2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ

« 旧東海道神奈川九宿ラン(小田原宿-箱根宿)前編 | トップページ | 旧東海道神奈川九宿ラン(小田原宿-箱根宿)番外編 »

2015年12月 6日 (日)

旧東海道神奈川九宿ラン(小田原宿-箱根宿)後編

12月5日のこと。“旧東海道神奈川九宿ラン~神奈川県縦走?”最終回。神奈川県のウォーキング企画に乗っかって、気持ちオリジナリティを出してみた、「東海道神奈川九宿ウォーキングラリー」の宿場シールを集めながら神奈川県を縦走するrun 全4回の本企画。祝・縦走run マップも完成↓

今回の小田原宿-箱根宿も、ポイント写真をマップに載せて省略だ。ひとつのロング企画を集中して実行したのは初めてかもしれない。いつも思いつきで虫食いのように走るからね~coldsweats01 マップが綺麗で良いわぁ。この調子で、2016年は綺麗な三浦半島ランを目指そうかなdash

Sounji というわけで、最終回のスタートは小田原宿板橋見附。九宿目の宿場シールは箱根関所でゲットgood 走行距離は15.4km/1:51’ 更に箱根峠まで伸して+2.0km。合計17.4km/2:04’37”09run 石畳道では早歩きfoot 「コケない」これがマストだから、早雲寺にお参りしてから天下の険に挑んだよsweat01

早雲寺の境内では見頃を迎えていたモミジだが、山を上るにつれ、落葉の季節。

割石坂で石畳を慎重に進んで坂がひと段落。目を上げると、彩な紅葉がmaple

01wariishi01 01wariishi02

Hatajuku 石割坂のモミジが一番赤かったな。

前回も撮った畑宿のイラスト案内板→ 箱根宿まで5.5km。全行程走れたらすぐに着くのだけど、七曲り&石畳だから、近そうで遠いのよねぇ。

石畳そのものよりも、石畳道と県道を繋ぐ急階段が、脚力を奪う。むしろ、七曲りの車道を走っている方が脚が休まるsweat02

最もプルプルしたのは橿木坂の階段。長い階段を上って、見晴らし茶屋への分岐でプルプルが治まるのを待つ。山根橋、甘酒橋を渡り、地図で想像した以上に起伏に富んだ旧道を猿滑坂へ向かう。開けた場所では遠くに相模湾が見えた。

02kashinoki 02yamane_b 02sagamiwan

03oikomi 猿滑坂から県道を渡って、また階段を上る。車道よりもかなり高い位置→緩やかに下るので走りながら脚を回復させる。

追込坂に合流するのだが、途端に、ぴゅ~typhoon 冷た~い風が吹いてきた。寒っ。甘酒茶屋に向かう緩い追込坂を急いで走り、甘酒茶屋へdash 持ってきたステンレスボトルに甘酒@400を入れてもらう。これで道中が心強いわ。とっても熱いから、すぐ飲んだらキケン。石畳最長区間の白水坂、天ヶ石坂で十分撹拌され丁度いい温度になった甘酒を飲む。美味しいhappy01

42.195km.netさんでマップを作った。実は芦ノ湖に着いてから、箱根峠から三枚橋が東坂、峠から三島宿までが西坂と呼ばれることを知った。なーるほど、坂だね。と思って東坂の距離側したら、約13kmだった。神奈川県縦走のために箱根峠まで伸したのだが、東坂西坂という意味でも正解だったなgood 箱根峠からの国道1号線下り坂は楽チンだった。安定して走れるって幸せって思った。箱根神社参道まで、4.5km/25’17”67run 総走行距離は、21.9kmrun 締めはバスで箱根湯本に戻り、箱根湯寮でひとっ風呂spa コーヒー牛乳を飲んで、お疲れ様でした。

Staticmap 04yuryo

« 旧東海道神奈川九宿ラン(小田原宿-箱根宿)前編 | トップページ | 旧東海道神奈川九宿ラン(小田原宿-箱根宿)番外編 »

散歩・ジョギング」カテゴリの記事

温泉・銭湯」カテゴリの記事

神奈川県西」カテゴリの記事

道・旧街道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2032526/62842628

この記事へのトラックバック一覧です: 旧東海道神奈川九宿ラン(小田原宿-箱根宿)後編:

« 旧東海道神奈川九宿ラン(小田原宿-箱根宿)前編 | トップページ | 旧東海道神奈川九宿ラン(小田原宿-箱根宿)番外編 »