2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ

« ワニグチソウと新治の藤棚 | トップページ | 境川源流へラン(2) »

2016年5月 1日 (日)

境川源流へラン(1)

4月30日のこと。4月23日の恩田川源流ランで、滝の沢源流が境川に近いことに気づいた。そうだ、境川も制覇しよう!境川は町田市の大地沢、草戸山を源流とし、片瀬江ノ島海岸に河口を持つ52.1kmの二級河川だ。中ほどの南町田をスタート地点とし、源流と河口にラン まずは境川源流へ走る 何回かに分けてレポ。ルートマップは最終回にUP、かな。

鶴間公園を通り抜けて境川へ。下流方向は(1)横浜水道の導水管が弧を描き、上流方向は(1)東急田園都市線の鉄橋。上流へ、スタート ちょっと紫外線が痛いけど、爽やかなラン日和

01s_machida 01s_machida02

スタートから1kmほど。相模原市上鶴間と大和市下鶴間にまたがる緑地があった。フェンスに名前らしき表示があったような、無かったような (2)仮称・上鶴間斜面緑地と呼ぼう。境川にはこうした斜面緑地がいくつか残っている(境川の斜面緑地を守る会、の掲示があった)。これからも残って欲しいものだ。緑地ではオドリコソウが咲いていた

02syamen 02odorikoso

03machida_s (3)小田急線が見えてきた。JR町田駅前の矢口橋までは踏破しているが、その上流は未踏域である。心躍るな~

5km過ぎの(4)幸延寺橋から横浜線が見える。「境川ゆっくりロード」の看板も。カワセミがあしらってあるが、上流でカワセミを見ることができた。撮影失敗したけど カモやコサギ、コチドリもいたよ 写真愛好家の皆さんも、けっこういたよ。

しばらく横浜線と並走したあと、川は町田街道に近づいていく。次に横浜線と出会うのは相原駅だ。

04yukkuri 04koenji_b 05kotidori

川幅が狭くなるころ、右岸に(5)鵜野森斜面緑地が広がっている。7km過ぎ(6)根岸橋から川の雰囲気が変わってきた。整備された護岸ではあるが長閑だ 左岸のこんもりした林は境川山根特別緑地保全地区で河畔林の名残りだそうだ。

05unomori 06negishi_b 07kyowa_b

距離表示がまるで無い境川だが、「共和橋から何km」というプレートだけはいくつか見た。共和橋とはいかなる橋か?と期待したが、(7)共和橋、水色塗られてる(悪さだ) どうして共和橋だったのだろう?スタートから11km弱の地点。

整備された護岸に草が生い茂り、自然の土手のようになり始めた(8)中村橋あたり。正面に山並みを望む。あそこに向かっているのだなぁ。スタートから15km過ぎ(9)京王相模原線高架下。境川は町田街道とつかず離れず、大戸まで続く。

08nakamura_b 09keio

続く

« ワニグチソウと新治の藤棚 | トップページ | 境川源流へラン(2) »

公園・森林」カテゴリの記事

散歩・ジョギング」カテゴリの記事

植物」カテゴリの記事

神奈川県央・相模原」カテゴリの記事

東京都内」カテゴリの記事

河川」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 境川源流へラン(1):

« ワニグチソウと新治の藤棚 | トップページ | 境川源流へラン(2) »