2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

« 朝の空 | トップページ | 追分市民の森のコスモス畑など »

2016年10月 4日 (火)

絹の道ラン(3) 都岡-開港波止場

10月2日のこと。絹の道ラン最終回。安政6年に横浜が開港し、横浜港は生糸の輸出港として発展した。生糸は各地から横浜に運ばれるようになり、その道は「絹の道」と呼ばれるようになった、そうな。さて、八王子から横浜への道(神奈川往還・八王子道)を走る企画もいよいよ最終回。前回(9/3)ゴールした都岡から、目指すは生糸輸出の舞台、開港波止場である。国道16号線(八王子街道)を右に左に、旧道をたどって 15.1km/1:22’25”(NET)run ルート詳細とポイント写真はマップで省略↓

Manhole_2 都岡スタートから9kmちょっと、八王子道は旧東海道芝生の追分に合流する。1kmほど旧東海道を走り、浅間下交差点で直角に離れる。そこから関内まで、開港時に突貫工事して切り開いた横浜道である。西区内には西区歴史街道のサインがあって、横浜道は藍色(東海道はエビ茶色、保土ヶ谷道は草色)。サインは路面にも。マンホール

2014/11/30に横浜道ウォークを実施してて(半月板やっちまった直後だcoldsweats01)、その時たくさんサインを撮ったので、そっちに譲る。

突貫工事3ヶ月の意気を感じるまっすぐな横浜道だが、戸部坂上って保土ヶ谷道に合流。野毛の切通を通って野毛町、都橋(野毛橋)を渡り関門があった吉田橋へ。日本初のトラス鉄橋だった吉田橋は「鉄の橋」と市民に呼ばれ親しまれたそうだ。ブラントンと鉄の橋について、橋の袂(関内側)に案内板がある。中区には歴史街道サインは無い。こういうひと続きのモノは自治体の枠を超えて欲しいと切に願う。

Kanmon01 Kanmon02

開港波止場にゴールdash 象の鼻地区が象の鼻パークに生まれ変わって(開港150周年事業)、何度来てもやたら清々しいというか、暑い。パークには遺構が3つ残っている。開港波止場エリアには横浜税関遺構・鉄軌道と転車台。荷役作業のために設けられたと考えられるそう。

Tensya01 Tensya02

開港の丘エリアには、2代目横浜税関の煉瓦造2階建倉庫基礎部分(初代横浜税関は現県庁の位置。三代目は現横浜税関)。象の鼻防波堤には関東大震災で沈下した防波堤の石積み。

Soko Bohatei

右から赤レンガ倉庫、ランドマークタワーなど、現横浜税関(クイーンの塔)、ジャックの塔(横浜開港記念館)が見えない!左端がキングの塔(県庁)。過去と現代が調和する街ですな。この場所、夜は夜景が綺麗だよgood

Zonohana

海側に目を向けると、大桟橋に停泊するPacificVenusの魅惑的なお尻coldsweats01 山下公園側からは元瀬戸内海の女王・RoyalWing、今はレストラン船。ホントは隣に停泊していた帆船・海王丸を撮ろうとしたんだけど、老眼甚だしいバーサンはコンデジのモニタが見えてなくてRoyalWingを撮ってしまったdown 凹んだ。先週末の雨ランの次くらいに凹んだ。

Pacificvenus Royalwing

そんなミスに気付いたのは後のことで、のうのうと山下公園のローズガーデンを散策。4月1日にリニューアルオープンしたそうだ。約190種、2,650株のバラが楽しめる。全景も撮ったのだが、白っぽくなっちゃってダメ。

Rose01 Iceburg

Softcream 吉田橋から関内に入り、日本人街から開港波止場、外国人居留地を通って、最後は唐人町=中華街にやってきた。過去と現代がゴチャゴチャsweat02

まだ午前中。中華街は活気にあふれていた。国慶節の休暇で中国人観光客は日本の中華街に来るのか?気になっていた。来てるね、大勢。日本人が中国観光に行ってイオンモールに行くようなものだろうか?全然違うかcoldsweats01 とりあえず確認できたので、杏仁ソフトクリーム@350を食べて休憩。杏仁味が薄い。「オリゴのおかげ」が入っているから薄く感じるのだろうか?甘ったるくないのでガツガツ食べられた。ごちそうさま。

以上、絹の道ラン、コンプリートgood 年内コンプリート企画はまだまだあるぞ、がんばろーdash

« 朝の空 | トップページ | 追分市民の森のコスモス畑など »

和菓子・スイーツ」カテゴリの記事

散歩・ジョギング」カテゴリの記事

横浜・川崎」カテゴリの記事

道・旧街道」カテゴリの記事

コメント

小鉄さんこんばんは。八王子から港まで繋がりましたね。小鉄さんの数々の野心的なラン、わくわくしながら読み返させてもらっていますhappy01。マンホールやクルーズ船なども登場してくれて、たまりません。西区歴史街道のマンホールは知りませんでしたので是非見に行きたいと思います。だいぶ前ですが自分も寺巡りランしたり、緑区一周ランとか都筑区一周ランなどしていました。地図と睨めっこしてルートを考えるのが楽しくしかたありませんでした。そのころを思い出しました。大変刺激的なシリーズ、これからも楽しみにしています。

はるきょんさんこんばんは。走り散らかしちゃって片づけるのが大変ですが、地図を見ながらルートを考えるところから楽しいです。はるきょんさんの寺巡りは良い刺激になっています。自分もすっかり七福神巡りの虜ですよwink

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2032526/67777788

この記事へのトラックバック一覧です: 絹の道ラン(3) 都岡-開港波止場:

« 朝の空 | トップページ | 追分市民の森のコスモス畑など »