2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

« 境川河口へラン(2) | トップページ | タカナシ乳業バラ園2016 »

2016年5月12日 (木)

境川河口へラン(3)

5月8日のこと。境川河口へラン最終回。

遊行寺橋・藤沢橋でいったん国道467号に離れるも、すぐに次の大正橋から境川沿いに復帰。次の堰跡橋を渡って左岸へ。堰跡橋・御所ヶ谷橋間の緑地に(21)海から5.0km表示があった。カウントダウンの始まりだ!気分が高まる 足取りも軽い 次の(22)東橋のデザインって藤? 東海道本線を迂回して右岸に戻る。

21sekiato_b5km 22azuma_b

柏尾川分岐を過ぎると川幅がぐっと広がった。新林公園と藤ヶ谷ポンプ場の間に(23)海から3.0km表示。江ノ電下のトンネルをくぐったところに(24)海から2.0km表示。(25)第3号境川緑地入口付近に海から1.0km。流れを感じさせないくらいに、たゆたう境川。もうすぐ、もうすぐ

23fujigaya_3km 24enoden_2km 25nishihama_p1km

山本橋西際に(26)純和風のカトリック片瀬教会があって、バザー?が開催されていた。この建物は聖堂として使用されているそうだ。ひたすら川と田園を見てきたので、歴史を感じる建築に目が覚める思い。観光地だったなって (27)西浜ポンプ場手前に0.5km表示。もはや逆流しているようにも見える境川だ。

26katasekyokai 27pump_05km

小田急片瀬江ノ島駅前で川沿い遊歩道終了。国道134号を渡って(28)片瀬橋の海側に出た。で、0kmドコ?0kmドコ~!まだ走る (29)突堤を走って東プロムナードまで来た。江の島は目の前だ。富士山は靄っててまったく見えない。で、0km、ドコ?あの0.5kmからすると、行き過ぎているね。西の空と同じくモヤモヤするが、とりあえず、ラン終了。お疲れちゃ~ん 27.7km/2:41’20”

28katase_b 29enoshima 30katase

0km地点を探してトボトボ戻る。(30)片瀬漁港広場のオブジェまで戻る。が、見当たらない。すぐそばの観光案内所を尋ねるも、「聞いたことない」回答 ぶらり江の島の後に、もうひとつの観光案内所を尋ねたら「0km表示はありません。確か、江の島弁天橋袂のトイレから40m先だと聞いたことがあります(自信無し)」回答。自信無さげだったが具体的だ。そうすると、(30)写真の矢印のあたりが0km地点ということになる。約200m行き過ぎたので、南町田の境川水管橋から河口まで27.5km。そういうことにしよう 境川は草戸山源流から河口まで約52kmだが、走行可能なルート(一部遠回り)では53.7kmであった。河口がウヤムヤでスッキリしないが、これで境川走破

以上の気持ちの整理をつける前に、ぶらり江の島 この日も人人人。しかし、1月の週末よりは少ない。仲見世を早足で通り抜け、階段も駆け足で上り、江島神社辺津宮に到着。体力余ってるなぁ 拝殿前から脇に移ってた茅の輪もくぐった。今度は遊覧船に乗って島の裏側に行きたいなぁ。次回のお楽しみにしよう。

Enoshima01 Enoshima02 Enoshima03

仲見世の紀の国屋で女夫饅頭(My饅頭ランキング第1位!)、海産物屋で湘南しらすを買って帰途についた。良い旅であった

« 境川河口へラン(2) | トップページ | タカナシ乳業バラ園2016 »

寺社巡り」カテゴリの記事

散歩・ジョギング」カテゴリの記事

湘南鎌倉三浦」カテゴリの記事

横浜・川崎」カテゴリの記事

河川」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 境川河口へラン(3):

« 境川河口へラン(2) | トップページ | タカナシ乳業バラ園2016 »