2020年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

« 旭区と瀬谷区の市民の森巡り | トップページ | 今日も四季の森公園 »

2005年5月 7日 (土)

最近読んだ本について

ブログってHPよりも内面的な「更新圧力」がかかります。そこで、先ほど読了したばかりの本をご紹介します。

『さおだけ屋はなぜ潰れないのか?』山田真哉著

さおだけ屋については、ず~っと不思議に思っていたのでタイトルに惹かれて買いました。読んでみると、「挫折せずに最後まで読める会計の本」という触れ込み通り、非常に読みやすい。大雑把に会計の本質をつかめます。入門書というよりも、ちょっとした読み物です。しかし、さおだけ屋の謎について知りたくて購入したので、その点ではちょっと消化不良。とは言え、今まで何冊か入門書を読みましたが、読みやすさナンバー1です。ちなみにナンバー2は渋井真帆著『あなたを変える「稼ぎ力」養成講座 決算書読みこなし編』

『煙か土か食い物』舞城王太郎著

メフィスト賞受賞作。文庫落ちしていたので買ってみました。圧倒的な「文圧」。眩暈がします。ジャンルはミステリーのようですが、この嵐のような作品の中では謎解きはオマケみたいな感じですね。もちろん謎解きも面白いと思います(たぶん。謎解きには興味薄なので)。翻弄されたい時にオススメの一品。

« 旭区と瀬谷区の市民の森巡り | トップページ | 今日も四季の森公園 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 最近読んだ本について:

« 旭区と瀬谷区の市民の森巡り | トップページ | 今日も四季の森公園 »