2020年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

« 毎年律儀な十月桜 | トップページ | 四季の森公園のコウヤボウキ »

2008年10月13日 (月)

旭区金が谷広町公園から追分・矢指市民の森

10月12日のこと。連休記念、がっつりお散歩。裏ZOO→都岡→下川井→金が谷→追分・矢指市民の森、約12.5km、3時間20分。追分・矢指市民の森方面は着くまでに緑が少ないので、涼しくないとできないのさ。


大きな地図で見る

Z_obj 裏ZOOは創造と森の声2008のオブジェがお出迎え。そう言えば、裏ZOO(勝手に命名)の植物園計画は中断してるのかな。まぁ、個人的にはこのままで全然OK。むしろ、もっと手付かずだったら良かった。

いつもならズーラシア道路と平行して走る林道に行くのだが、今日は道路に出てみた。初めてである。第2・3駐車場とズーラシア入り口を結ぶシャトルバスが頻繁に行き来する。午前中から大盛況で、排気ガスだか土煙だかが目に染みた。

このような車の群れもあるので、夏向きではないこの方面。だから目的地は中原街道沿いなのに中原街道を通らないルートで。下川井の尾根道(左下)からはランドマークタワーが望めた。うーん、朝は肌寒かったのに、暑いじゃん。

Tuoka Mishima

行きで唯一、中原街道を通ったのは右上の三嶌神社に行くため(鬼っ子ラーメンの信号)。良い感じの神社(横浜市指定名木古木のカヤが2本ある)だったが、残念ながら幼稚園の臨時駐車場と化していたので、早々に次の目的地へ。矢指川を渡り、保土ヶ谷バイパスの下を潜って到着したのは、金が谷広町公園。地主さんの好意で開放されているそうで、雑木林に弓道場や東屋があり、下川井ICを見下ろせる場所もあった。冬桜が咲いていたが、これ↓は?たまに見かける赤紫色の葉のコレは桜だろうか。

Kanagaya K_huyusakura

Iwahune_2公園には南側の住宅街から入ったが(左上は西側の入口)、特養建設予定地が隣接していて、反対の看板がたくさん。緑区も特養だらけだよ...

金が谷交差点から急階段を登り、ポケットパークに到着。すぐ近くには岩船地蔵尊があり、講の方か、除草をしてらした。ご苦労様です。草の下からでてきたお賽銭をどうしたらいいか?と尋ねられてしまったけれど、そのままにしておきましょうということになった(その方によると、そこには蛇が埋められているらしいとのこと)。

ちょっとしたコミュニケーションを楽しみつつ、矢指配水地前を通り、ようやく追分市民の森に到着!笹野台口から桧山道を下り、大谷戸池を巡って追分の谷戸へ。

Y_hinoki

広場のコスモス。ちょうどお昼時だったので、お弁当を広げる人々がいて、とても長閑。

Yasashi

追分道を矢指口方向へブラブラ歩き。小川の柵にカマキリが数匹いて、ガンを飛ばしていた。マリアンナの方に向かう森の入口近くの枝にヤマガラを目撃。しきりに首を動かし、何か食べ散らしている。お行儀が悪いぞ。帰路の庭先などでもシジュウカラを目撃したので、もう里に下りてくる時期になったのだなーと、また秋を実感。結局、矢指市民の森へは入らなかったことになる。タイトル倒れだ。マリアンナの向こうには瀬谷市民の森もあるが、いずれまた。

Karasunogoma 谷戸田でコサギやアカトンボを眺めたりして疲れを癒し、さあ帰るぞ!帰りもできるだけ中原街道を通りたくなかったのだが、行きと違う道違う道と選んでいったら街道に出てしまった。今宿西町の方に出れば良かったとユニクロの裏手で後悔したが、後の祭り。そのうち行ってやる。

大渋滞を横目に、仕方なく街道を歩いていて見つけたのが右の花。バラ科かと思ったらシナノキ科のカラスノゴマであった。

ゴールは四季の森フォレオ。お茶を飲んで、買出しして、四季の森公園を通って帰宅。四季の森は後日UPしよう。

« 毎年律儀な十月桜 | トップページ | 四季の森公園のコウヤボウキ »

公園・森林」カテゴリの記事

散歩・ジョギング」カテゴリの記事

植物」カテゴリの記事

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 旭区金が谷広町公園から追分・矢指市民の森:

« 毎年律儀な十月桜 | トップページ | 四季の森公園のコウヤボウキ »