2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

2017年12月13日 (水)

目黒川・北沢川ラン 後編

16map 12月10日のこと。中目黒・宝来橋をスタートして、目黒川が鳥山川と北沢川に分岐する地点まで(2.3km)が前編。後編は、玉川上水・明大前まで、北沢川緑道ランrun

目黒川の国道246号線から上流は暗渠。北沢川も河川跡である。

分岐点に立っていた案内板、淡島通りまで680m地点。「健康はウォーキングから」の上の「自分の健康は自分で守ろう」って、まあ、そうなんだけど、自己責任の時代ですなぁ。

さて、淡島通りの次は環状七号線を渡り、小田急線梅ヶ丘駅北側に向かう。北沢川は上北沢が源頭域なので、緑道も豪徳寺、赤堤へと続くのだ。かつては玉川上水から分水を引いていたらしい。今回の目的地は明大前なので梅ヶ丘で離脱する。

環状七号線の手前でデジャヴ。見たことあるぞ、この風景。北から下って緑道と交差する道。角の石垣。うーん、うーん、代田だぞ?親柱に鎌倉橋(17)と書いてあるってことは、これは鎌倉道。うーん。帰ってから考えようって、先に進むrun 帰宅後に記録をほじくり返したけど、2014年羽根木公園観梅ランでは通っていないし、20ウン年前に自動車で通ったかもしれないなー。

17kamakura_b01 17kamakura_b02

宝来橋スタートから4km過ぎ、環七のすぐそば。青空に向かって伸びる参道が美しい真言宗圓乗院(18)前を通過。宮前橋(19)で環七を渡ると緑道から流れは消え、住宅街が迫る遊歩道となる。十月桜が咲く遊歩道をちょっと行くと、もう(20)小田急線梅ヶ丘駅高架が見えた。

18enjoin 19miyamae

20umegaoka_s 21hanegi

22meidai 宝来橋から5km、羽根木公園(21)に到着。2014年観梅ラン以来の訪問だ。懐かしいが、先を急ぐ。公園出口間違って代田小学校前に出ちゃったsweat01

羽根木公園から明大前までは住宅街をウネウネと、井の頭線沿い。

スタートから7.3km(北沢川に入ってから5.0km)、餅つき大会中の駅前を通過し甲州街道の歩道橋を渡って明大前(22)にゴールdash 寄り道・お遊びが過ぎて、NETでは37’42”でも所要時間は1時間だった。

やっと玉川上水ランのスタート地点に立った。距離は短いが長かったなぁ。次回、玉川上水ラン完結編。

2017年12月12日 (火)

目黒川・北沢川ラン 前編

01jakudure_r 12月10日のこと。玉川上水ラン(明大前-四谷大木戸)の続きをするために、前後にオマケをつけ、中目黒駅前スタート・ゴールの城南・城西ぐるっとランrun 今回は玉川上水「前」の巻、目黒川・北沢川ラン。「後」の巻と全体像マップは前回の記事へ。

目黒川に蛇崩川が合流する地点(1)に広場があったので、ここで準備運動。目黒川の桜はLEDでグルグル巻きにされていた。今年もイルミネーションやるんだね。

では、広場下手の宝来橋をスタートdash しようとしたら、欄干のレリーフが目に留まった。これはランのお供に良いかもしれない。撮り始めたら、橋、多いしcoldsweats01

2.宝来橋 3.日の出橋 4.別所橋 5.桜橋 6.宿山橋 7.朝日橋 8.緑橋 9.天神橋 10.千歳橋

千歳橋から山手通りの間には柳橋・南部橋・中の橋があるが、レリーフは無かった。山手通りの目黒橋袂には目黒川改修の記念碑が立っていた。

11.東山橋 12.氷川橋 13.万代橋

02horai 03hinode

04bessyo 05sakura

06syukuyama 07asahi

08midori 09tenjin

10chitose Meguro_b

11higashiyama

12hikawa 13bandai02

13bandai01 万代橋の北側(目黒川左岸)に巨大な建造物。首都高大橋ジャンクション内側に造られた公園、目黒天空庭園・オーパス夢広場だ。寄り道しようっとwink

1階はオーパス夢広場。子どもたちがサッカーをしていた。階段とEVで3階の屋上庭園「目黒天空庭園」に行くことができる。

上がってみると、思った通り眺めが良いhappy01 そして、想像以上に完全に庭園だった。走るなんてとんでもないよ、散歩しようねという作り。東屋が点在し、東に向かって高く、展望台もある。起伏と植生に富んだ庭園からは富士山が見えたfuji

なんと、田んぼもある(おおはし里の杜)が、立ち入りできないようだった。道草はこれくらいにして、庭園を一周せずに戻った。なんたって、まだスタートから1.5kmくらいだ。

13opas 13tenku

13oohashisatonomori 13tenku_fuji

万代橋と国道246号線(大橋)の間に、最後のレリーフ付き橋、14.常盤橋。ココより上流の目黒川は暗渠。流れを地上に再現した目黒川緑道(15)となる。

14tokiwa 15meguro_r

小川にはコサギが無造作にいる。自分と1mほどの距離でも完全無視で獲物を狙うコサギ。野鯉に反応してて、それは無理でしょってツッコんだ。宝来橋から2.3km、目黒天空庭園から1kmも行かないうちに目黒川の終点、北沢川・鳥山川分岐点(16)に到着。

15kosagi 16kitazawa

たった2.3kmにネタが盛りだくさんであった。明大前には北沢川(北沢川緑道)の方を辿る。次回は北沢川緑道の巻。こっちの方が距離があるのにネタは少ないぞcoldsweats01

2017年12月10日 (日)

神宮外苑いちょう並木などなど

江戸の飲料水を確保するために造られた玉川上水は、羽村取水所から四谷大木戸まで約43km。8/26、10/21の2回で明大前まで到達。今日は残りの四谷大木戸まで。距離が短いのでいろいろとオマケを付けて、中目黒スタート・ゴールrun 全体マップは記事の一番下。目黒川・北沢川ラン-玉川上水ラン-中目お帰りラン、の3段階。最後のお帰りランの巻から。

四谷大木戸をスタートして、無名橋を渡って神宮外苑へ。線路が谷だなー。東京って山あり谷ありって体感。道はこの先、渋谷川まで緩やかに下っている。新国立競技場建設中。そしたら、脇でランニングイベントやってた。「FITチャリティ・ラン2017」とのこと。歩道も聖徳記念映画館前も、すっごい人で驚いた。

01kokutiru 02fit

神宮外苑いちょう並木は、針山みたいになってたdown 歩道が黄色い。

03icyo01 03icyo02

03icyo03 03icyo04

国道246号線を渋谷方向へ。外苑から宮益坂上の246号線は青山通り大山道だが、途中から千駄ヶ谷からくる鎌倉街道中道でもある。中道は旧こどもの城前の坂を明治通り・渋谷川に向かって下る。その坂の途中に鎮座する金王八幡宮に立ち寄り。この八幡宮を中心に渋谷氏の居城・渋谷城があったそうな。なんと、その城砦の石垣が拝殿前に置てあったんだけど、うっかりスルーしてしまった。触っときたかった~despair

04konno01 04konno02

04konno03 04konno04

後で残念だったことに気づいた参拝を済ませ、坂に戻る。渋谷川に架かる並木橋袂に鎌倉道の説明板があった。向かって右の細道が鎌倉道(中道)。代官山を越える。中道は交番前交差点を直進して目切坂を下り、目黒川を渡り二子玉川に向かうのだが、中目黒に戻るのだrun 目黒川・日の出橋にゴールdash 四谷大木戸から中目黒まで6.0km/32’12”NET。お疲れ様でした。

05namiki_b 06meguro_r

42.195km.netさんで作成したマップ。青ポチは5kmのマーク。総走行距離は21.1km。次回は目黒川・北沢川の巻かなぁwink

Map

2017年12月 9日 (土)

今春オープンした池辺市民の森

Map 今年4月1日にオープンした池辺市民の森に走った。往復8.3km/45’32”NETrun 都筑区内2つ目の市民の森である(1つ目は川和市民の森)。

名称は「いこのべ」かと思ったら「いけべ」だった。この辺りは「いこのべ」町じゃなかったっけか?

池辺市民の森は南側が高く北側に向かって傾斜する、竹林や雑木林の森だ。広さは約4ha。中原街道の坂を上って伊勢大神宮の祠を左へ、南出入口に到着。

01n_ent

竹林のカーブから林間広場へ。散策路はフカフカだ。

02rinman

03rinman

疎林広場。

04sorin

尾根筋の展望広場からの眺望。右手にランドマークタワー、左手に新横浜プリンスホテルが見えた。

05tenbo

06tenbo

南出入口。谷に下りて、中原街道との角にはお地蔵様が立っていた。目印は、お地蔵様の北口、伊勢大神宮の南口、だな。川和市民の森より広く、散策路の傾斜が優しい。また、比較的針葉樹・常緑樹が少ないので、明るい森だった。

07s_ent

2017年12月 8日 (金)

青ガエル電車が走ってる

東急東横線の青ガエル電車(現行の5000系に緑のラッピング)train、やっと撮るタイミングがあった。何度か遭遇しているし、乗ってもいるんだけど、撮るタイミングがなかなか無くて。

Aogaeru

東横線開通90周年記念で運行している。 ちなみに、自由が丘駅は九品仏駅から自由が丘駅に改称して88周年。何かイベントがあったかどうかは分からないcatface

«矢崎通り大山道ラン