2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

« 2016年8月 | トップページ | 2016年10月 »

2016年9月

2016年9月27日 (火)

古東海道(奥州古道)ラン

朝、窓を開けたら金木犀が香ってきた。秋ですね。さて、9月24日のこと。小出川で彼岸花観賞のあと、お帰りランは律令時代の官道だった古東海道を、ゆる~く探索しながら古淵へ。どうやら当時の正規ルートは三浦半島の走水から海を渡って房総半島だったらしく、今回は奥州古道につながるルートを走ったことになる。となれば、続きは小野路から府中とか?ワクワクしてきたぞcoldsweats01 詳細とポイント写真はマップで省略↓ 寒川町から推定ルートは東西二手に分かれるが、小出川・大黒橋からのアクセス上、東ルートを採った。

東西のルートが合流するあたりにあるのが瓢箪塚古墳。通過してきた上浜田の丘陵には古墳が7基確認されているそうだ(上浜田古墳群)。瓢箪塚古墳は前方後円墳の墳丘部分が残っていて、石柱「相模国造之墳墓」があった。頂上からは大山と海老名の町並みが見える。だが、地面が滑るので要注意だ。と、注意しても滑って転んだ人が言うcoldsweats01 古道はここから国分寺に向かって下る。

Hisagoduka01 Hisagoduka02

相模国・国分寺跡の北にある国分尼寺跡。金堂跡に庚申堂が立っている。お堂前に一句、「尼寺跡に 庚申塔とひがん花」。これは海老名市の“郷土かるた”だそうで、市内に41基あるとか(有馬のハルニレと瓢箪塚にもあった)。紅白の彼岸花が満開だhappy01 ここで蚊に刺されまくるwobbly

Kokubunniji01 Kokubunniji02

Kokubunniji03_2 Kokubunniji04

海老名市から座間市へ。座間駅周辺の入谷地区に、古代の夷参駅があったと推定される。駅は古代の七道沿いに整備され(人馬など)、30里(約16km)毎に設置されたそうだ(国交省・道の歴史参照)。前述の上浜田地区には浜田駅があって、上浜田中世建築遺構群あたりがそうだったのかもしれない。いずれも場所は特定されていない。

入谷と明王地区の分岐付近、踏切近くに彼岸花の群生が。彼岸花は曇り空でも雨でも、全天候で画になるなぁgood

Iriya01 Iriya02

Oonuma 更に、かにが沢公園に立ち寄って彼岸花を楽しんだ後、相模原市に入ると雨が本降りにrain

メガネに水滴がついて良く見えない。そうでなくても県道51号から北は古道が消滅していて、住宅街を縫うように進まなければならない。相模原病院の先で間違って大回り、東大沼に戻って500mほどのロス(マップ上のルートは最短)。大沼神社に辿りついた時にはウエアが絞れるほどの濡れネズミ状態だった。コンデジも雨に濡れて、こんなだ→ 翌25日は例大祭で、境内では準備が進められていたが、こんな雨の中グショグショで参拝する変な人には誰も声をかけてくれなかった(危険人物じゃないよ!)。そして、MYラン史上初、なんで走ってんだ?と己に疑問を呈したのである。アホなのか?きっとアホなんだな~。そう、思ったdown あまりの雨に自己否定しかけたところで国道16号に着いた。危うく楽しいランが拷問になる寸でのところで古淵駅東にゴールdash コンビニの軒先で絞れるところは絞り、おもむろにバックから折り畳み傘を出す。そう、持っているのだ傘はrain レインカバーでバックを覆っている以上、傘をさして走るのは邪道だ!と、なぜか思っていたので濡れネズミになったのだ。やっぱりアホなのか...駅のトイレでもう一度ウエアを絞ったが、電車内で立っていると水が滴る。お漏らしか!

用田辻から19.0km(+ロス0.5km)。いろんな意味で有意義なランであった。

2016年9月26日 (月)

四季の森公園のヒガンバナなど

9月24日の雨ランrainはなかなかのハードワークだった。ルート編は次回up 翌25日は四季の森公園にリカバリランrun 身体重いし、やたらと蚊に刺されてて痒いwobbly 主に国分尼寺跡で刺されたのだ。あそこのヒガンバナも良かったな~。

で、四季の森公園ではナンバンギセルが雨後の筍状態だった。こんなに咲いているのは初めて見た。何か、動き出しそうsweat01

Nanbngiseru Higan01

白花ヒガンバナはピークを過ぎている。

Higan02

Higan03

しょうぶ園の紅白ヒガンバナ

Higan04

週末に青空を見たのは久しぶりのような気がする。洗濯物を干すスペースが足りないsweat01 秋っぽい空を眺めながらランの続き、6.8km/38’44”run

2016年9月25日 (日)

座間・かにが沢公園の彼岸花

9月24日のこと。小出川で彼岸花鑑賞の後、古東海道(奥州古道)ランrun その途中で、座間のかにが沢公園で彼岸花鑑賞。

Higanbana05 Higanbana02

Higanbana03 Higanbana04

公園西側の斜面一面に、10万本も植栽されているそうだ。満開happy01

Higanbana07

Higanbana06 Higanbana01

Kanigasawa_p かにが沢公園は、このように谷に整備された公園だ→ 小田急線に向かって歩いていくと、崖(線路下)に突き当たってしまう(公園は行き止まりなので台地を歩く)。地図を見ると、ここより南の小池大橋付近で目久尻川と分岐しているように見える。地図上では川と認められていないが、かにが沢公園が目久尻川源流のひとつなのではなかろうか。座間ったら、高低差が最高だな!段丘・台地めぐり、今年は無理でも来年こそはrock と、野望に燃えるのであった。が、県道51号線に戻って相模原市に入ると、雨が本降りrain 降られるだろうとは思っていたが、想定外の雨量。ウエアが絞れるsweat02 濡れネズミのルート編は後日up

2016年9月24日 (土)

小出川の彼岸花2016

今日は朝から小出川で彼岸花鑑賞。第9回小出川彼岸花まつりは予定通り22日に行われたそうだ。スタートは下流の追出橋、上流の大黒橋まで約3kmの彼岸花散歩foot

朝靄の中、真紅の彼岸花、うっとりlovely 見頃だねぇ。

Koide01

Koide01_2 Koide02

雨続きだったから、小出川が溢れちゃうんじゃないかと心配したよ。今日も時折小雨がパラっと。富士山は見えない。

Koide03

Koide04

Koide05_2 Koide06_2

Kiageha 大黒橋にゴール。小一時間の散策foot

彼岸花にはアゲハチョウがつきもの。どうしてアゲハチョウしか見ないのだろう?単にアゲハが目立つから他のチョウが目に入らないだけかもだが。キアゲハがいたよhappy01

慶應大学藤沢キャンパスまで歩き、お帰りランをスタートrun ところが、いきなり間違ってキャンパス一周1kmくらいsweat02 まあ、一度くらいは一周してみるのもイイよねcoldsweats01

毎回帰路には工夫しているが、今回は古東海道(奥州古道)を探せ!みたいな感じで座間、古淵を目指す。そのために、まずは大山道・中原街道・古東海道が交差する用田辻に向かう。のに、慶應一周sweat02しちゃって、用田辻まで4.5kmrun 用田辻からのルート編は後日up 次回、座間で彼岸花good

2016年9月22日 (木)

田んぼの彼岸花

朝から雨で、行きたかった彼岸花めぐり行けずdown 午後、雨が上がった!レッツゴーrun いつ降り出すかわからないので、1時間(くらい)走だ。田んぼの畦で咲く彼岸花を探しに、恩田川を遡る。

いぶき野の彼岸花。黄金色の田んぼと雨露をまとった彼岸花。

Ibukino01

Ibukino02 Ibukino03

Ibukino04

田奈でターンして、恩田川右岸へ。小山町の田んぼでも咲いてた。いぶき野よりも畦を覆っていたのだが、残念ながら雑草も多くて紅色が埋もれがち。

Koyama01

Koyama02

1:01’55”/11.1kmrun いつも間が悪く雨に降られるのに、今日は降られず。帰宅後に降り出す奇跡。今月の運を使い切った気分だcoldsweats01

2016年9月20日 (火)

鎌倉・金沢彼岸花ラン

9月17日のこと。少し早い彼岸花観賞ランのルート編run マップは一番下↓ スタートは辻堂海浜公園。湘南海岸沿いのサイクリングロード(1)に出て鎌倉に向かう。あいにくの曇り空。富士山は見えないが、波間に無数のアザラシ...サーファーが。砂地にハマゴウが咲いていた。鵠沼橋を渡って湘南海岸公園入口に、旧鵠沼橋親柱(2)が立っている。初めてまじまじと眺めた。江の島と解体途中の海の家とアザラシ...サーファーを眺めながら境川河口へ。勢い余って西プロムナード(3)の突端まで行ってターンup デッキを走るのは気持ちイイhappy01

01tujido01 01tujido02 Hamago 02kugenuma 03w_promenade

江ノ電trainとお近づきになりたかったので腰越駅前(4)を通過。江ノ電に沿って七里ヶ浜駅、稲村ケ崎駅と海岸から離れる。音無川近くのレストラン(5)は、某TVドラマの舞台になっていた(19日最終回だった)。湘南が第2の走り場の自分と湘南が仕事場の相棒さんは、緑区民のクセに生意気にも地理的ツッコミを入れながら見るのが常だった。材木座から稲村ケ崎まで走るのかよ、とか。柳島あたりでサーフィンして片瀬西浜から戻るのかよ、とか。馬堀海岸じゃないかとか。嫌な視聴者だなsweat02

04koshigoe 05inamuragasaki 06oomati

大町大路(由比ガ浜大通)の踏切待ちで大町停留所跡(6)に気付く。昭和初期には今の倍以上の駅があったようだ(39駅?)。若宮大路を北上、鶴岡八幡宮前を右折して宝戒寺(7)にゴール。12.6km/1:12'34"run 白花ヒガンバナと白萩などを鑑賞した後、横須賀線の西側、英勝寺(8)へ。

07hokaiji 08eisyoji

英勝寺でもヒガンバナを鑑賞したが、もっとヒガンバナを!もっとランを!ということで、金沢文庫の称名寺に向かうdash せっかくだから久しぶりの(9)朝夷奈切通攻めup すごい湿気でコンデジが曇る。岩を切り通した道は川と化し、滑って転んだら終わるな、ブルブルwobbly

09asaina_b 09asaina02 09asaina03 09asaina04 09asaina05

スタートから約18km。朝夷奈切通(10)通過。存外古くないのではなかろうか、この磨崖仏(10)。ここを過ぎるとすぐ右手に熊野神社への分岐。湿気が少なくなり、足元も土嚢で補修してあったので、安心して峠を下る。

10asaina01 10asaina02 10kumano 10asaina03_2 10kumano04

朝夷奈切通は1kmほどのゆっくりトレイルだった。金沢街道に合流。大道中学校バス停脇に磨崖仏、(11)鼻欠地蔵。ここより西は相州、東は武州だったため、堺の地蔵とも呼ばれたそうだ。今は風化が進み、ほとんど分からないようになってしまった(左下の盛り上がりが磨崖仏)。金沢八景・平潟湾を回り込み(12)明治憲法草創之碑を左折、北上。

11hanakake 12kenpo 13syomyoji

(13)称名寺赤門前(写真はその奥の仁王門)にゴール。後半は10.7km/1:02'03"run 総走行距離23.3km。ヒガンバナには早かったが良いランだったgood 週末は20km以上走らないとスッキリしないヘナチョコ(マゾ)ランナーだ。だが、半月板損傷前みたいに30km以上走るのは危険。やっちまってから、あと2ヶ月で2年経つ。もう30km越え復帰を目指すのは止めて、楽しく駆け回ろうっとhappy01

Map

2016年9月19日 (月)

新羽・西方寺のヒガンバナ2016

今日は新羽、真言宗補陀洛山西方寺のヒガンバナを見にランrun 曇り空で走り出し、鴨居で霧雨。そのまま鶴見川沿いに大回り、亀の甲橋左折して新羽十字路、門前にゴール。9.4km/56’12”(NET)

茅葺と花の寺、西方寺。紅白ヒガンバナが3・4分咲き。黄色は大きいので枯れ始めると剪定されるらしく、2分ほどしか咲いていないように見えるが実は半分くらい咲いているのではなかろうか。だいたい、黄-白-赤の順で見頃を迎える。

Saihoji01_2 Saihoji02

Saihoji03 Saihohi_w

境内の一段高いところに茅葺の鐘楼がある。ここにも黄色のヒガンバナ(鐘馗水仙?)が。毎年のように参拝しているが、ここは気づかなかったなぁ。

Saihoji_y

山門脇、去年まで赤花ヒガンバナだったが、ピンクだ。なんと、四色にパワーアップ。ピンクまでくると、ヒガンバナ(和名)というよりリコリス(学名)というイメージだ。でも、淡くてイイねhappy01

Saihohi_p01 Saihohi_p02 Saihohi_p03

う~ん、いい赤good 曇天が似合うわ。

Saihoji04

西方寺のヒガンバナは、お彼岸頃から見頃になるだろう。今年も良いヒガンバナ鑑賞をさせてもらいましたgood

オマケに、鶴見川土手のヒガンバナ。帰り、雨除けに下りた江川せせらぎ緑道のヒガンバナ

Turumi_r Egawa

帰りは雨が本降りになったので、真っ直ぐ緑産業道路を中山に向かった(江川せせらぎ緑道経由)。だが今日の自分はいつもと違う。何故なら、レインカバーをバックパックに装着していたのだrain 余裕だ。シャワーランとか洒落込む余裕があるぞcoldsweats01 6.8km/38’01”(NET) 駅前にゴールdash

2016年9月18日 (日)

称名寺のヒガンバナなど

9月17日のこと。鎌倉の宝戒寺と英勝寺でヒガンバナ鑑賞。宝戒寺の白花ヒガンバナはそろそろ見頃を迎えようという状態だったが、英勝寺は咲き始めだった。鎌倉のヒガンバナは今度の週末が良い感じだろう。で、ヒガンバナも走りも足りなかったので、金沢文庫の真言律宗金沢山称名寺まで足を延ばしたrun

年に一度は金沢文庫辺りを走っているが、称名寺は御無沙汰だ。ボランティアガイドさんが待ち受ける仁王門から中へ。浄土庭園の阿字ヶ池に掛かる反橋・平橋を渡って金堂でお参り。その脇でニャンコ爆睡catface

Syomyoji01 Syo_cat

目当てのヒガンバナは、阿字ヶ池の周りで散見。ひと叢、群生があったのだが、近づけない位置で残念。

Syo_higan03

Syo_higan01 Syo_higan02

金堂裏の草地で咲いてたりしないかなと淡い期待を抱いたのだが、アレチヌスビトハギ(帰化植物)の群落が見られた。ヒガンバナは一輪のみ。

Syo_areti01 Syo_areti02 Syo_higan04

Syo_goisagi この日の天気は曇り。称名寺をウロウロしている間に青空が見えてきた。まだ午前中だし、速攻で帰って布団を干そう。洗濯しよう、掃除しよう、そうしよう!働き者だなっcoldsweats01

最後に反橋から獲物を探した。モミジの枝にゴイサギがいたhappy01 枝を移るのだが、どうにも不器用で転がるように移動していた。枝の陰にもう一羽いたし、もしかして巣立ち前なのだろうか。

金沢文庫・企画展は「国宝でよみとく神仏のすがた」という興味深いものだったが、布団干しに勝るミッションは無いsweat02 金沢文庫駅まで歩き、電車で帰ったtrain お疲れ様。

鎌倉から金沢街道コースは久しぶりなので、朝夷奈切通を攻めた。ルート編は後日up

2016年9月17日 (土)

鎌倉でヒガンバナ巡り2016

今年はヒガンバナの開花が遅い。この連休も期待薄。だが、どこかで見たい、ヒガンバナ!白花のヒガンバナは赤花よりも開花が早いので、萩寺と親しまれている鎌倉の天台宗金龍山宝戒寺へ。宝戒寺は萩だけでなくヒガンバナも見応えがあるのだ。しかも、萩もヒガンバナも白。当然走って行ったのだが、ランの巻は後日up

萩がワサワサと茂っている宝戒寺の参道(拝観料@100)。一番乗り!と思ったが、先客がいましたbleah ゆったり参拝、ゆったり撮影。そのわりにボケてる写真。なぜだろうねぇcatface

Hokaiji01 Ho_higan04

いつもなら本堂に上がらなければ見えない御本尊さまも、よく見えた(子育経読地蔵大菩薩、脇立に帝釈天と梵天)。本堂前の萩は紅白。

Hokaiji02 Ho_hagi02 Ho_hagi01

境内のそこかしこに、白いヒガンバナが咲いている。見頃はお彼岸の頃かな。

Ho_higan03

Ho_higan01 Ho_higan02

こんなに余裕の宝戒寺参拝は初めてだった。鎌倉の寺社参拝は開門直後に限るなgood

気を良くしたヒガンバナ好きランナーは英勝寺にも行くことにした。その前に鶴岡八幡宮・瑞垣のヒガンバナを見に行ったが、東の鳥居付近に花芽が伸びているくらいで花の姿無し。

横須賀線を渡って浄土宗東光山英勝寺へ(拝観料@300)。さて、この場所が見頃には真っ赤に染まるのだが。何度も来ているが、バッチリ見頃だったのは2011年だけ。平日に休めたら良いのになぁ。

Eisyoji01 Ei_higan02 20110925_2

Ei_higan01 Ei_higan05

仏殿と唐門の間に白花ヒガンバナ↑ 唐門とヒガンバナ

Ei_higan03 Ei_higan04

Ei_ageha まだ数少ないヒガンバナにアゲハチョウが舞う。

ヒガンバナ巡りとしては腹六分目。ランのスタートから14kmほどで、走りも足りない。腹八分目を目指し、鎌倉を飛び出して金沢文庫・称名寺へrun 称名寺だって見頃になっていないことは予想できた。最近は金沢文庫に行っても称名寺スルーが続いていたので、行くだけでも腹一分目プラスだ。

称名寺の巻に続く。

2016年9月15日 (木)

十五夜のうさぎ饅頭

やっと見えた、十五夜お月さまmoon1 満月は17日。

15ya 15ya_usagi

十五夜に月見団子をと思ったけど、胃もたれしそうな予感がしたのでうさぎ饅頭にしたhappy01 1個だけにしたから胃もたれしていない。月見団子だって、ひと山完食しなければ胃もたれしないだろう。そういうことねcoldsweats01

2016年9月11日 (日)

四季の森公園の白花ヒガンバナ

今年も血沸き肉躍る彼岸花の季節がやってきた。雨の四季の森公園で彼岸花チェック。ハス池の土手で白花ヒガンバナが見頃happy01 蛍川橋の土手では白花が咲き始め、赤は無しだった。

Higan_w01 Higan_w03

Higan_w02

しょうぶ園でも白花ヒガンバナが咲き始め。赤もチラホラ。

Higanbana01 Higanbana02

さあ、今年はドコの彼岸花攻めしようかな~happy01 わくわくしながら今日のラン、スタートrun 恩田川沿いに町田の高瀬橋ターン、20km/1:59’29” 道中の畦道などでも彼岸花ちらほら。町田では薄日が差していて、雨なのは中山周辺だけだった。雨の中山スタート、雨の中山ゴール。びちょびちょsweat02

2016年9月 7日 (水)

絹の道ラン(2) 小山-都岡

9月3日のこと。天気がイマイチの日は旧街道ランが楽しい。しかし、晴れたねsun 暑かったよぅdespair

今回の旧街道ランは、絹の道の続き。絹の道は八王子から横浜港まで絹を運んだ道、神奈川往還の別名。他に浜街道とか八王子街道とか呼ばれる、どれsweat02 初回は5/21、多摩丘陵ランを兼ねて小山内裏公園から八王子まで走った。前回スタートした小山内裏公園から横浜方向へ走る。都岡ゴール、21.4km/2:00’40”88(NET)run ポイント写真はマップに載せて省略。

いくつかピックアップ。スタートから2km、旧道の辻の左右にかなり古そうな石塔。石灯籠の横には献燈修復之記が立つ。元の地名は沼町だったらしい。慶応元年(1865年)建立。

001humonhon 001toro

旧道から町田街道に合流するところ、中村地蔵尊。宝暦から天明年間に建立された13体のお地蔵さまたち。道祖神、いっしょに庚申塔が並ぶ。

002nakamura 002koushin

上宿交差点を旧道へ。1kmちょっとの間に見どころが幾つかあった(写真はマップ)。木曽の一里塚はルートから少し外れている(スタートから8km弱)。これは旧大山道、その昔は御尊櫃御成道(家康公の櫃を久能山から東照宮まで運んだ道)の一里塚。道と聞くと行きたくなるが、ルートが判然としないので、要検討。

003itiriduka 003itiriduka02

スタートから11km/1時間(NET)。小田急町田駅東口。原町田商店街で立てた絹の道碑。幕末に横浜が開港されて、絹の道の中継点として賑わったそうだ。

004matida_l 004matida_r

この先は14km付近で1kmほどの旧道に入るが、246号線町田市辻まで町田街道で、金森の「太田道」標柱以外特別面白いものは見当たらなかった(ローソンの亀は面白かったが写真無し)。町田市辻までのルートは平坦。その後、都岡までは少し高低差がある。若葉台団地入口のシャトレーゼでアイスクリーム休憩を入れて、都岡・中原街道にゴールdash 次は旧横浜港(関内駅あたり)にゴールだ。年内コンプリートを目指す。年内ばっかりだsweat01

2016年9月 6日 (火)

夕焼けのライン

中山駅前にて。スマホを持たない天邪鬼は、いつも空を見ている。空に真っ直ぐ引かれた夕焼けのライン。丹沢山系の影だろうか。上を向いて歩いても、歩きスマホで下を向いても、どっちも前方足元要注意coldsweats01

0906sunset

2016年9月 5日 (月)

新治市民の森のニャンコ

昨日、新治市民の森でニャンコに会ったcat まだ子猫。兄弟かな。しっぽフサフサで毛並みも良い。誰か世話をしている人がいるのだろう。

Cat01

Cat02

仲良しhappy01

2016年9月 4日 (日)

新治市民の森の晩夏から初秋など

1時間走なら水無しでいける季節になってきた。近場でランrun 横浜動物の森公園植物公園工事進行中。左が4/26、右が今日(フェンスの隙間から撮った)。カキツバタ園の予定だ。もともと湿地だから丁度良い。

Zoo0426 Zoo0904

新治市民の森に立ち寄り。旭谷戸は実りの季節。稲穂が頭を垂れている。ワレモコウも咲いている。晩夏から初秋へ向かう谷戸である。ナンテンハギは夏から秋にかけて咲く花だが(草ではなく木)、ハギといえば秋のイメージ。地面ではモンキアゲハが吸水中。

Asahiyato Waremokou

Nantenhagi Monkiageha

田んぼの周りでタチフウロが咲く。去年よりも少ないし、遠いdespair 他に見られた花はツルボたくさん、ツリガネニンジンなど。

Tatihuuro01 Tatihuuro02

6jizo さらに足を延ばして、北八朔の丘越え、藤が丘・中里へ。

JA横浜中里の斜め前、藤が丘1丁目町内会館の敷地内に、六角柱の六地蔵尊と堅牢地神塔が安置されていた。一面に一体のお地蔵さまは六道それぞれの衆生を救済する。現在の谷本小学校に享保9年建立されたものを移転と記されていた。建立発起人の名簿があるのが珍しい。小島源右衛門さんとか。

で、ここがゴール。9.4km/53’08(NET) JAで浜なし(3L×3)を買ったら重すぎて持ち帰れないwobbly 相棒さん出動要請をし、車で帰りましたとさcoldsweats01

8月の走行記録。総走行距離は126.1km。年間総走行距離は1187.8kmとなった。今年も8月の野望、御岳山でレンゲショウマ、が果たせなかった。また来年paper

« 2016年8月 | トップページ | 2016年10月 »