2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ

« 2016年11月 | トップページ | 2017年1月 »

2016年12月

2016年12月31日 (土)

2016年の走りっぷり記録

2016年の走りっぷりを集計してみた。年間総走行距離は、1800.9kmrun 2014年11月に右膝半月板損傷して、翌2015年はご自愛とリハビリと自重の1年、のわりに1500km走っているのは、ジムのトレッドミルでリハビリに励み、落とさなかったせいだ。2016年は膝と付き合うコツが分かってきて距離が伸びた。これ以上走るには3kg以上痩せないと駄目だろうなーと思うと自信がないので、このくらいが調度良いcoldsweats01

月別記録
日付 距離 平均速度
1月 169.30km 9.9 km/h (06'05 /km)
2月 138.30km 10.0 km/h (05'59 /km)
3月 131.10km 10.0 km/h (06'00 /km)
4月 152.40km 10.2 km/h (05'53 /km)
5月 151.90km 10.2 km/h (05'52 /km)
6月 156.70km 10.2 km/h (05'51 /km)
7月 162.00km 10.4 km/h (05'47 /km)
8月 126.10km 9.8 km/h (06'08 /km)
9月 151.30km 10.4 km/h (05'46 /km)
10月 171.60km 10.4 km/h (05'45 /km)
11月 140.90km 10.7 km/h (05'37 /km)
12月 149.30km 10.5 km/h (05'42 /km)
年別記録
距離 平均速度
2011年 1152.43km 10.1 km/h (05'57 /km)
2012年 1518.20km 10.5 km/h (05'42 /km)
2013年 1796.00km 10.5 km/h (05'44 /km)
2014年 1759.20km 10.2 km/h (05'53 /km)
2015年 1500.90km 9.7 km/h (06'10 /km)
2016年 1800.90km 10.2 km/h (05'52 /km)

グラフにしてみた(便利なサイトがグラフ化してくれるgood)。奥から2011年→2016年。2014年12月は当然0kmである。梅雨でも距離が落ちないのは、ハナショウブ→アジサイ→ハスと忙しいから。3月が少ないのは、梅と桜の間で花巡りランがひと段落して、脚のメンテが必要な頃合いだからだろう。花の時季以外は自主企画で駆けずり廻るのだ。今年は特に街道ランに凝って企画モノが多かったなぁ。来年も野望が目白押しだwink

20112016

では、これで2016年の更新はお終い。お付き合いくださった方々、ありがとうございました。佳いお年をお迎えください。

2016年12月30日 (金)

西方寺のロウバイと帰宅ラン2016

今日がホントの仕事納め。去年よりも順調に納まり、13時には社内でストレッチを始めたcoldsweats01 一人出社は自由だなー。ただ、誰もいない室内は寒くて、なかなか温まらない。で、準備OK、帰宅ランスタートrun 最寄駅前はこんな感じで人疎ら↓ 多摩川・丸子橋を渡る。大山山系までよく見えた。近くの多摩川台公園からなら富士山が見えたかもしれないが、今日は帰宅ランなので、スルーrun

01jiyugaoka 02tama_r

綱島街道をひたすら走る。上丸子跨線橋と日吉駅前がルート上の最大高低差。スタートから7km弱、日吉駅前慶應大学のイチョウ並木は葉が全部落ちても迫力がある。鶴見川を渡ったら右岸のサイクリングロードに入り、新羽橋を渡って緑産業道路へ。今年も新羽・西方寺のロウバイをチェックだ。スタートから12kmちょっとで西方寺に到着。

03hiyoshi 04saihoji01

西方寺はお正月を迎える準備中。横浜七福神の幟も風にひらめいている。本堂の扉が少し開いて、ご本尊様を拝むことが出来た。そして、ロウバイはというと、2分咲きくらいかな。

04saihoji02 04saihoji03

Robai01 Robai02 Robai03

Map 客殿側で開花している花が多く、境内側は蕾状態が多かった。西方寺のロウバイは花弁が丸っこくて、よく香る。去年よりは開花が進んでいないので、見頃は1月中旬かな。去年は見頃が下旬と踏んで、もう少しで見損なうところだったsweat02

スタート時間が早かったので15時には中山へ。中原街道・落合橋から、晴れると富士山が見えるのだが、白い雲が大山の向こうを覆っていて見えなかった。

中山駅前にゴール。18.8km/1:45’53”18NETrun 12月の総走行距離は、149.3kmだった。今日で2016年走り納め。明日はやり残した大掃除の続きだ。

2016年12月29日 (木)

四季の森公園のロウバイ2016

四季の森公園のロウバイが、もう見頃happy01 空が透ける黄色い花弁。今年も香ってるgood 1本ずつ嗅いでまわったら、花の色が薄い方がより香りが濃かった。

Robai01

Robai02 Robai03

今年の冬は暖かい。暖かいとロウバイがどうなのか、分からないが去年よりは早いようだ。

2016年はあと3日。毎年毎年、1年が早くなるわ~。記憶の圧縮率が半端ないな~。マラニックしてなかったらボケてそうな気がするcoldsweats01 今日は公園周辺をちょこっと4.6kmラン。明日は仕事だ、がんばろうrock

2016年12月25日 (日)

湘南富士見ランからの引地川ラン

12月24日のこと。稲村ヶ崎から江の島と富士山を見たくて、朝からお出かけ。富士山三昧の巻は前回の記事へ。ルートは、稲村ヶ崎公園-引地川-湘南台-境川-和泉川ゴール、22.1km/2:03’50”16NETrun マップは42.195km.netさんで作成、青ポチは5kmのマーク。

(1)稲村ヶ崎公園は「かながわ景勝50選」「関東の富士見百景」。海と江の島と富士山ビューを堪能した後は、準備運動して江の島にGOrun

Map 01inamura

(2)江の島弁天橋と境川河口と富士山。余裕で走れる弁天橋は久しぶりだ。(3)青銅鳥居の前でターンして、片瀬橋の袂付近でスタートから5km。湘南海岸公園の海岸通路を引地川まで。川沿いに北上するため(4)鵠沼橋の歩道橋に上がる。清々しく青い空と海。川面も富士山も青いなー。歩道橋上で、スタートから7.0km/39’19”35NETrun

02enoshima

03enoshima 04kugenuma 04kugenuma02 05hikiti

国道1号の先、栢山公園の一画に(6)厳島千人力弁天社が鎮座している。龍神のお告げにより女人1000人で建立したという伝承がある。女の千人力って、凄そうcoldsweats01 (8)引地川親水公園の南端に注ぐ(7)小糸川合流点、富士山が頭を出していた。この公園の藤棚は約130mもあるのだが、間が悪く未だ見頃の藤棚に出合えていない。

06itukushima 07koito_r 08shinsui_p 09engyo

ずっと左岸を走っていたが、道が無かったり迂回要だったりして遠回り、湘南台の円行寺公園・柳橋(9)で17.5km/約1:40’NETrun 引地川の源流は大和の泉の森にある。来年は泉の森から河口まで走ってみよう。

中山へは幾つも川と丘を越えていかねばならないが、体調は不良down 相鉄いずみ野線のどこかの駅に辿り着きたい。引地川から丘を上って湘南台駅を過ぎ、境川の(10)今田遊水地へ。いずみ野線とブルーラインの高架下を通って(11)富士塚公園で給水休憩。名前からして富士山見える?振り返ったら、見えたhappy01

10sakai_r 11fujituka_p

丘の上、(12)ゆめが丘駅そばから富士山fuji まだ行けるrun 和泉川へ下って川沿いにいずみ中央駅を目指す。

12yumegaoka_s 13izumi_r

14izumishinmeisya 和泉川は境川の支流なので、引地川(円行寺辺り)から北東に3kmほど進んだだけで既に流れが細い。ゴールはいずみ野駅か弥生台駅かと思ったが、右脹脛が攣ったwobbly 無理せず近くのいずみ中央駅ゴールに決定。せっかくだから、柏尾通り大山道ラン(11/23)で撮り損なった大山道道標をもう一度見ようと(13)中村橋を渡って泉区総合庁舎東側交差点に向かう。和泉川、サラバ~。また戻ってくるけどね~。

そして、目的の道標がある(14)和泉神明社前にゴールdash まあまあ無事だったことを神明社に報告。

向かって左端の石塔、蚕御霊神塔の左側面が見たかったところ。「大山道」の文字の上に方角を示す指差しの絵が彫られている。絵は右手かな?珍しいhappy01 これで思い残すことはない。いずみ中央駅まで歩き、電車とバスで中山に帰った。お疲れ様。

14kaiko02 14kaiko01

2016年12月24日 (土)

稲村ヶ崎-江の島・鵠沼 富士見ラン

今日はきっと稲村ヶ崎で良い富士山が見られるに違いないfuji うまく撮れたらPCの壁紙にしようっとwink ということで、9月以来の湘南出張ラン。スタートはズバリ、稲村ヶ崎公園。荒々しい海と江の島と富士山ビュー。良い壁紙になりそうgood 今回は富士山三昧レポ。

01inamura 01inamura02

02_7rigahama_2 湘南の富士山は朝イチに限るなぁ。人が少ないし、空気が澄んでクッキリhappy01

稲村ヶ崎スタートはいいがノープランだったので、このまま富士見ランにして国道134号を西進run 七里ヶ浜駐車場も良いビューポイント(フリマやってた)。七里ヶ浜駅近くの行合橋交差点も良いのだが、ずっと護岸工事をしているので撮らず。

富士見なら江の島弁天橋は外せない。いつも多くの人で賑わって走るどころではなかったりするのだが、今日は空いていた。時刻は9時前で、クリスマスイブ。イブは関係ないかcoldsweats01 弁天橋・江の島・富士山のアングルは、そうは撮れない。良い年末になりそうかな?

03enoshima01

03enoshima02 03enoshima03

青銅鳥居の前でターンし、弁天橋を戻る。湘南海岸公園の海岸通路を富士山に向かって、走る~走る~俺た~ち 流れ~る汗もそのま~ま~に(爆風スランプ)note そんな気分だが、実際の脳内音楽は星野源「恋」sweat02 「逃げ恥」ロスにはなっていない。

04nishihama01 04nishihama02

引地川河口。ここで引地川沿いに北上することにした。

05hikiti01

05hikiti02 06kugenuma

最後の1枚は、鵠沼橋・歩道橋上からの富士山。サラバだ富士山、湘南海岸paper 稲村ヶ崎から7.0km/39’19”35NETrun 続く。

2016年12月18日 (日)

三浦半島一周ラン2016完結編

12月17日のこと。綺麗な三浦半島一周を目指し、5回に分けて走った総走行距離 123.2km(三浦七福神めぐり含む)。最終回、富岡-浦賀は最長28.7km/2:39’18”42NETrun お疲れ、自分good だが、マップを見ると、イマイチdespair なんだろうこの残念な感じは。Googleマップのマーカーが年の途中でデザイン変更になったせいだけではない(自分のマーカー・カラー選択センス棚上げsweat02)。これではダメだ。来年こそは綺麗なラインを!もしかして、マーカー付けなきゃ良いのかな?それだと、“マップで省略”の技が使えない...とにかく、来年こそは!

というわけで、最終回もルート詳細とポイント写真はマップで省略wink

冬のピックアップは富士山だねぇfuji 実は、東海岸ルートで見られるなんて思っていなかったのでラッキーscissors 野島の夕照橋から富士山

Yusyo_b01 Yusyo_b02

Vruny_2 スタートから14km、ヴェルニー公園では護衛艦いずも・補給艦ときわが並んで見られた(マップにアップ済)。対岸の米軍基地にも艦船が停泊、潜水艦とユリカモメが微妙な平和感を醸していた。

20km辺り、馬堀海岸のプロムナード(うみかぜの路)から富士山。直線的な海岸線なので、ずぅ~っと背後に富士山。度々立ち止まって富士山撮り。だいぶ時間をロスしたcoldsweats01 ここはランナーが多いのだが、夏は焦げそうで無理かなぁ。冬はおススメの場所だ。

Mabori

走水の破崎緑地展望台から富士山。ダイヤモンド富士とか、見られそうだなぁhappy01

Hashirimizu01 Hashirimizu02

走水の御所ヶ崎を過ぎると富士山とはオサラバ。観音崎の青い海と岩礁を眺めながら走る。多々良浜の観音崎大橋手前でスタートから25km。お腹が空いてきましたよ~despair

Kannonzaki

鴨居のかもめ団地を通過。そして、浦賀湾。ゴールの前に、東浦賀の東叶神社にお参りした。拝殿前から湾を望むと、鳥居の向こうに昼下がりの太陽が正面にあった。正面に陽が沈むことがあるのだろうか。あったら素晴らしい眺めだろう。拝殿の裏山には奥之院があるのだが、もう疲れたよんdespair だが、西岸の叶神社にも参りたい。愛宕丸に乗りたい!浦賀の渡し(東渡船場)にダッシュdash 矢印の先が西岸の叶神社。何度目の正直か、愛宕丸に乗船ship 海を渡る気持ちの良い数分間、西渡船場に上陸。

Kanou_e Uraga_ew_2

西岸の叶神社が元からの叶神社で、東岸に分祀したそうだ。普通の狛犬があるのだが、石柱につかまるタイプの狛犬もいた。このタイプ、どこかで見た。出雲だったか。拝殿の天井には花鳥図が彫刻されている。この場所に花鳥図って、あまり見ない。

Kanou_wu Kanou_wa

Kanou_w

両叶神社に参拝し、ゴールを前にやり切った感に包まれる。ダメダメ、東岸に戻って残り1kmだ!矢印の先が東叶神社。再び愛宕丸に乗って戻る。船長さんや漁港の人に「もう戻ってきたの?」と笑われたcoldsweats01 そして、浦賀駅前にゴールrun 1年がかりの企画、コンプリートgood 三浦半島よ、また来年!

Uraga_we_2

2016年12月14日 (水)

11月の走行記録など

今日は満月fullmoon 寒くなってきたので少し萎えたが、気合を入れて夜ラン5.9kmrun 今年最後の大一番、三浦半島一周ランのラスト区間、浦賀-富岡(28km)が待っているので、寒くてもトレーニング怠りませんrock 浦賀-富岡、長いなcoldsweats02

で、11月の走行記録。全10回、140.9km。年間総走行距離は、1651.6kmrun 今年も年間1800km、行けるかな~。

Moon01

Moon02

2016年12月11日 (日)

鶴見川ラン2016

12月10日のこと。横浜の秘境駅見物の前は鶴見川ランrun スタートは鶴見川に恩田川が合流する都筑水再生センターの対岸で、県治水事務所管轄の鶴見川距離標19.7km(1)が転がっている場所。マップは42.195km.netさんで作成、青ポチは5kmのマーク。青ラインは秘境駅への道。

Map 01_197km

今回のオカズは富士山fuji (2)鴨池人道橋から富士山。ニョキニョキ伸びてる紅白のクレーン?は、白山で物流センター工事だ。(3)河口から14.5km付近と大竹橋からの富士山。こっちの工機は首都高横浜北線工事。(4)新横浜換気所(北線)と富士山。

02kamoike01 02kamoike02 03ootake01 03ootake02 03ootake03 04kamenoko

しばらく富士山とはお別れ。早渕川合流点手前の河口から10.0kmのバクの標柱(5)。河口から7.0km付近鷹野大橋から鷹野人道橋(6)を眺めると、富士山見えたhappy01 だが、ここが最後の富士山ビューとなった。残念。河口付近からも見えるそうだが(鶴見区見どころ80、関東の富士見百景)確認できなかった。

05_10km 06takano

今回のタイムロス要素は、富士山とバクの標柱5km刻みチェック(標柱は0.5km刻みで設置されているが、左岸には15.0kmが無かった)だけ。河口から5.0km(7)は撤去された水管橋の先にある。

07suikan 07_5km

潮見橋手前、潮田の渡し跡(8)を過ぎ、潮見橋の袂に河口から1.0km標柱と路上表示(8)。早く着きそうでも手抜きせず、ラストのダーッシュdash したとこで、対岸に河口干潟(貝殻浜)(9)が見えたので撮る。横浜市北東部唯一の自然干潟である。去年はここにゴールして、貝殻で白い浜を歩いたっけな~。

08shiodanowatashi 08shiomi_1km 09higata

(10)河口から0.0kmにゴールdash 鴨池人道橋・新羽橋・潮鶴橋を渡ったので、河口から19.7km地点スタートだが、19.9km/1:51’27”94NETrun 何度来ても、当然ながら海は見えない。河口なのにぃ。この後、海芝浦駅に行くため新芝浦駅まで走った。それは前回の記事へ。

10_0km 10kako

2016年12月10日 (土)

横浜の秘境駅・鶴見線海芝浦駅を見に行った

今日は快晴、冬晴れsun 北風ぴゅ~sweat02 恒例の鶴見川ランrun の後で、横浜の秘境を目指してまた走った。秘境と言えば陣ヶ下渓谷だが、駅にもあるのだ。それが鶴見線(海芝浦支線)の海芝浦駅。この駅の改札は東芝の敷地にしか出られないので、関係者以外改札を通ることが出来ない。アプローチは電車だけ。そこで、鶴見川河口から海芝浦駅のひとつ手前の新芝浦駅まで走ったrun 鶴見川ランの巻は後日UP。

河口最寄りの鶴見小野駅は木造無人駅。次の弁天駅はスルーして、入船公園を通り抜け。

01ono_s 02irihune_p

東芝敷地入口にある浅野駅。鶴見線の本線と海芝浦支線分岐駅で、ここも無人駅だ。こんな看板↓もあるのでドキドキする。人はイイってことだよね、ね?

03asano_s 04jfe

河口から2.9km。新芝浦駅舎の前にTOSHIBAの壁が立ち塞がるcoldsweats01 恐る恐る近づき、TOSHIBAを越えて見る。守衛さんがスッ飛んでくることもない。怒られないぞ。入っちゃえ~。ここも木造無人駅。簡易式Suica端末が設置されているが、切符入れの箱もある。つい、Suicaをピッとやって入場したが、電車が来るまで30分以上あるよ~wobbly 間の悪いことに、2時間に1本しかない時間帯。さすが、真の悪い女good

05shin_shibaura01 05shin_shibaura02 05shin_shibaura03 05anzen2 05kudari 05kudari02

05ashi 誰もいないから駅舎から出てもよさそうな気がしたが、そこはビビリさん、見えない障害を越えられないsweat02 なんだかんだで25km以上走ってきたので、構内でストレッチしたり、日なたぼっこしたり(ホームの階段で日なたぼっこ中の脚→)、運河に浮かぶカモメを眺めたりして一人遊びcoldsweats01 監視カメラには挙動不審な女が30分以上も映っていることでしょう。

待ちに待った下り電車に乗車train 下車は2名。乗車は自分だけ。3両編成に20人くらいかなぁ、思いの外乗客がいた。

約2分で終点、海芝浦駅に到着(2)。「関東の駅百選」認定駅(1)でございます。改札は東芝京浜事業所の入口(3)なので、撮影禁止。だが、その横(運河沿い)に海芝公園(4)の入口がある。行ってみよう。折り返し発車まで20分なので、乗り遅れ注意!逃したら2時間缶詰になっちゃうからねぇdown

06umishiba02 06umishiba03 06umishiba01 06umishiba04

海芝公園は京浜運河沿いの小ぢんまりした細長い公園だ(100mも無い。東芝私有地)。西を望むと大黒ふ頭とベイブリッジが小さく見える。東(駅舎側)には扇島。運河を正面から見ると、大黒ふ頭と扇島を結ぶ鶴見つばさ橋(6)が、巨大な翼を広げたように横たわっていた。横浜ベイブリッジより、かなり大きい。

07umishiba_p01 07umishiba_p02

08oogijima 08turumitubasa_b

ホームからも、鶴見つばさ橋・ベイブリッジ・火力発電所の塔。扇島。運河だけど、ここは海だな。鶴見川0.0km地点より、ず~っと、海だwave ここでも日なたぼっこしているうちに、発車時刻となった。サラバ、秘境駅paper

09daikoku 09oogijima

余談だが、海芝公園に入るのにSuicaをピッとやって一駅分の清算をしたのだが(もちろん、帰りもピッとやって入場)、これって、駅の外に出たってことになるのだろうか。

2016年12月 9日 (金)

大山-日向トレッキングなどなど

12月3日のこと。大山日向めぐりレポ最終回。大山阿夫利神社下社から日向薬師にトレッキング、5.5kmfoot 結果的に大山・日向コース(伊勢原市のサイト>>)を自走(歩)した感じ。日向薬師からは伊勢原駅でも本厚木駅でも大した違いは無い(ような気がした)ので、本厚木駅までラン、9.0kmrun ルート詳細とポイント写真はマップで省略↓

正午ごろ、大山阿夫利神社下社(1)をスタートした。(1)関東ふれあの道標識には日向薬師5.5kmとある。2時間はかかるな、と思った。

01afuri 01afuri02

200mも行かないうちに砂防工事中。大山に似つかわしくないが(2)サンタさんが可愛いcoldsweats01 サンタさんの近くに(2)関東ふれあいの道石板、日向まで5.3km。

02santa 02hureai

登山道を行き来する人々は皆、コンニチワー攻撃を仕掛けてくる。負けずにコンニチワー返しをする。そしてクマ除けの鈴をチリンチリンと鳴らせている人も多いが、負けずにお腰につけた大山まんじゅう袋をガサガサと鳴らす。嘘、まんじゅうが潰れないように押さえて歩いたcoldsweats01 エネルギーが切れてきて、いつ食べるんだ大山まんじゅう!と自問するころ、(3)見晴台に到着。下社から見晴台まで1.3km/20分foot 見晴台はテーブル・ベンチがたくさん設置されていて、ちょうどランチタイム。お腰につけた大山まんじゅうを、ひとつ食べた。休憩は取らず、ズンズン進むfoot 800mほど続く(3)尾根道からはススキと東丹沢の山並みが見えたが、高取山や念仏山だろうか。日向越(雷峠)からは九十九曲がりの山下りが始まる。ただひたすらに足元を見て山下り。我ながら軽快だったが、それが翌日からの悲劇につながろうとは、思いもよらなかったcoldsweats01

03miharashi 04onemiti

コケることなく、熊にも遭わず、無事に下山。慎重な足運びから解放され、思わず小走りになるrun (5)日向渓谷を眺めながら石雲寺前、浄発願寺の先、日向山への分岐(6)へ。里だ~happy01 市のお勧めルートは日向山方向に上るのだが、参道を正面から行きたいので分岐はスルー。日向薬師の巻は前回の記事へ。結局、目論み通り2時間で日向薬師に着いたのだが(石雲寺・浄発願寺立ち寄り含む)、登山口から約1.5kmをジョグしたからだ。

05hinatakeikoku 06hinatam_b

日向薬師から下りた大門橋にて、大山まんじゅうをもうひとつ食す。お昼ごはん、まんじゅう2個pig 8.0km走って7.1km歩いて(少しジョグって)、もう歩くのは飽きた。走って帰るのだ、サラバ大山run

最後は大山ビューで。(7)実蒔原古戦場と大山ビュー。右端のギザギザ山頂は三峰山かな?厚木市街地に入る直前の(8)恩名にて、夕暮れ迫る大山ビュー。15時ごろ。

07sanemakibara 08onna

見慣れた市街地を抜け、本厚木駅前にゴールdash お疲れ~。お腰につけた大山まんじゅうは2個しか食べていないので、相棒さんへのお土産となった。潰れていないよwink 大好きな大山まんじゅう、相棒さんにも好評でした。

伊勢原駅から本厚木駅まで全行程の所要時間は約6時間。総移動距離は、ラン18.7km+トレッキング7.1km=25.8kmfoot 翌日、未だかつてないほどの大腿四頭筋の筋肉痛になった(痛すぎて悲喜劇sweat02)。大山下り、恐るべし。と同時に、普段からハムストリングスを使えていることを実感し、自分を褒めてあげた。半月板損傷を理由に下りを避けているため大腿四頭筋が弱い。これは反省点。これにてレポ終了。師走も駆けずり回るよrock

2016年12月 7日 (水)

日向薬師の薬師堂 祝落慶

12月3日のこと。大山道走って、女坂上って、下社から日向道下りまくって、2012年以来の真言宗日向山宝城坊日向薬師参詣。2011年から平成大改修(350年ぶり)を行っていて、このほど落慶。11月20日に落慶法要が行われたそうだ。

仁王門

Niomon01 Niomon02

苔むして、丸みを帯びた石段を上って、

Sando01 Sando02

薬師堂(本堂)に到着。こんなに広かったんだぁ。以前は工事の囲いが迫ってきて境内がいっぱいだったのだが、そうか、こんなに広かったのだな。茅葺の本堂も、大きかった。

Yakushido01 Yakushido02

御開扉もしていたが、前立薬師如来坐像かな?ご本尊は宝物殿に安置されているだろう。周囲には四天王と十二神将像が配置されていた。最後に御朱印を頂きました。これで、大山寺、阿夫利神社、日向薬師と巡拝完了good ヒガンバナの時季に再訪すると言い続けて4年。来年こそは、来年こそは~!

Nihonsugi Gosyuin_2

下社からのルート編は後日UP。未だ鋭意写真整理中coldsweats01

2016年12月 5日 (月)

大山道ラン&トレッキング(糟屋宿-阿夫利神社下社)

12月3日のこと。伊勢原駅前からジョグでUP1.7km。大山道の柏尾通り(東海道不動坂付近始点)と青山通りが合流する糟屋宿から、大山詣でラン、スタートdash こま参道入口までラン8.0km+下社までトレッキング1.4km。何だろう、何だか楽しかった記憶しかないcoldsweats01 いつも通り雑だが、ルート詳細とポイント写真はマップで↓

Manju 大山を源流とする鈴川沿いに先導師旅館が立ち並ぶ。愛宕滝を過ぎ、良弁滝の手前に、大山まんじゅう本舗がある。名物、大山まんじゅう良辨。これは下山後では売り切れの可能性がある。しかも、ここに戻るとは限らないのが鉄砲玉ランナーだ(途中で体調が優れない場合は、戻る)。少し悩んだが、大汗をかきながら入店。買った大山まんじゅうを腰に括り付け、再び坂上りrun もう頭の中は桃太郎の唄がエンドレスでリフレインnote キビ団子ではないが。

とうふ坂を上るたび、豆腐を啜りながら上るなんて、オカシイだろ!とツッコミを入れる。ゼーハーいいながら走って、こま参道入口にゴールdash

紅葉の時季外れで参拝客が少なくケーブルカーが空いていて、新しくなった(去年)車両に乗るチャンスだったのだが、やっぱり自力で上るrock 女坂の七不思議をピックアップ。1.弘法の水 2.子育て地蔵 3.爪切り地蔵(弘法大師が爪で彫刻した) 4.逆さ菩提樹(現在2代目) 5.無明橋 6.潮音洞 7.眼形石

71kobo 72kosodate 73tumekiri 74bodaiju 75mumyo_b 76tyoondo 77mekata

眼形石を過ぎると下社はすぐだ。こま参道入口から50分(もろもろ込)、大山阿夫利神社下社に到着。下山の無事を祈願して御朱印を頂く。待っている間に拝殿の地下巡拝道に行ってみた。ご神水で喉を潤す。円やかで美味しかったhappy01 巡拝道には納太刀。江戸時代の大山詣りは鳶職たちが巨大な木太刀を担いで上り、奉納したそうだ。

Afuri01 Afuri02

相模湾に江の島が浮かんでいる。気持ちの良い眺めであった。

Afuri03

今年も御朱印ゲット。大山寺と大山阿夫利神社。体調は良好。予定通り日向薬師に向かうぜrock 落慶したばかりの日向薬師でも御朱印を頂くのだ。時刻は正午前。お腰につけたキビ団子ならぬ大山まんじゅう、食べるタイミングが無いまま再びスタートfoot 次回、日向薬師の巻。

Gosyuin01 Gosyuin02

2016年12月 3日 (土)

大山の紅葉、ほぼ終了2016

先月の柏尾通り大山道ランの続きを決行。糟屋宿から大山街道を走って大山詣でrun ルート編は後日UP。まずは、大山の紅葉の巻。麓の方はまだ見られるのだが、大山の紅葉はほぼ終了down

大山の二重滝あたりが源流の鈴川は紅葉の見どころが多い、が、もう終盤。左の写真が鈴川、良辨橋を上流から望む。右は大山ケーブルカー乗り場の先、女坂男坂分岐追分社八意思兼神社と男坂の登り口

01roben 02yagokokoroomoikane

02otokozaka 03maefudo

前不動では真っ赤なモミジが見られた↑前不動のちょうど真上が大山寺なのだが、ここからでも参道のモミジがすっかり落葉していることが分かった。他の登山客も、終わってるな~と呟いていた。だね~despair こま参道から歩くこと約20分、真言宗雨降山大山寺(関東三十六不動霊場一番札所)の石段下に到着。モミジ、終わってるね。相模湾が見える。

04oyamadera01

04oyamadera02

さらに登ること約20分。関東総鎮守・大山阿夫利神社下社に到着。だいたい、終わってるね、モミジ。ケーブルカー側の斜面では黄色く色づいた紅葉が見られた。落葉が進んで、もうすぐ冬がやってくるねぇ。

05ahuri01 05ahuri02

06ahuri01 境内から相模湾を眺めると、靄っているけど江の島が見えたhappy01

昨年は11月29日に大山詣でを決行したが、まだ紅葉が残っていた。今年はもう終了。大山ケーブルカーも空いている。ケーブルカーに乗りたいなら良いタイミングだが、今年も乗らずじまいで、新しい車両を女坂から眺めるのみだ。

この後、なるべく同じ道を通りたくない鉄砲玉ランナーは、下社から日向薬師に向かったのである。日向薬師の本堂が11月20日にようやく落慶したんだよgood

今年の大山詣では紅葉がオマケだったので、天気が良かっただけでOKだhappy01

« 2016年11月 | トップページ | 2017年1月 »