2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

« 2016年9月 | トップページ | 2016年11月 »

2016年10月

2016年10月30日 (日)

武蔵総社大國魂神社

昨日、西八朔の杉山神社に詣でたのは、武蔵総社大國魂神社に詣でるからだった。御祭神は大國魂大神=大国主神。そして、相殿の六之宮が杉山大神で、西八朔杉山神社の御祭神なのである。じゃ、一之宮から五之宮まで参拝したかと言えば、三之宮氷川大神(川越氷川神社)だけだ、申し訳ないthink 四之宮秩父と五之宮金佐奈(神川町)は遠いなぁ。と言うわけで、9/24古東海道ラン(用田辻-古淵の続きで、今回は武蔵国府跡に建つ大國魂神社をゴールとした。ルート編は後日UP予定。古東海道は武蔵国府から下総国府(市川市)へと続くのだが、武蔵国府でお終い。続きは無いよpaper

古淵から走ること18.1kmrun ケヤキ並木(馬場大門欅並木)を南下して旧甲州街道沿い、大鳥居前にゴール。参道を歩き、随神門へ。

Ootorii Zuijinmon

随神門の正面には随神が座しているのだが、拝殿側には大黒天と恵比寿神が祀られている。大国主神と事代主神だ。中雀門をくぐると拝殿だ。着飾ったお子様たち&父母ジジババたちで賑わう境内。七五三だねぇ。

Tyujakumon

数カ所にできている行列は、写真撮影行列である。キティちゃんもいるcoldsweats01

Haiden Syuin

道中の無事を感謝申し上げ、最後に社務所で御朱印を頂き、参拝完了。この後も周囲をブラブラして、再び走りに出たのだが、そのへんも後日UPで。大國魂神社の参拝は数年来の野望だったので、気分スッキリhappy01 西八朔杉山神社から直接走ったら完璧だったけれど、まぁ良しとしよう。途中で一之宮小野神社にも参拝したらもっと完璧だったけど、一之宮-大國魂神社は何れチャレンジするぞrock こうやって野望リストが増えていくのだなーcoldsweats01

2016年10月29日 (土)

西八朔杉山神社と里山めぐりラン

Map_2 北西に青空が広がり大山山系がよく見えた。あの青空は何時こっちにやってくるのか。待ちわびたが、結局一日曇り空であったcloud 天気予報~、晴れ間があるって言っただろー。自分ほど天気予報を愛している視聴者はいないぞ~と、TVに話しかけたところで晴れなかったdespair

それはともかく、明日に向かって西八朔の杉山神社に詣でるrun 明日の企画実行には欠かせない参拝である、杉山神社好きとしてはwink 体調が崩れませんように、雨が降りませんように、コケませんようにcoldsweats01 西八朔の杉山神社は論社のひとつである。延喜式神名帳に記載された延喜式内社、武蔵国43社のうちの杉山神社はどこなのか。現在4社が有力視されている(論社。杉山神社巡りマップはこちら>>)。近いので年に一度は参拝しているが、今日は県道南に立つ古い石塔前から始める。県道を渡って鳥居の前へ。右手の旧道奥は極楽寺。復元された古式手押しポンプも展示されている。

Sugiyama01 Sugiyama02

Sugiyama03 Sugiyama04

「延喜式内社武蔵総社六之宮杉山神社」の石碑。拝殿の扁額にも。賽銭箱の上にはパンフレットも。パンフは数年前に作られた模様。気合入っているなぁ。

Sugiyama05 Sugiyama06

杉山神社に詣でるだけだと近すぎるので、三保・新治市民の森を巡回。ノハラアザミにヤクシソウがチラホラ。新治ではまだサラシナショウマが咲いていた。ラッキーhappy01

Nohara_azami Sarashinasyoma

これからの季節はキク科の花々が主役だが、キク科は難しい。この2枚、どっちもシロヨメナかな。ツクバトリカブトの青は、林床でよく目立つ。青と言えばリンドウだが、まだ見られなかった。

Shiroyomena01 Shiroyomena02

Tukubatorikabuto 10sakura

Zoo 小さな桜の花は、三保-新治間の街路樹、十月桜cherryblossom 雨で散り始めていた。

最後の1枚は、横浜動物の森公園植物園予定地(都市緑化フェアの里山ガーデンエリア)。工事前は湿地奥の広場だったところだ。外周園路の脇に木道が出来ていた。中山駅構内にはカウントダウンボードが設置されているし、楽しみのような楽しみでないような、微妙な気持ち。計画書を斜め読みしたところ、エリアの東端である西ひかりが丘に東口が出来て、ズーラシアの駐車場があるエリア西側に正面口が出来る。今までのように自由に入れる森ではなくなるdespair 脇道ケモノ道好きとしては残念だが、保全されるなら良いか。でも人や車がいっぱい来るしなー。と、由無し事を現場を見ながら悶々と考えるのであった。11.2km/1:03'26"NETrun

2016年10月22日 (土)

港北天然温泉にラン2016

Map 今週末は地元でリフレッシュ・ランrun 花巡りランと紅葉ランの狭間、毎年この時期は風呂に走ってリフレッシュ。走って行くところがアホっぽいcoldsweats01

銭湯・温泉spa数ある中で(数あるところがスゴイぞ横浜good)、駅近(または送迎バス有)・休憩室有・リーズナブル・綺麗・温泉、というウルサイ希望を満たすところは、港北天然温泉スパガーディッシュしかない!土日祝日@1,440(2012年初訪では@1,400だった)で館内着・タオル付き(5時間以内)、素晴らしいhappy01

というわけで、プチ贅沢を満喫するのに真っ直ぐ向ってはバチが当たる。IKEA近くの淡島社を経由しての、11.6km/1:07’23”60(NET)run

141214iwasaki_b いつも違うコースを走ってキョロキョロしたい道草ランナーeye 緑産業道路の岩崎橋交差点で淡島路道標(再建された道標)を見るまではザックリと「IKEAまで行こう」程度だった。淡島社に詣でよう、決定。東方町交差点を旧道へ。以下、道々の石塔石仏をピックアップする。肝心の淡島路道標を撮り忘れたので、2014/12/14撮影の写真をUP→

旧道の東方町と折本町の境にあった青面金剛の庚申塔(1)。三猿直踏みバージョン(間に邪鬼がいない)だ。真照寺分岐手前、折本地蔵講中修復の子育地蔵尊(2)。真照寺の丘に背を向けて立っているところを見ると、真照寺方向から南に向かう道があって、この辺りで東西の道と交差していたのかもしれない。単に移設しただけかもだがcatface

01higashikata 02orimoto

折本交番交差点東の淡島社(3)に到着。以下、覚書として雑感をダラダラ書くと。由緒書き石碑によると、御祭神は少彦名命・神功皇后・大霊貴命・素戔嗚尊の四柱。江戸時代以前和歌山の加太淡島大明神より分祀鎮座したそうな(明治に大神宮・天王社・新宮社を合祀)。なら、主祭神は少彦名命だろう。拝殿には「日本中に数少ない女性の祭神 淡島大明神」という木札が掛かっているので、住吉明神の后神説?または、神功皇后の方を採っているのか。はたまた医薬神でもある少彦名命は女性の病気平癒や安産・子授に霊験あらたか、だから?さらに、由緒書きには「相模街道大熊村より左へ十三四丁入りて織本村にあり 神主雲路氏奉紀す」とも彫られている。相模街道とは八王子街道の別名ではないのか?だいぶ遠いよ?問題は棚上げして、境内からIKEAを望むcoldsweats01

03awashima 04awashima_b

05sanae 目的地を東に行き過ぎているので戻るのだが、もっと捻りたい道草ランナーrun

行けそうな小径を上り、行けそうな階段を上ったら淡島橋(4)に出た。真照寺の丘上を西へ。来た道に戻る前に丘を下ったら、早苗地蔵尊(5)が坂の途中に鎮座していた。1530年頃、用水路の建設に尽力した僧了信と娘つが、この二人を祀ったお地蔵様とのこと。豊作を願い、若い苗を供えたことから早苗地蔵と呼ばれるそうだ。港北ニュータウンの周辺は昔の面影があって興味深い。

もうひと山越えなければならないので、東方天満宮の境内越え、失礼しま~す。参道入口の三夜塔と青面金剛庚申塔(6)。東方原への辻にも青面金剛庚申塔(7)。両方とも三猿・邪鬼踏みつけバージョンだ。

06higashikata 07higashikata

道草はここまで。歴博通りを真っ直ぐ。スパガーディッシュは“港北みなも”の3階だ。みなも手前の地下鉄高架下にゴールdash 地下鉄だけど高架catface で、スパガーディッシュspaは混んでいなくて良かったhappy01 お風呂は源泉かけ流しの黒湯(内湯)、天然温泉の炭酸風呂(露天)など7つ(8つだっけか?) ローズ風呂があったが入っていない。

Spa

リラクゼーションルームも空いていたし、温泉にタップリ浸かってリフレッシュできたscissors 温泉にランなのに、石塔ネタばっかりだったけどbleah

帰りは歩いてセンター南へ。センター北と南の間には“みなきたウォーク”という遊歩道がある。そのセンター南側の早渕川畔に堰の元地蔵尊、別名子育地蔵(8)。昔この辺りに早渕川取水堰があったそう。お堂前の青面金剛庚申塔は、正覚寺(都筑の花の寺)裏手にあったものを移転したそう。街中にもある古の面影だ。地下鉄グリーンラインで中山へ帰る。お疲れ様でしたpaper

08sekinomoto Minakita_w

2016年10月17日 (月)

三浦半島一周ラン 浦賀-佐島

10月15日のこと。7月以来の三浦半島一周ランの続き。あの時は江の島スタートの佐島ゴールという、続きがやりにくい場所で終えた。だから今回は佐島ゴールで。逆算すると、スタートは馬堀海岸か浦賀。観音崎をいつ見たいかが悩みどころ...浦賀、決定!というわけで、京急で浦賀駅へtrain 当日は快晴sun 富士山見えるかな~fuji ワクワクで浦賀駅前をスタートrun ルート詳細はマップで省略↓ 浦賀駅前-佐島入口 25.5km/2:25’17”65(NET) Googleのポチ・デザインって、たまに変わるので統一感が無いなぁ。

ピックアップは、浦賀の渡しの愛宕丸ship この渡船、対岸にいるときは呼出ブザーを押すと来てくれる、れっきとした航路で横須賀市道2073号線である(片道@200)。乗ってみたいが、今日はガマン。2度目のガマンだ。いつか乗ってみせるrock

Atagomaru

開国橋から久里浜を望む。横須賀市では道路に愛称を付けていて、開国橋から野比海岸までをペリー通りと呼ぶ。久里浜海岸から沖を眺めると、右からフェリーが出航ship

Kaikoku_b

Kurihama

Shirahamamaru しらはま丸が久里浜港を出て金谷港へ向かう。一見遠浅のようだが大型フェリーが発着できるほど水深があるのだなぁ。こんな穏やかな日にプチ船旅とか、良いねぇ。と、スタートからたった4kmなのに、早くもボンヤリ眺めるcatface

野比海岸から三浦海岸までは北下浦通り、約6km。ず~っと左に青い海を眺めながらのランrun 日に焼けました。10月なのに、こんがりsun スタートから11km強、三浦海岸交差点から海岸を離れ、海岸段丘体感ルートへrun 三浦半島は、坂を上ったら台地、の繰り返し。深い谷と広がる台地、段丘好きランナーには堪らない。先週末は相模川で段丘三昧、今度は海で段丘三昧。変態かsweat02 その高低差故に富士山の見え方も楽しいfuji スタートから19km弱、ルート上標高次点(約40m、最高点は三崎口駅付近で約43m)からの、ソレイユの丘と相模湾と富士山。キャベツ畑や大根畑の緑も良い。ソレイユの丘園内からも良い感じだった(前回の記事へ)。

Soleil

ソレイユの丘を下って相模湾側へ、長井浜と岩場と富士山。南下して岬に向かうと荒崎公園があって、美しい岩場と富士山が見られるそうだ。行きたいトコだらけ。

Nagai

スタートから22km付近。富浦公園からの富士山と江の島と天神島(佐島マリーナの影になってるdown)。

Tomiura_p

どうして肉眼ほどに素敵に見えないのかなぁ、残念。富浦公園を離れると、海側に武山駐屯地の塀を見ながら北上。林交差点(24km付近)からは長者ヶ崎まで西海岸通り。佐島入口交差点にゴールdash お疲れ様でした。以前と同じく、バスで逗子駅へbus たっぷり汗かき、こんがり焼けたランであった。

三浦半島一周ランも残すところ最長区間の富岡-浦賀のみ(28kmくらい)。年内完走が見えてきたぞrock

2016年10月16日 (日)

長井海の手公園ソレイユの丘のコスモス

10月15日のこと。三浦半島一周ランの年内完走を目指してお出かけ。途中で立ち寄った長井海の手公園ソレイユの丘の巻。

三浦半島でコスモスと言えば、100万本のコスモスが見られるという“くりはま花の国”だ。今回のルート上でも近かったのだがスル~して、ソレイユの丘でコスモス鑑賞happy01 入口ゲート前の花畑ではチラホラ。見頃には、あと2週間くらいかなぁ。

Soleil01 Soleil05

コスモスはチラホラだが、この場所は関東の富士見百景に指定されているだけに、お花畑の向こうに富士山fuji 靄ってるし、小さい?ど真ん中だよfuji 相模湾の青い海も綺麗だgood 12月下旬から4月まで菜の花畑になるので、空気が澄む1・2月に訪れれば最高の眺めだろう。

Soleil02

公園奥の円形花畑では、コスモスが見頃happy01 全体では約5万本あるそうだ。

Soleil03

Soleil04

Softcream ソレイユの丘は入園無料(有料アトラクションあり)、多くの親子連れで大にぎわいだった。レストラン・売店・露天風呂もある。一人で歩いているのなんて、皆無。救いは、地元のオジサンたち。ソフトクリームを食べるオジサンたちにならい、関口牧場売店でソフトクリーム@350購入(土日祝日のみ営業)。本家関口牧場のソフトクリームは盛りがデカイ(7/2実食)が、ここのはわりと普通。味は同じく甘さ控えめでサッパリ。冷たさに悶絶しながら完食。

売店があるマルシェでは地場野菜も販売。葉付きの大根が@180。欲しい。欲しいが運べない。こういうとき、自走は残念だdown

30分ほどの寄り道だった。次回、ランの巻、の予定。

2016年10月14日 (金)

相模川ラン 座架依橋-津久井湖城山ダム

10月10日のこと。2016年の終わりが見えてきた10月。走り散らかした企画の数々を収拾しなくてはならない。座間ひまわりまつりにランでスタートした相模川ラン、完結編は座架依橋から津久井湖の城山ダムまで。相模川の水源は山中湖だが、そこまで走るのは無理だから。一昨年“山梨県への道”で懲りたから、やんない、絶対paper 18.3km/1:44’20”31のルート詳細はマップに載せて省略↓ 横着レポ続きで、Googleのサービスが無くなったら困るな~と思ったが、ココログだって、自分自身だっていつまでやるか分からないんだから困らないな!と、ポジティブシンキングcoldsweats01

いくつかピックアップup 座架依橋から相模川散策路を上流へ、スタートから約2km、約1.4km続く芝桜の土手が終わるところ、磯部の堰。その少し上流に磯部頭首工があって、左岸地域(茅ケ崎まで!)に水を供給しているのだが、ここには相模川伏越取水口もあって、それは川の地下を通り右岸に水を供給している。スゴイな、相模川good

001isobe

002isobe

相模川と言えば河岸段丘happy01 昭和橋の上流から段丘崖上に上り、緑道の先で望地河原に下りる(スタートから約8km)。振り返ると、段丘崖の斜面林がず~っと南北に続いている。相模原段丘(上段)と田名原段丘(中段)を分ける段丘斜面林・相模横山は良い感じだったが、ここの斜面林も最高だgood

003bouti02 003bouti01

スタートから15km過ぎ。望地の上流、相模川中州と小倉橋の間の散策路に、「相模横山・相模川近郊緑地特別保全地区」の看板が立っていた。拡大地図のオレンジ部分が該当地区で、中ほどのオレンジが相模横山と呼ばれる段丘斜面林(道保川公園はステキだったなぁlovely 2016/6/19>> )。今回は、相模原台地の下段(陽原段丘)と河原を上ったり下ったり、段丘好きには堪らないが、ランナー的にはタイヘンwobbly 段丘好きランナー、痛し痒しsweat02

004ooshima01 004ooshima02

スタートから16km、アーチが美しい新旧小倉橋(高い方が新小倉橋)。小倉橋は、かながわの橋100選、かながわの景勝50選、相模川八景、推奨土木遺産に選ばれている。大人気だgood

005ogura_b

006shiroyama_d 006tukui

小倉橋から最後の登坂up 国道413号に入り、津久井湖城山ダムの東袂にゴールdash 対岸の津久井湖城山公園花の苑地まで行くべきか迷ったが、特に何もないので止めた(ケイトウが見られるそうだが、仮面ライダーのトラウマでケイトウが嫌いsweat02)。これにて相模川ラン、コンプリートgood さあ、次はどの企画を片付けよう。

2016年10月12日 (水)

キャンプ座間の新戸トンネルと温泉坂の鎌倉みち起点碑

Map 10月10日体育の日のこと。相模川ランのスタート前とゴール後の巻

マップにすると、南の赤ラインがスタート前の相武台から座架依橋まで(3.3km)。北の青ラインがゴール後の城山ダムから小松・久保沢(4.0km)。離れてるな~coldsweats01

相武台前駅から相模川の座架依橋に行くのにキャンプ座間を経由するのは遠回り。でも、先日の雨ラン(じゃなくて古東海道ラン)でキャンプ座間を横断する謎道路を見たので、どーしてもその道を走ってみたかったのだ。それは、県道46号線と相武台とを結ぶ全長1.46kmの道路、市道新戸相武台線。そのうちトンネル(新戸トンネル)が510m・掘割区間810mで、キャンプ座間の地下を貫いている。基地を貫いている!ワクワクするねhappy01

(1)相武台側の入口で準備運動。では、掘割にGOrun 拡幅工事中なので時々自転車が通るくらい。

Arato01 Arato02

(2)掘割の奥に見えている橋は木橋でスノコ状だった。真下から撮っておけば良かった~。そして、架けなおし中の橋を越えると、(3)新戸トンネルhappy01 ここまで時代を感じる掘割だったのに、急に近代的な構築物。工事中のトンネルを走るなんて、貴重な体験だ。

Arato03 Arato04_e Arato04_w

(5)トンネルを抜けると、目の前に(6)大山。信号の場所が県道46号線、市道新戸相武台線の終点(始点?)だ。市道は緩やかに下っていた。河岸段丘上から段丘下に下りてきたのだ。

Arato05 Arato06

未完成のトンネルは楽しかったが、改修前の古いトンネルも通ってみたかったなぁ。

次は、津久井湖の城山ダムにゴールした後。小松コスモス園に向かったのだが、年に何度も走っている国道413号線に飽きていたため、住宅街や旧道っぽいところを通ってみた。津久井発電所付近の住宅裏道から(7)相模川と新旧小倉橋ビュー。谷ヶ原の旧道(8)かんば坂。窯場があったらしい。(9)久保澤観音堂前からは登坂。

07ogura_b 08kanbazaka 09kubozawa

坂を3分の2ほど上った角に、(10)鎌倉みち起点が!鎌倉みち起点!どーいうこと?説明が少なすぎるぅ。「八里橋なし九里の土手」とは、相模川段丘の段丘崖のことだろう。あの段丘崖では橋を架けられない、分かるなぁ~。

Onsenzaka01_2 Kamakuramiti_2

Onsenzaka02 で、この久保沢の坂道が鎌倉往還の起点だとして、道はどこにどーつながるのか。久保沢から大山道道標のある原宿(何度も撮り損ねているが不動明王像がある)、橋本に出る、のかな?はたまた上溝方向か?難しそうなので、検討は後にしようbleah

鎌倉みち起点碑の右隣には、温泉坂の標柱。人工温泉の温泉宿があった、などというと一瞬スーパー銭湯かと思うが、なんと、熱海から馬で温泉の湯を運んできたという。明治10年にここで温泉宿を始めた人がいるそうな。すごい!明治時代の万葉の湯だspa

以上で、メインイベント相模川ラン周辺のネタ披露はお仕舞い。相模川ランの巻は、鋭意整理中。

2016年10月10日 (月)

相模原・小松コスモス園のコスモス終了

相模原の小松地区、遊休農地を活用して約50万本のコスモスを植栽した小松コスモス園。恒例のコスモスまつりは10月8・9日だったのだが、今日の小松コスモス園は、もうコスモス終了down ぽつん、ぽつんと寂しく咲いているピンクのコスモスたち。

Komatu01 Komatu02

300円で花の摘み取りができるのだが、見ているそばから、どんどんどんどん摘み取られていくのdespair まつりは昨日までだったけど、連休なんだし、もう1日くらいもって欲しかった、残念。だが、この周辺は城山かたくりの里や本沢梅園、城山湖など見どころが多い。また遊びに行こうっとwink

Komatu03

Komatu04

あんまりコスモスを見ないうちに今季のコスモス終了気分だ。今日は相模川ランの最後に小松コスモス園を訪れたのだが、もう橋本駅まで走って行く気力が無かったので、国道413号まで戻ってバスで駅へbus

コスモスは残念だったが、相模川ラン以外でもちょいちょい楽しいポイントがあったので、次回そのへんの巻。

2016年10月 9日 (日)

二重の虹

6時40分ごろ、西の空に二重の虹が出た。

Rainbow_l_2   Rainbow_r_5

外側は薄っすら。だんだん濃くなってきたので、急いで東側に回ると、こちらは一重の虹。10分もすると消えてしまった。朝のラッキーでしたhappy01

2016年10月 8日 (土)

追分市民の森のコスモス畑など

今日は雨の一日かと思いきや、午後から晴れたsun この機を逃さず追分市民の森コスモス畑にランrun 5.1km/29’02” 中原街道の旭大橋から追分市民の森を望む。コスモス、少ないdown 畑に下りても、少ない。風雨で、多くが倒れてしまっている。

Oiwake01 Oiwake02

蕾はたくさんあります。でも、これから復活するかなぁdespair

Cosmos01 Cosmos02

ソバの花も咲いているが、もう結実し始めている。恒例の瀬谷区竹村町の「そばまつり」は10/12・13・15開催である。行けるかな~。

Soba01 Soba02

中原街道のUP&DOWNもう一度は嫌だったので、帰りは川井宿経由の大回り。三保市民の森の前を通るので、コシオガマ開花チェックに立ち寄った。コシオガマは見られなかったが(ヤマハッカが咲き始めだった)、森入口の庚申塔大山道道標を兼ねていたことに気づいた。

Miho01 Miho02

10sakura01 ええ~、今頃だよ。自分に呆れたcoldsweats02 「左大山みち」「右さく○みち」 右側を手でなぞってみたけれど、なんて彫られているのか分からなかった。さく、さく、さく...全然分からないなぁ。それにしても、左大山みちは、長津田(青山通り)への間道なんだろう。行く先々で見かける大山道道標、大山詣での隆盛っぷりが偲ばれるなぁ。

三保町の街路樹は十月桜cherryblossom 律儀に10月に咲く桜だが、開花の数が少ないので遠目にはゴミ?とか失礼なことを思ってしまうほどだ。10月から咲くのは全体の3分の1ほどで、残りは春に咲くのだそうだ。

6.2km/34’35” 久しぶりに快調なランだったgood

2016年10月 4日 (火)

絹の道ラン(3) 都岡-開港波止場

10月2日のこと。絹の道ラン最終回。安政6年に横浜が開港し、横浜港は生糸の輸出港として発展した。生糸は各地から横浜に運ばれるようになり、その道は「絹の道」と呼ばれるようになった、そうな。さて、八王子から横浜への道(神奈川往還・八王子道)を走る企画もいよいよ最終回。前回(9/3)ゴールした都岡から、目指すは生糸輸出の舞台、開港波止場である。国道16号線(八王子街道)を右に左に、旧道をたどって 15.1km/1:22’25”(NET)run ルート詳細とポイント写真はマップで省略↓

Manhole_2 都岡スタートから9kmちょっと、八王子道は旧東海道芝生の追分に合流する。1kmほど旧東海道を走り、浅間下交差点で直角に離れる。そこから関内まで、開港時に突貫工事して切り開いた横浜道である。西区内には西区歴史街道のサインがあって、横浜道は藍色(東海道はエビ茶色、保土ヶ谷道は草色)。サインは路面にも。マンホール

2014/11/30に横浜道ウォークを実施してて(半月板やっちまった直後だcoldsweats01)、その時たくさんサインを撮ったので、そっちに譲る。

突貫工事3ヶ月の意気を感じるまっすぐな横浜道だが、戸部坂上って保土ヶ谷道に合流。野毛の切通を通って野毛町、都橋(野毛橋)を渡り関門があった吉田橋へ。日本初のトラス鉄橋だった吉田橋は「鉄の橋」と市民に呼ばれ親しまれたそうだ。ブラントンと鉄の橋について、橋の袂(関内側)に案内板がある。中区には歴史街道サインは無い。こういうひと続きのモノは自治体の枠を超えて欲しいと切に願う。

Kanmon01 Kanmon02

開港波止場にゴールdash 象の鼻地区が象の鼻パークに生まれ変わって(開港150周年事業)、何度来てもやたら清々しいというか、暑い。パークには遺構が3つ残っている。開港波止場エリアには横浜税関遺構・鉄軌道と転車台。荷役作業のために設けられたと考えられるそう。

Tensya01 Tensya02

開港の丘エリアには、2代目横浜税関の煉瓦造2階建倉庫基礎部分(初代横浜税関は現県庁の位置。三代目は現横浜税関)。象の鼻防波堤には関東大震災で沈下した防波堤の石積み。

Soko Bohatei

右から赤レンガ倉庫、ランドマークタワーなど、現横浜税関(クイーンの塔)、ジャックの塔(横浜開港記念館)が見えない!左端がキングの塔(県庁)。過去と現代が調和する街ですな。この場所、夜は夜景が綺麗だよgood

Zonohana

海側に目を向けると、大桟橋に停泊するPacificVenusの魅惑的なお尻coldsweats01 山下公園側からは元瀬戸内海の女王・RoyalWing、今はレストラン船。ホントは隣に停泊していた帆船・海王丸を撮ろうとしたんだけど、老眼甚だしいバーサンはコンデジのモニタが見えてなくてRoyalWingを撮ってしまったdown 凹んだ。先週末の雨ランの次くらいに凹んだ。

Pacificvenus Royalwing

そんなミスに気付いたのは後のことで、のうのうと山下公園のローズガーデンを散策。4月1日にリニューアルオープンしたそうだ。約190種、2,650株のバラが楽しめる。全景も撮ったのだが、白っぽくなっちゃってダメ。

Rose01 Iceburg

Softcream 吉田橋から関内に入り、日本人街から開港波止場、外国人居留地を通って、最後は唐人町=中華街にやってきた。過去と現代がゴチャゴチャsweat02

まだ午前中。中華街は活気にあふれていた。国慶節の休暇で中国人観光客は日本の中華街に来るのか?気になっていた。来てるね、大勢。日本人が中国観光に行ってイオンモールに行くようなものだろうか?全然違うかcoldsweats01 とりあえず確認できたので、杏仁ソフトクリーム@350を食べて休憩。杏仁味が薄い。「オリゴのおかげ」が入っているから薄く感じるのだろうか?甘ったるくないのでガツガツ食べられた。ごちそうさま。

以上、絹の道ラン、コンプリートgood 年内コンプリート企画はまだまだあるぞ、がんばろーdash

2016年10月 2日 (日)

朝の空

朝、雲が東に去ってゆく。

20161002_01

10分後。もう後続が近づいてる。イワシの群れが集まってくるようだ。

20161002_02

南西の空では波雲。イルカが跳ねてる?

20161002_03

今日は晴れちゃう?と期待したが、どんどん雲が空を覆ってきた。早朝だけの貴重な青空だったかな。

2016年10月 1日 (土)

新羽・西方寺のヒガンバナ2016(2)

彼岸花狂いの季節が終わった。今日で今年の彼岸花スイッチ・オフ。場所は今年2度目の新羽・真言宗補陀洛山西方寺。参道の彼岸花は枯れて落ち武者状態。これを見ると、ああ今年も終わったな、と思うcoldsweats01

Saihoji01 Saihoji02 Saihoji06

Saihoji03

西方寺の彼岸花は黄-白-赤の順で咲くと思っていたが、白-赤-黄だったbleah 黄花の彼岸花(ショウキズイセン)は赤花のように籠目風ではなくて、大きいうえにエイリアン風。複数の花が集まっているように見える。

山門の中ではピンク彼岸花が完全終了。だが、赤花がまだギリギリ良い感じhappy01

Saihoji04 Saihoji05

Hagi 本堂脇には紅白の。前回(9/19)参拝時には白萩(下段)が咲き始めだったが、今日は、ほぼ終了していた。

前回は復路で雨に降られたがrain、今日は往路で30分ほど降られた、7.3km/40’51”run 復路は新横浜公園経由で、9.4km/55’15”run 雨に祟られた彼岸花ラン2016であった。

9月の走行記録。月間走行距離は151.3km、年間走行距離は1339.1kmとなったrun

« 2016年9月 | トップページ | 2016年11月 »