなので、走れますsweat02

浦賀水道の穏やかな波を右に眺めながら、ひたすら海岸線run スタートから17km、三浦海岸(7)に到着。大根のスダレが三浦らしい。

国道134号線を行くと、当然ながらずぅ~っと海なので、野比まで旧道run 半島一周≒海ビューなんだが、もう、横道から海が見えるくらいで丁度良いcoldsweats01 スタートから21km過ぎ、野比海岸公園(8)に到着。ここにもマイルストーンが。水仙だ。

08nobi01 08nobi02

09kurihama 北下浦海岸通りには、千駄ヶ崎までの約2.5kmに、ボランティア団体が植栽した約3万本の水仙が咲き誇っている...ほとんど枯れてたdespair 今年は終わるの早いね。援護センター前の遊歩道だけ見頃だった。

千駄ヶ崎隧道が最後のアップダウン。久里浜港に寄り道して、1/11にオープンしたばかりの「海辺の湯」を偵察。非常にシンプルな作りの3階建で、2階のお座敷休憩処までノーチェックで入れる(風呂は3階 平日@750/休日@850 タオル別)。勝手に昼寝できそう。1階は土産屋と磯料理屋。土産屋で横濱アイス工房のソフトクリーム@350を売っていたので、ソフトクリーム休憩を入れた。以上、偵察終了。

ペリー公園前、久里浜(9)にゴールdash お疲れ様~。

歩いて京急久里浜駅へ。お土産に、駅ビルの精栄軒でカステラ(かすていら 5個入り@1080)を買って帰宅。ちょっとお高いが美味しかったhappy01

2017年1月28日 (土)

県立城ヶ島公園の水仙など

今年もやるぜ、三浦半島一周ランrun 綺麗な見た目のGoogleマップ作製が目的、って、センスの問題なんじゃないのcoldsweats01 記念すべき2017年第1回は、三崎口-城ヶ島-久里浜25.6km。まずは、ランのオカズ、城ヶ島公園の水仙などの巻。

京急三崎口駅を降りると、河津桜がロータリーを囲んでいた。河津桜と言えば三浦海岸駅だが、そっちはほとんど咲いていなかった(京急の車窓から確認)。

Misakiguti01 Misakiguti02

三崎口駅から走ること約6km。城ヶ島大橋から富士山ビューfuji 靄ってるねぇ。大橋を渡ったら散歩開始foot 城ヶ島は歩き回ると結構な時間が掛かってしまうので、30分で。馬の背洞門に向かう。途中で三浦半島八景・城ヶ島の落雁、展望台からウミウ生息地を眺める。崖が白いのは、ウミウの糞catface

Oohashi Rakugan

馬の背洞門の上から大島と富士山ビュー。洞門は脆いので立ち入り禁止です。

Unonose01

Unonose02 Unonose03

島の西側にも水仙ロードがあるそうだが、そんなに時間が無いので東側の公園へ。八重咲きの水仙が約30万株とか。枯れ始めた株もあり、満開を過ぎた感じだった。すごく香る。まるでロウバイのような香りだった。

Jogashima_sui01 Jogashima_sui02

Jogashima_sui03 Jogashima_sui04

30分、短い。しかし、スタートからまだ6kmだから、遊びすぎると帰宅時に日が暮れる。下って上って下って上って下って、ちょっと上って下る、という、半島ランで最も高低差があるコースが待っている。ルート編は次回へ。

2017年1月25日 (水)

相模国六社めぐりラン(4)

1月21日のこと。相模国六社めぐりランrun 最後の6社目、三之宮・比々多神社の巻。大山道田村通を国道246号線伊勢原交差点まで。矢倉沢往還を少しだけ走ろうかと思っていたが、もう疲れちゃって、少しの回り道もしたくないdespair 最後は素直なコース取りで。マップは一番下↓

富士山・大山を正面に神川橋をまた渡り、旧田村十字路へ。大山道道標「右大山みち」(14) 新幹線の高架下を過ぎる田んぼが広がり、ますます富士山・大山三昧。旧道は渋田川沿いの道(15)。ここはコース上唯一の未舗装路。長閑だ。スタートから26km付近。

Kamikawa04 Tamura10

Shibuta_r Shimoya

小田原厚木道路の伊勢原インター跨道橋(16)からも。

Inter01 Inter02

三観寺付近から上り坂が始まるup きっついっすwobbly スタートから28km過ぎ、最高点の直前で八坂神社(17)に立ち寄り。以前の大山道田村通ランでは見落とした大山道道標(兼 庚申供養塔)があるのだ。「右おおやま道」「左たむら道」。

Yasama01

Yasama_l Yasama_r

八坂神社の次の交差点には不動明王道標?(18)「左大山道」「右日向道」があるが、装いが「お地蔵様」なので不動明王なのか判別できず。

Numame_fudo

下って上って、三福寺前を左斜めに直進すると、伊勢原駅に突き当たる。駅の構内を通過し、北口の竜神通りが旧道。あと3kmくらいだ。疲れちゃって、伊勢原大神宮にも気づかずスルーrun スタートから3km過ぎ、国道246号線の伊勢原交差点を左折。246までが田村通り(通りは石倉橋まで続く)。東名をくぐってミニストップサンクスが見えたら、あと少し!

三之宮・比々多神社に到着dash 32.7km/3:03’25”NET、総所要時間5時間。時刻は15時過ぎ。ヘロヘロ~wobbly 御祭神は、豊斟渟尊・稚日女命・天櫛明玉命・日本武尊・大酒解神・小酒解神。無事六社巡ったことを感謝しつつ、怪我しませんように、と重ねてお願いした。実は既に怪我しているが、犯人は相棒さんなので、相棒さんにバチを!とお願いしておけば良かったかsweat02 いやいや、人を呪わば穴二つだよdespair

03hibita01 03hibita02

03hibita_l 03hibita_r 03hibita03

拝殿前の狛犬ならぬ狛酉に目が奪われてしまった。さすがに阿吽ではないが、ヒヨコ?がいたりして子取りの狛犬を意識している。それに、どう見ても、置いてる。毎年替えているんだろう。

冬の15時過ぎは夕方だ。社務所で御朱印をいただき、帰りのバスを教えてもらい、長い旅が終わった。三之宮バス停で待っていたら、回送バスが2台過ぎ、3台目の回送バスが停車して「伊勢原駅北口行き」だと告げた。??回送って出てますけど?ツッコむ元気は無かったので、最初の乗客になりバスに揺られる。その後2人乗車。誰もツッコまず、駅に到着。降りてすぐにバス正面を確認したが、「回送」だった。発車と同時に駅行き表示・停車と同時に回送っていう早業?撮っておけば良かった?そんなオチで、相模国六社巡り結願coldsweats01 お疲れ様でした。

2017年1月24日 (火)

相模国六社めぐりラン(3)

1月21日のこと。相模国六社めぐりランrun 4・5社目、前鳥神社と寒川神社の巻。この2社は相模川上流にあるので、平塚八幡宮から北上。モロに北風と対決だtyphoon 新しくできた、ららぽーと湘南平塚を見るどころではなかった。顎を引いて、脚を風にとられないよう、必死run 平塚八幡宮-前鳥神社間の旧道は未調査なので、最短コースを採った。スタートから17km付近、圓通山大会寺北向観音堂が最後の目印。御本尊が聖徳太子作と伝わるそうだ。などなどのルートマップは次回UP予定up

鳥居新造工事中の四之宮・前鳥神社に到着。御祭神は、菟道稚郎子命・大山咋命・日本武尊。思ったよりも大きな境内を持つ神社で、林に囲まれ、境内社や社務所などが落ち着いた建築で良かったgood

04sakitori01 04sakitori02 04sakitori03

湘南銀河大橋(10)を渡って相模川左岸を行くことも考えたが、風に飛ばされたら大ごとだ!橋は後回しにしたいsweat01 そんな強風。四之宮の渡し場跡(11)から川の土手に上がったら、風に煽られるぅwobbly 風に翻弄されること2km(スタートから20km)、田村の渡し場跡(12)・神川橋に辿りついた。神川橋は富士山・大山ビューポイントだ。(13)は橋の寒川側から撮ったもの。

Ginga Shinomiya Tamura Kamikawa03

Kamikawa02

我が家の神棚には毎年寒川神社のお札を納めている(武蔵国の住人なのにcoldsweats01)。お世話になっています、一之宮・寒川神社。御祭神は寒川比古命・寒川比女命。神門には「迎春干支ねぶた」が掲げられている。そうか、まだ1月だったっけ、と思った。御朱印も、金色の八方除けやハマゴウが配され、通常版よりゴージャスだった。

01samukawa01 01samukawa02

01samukawa03 01samukawa04

時刻は昼過ぎ。境内で売られていた八福餅を食べたくて仕方ない腹ペコさんpig しかし、給食失敗すると最後の長丁場で生還できないかもしれないsweat02 20kmを超えて疲れ始めているが、ウィダーインゼリーで我慢。比々多神社まであと13kmくらい。冬は陽が短いから急がなくては! 最後は大山道田村通で三之宮・比々多神社に向かうrun

2017年1月23日 (月)

相模国六社めぐりラン(2)

1月21日のこと。相模国六社めぐりランrun 3社目、平塚八幡宮の巻。国道1号線川勾神社入口交差点から旧東海道を走り、総社・六所神社に参拝し、国府新宿の「国府祭(こうのまち)」案内板を過ぎたあと、すぐ旧道へ。

国道と旧道の間に、国府津本郷一里塚跡(5) その後は国道から大きく離れ、大磯城山公園前で合流する。滄浪閣前に色褪せた鳥居が並ぶ宇賀神社(6)が鎮座している。鳥居が並んでいる様など見た目はお稲荷様だが、宇賀神といえば蛇神で弁天様と習合する。お稲荷様とも習合しがちだ。

Koduhongo Uga

大磯宿には史跡がいろいろあるのだが今回はスルーrun 以前の旧東海道ランを参照>> 大磯駅を過ぎたらまた旧道へ。スタートから11km過ぎに化粧坂一里塚跡がある。12km過ぎ、花水川から高麗山と富士山ビュー(7) 富士山は桜並木と雲に隠れてハッキリしなかった。そして、いよいよ平塚宿へ。平塚宿京方見附(8)、江戸見附(9)。

Koma01_2

Koma02 Hiratuka_kyo Hiratuka_edo

スタートから14km辺りで旧東海道を離れる。一国一社の八幡宮(五之宮格)・平塚八幡宮に到着。御祭神は應神天皇・神功皇后・武内宿禰。

05hatiman01 05hatiman02 05hatiman03

境内には池がふたつもあるので、カモやらアヒルやらがあちこちにいる。御朱印待ちをしていたらエナガとジョウビタキの混成集団が社務所にやってきた。彼らは忙しないので、テキトーに撮ったら写ってたgood

05enaga 05hatiman04

やっと全ルートの半分近くまで来た。北風が強くなり、まともに正面を向けないほどだった。だが北に向かうのだ。次回、四之宮前鳥神社dash 全体のルートマップは鋭意作成中。

2017年1月22日 (日)

相模国六社めぐりラン(1)

1月21日のこと。今年最初の野望、相模国六社めぐりランrun

“大化の改新によって相武(さがむ)の国と磯長(しなが)の国が統一され、相模の国が生まれた。その時両国の一之宮だった寒川と川勾が新たな一之宮を争った。見かねた比々多・前鳥・平塚八幡宮が「いずれ明年まで」と先送りすること千年以上。いかにも日本的に円満解決? その様子(座問答)を儀式化したのが国府祭(こうのまち)で、毎年端午の節句に催される” 国府新宿交差点の案内板を略してみた。当時の国司の仕事と言えば神社の巡拝だったので、総社に一之宮から八幡宮までの分霊を合祀し、総社に参拝して巡拝を省略した。今回は、その六社を巡拝して御朱印をいただく企画である。

二宮の吾妻山で富士山・菜の花を楽しんだ後、吾妻山梅沢口をスタート。二之宮川勾神社-総社六所神社‐平塚八幡宮-四之宮前鳥神社-一之宮寒川神社-三之宮比々多神社 とめぐる長丁場、30km以上。何回かに分けてUP。

相模国二之宮・川勾神社。御祭神は大名牟遅命・大物忌命・級津彦命・級津姫命・衣通姫命。茅葺の随神門には県内最古の随神様が鎮座(ガラスケース内で、よく見えず)。手水舎の向こうに真っ白な富士山がよく見えた。

02kawawa01 02kawawa02 02kawawa03 02fuji

菜の花に合わせて吊るし雛が展示される(2月10日~13日)ので、巫女さんや氏子さんが忙しそうに作業していた。自分の御朱印帳を持参したのだが、専用御朱印帳が無料で貰えたので、活用good @300を納めて墨が香しい御朱印をいただいた。

02syuin01 02syuin02

六社めぐりはなるべく旧道でrun 旧東海道・国道1号線に出て最初の史跡は二宮の一里塚跡(江戸から十八里)(1)。平塚まで旧東海道を行くrun (2)梅沢旧道へ入って、煉瓦造りの煙突と昭和風の建物を見る。(3)ヤマニ醤油さんだ。門脇に巨大な釜。実家の五右衛門風呂みたいだ(30数年前ね)。五右衛門風呂は火傷に注意だよcoldsweats01

Ninomiya01 Ninomiya02 Umezawa Ume_yamani

梅沢口スタートから6km付近。総社・六社神社に到着。御祭神は櫛稲田姫命・素盞嗚命・大国主命。大化の改新後、相模国一之宮から八幡宮まで分霊を合祀、総社と称されるようになる。国道沿いの大鳥居をくぐり、東海道本線の下もくぐり、その先の参道の大欅は、樹齢数百年だそうな。

06rokusyo01 06rokusyo02

06rokusyo03 06syuin

国道に戻って次の交差点、国府新宿の二宮側に総社の標石(4)。大磯側に一之宮から八幡宮の標石(4)があって、最初に引用した国府祭の様子を示している。標石自体に歴史的価値があるのかどうかは分からない。

Kounomati01_2 Kounomati02

この先8kmほど、旧東海道をひたすら進む。平塚八幡宮に続くrun

2017年1月21日 (土)

二宮・吾妻山の菜の花と富士山2017

今年の野望始めは相模国六社めぐりrun スタートは二宮。まずは吾妻山に登って菜の花と富士山を堪能する。JR二宮駅から役場口を、階段登って標高136.2mup 展望台から(左から)相模湾・箱根連山・富士山・丹沢山系ビュー。素晴らしいhappy01

Azuma01

Azuma02

海霧で初島が見えないが、それはそれで幻想的でイイgood 菜の花、6万株ほどもあるそうな。もう満開sun

Azuma04 Azuma07

Azuma05

Azuma06

山頂へのアプローチには今の時季、水仙が咲いている。こちらも見頃happy01

Azuma03 Suisen

下山は梅沢口から。途中の吾妻神社拝殿前では河津桜が咲き始めていたし、登り口では白梅が見頃だった。撮っていないけど。

次回からは、相模国六社めぐりランの巻。

2017年1月18日 (水)

ロウバイめぐりラン(5) 東方天満宮

1月15日のこと。ロウバイめぐりラン5ヶ所目。四季の森公園-中川八幡山公園-西方寺-真照寺と走った最後は、東方天満宮。東方天満宮といえば梅の名所なのだが、梅の間に数本、ロウバイがある。鳥居の前では紅白の梅が咲き始めていた。

Higashikata01 Higashikata02 Higashikata03

拝殿前の広場を囲むように梅林があって、ほとんど未開花。拝殿と梅を撮れるアングルに妙に白い梅が咲いていると思ったら、造花が枝に刺してあった。誰かが造花で写真を撮ったっていうこと?しかも、放置? 天満宮イチオシの緑萼梅は、若草色の小さな蕾状態だった。

肝心のロウバイは、2分咲きってとこ。

Robai_tenman01 Robai_tenman02

Map これで、ご近所ロウバイめぐり完遂。次なるミッションは買い出し。OKストア前にゴールdash 19.8km/1:52’11”NET

寒暖差がきつかったせいかエネルギー切れのせいか、重い怠い眠い。相棒さん出動要請mobilephoneをし、買い出し。怠惰な休日を過ごすことを第一としている相棒さんは、ケータイに出ることさえできれば(=爆睡していなければ)まずTV前にいるので、非常に心強いgood 本人は見ていないハズだが、ヨイショup に、なっていないcoldsweats01

これでレポ終了。今年の1月は七福神めぐり2ヶ所で満足し、早くも花めぐりモードに突入だ。週末の天気が気になってしょうがない。

2017年1月17日 (火)

ロウバイめぐりラン(4) 真照寺

1月15日のこと。ロウバイめぐりラン4ヶ所目は、西方寺から東方天満宮に向かうルート上だったので、急きょ立ち寄った折本町の浄土真宗澤水山真照寺。大熊川の左岸丘上に建つ真照寺は横浜市の名木古木指定の白木蓮がイチ押しだが、参道と境内は花に囲まれている。山門に向かって参道右側にはロウバイが並んでいるのだ。まだ咲き始めで、香りも控えめ。西方寺と同じく丸い花弁だが、中心部が黄色い。別の品種か?

Shinsyoji01 Robai_shin01 Robai_shin02

手水舎の水も凍る寒さ。境内では白梅、椿、ボケなどが咲いていた。大きなロウバイの木もあるのだが、この寒さdespair ほとんど蕾だったので、見頃は2月にかけて、といったところか。

Shinsyoji02 Shinsyoji_ume

大熊川沿いに東方に行くつもりが寄り道してしまったので、そのまま真照寺の尾根伝いrun 次回は最後の5ヶ所目、東方天満宮soon

2017年1月16日 (月)

ロウバイめぐりラン(3) 西方寺

1月15日のこと。ロウバイめぐりラン3ヶ所目は新羽の西方寺。スタート(四季の森公園)から13kmちょっと、中川八幡山公園-都筑緑道を経由して到着run 参道脇のロウバイが咲いている。茅葺の山門をくぐるとロウバイが香るhappy01 茅葺の本堂にお参りして、客殿前のロウバイの大木を愛でる。

Saihoji01 Saihoji02

Saihoji03

年末の帰宅ランで立ち寄った時は2分咲きくらいだったが、すっかり見頃だhappy01 丸っこい花弁が艶々で、良い薫り。1本だけだが(根元に小さな株があるけれど)、花付きといい、枝ぶりといい、西方寺のロウバイが一番綺麗だgood 立派な建築とのコラボも見逃せない。

Robai_saiho01 Robai_saiho02 Robai_saiho03 Robai_saiho04

じっくりゆっくりロウバイを楽しんでいたら、身体が冷え切ったdespair 走って汗をかき、立ち寄りで冷え切るを繰り返すせいか、身体が重く感じられてきた。この時点では折本町の真照寺に立ち寄る予定ではなかった。産業道路から大熊川沿いに東方天満宮へと向かうrun

2017年1月15日 (日)

ロウバイめぐりラン(2) 中川八幡山公園

ロウバイめぐりラン2ヶ所目は、都筑区の中川八幡山公園。スタートから7kmちょっとrun 早渕川北の小高い丘で、雪に覆われた丹沢山系を見渡すことが出来た。白梅が青空に映える。数年前にもロウバイを観に来たのだが、その時は遅くてほとんど終了だった。

Hatimanyama01 Hatimanyama03

Hatimanyama02

ロウバイ、見頃happy01 ここのロウバイは山頂の東端に並んでいて、観覧車が少しだけ見える。白梅の木は大きく、ロウバイ終わりごろには白梅が見頃になるのだ。

Robai_hatiman01 Robai_hatiman02

Seseragi_p 次は港北区の西方寺。早渕川から都筑緑道せきれいのみち-せせらぎ公園へ。凍った水面に青空が映る。池を眺めているとポコンポコンと音がした。水底から上がってくる水泡が水面の氷に当たっているのだ。やがてそこは丸く穴が開く。面白いhappy01

横浜生田線を走って新羽へ。次回は西方寺soon

ロウバイめぐりラン(1) 四季の森公園

地元で冬の花、ロウバイめぐりランrun スタートは四季の森公園。その後は港北・都筑区のロウバイ・スポットを巡る。中川八幡山公園-新羽・西方寺-折本・真照寺-東方天満宮 19.8km。次々行きますup まずは四季の森公園から。

Robai_shiki01 Robai_shiki02

去年の暮れに既に見頃だったロウバイ。花弁の色が薄くなってきてた。はす池の半分くらいが凍っている。コサギも寒そう。

Shiki Kosagi

凍っていない西側ではカワセミが何か狙っている。池周囲の林ではジョウビタキ(雌)が可愛い目をクリクリさせてたhappy01

Kawasemi Jobitaki

今日は行く先々、凍っていた。日向と日陰の寒暖差が半端ない。立ち寄りで身体が冷え切り、走って温め、の繰り返しだった。次は中川八幡山公園soon

2017年1月10日 (火)

インターステラー 読了

■インターステラー グレッグ・キイズ著

クリストファー・ノーラン監督の映画『インターステラー』の小説版。人類存亡を懸けて、新たに発見されたワームホールを利用して惑星間航行、別の銀河に人類の新たな家は見つかるのか。命を懸けた旅に選ばれたのは幼い子を持つ父親だった...

オチを言わずに感想を語れない。言えるのは、この映画観たかった!映画館で!人類滅亡に至る過程についての説明無しでも全然OK、むしろ無くて潔い。基本説明無しなのだが、ワームホール、ブラックホール、イベントホライズン、5次元といった科学要素が文章でも何とかイメージできる(できたと思わせる)とこがスゴイ。映像ならもっとスゴイに違いない。ラストはポジティブで良かったと思う。疑問もあるのだが、オチだから言えないsign04

去年は本を読んでも感想を書くのがメンドーでsweat02 書籍カテが増えなかった。振り返ったら4月以降書いてないしcoldsweats01 今年もきっとメンドーだったりするだろうが、忘れないうちに書き留めていこうと思うbook

2017年1月 9日 (月)

川崎七福神めぐりラン ルート編

1月7日のこと。川崎七福神めぐりランのルート編。マップは42.195km.netさんで作成、青ポチは5kmのマーク、一番下↓ 中山から武蔵新城駅東の安養寺まで13.2km/1:14'22"78NET、七福神めぐり9.3km/51'18"39NET、日吉駅西口まで1.2km/約7分、なんだかんだの総所要時間は約4時間run

7日は晴れの一日。中山の都橋(1)と川和の富士見が丘西(3)では富士山が見えた。(2)は川和駅前の桜と菜の花の見所。菜の花が青く、春の準備中。

01miyako_b 02kawawa 03fujimi

センター南を通過して早渕川を下流へ、勝田橋で中原街道に合流。去年の中原街道ランで見逃した道中坂(4)の標柱を見ようとしたら(見た)、(4)鎌田堂という地蔵堂があって、「酉年地蔵尊 第21番」と表示されていた。なんと、酉年御開帳chick 三浦不動より都筑・橘樹地蔵尊の方が身近でコンパクトだぞ。武相不動尊もあるし、悩ましい4・5月。

04dotyusaka 04kamatado

立ち寄りたい場所はたくさんあったが、今後のお楽しみに取っておくことにして七福神目指して走るrun 千年交差点を過ぎて(6)巌川橋で左折、江川せせらぎ遊歩道沿いに武蔵新城駅に向かう。(7)福禄寿・真言宗天輪山安養寺に到着。葬儀中ですthink 七福神巡りの詳細は前の記事へ。

06iwakawa_b 07anyoji

(8)弁財天・真言宗大谷山宝蔵寺 (9)毘沙門天・真言宗大栄山東樹院多聞寺 住宅街を抜けて等々力緑地(10)の遊歩道を楽しみ、小杉神社(11)前を通過。川崎市内って、地名ズバリな神社がいくつもあって興味深い。安養寺から約3km、(12)大黒天・真言宗龍宿山西明寺 長い参道を中原街道に向かい、史跡案内板「小杉御殿とカギの道」(12)を読んだら、「さいめいじ」じゃなくて、「さいみょうじ」だったかぁ。

08hozoji 09tojuin 10todoroki 11kosugijinja 12saimeiji 12kosugigoten

丸子の渡しから続く旧道っぽい道を行くrun 新幹線が境内から見える(13)恵比寿神・真言宗日吉山大楽院神宮寺 (14)丸子山王日枝神社では「びしゃ祭」が行われていた。五穀豊穣を祈念する歩射祭のことで、大きな的が道路から見えた。安養寺から約6.5km、(15)寿老神・真言宗瑠璃光山長寿院無量寺では長い縁台が設えてあったので、カイロを脚から剥すなど軽装化。湘南七福神では低温火傷の愚を犯したが、今回は無事good 平間駅を過ぎて(かなり行き過ぎて遠回りsweat02)横須賀線の御幸跨線橋(16)を渡る。

13dairakuin 14hiejinja 15muryoji 16kosen_b

昨年春に桜めぐりをした住吉ざくらの渋川(17)を渡って、到着。(18)布袋尊・真言宗木月山遍照院大楽寺 これにて結願。大楽寺は酉年地蔵尊の札所だった。酉年御開帳めぐりかぁ、春までに考えよう。

17shibu_r 18dairakuji

帰りは元住吉駅か日吉駅か。元住吉駅の方が近いし日吉駅は丘の上だし、通勤定期があるし、メリットが弱いにもかかわらず日吉駅に向かうrun 西口の(19)サンロードゲートがゴールにしか見えず、駅はまだ先だったけどゴールdash お疲れ様でした~。これでレポ終了paper

19hiyoshi Map

2017年1月 8日 (日)

川崎七福神めぐりラン(2)

1月7日のこと。川崎七福神めぐりラン後半は、5ヶ寺目の恵比寿神・大楽院から。

西明寺の参道は中原街道に続く。綱島街道を横切り、綱島街道と多摩川の間の旧道っぽく緩やかに蛇行する道を走る。西明寺から約1.5km、東海道新幹線が脇を通る大楽院に到着run 東横線新丸子駅からだと東口を出て真っ~直ぐ行くと、行き当たる。恵比寿神・真言宗日吉山大楽院神宮寺。福々しくて良いお顔の恵比寿神は山門入って右のお堂に祀られている。新幹線、通過bullettrain このお寺だけ、人手不足で御朱印セルフ。御朱印代入れ(お菓子の缶)が剥き出しで物騒sweat01

05ebisu01 05ebisu02 05ebisu03

同じ道沿いに、寿老神・真言宗瑠璃光山長寿院無量寺。賢者の風格、寿老神様。寺務所に御朱印行列10人以上。御朱印貰ってからお参りとか本堂スルーとかダメだから!と、行列が長くなると心中穏やかでないsweat02 イカンイカン、「気は長く心は丸く腹立てず」だよ。

06jurojin01 06jurojin02

最後の大楽寺までが最長区間、約3.5km。横須賀線を越える御幸跨線橋がルート上唯一の難所だった。住吉さくらの渋川と新幹線の高架を過ぎて、布袋尊・真言宗木月山遍照院大楽寺に到着run 新幹線と県道が交差する場所なのに、三重塔まであって別世界。

07hotei01 07hotei02 07hotei03

Gosyuin_2 本堂前で巨大布袋様が出迎えてくれるが、布袋尊像は本堂内に安置されている。若干、ビリケンさんか珍遊記風の布袋様だったcoldsweats01 堂内には他にもたくさんの布袋様がいらした。

唯一、本堂内で御朱印を頂く。日付も。完成した御朱印色紙がコレ→ 色紙に溢れんばかりの御朱印って良いなぁhappy01

安養寺から大楽寺まで、想定では8.6kmだったが、2度ウッカリ遠回りして、9.3km/51'18"39NETrun 所要時間は約2時間。ルートマップのラインは想定ルート(8.6km)。

大楽寺の最寄駅は元住吉駅だが、日吉駅に向かって走った、1.2km。いつも綱島街道側(駅東口)なので、初めて西口にゴールした。中山からの総所要時間は約4時間だった。お疲れ様でしたpaper

次回は中山からのルート編。

2017年1月 7日 (土)

川崎七福神めぐりラン(1)

今年2つ目の七福神めぐりランは、川崎七福神。川崎市中原区内の真言宗寺院7ヶ寺で、元旦から7日までの御開帳。中山からだと、綱島街道で布袋尊・大楽寺に行くか、中原街道で福禄寿・安養寺に行くか。走って行く前提だよcoldsweats01 ルート編は後日UP。

で、中原街道ルートでrun 南武線武蔵新城駅から近い、福禄寿・真言宗天輪山安養寺に到着。葬儀中だったので遠慮がちに入る(葬儀は門前の葬祭殿)。こちらの本殿はコンクリ造で、福禄寿様も何ていうか、現代的?モダン?参拝を済ませたら寺務所で御朱印色紙@300+御朱印@200(各寺)。押印してもらう方式。

01hukurokuju01 01hukurokuju02

最寄りの弁財天・真言宗大谷山宝蔵寺へ。こちらでも山門前に神像が安置されてるが、本堂左の弁天堂に木造の弁財天様が祀られていて、七福神の宝船もあった。参拝客が増えた。しかもママチャリ多数。どうやら地元の方が多いらしい。

02benzaiten01 02benzaiten02

02benzaiten03 02benzaiten04

宝蔵寺の前でイキナリ方角を見失って数百m遠回りdown ママチャリに追いつかれて毘沙門天・真言宗大栄山東樹院多聞寺に入る。山門入って左に毘沙門堂がある。長禄年間(室町時代)に、この地にあった毘沙門社を豪族が発見し、毘沙門堂を再建したとか。由緒ある毘沙門天像である。

03bisyamon01 03bisyamon02 03bisyamon03 03bisyamon04

等々力緑地をかすめて、徳川家小杉御殿跡隣の大黒天・真言宗龍宿山西明寺へ。安養寺から約3km(遠回り込)run ニッコリ笑っている大黒天様が本堂で待っている。参道が長く、境内は広い。良いお寺だhappy01 参道が長いと無条件で良いと思ってしまう。

04daikoku02

04daikoku03 04daikoku01

西明寺参道の入口は徳川家小杉御殿の表御門があった場所。中原街道は史跡が多くて見どころタップリなのだが、今日は七福神めぐりなので、中原街道については去年の記事(2015/08/23)に譲る。次回は5ヶ寺目、恵比寿神の大楽院から。

2017年1月 4日 (水)

葉山-逗子 富士見ラン

Map 1月2日のこと。2017年走り始めの前半、逗子葉山・湘南七福神めぐりラン。後半は葉山恵比寿・玉蔵院から再スタートし、海岸沿いに富士見ランrun ゴールは逗子か鎌倉か。足の向くまま気の向くまま走る。しかし、曇り空から始まったランだったので、実際に富士山が見えるかどうかはビューポイントに行ってみなけりゃ分からなかった。富士山が見えなくても海は綺麗さ、きっとねwink って、マップを最初に持ってきたらオチがバレバレだcoldsweats01

マップは今年も42.195km.netさんで作成。赤ライン5.9km/33'03"32。青ライン2.0km/12'01"64run

森戸海岸から名島・葉山灯台・江の島・富士山、全部見えを期待して大峰山の西端を回り込む、見えた!七福神、ありがとー!と、心で叫んだgood 写していないが、左には大島も見えていた。

Morito01_2

森戸大明神にも参拝して、拝殿裏手の海岸入口からも富士山三昧。海岸で凧揚げ、正月らしいなぁ。

Morito02 Morito03

Moritomyojin01

国道134号に合流し、逗子海岸へ。太陽の季節碑と江の島・富士山fuji 毎年何度か葉山・逗子を走っているのだが、もしかして富士山ビュー、初めてかも。いやぁ、冬がイイねぇ、三浦半島。

Zushi01 Zushi02

どこまで行けるか、134号線。というのは、逗子・材木座を隔てる飯島トンネルを歩行者が通れるのか?問題があるのだ。材木座側からは歩行を妨げる表示は何も無いのだが、明らかにトンネルが通行を拒んでいる。では、逗子側からはどうか?行けるところまで行くぜ!浪子不動を過ぎて切通の入口に、出た。飯島トンネルの手前の伊勢山トンネル、「この先歩道ありません行き止まり」看板。反対側(海側)には歩道があるが、あっちは太陽の季節碑から先に歩道が無いので、渡れないのだ。伊勢山トンネルを目前にして、通り過ぎるママチャリを恨めしく思う。

Iseyama01  Iseyama03Iseyama02

行き止まり看板右の祠に、シュールな石像が祀られてた。なんなんでしょうsweat02 134号チャレンジはここで諦め、富士山三昧の極めるため披露山公園に上った(標高約100m 歩いたよfoot)。展望台からの眺め。左手前の岬が大崎公園、相模湾を挟んで左から天城山・箱根山・江の島・富士山・丹沢大山。2枚目は逗子市街地方向で、左から二子山・大楠山・森戸海岸、白光している右に大島が見える。

Hiroyama01

Hiroyama03_2

Hiroyama02

園内にはニホンザルと鳥が飼育されていた。申年→酉年。トリは烏骨鶏だったけれどchick この時点では鎌倉行きを諦めてはいなかった。ところが、悪魔の電話が相棒さんからかかってきた。「鎌倉は混んでいるよ。新逗子駅なら始発だよ~」sweat02 その通りである。座って帰りたい。逗子駅に向かって下山run JR逗子駅前にゴールし、歩いて新逗子駅へ。総走行距離は19.0kmだった。

最後に、駅前の市役所に隣接する亀岡八幡宮に参拝。亀岡だけに?狛亀coldsweats01 なんだかんだ盛り込んで、総所要時間は4時間弱。今年も寺社巡りに花巡り、街道探索と、駆けずり廻るよgood

Kamegaoka01

Kamegaoka_a Kamegaoka_un

2017年1月 3日 (火)

湘南七福神めぐりラン(2)

1月2日のこと。2017年走り始め、逗子葉山・湘南七福神めぐりランrun 御朱印色紙などは前回の記事へ。

ルートは、福禄寿・東昌寺→寿老人・光照寺→弁財天・延命寺→大黒天・宗泰寺→布袋尊・長運寺(今年だけ不参加で、布袋尊象は仙光院)→毘沙門天・仙光院→恵比寿・玉蔵院 逗子市内4ヶ寺、葉山町内3ヶ寺、すべて真言宗の寺院である。走行距離は、11.1km/1:02'41"46NETrun 総所要時間は2時間。

京急神武寺駅から歩くこと数分。最初は宝仙福禄寿・真言宗青竜山東昌寺。駅からガードレール上に燈籠が設置されていたのが、東昌寺参道まで続いていた。大晦日から初詣に来たら幻想的だっただろう。福禄寿さまは本堂内の右奥に安置されていて見えなかったが、鰐口と紐で繋がっているので紐を掴んでお参り。寺務所で御朱印色紙@1,000を頂き、ラン、スタートdash

01hukurokuju01 01hukurokuju02

神武寺の南東、JR東逗子駅が近い、福寿延命寿老人・真言宗開宮山光照寺。こちらも紐で繋がっている。御本尊の前にいらしたのでご尊顔を拝することができた。御朱印は各寺@100、寺務所で押印してもらう方式だ。

02jurojin01 02jurojin02

JR逗子駅方向に向かい、田越川の手前、厨子弁財天・真言宗黄雲山「逗子大師」延命寺。入って右側に弁天堂があり、高野山より勧請したそうだ。堂内には弁天様の他16童子が安置されているそうだが、ガラス扉が逆光で弁天様以外はほとんど見えず。ちなみに、酉年に御開帳される三浦不動尊霊場第28番札所。今年だなぁ。どーしようかなーcatface

03benzaiten01 03benzaiten02

田越川沿いに南下、福徳大黒天・真言宗海向山宗泰寺。本堂にどーんと迫力、真っ黒な大黒天様。境内西の斜面には山之神社が鎮座しているのだが、焼け落ちていたdespair 逗子市内の寺院は以上4ヶ寺。次は葉山町に向かうrun

04daikoku01 04daikoku02

桜山隧道を抜けると葉山町。長柄交差点手前で旧道に入る。5ヶ寺目は円満布袋尊・真言宗景政山長運寺なのだが、今年に限り閉鎖されており、布袋尊は近隣の仙光院に安置されている。布袋様は引っ越しているが、本堂にお参りした。

Sakurayama 05hotei

森戸川沿いに、東へ。長柄毘沙門天・真言宗長谷山仙光院。本堂内に長運寺の布袋尊と仙光院の毘沙門天が並んで安置されていた。その指から外の回向柱に紐が伸びている。本堂の左側に、ぽっくり観音・ぼけ除け観音が。当然、お参りしたさcoldsweats01 ここまで約7km/40分NETrun 東昌寺では曇りがちだったが、すっかり青空で暑いくらいだった。ここで、脚に貼ってたカイロを剥いだり(ポケットに入れてたら腿が低温火傷したwobbly)、軽装化した。

06bisyamon01 06bisyamon02

県道311号から国道134号へ、ルート上の最長区間約4kmrun 葉山恵比寿・真言宗守護山玉蔵院。大きなイチョウ、大きな本堂。回向柱の先は本堂内の恵比寿様へ。シューズを脱いで、中に入ってお参りした。寺務所で最後の御朱印を頂き、日付を入れてもらう。飴玉も頂きましたhappy01 これにて結願。

07ebisu01 07ebisu02

9時頃スタートし、玉蔵院で11時前。想定よりも30分早かった。休み休みの11.1kmでは満足できないので、まだ走る気満々rock 西海岸沿いに逗子駅までか、鎌倉駅までか。とりあえず、再スタートdash 次回、後半戦。

2017年1月 2日 (月)

湘南七福神めぐりラン(1)

2017年の走り始めは、恒例の七福神めぐり。今年は逗子・葉山の湘南七福神めぐりランrun ルートは、福禄寿・東昌寺→寿老人・光照寺→弁財天・延命寺→大黒天・宗泰寺→布袋尊・長運寺(今年だけ不参加で、布袋尊象は仙光院におわします)→毘沙門天・仙光院→恵比寿・玉蔵院 11.1kmrun 最初のお寺で御朱印色紙を購入@1,000(御朱印込)、各寺@100×6ヶ寺=1,600円也。寺務所で押印してもらう形式なので、押印センスが無い自分のような人には助かるシステムcoldsweats01 笹と土鈴の授与もある。

まずは、これまた恒例の見せびらかしの巻。御朱印色紙と宗泰寺の護符?長生きしたくはないが、この言葉のようにいたいと常々思っている。

Syonan7_01 Sotaiji

東昌寺さんでマップをいただいた。右下は玉蔵院で撮った宝船風チラシ。お開扉は10日までですよ。

Syonan7_02 Map

見せびらかしは以上。次回、巡拝の巻。

おまけ。明日1月3日は火星と月が大接近するのだそうだ。今宵の火星と月も、十分近いhappy01

Moon

2017年1月 1日 (日)

2017年初日の出@四季の森公園

あけましておめでとうございます 本年もよろしくお願いいたします

酉年、年女chick でございます。今年も怪我をしないように、マイペースで駆けずり廻りますrock

Fuji02

Fuji01

↑この富士山は、四季の森公園の展望台から、初日の出を拝んだ後に撮ったもの。園内は霜が降りて、踏みしめる地面がシャクシャクと鳴るくらい冷え込んだ。そのぶん、富士山はクッキリhappy01

展望台から見る初日の出sun 6:50東の峰が焼けたように見えた。そして、6:58。太陽が頭を出し始めた(1)。ほんの2分の間に、その姿をすべて現した太陽。自宅で爆睡している相棒さんに、あけおめ電話をして起こしたmobilephone ゆる~い夫婦coldsweats01

Sun01 Sun02 Sun03 Sun04 Sun05 Sun06

何年か前に展望台から見た初日の出よりも木々に隠れているような気がした。隠れているといえば、スカイツリーだ。今日は日の出直後なので写りが暗いが、2013年1月1日と2016年1月1日と比べても、隠れている。右隣りに見えるはずの東京タワーは完全に木々の陰。着実に生長する木々であった。

Skytree2013 Skytree2016 Skytree2017

2017年散歩始めでした。走り始めは明日。元旦くらいマッタリしようwink

« 2016年12月 | トップページ | 2017年2月 »