2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

« 新横浜公園 | トップページ | 番外編 湯沢町散歩2:湯沢高原アルプの里 »

2008年8月15日 (金)

番外編 湯沢町散歩1:大源太キャニオン

お盆休みに帰省。その途中、湯沢町(越後湯沢)に行きました。何度も通り過ぎただけの場所でしたが、意外に楽しめました。その第1回は大源太キャニオンです。

大きな地図で見る

越後湯沢駅東口から大源太キャニオン行きのバスで約30分(タクシーなら15分程)。

Kibouoohashi

希望大橋。このつり橋から下流を眺めると、大源太湖↓から流れ落ちる四十八滝を見下ろせる。ニジマスらしき魚影がウジャウジャ。

Daigentako

大源太湖の周囲には遊歩道がある。大きな湖ではないので、2~30分で一周できるだろう。湖の奥にはキャンプ場があり、その駐車場脇、大源太川のそばにメルヘンチックなレストランがある。オープンカフェでソフトクリームを食べながら帰りのバス待ち。敷地内に湧き水がこんこんと流れていて、これがすごく冷たくて気持ちよかった。

Restaurant

Bus バスは1時間に1本(時間帯によっては無い)程なので、要チェックです。運賃表が懐かしの紙だったので、思わず撮影です。感動。

大源太湖の下流(歩いても15分程)には、体験工房・大源太と陶芸工房・旭窯があります。自分は旭窯で陶芸体験をしました。簡単なレクチャーを受け、手ロクロで黙々と粘土を成形。成形後の焼きはお任せで2000円(約3週間後に完成品を着払いで送ってくれます)。1kgの粘土で3個まで作れます。一心に粘土に向かった1時間は、なかなか楽しいものでした。

« 新横浜公園 | トップページ | 番外編 湯沢町散歩2:湯沢高原アルプの里 »

散歩・ジョギング」カテゴリの記事

番外編」カテゴリの記事

自然」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2032526/56226907

この記事へのトラックバック一覧です: 番外編 湯沢町散歩1:大源太キャニオン:

« 新横浜公園 | トップページ | 番外編 湯沢町散歩2:湯沢高原アルプの里 »