2018年7月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« 夏旅2013 出雲・松江・大山(1) | トップページ | 夏旅2013 出雲・松江・大山(3) »

2013年9月16日 (月)

夏旅2013 出雲・松江・大山(2)

夏旅レポ2回目は、稲佐の浜と日御碕wave この日の日本海は凪いでいました。

筆投島が目前のポイントからのパノラマ。平安時代の画聖と呼ばれる絵師が、朝夕に色彩が変わる姿を描くことが出来ず筆を投げた、と伝わる島です。右の奥(枯れ木の更に右)に、海から小さく突き出ている岩はつぶて岩。国譲りの談判の時、建御名方神が力比べで投げた岩。古代と現代が繋がる地、想像をかきたてるなーhappy01

01hudenage

海沿いの一本道を行くと、左手に日御碕神社の姿が現れる。青い海、深い緑、朱色の楼門。色彩が豊かshine

02hinomisaki01 02hinomisaki02

楼門をくぐって正面には日沈宮。御祭神は天照大御神。向かって右手の石垣の上には神の宮、神素戔嗚尊が祀られています。神の宮の本殿は改修中でした。日沈宮は、昼を護る伊勢神宮に対して夜を護るとされているそうです。どっちの宮も権現造りで荘厳。近くで見ると、ちょっと朱色が色褪せているけれどsweat02

02hinomisaki03 02hinomisaki04

日沈宮からの日没は、きっと綺麗だろうな~とは思うものの、日程上、日没までは居られません。次の目的地は大山隠岐国立公園、出雲日御碕灯台です。白亜の石積み灯台で、内壁は煉瓦積みになっています(内覧すると内壁の煉瓦を見られます)。世界灯台100選のひとつ、東洋一の灯台と讃えられているとか。さもありなん。美しいgood 海岸の遊歩道を歩いて行く。変化に飛んだ美しい海岸線。流れるようなツブツブ模様の岩がこの景色を作り出している。流紋岩というそうです。大小20余りの流紋岩でできた島の風景は、出雲松島

03hinomisaki01 03matushima

遊歩道を戻って日御碕灯台に上りました。見学料200円。中にはエレベーターなんてありません。てっぺんまで16ウン段の螺旋階段を上って表に出ると、絶景up 写真左側の島は経島(ふみじま)です。先ほどの日沈宮の遠源は、この経島に祀られていたそうです。現在はウミネコの繁殖地として天然記念物に指定されている島です。

03hinomisaki02

経島を目前にできる展望台から日御碕灯台を望む↓ 海面を見たら、浜の近くにエチゼンクラゲが浮かんでいました。デカっ!ものすごく大きい。でも、撮っていないのdown

03hinomisaki03

海沿いの道を戻って稲佐の浜に降りました。そろそろ夕方。弁天島と夕日、綺麗でしょうね。これも日程上、見られませんでした。完全フリーな旅なんだから好きにしたらいいじゃないかと思うけれど、あまり遅くなると宿の夕食が困る、ということでpaper

04benten

この後は神門通りの無料駐車場に車を止めて、また神門通りのお店をひやかす。神迎えの道をブラブラして、ぜんざい(かき氷バージョン)を食べました。残念ながら(?)今回の旅では、食べ物の写真はありませんよぅ。

1泊目の宿は玉造温泉spa 次回は2日目。松江の巻、の予定soon

« 夏旅2013 出雲・松江・大山(1) | トップページ | 夏旅2013 出雲・松江・大山(3) »

寺社巡り」カテゴリの記事

番外編」カテゴリの記事

自然」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2032526/56224464

この記事へのトラックバック一覧です: 夏旅2013 出雲・松江・大山(2):

« 夏旅2013 出雲・松江・大山(1) | トップページ | 夏旅2013 出雲・松江・大山(3) »