2018年1月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

« 春の嵐が過ぎた跡 | トップページ | 番外編 一之貝でカタクリとキクザキイチゲを見る »

2009年3月15日 (日)

春の小川はさらさらいったか

歌は偉大だ。何かと言うと頭に歌が流れる。毎年今頃は「北国の春」リフレインが止まらない。今年もだけど、「春の小川」に無理矢理すり替え、梅田川へ向かった。1時間20分、7kmちょっとの散歩というか、ウォーキング。よくあるコースなのでマップ無しっす。
note春の小川はさらさらいくよー と頭の中で歌っていると、なぜだか、note秋の夕日に照る山紅葉...に変わってしまうのをなんとか修正しつつ、裏ZOOから時雨橋に下りた。
新治市民の森の春めいた姿にほのぼのjapanesetea

Niiharu

三保市民の森辺りから続く冬桜の並木が終わるこの辺りは、畑や林を潰した開発計画がいくつもあって残念。しかし、早咲きの桜、サンシュユ、マンサク、梅、木瓜、コブシ、色とりどりの花たちが道路沿いに咲き、綺麗であった。ジョウビタキ、メジロ、アオジがいた。

梅田川の遊歩道と三保念珠坂公園は、あちこちが整備中で通行止め。このエリアは重点整備地域だったか、緑新税がつぎ込まれるんだろうか。念珠坂公園の前の親水広場は子供達で賑わっていた。水が温いのねぇ。広場の端にネコヤナギではないと思われるヤナギ科の仲間。調べたけれど不明。そっくりな画像が見つかったけれど、「ヤナギ科の仲間」と書いてあったdown

Yanagi Kibushi

Hiyo キブシ遊水地で撮ったもの。遊水地の溜池でカワセミのつがい?に遭遇した。カワセミが珍しく鳴いたので観察したところ、2羽が仲良くとまっていた。もちろん撮ったけど、お見せできる出来じゃないので悪しからず。そんなのばかりだが、ヒヨドリはなんとかいけたかな?一本橋めだか広場のヤマヤナギっぽい木の枝にとまり、花をついばんでいた。

めだか広場でも子供達が水遊び。春の小川はさらさらというか、ゆるゆると流れていた。小川とは言えない大きさだから仕方ない。スミレやレンゲの花は見当たらなかったが、菜の花とショカツサイが川岸を彩っていた。そして、緑が輝いているshine 葉が艶々してるんだよ。素晴らしいなぁ。

Ume_medaka Kosagi

2007年の冬に、上の写真の場所は造りなおされた。川を堰き止め、削りなおして川の形を造ったのだ。それがこのように見事に生まれ変わって、コサギもちゃんとゴハンにありつけている。

夏に眩かったレモン色の歩道(今はもっと薄まってアイボリーに近い)をガッツリ歩き、新治橋を渡って田園地帯へ。一面ナズナに覆われた畑と、雨の名残がある田圃が広がる。
畦に咲いていたコレ↓は、キャベツかブロッコリー似ていないだろうか。トウダイグサ科のトウダイグサ(灯台草)というそうな。ちょっと美味しそうだが、毒があるので食べてはいけませんよ。

Toudaigusa_2

« 春の嵐が過ぎた跡 | トップページ | 番外編 一之貝でカタクリとキクザキイチゲを見る »

散歩・ジョギング」カテゴリの記事

植物」カテゴリの記事

自然」カテゴリの記事

野鳥」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2032526/56226641

この記事へのトラックバック一覧です: 春の小川はさらさらいったか:

« 春の嵐が過ぎた跡 | トップページ | 番外編 一之貝でカタクリとキクザキイチゲを見る »