2018年8月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

2018年8月18日 (土)

四季の森公園のナンバンギセルと虹のカケラ

今日の夕ランは、四季の森公園ぐるぐる後、恩田川ロード。8.5km/50’06”run

四季の森公園へは遅ればせながらキツネノカミソリを探しに行ったのだが、やはり遅すぎた。全然ない。しかし、ナンバンギセルが咲いていた。自分がいつも見ている場所ではなく、トンネルの近くだった。昨日から涼しいもんで、秋だなぁとか思いたくなる。

Nanban01

Nanban02

Misohagi ワレモコウの蕾が出来はじめていた。このまま秋になって欲しい。切に願うが、予報によれば暑さが戻ってくるらしい。やーだーなーsweat02

ミソハギが見頃→

蛍川橋のハスは結局咲かなかったのだろうか。毎年忘れたころに咲いたりするんだが、蕾は無かった。

公園を出て恩田川へrun

刷毛をはいたような筋雲は涼し気で秋の気配を感じる。その空に、虹のカケラが見えた。飛行機が横ぎったairplane

Niji01 Niji02

2018年8月16日 (木)

早野のヒマワリ

夏季休暇一日目。麻生区早野のヒマワリを見にランrun 谷本川を遡って、8.6km/50’54”NET。南の風8m/sとか、強風typhoon

早野景観保全圃場、ヒマワリ畑に到着。約6000㎡に約10万本のヒマワリが栽培されている。緑肥効果があって土壌に良いのだそう。マップに書いた3ヶ所の他に、早野聖地霊園入口の角でもチラホラ咲いていたが、一面を覆うほどではなかった。

Hayano00 Map

道路沿いの圃場に咲くのはハイブリッドサンフラワーsun 満開で見頃happy01

Hayano01

ヒマワリ畑の中には入れないが、通路が1本作られている。

Hayano02

Hayano03

アゲハチョウとヒマワリ。クマバチもたくさんいた。

Hayano05

Hayano06

圃場中央と西端に大輪のサンマリノ、約2.5万本。西端のヒマワリは俯き始めていて、そろそろ終盤。

Hayano04

Hayano07

最近新聞に載ったらしく、見に来ている人が何組かいた(なんと、外国人まで。情報力あるなー)。風に翻弄されるヒマワリを撮るのは大変。もう、当たりを付けてテキトー撮りだったsweat02

帰りは青葉台を抜けて恩田川沿いに下るコース、7.7km/46’55”NET。帰り道は雲が多く(天気雨も降った)、涼しかった。

2018年8月14日 (火)

滝山城址にラン(2)

8月11日、山の日のこと。昭和記念公園玉川上水口をスタートして滝山城址の仮称・高月口に着いたところまでが前回の記事(スタートから9km)。ルートマップも前回の記事へ。

庚申塔・地蔵尊の辻には都立滝山公園の標柱もあった。そして滝山城跡への急坂がいきなり始まるup ほとんど直線的に約500m登った先に車止め。振り返ると多摩川と高月町の田園風景(1)。スタートから9.5km地点。なおも石畳の急坂を登ると(もはや走れないwobbly)、(2)引橋が頭上に架かっていた。右手が本丸、左手が中の丸跡だ。標高約160mの丘一帯に滝山城の遺構が残っている。

01takatuki 02hiki_b01

滝山城は戦国時代中頃(1521年)に築城された国指定史跡、続日本100名城にも選定されている。引橋の先を右折し、枡形虎口(3)、本丸跡(4)へ。本丸への出入りは引橋と、この虎口の2ヶ所。枡形がよく残っている。本丸広場には霞神社(5)が鎮座。引橋を渡って中の丸へ。

03koguti 04honmaru

05honmaru 02hiki_b02

引橋(2)から見下した枡形虎口への分岐。中の丸跡(6)には旧滝山荘とトイレがあった。滝山公園は桜の名所で、中の丸にも桜の大木がある。春にまた来たいねぇcherryblossom

02hiki_b03_3 06nakanomaru

大手口がスズメバチのため通行止めになっていたので尾根つたいの道へ。喰違い虎口の空堀(7)。(8)木橋(引橋)の下にも空堀。同じく続日本100名城に選定された小机城址よりも随分と大掛かりな山城だったことが伺える。尾根道の(9)古峰の道を南東へ。南西の斜面には乗馬クラブのクロカンコースがあった。

07karabori 08kibashi

09kobunomiti02 09kobunomiti01

10takiyamadai 尾根の一本道が二股に分かれたが、なんとなく左の小峯ヶ原園地方面へ。林道の状態が良かったものだから、つい脚が進んだrun 後で地図を見てみれば、道の駅に行くのだから分岐を右(少林寺口)へ行くべきだった。

途中でトレランナー数人とすれ違ったりしつつ、快調に尾根道を進むと、初めての階段下り。滝山台口(10)。国道16号線に出てしまった。滝山丘陵約3.5kmのトレランだった。

走るの重視で城跡見物は二の次。今度は花見を兼ねて大手口から登ってみたいな。

都内唯一の道の駅八王子滝山まで、1.4km戻る。スタートから13.9km、道の駅に到着。

去年もサギソウ帰りに立ち寄って、ジェラートを食べた。今回はソフトクリームを食べたい。金子牧場の搾りたて牛乳を使ったアイスミルクMO-MOカネコミルクスペシャルソフトクリーム@300を購入。牛乳味濃いhappy01 牧場系アイスクリーム屋さんマップ更新>> この道の駅は品ぞろえが良いので何か買って帰りたくなる。いっそバスで八王子駅に帰ろうかと思ったくらいだが、美味しいソフトクリームで元気注入。残念ながら走って帰れそう。せめてものことに、東京牛乳を買って飲んだ。美味しいなーhappy01

Momo Milk_tokyo

11hiyodori 外に出たら小雨が降り出した。わお、くるか?夕立rain 八王子駅まで、ひよどり山道路を真っ直ぐrun 全長1km以上もあるひよどり山トンネル(11)で、チャリに轢かれたら誰も助けてくれないなーと妄想を膨らませる。なぜって、閉所恐怖症気味な上に、歩行者無し、チャリはガンガン飛ばすbicycle 歩行者には危険な歩道だからである。轢き逃げされたら助けは来ないと思うと、ビビるsweat02

トンネル抜けたら雨が徐々に降り出した。駅に近づくほど本降りに。駅入口交差点にゴールrun 17.0km/1:46’17”NET。総走行距離は、21.3km。以上で、山の日に山に走ってソフトクリームを食べる企画終了。その後土砂降りになったが、相原以南は晴れていた。

2018年8月12日 (日)

滝山城址にラン(1)

8月12日のこと。昭和記念公園でサギソウ鑑賞&ぐるぐるで4.3km走った後、玉川上水口(1)からランの本番スタートrun 山の日だけに、滝山城址に行こうという計画。丘陵だけど、そこはまぁ、山ってことで。

柴崎用水を遡って玉川上水へ。松中橋(2)に到着。松中橋の上流右岸に砂川用水と柴崎用水の分水口(3)がある。玉川上水緑道を拝島に向かい、拝島駅を越えて多摩川を渡るコース。拝島駅前の平和橋(4)で、スタートから約4.5km。橋の下流右岸には拝島分水口。(玉川上水緑道ラン>>

01syowakinen_p 02matunaka_b

03shibasaki_sunakawa 04heiwa_b

05kumakawanowatashi 拝島駅は富士山ビューポイントなのだが、この日は雲中。ちなみに、この日のルートは立川市-昭島市-福生市(平和橋周辺)-昭島市(拝島駅前)-福生市-あきる野市-八王子市。多摩地域は行政区画が入り乱れているなー。

睦橋通りを多摩川へ。睦橋の東際に睦橋(熊川の渡し)碑(5)。江戸時代、伊奈宿から江戸に向かう“えな道”の渡し場だった。えな道は後に五日市街道となったそうな。

睦橋の中ほどで、スタートから6km。福生市からあきる野市に入った。下の2枚目、多摩川の下流に伸びている緑地が目的地の滝山城址がある滝山丘陵(都立滝山自然公園)。

05mutumi_b_3

05tama_r

初・あきる野市。イメージが長閑。秋川(6)と言えば、秋川渓谷を連想する程度の認知度coldsweats01 バーベキューの賑わいも多摩川下流域とは大違いの東秋川橋(7)袂、秋川ふれあいランド。このくらいが丁度良いよねぇ。橋を渡ると、もう八王子市。あきる野市を1.6kmだけ体感。またいつか会いましょう、秋川&あきる野市paper

06aki_r 07e_akikawa_b

滝山丘陵東裾を北進。スタートから9km、高月町の庚申塔・地蔵尊の辻(8)を右折。いよいよ滝山城址に上るup 登坂の途中で見られたキツネノカミソリでひと息いれて、続く。

08takatuki Kitunenokamisori

Map

2018年8月11日 (土)

昭和記念公園のサギソウなどなど

山の日には山へ!って山の日ができてから言い続けているが、なかなかねcoldsweats01 今年は昭和記念公園から八王子の滝山城址へ向かう。ちょっとだけ、山。まずは、立川駅から昭和記念公園へ。今はサギソウまつりをやっているので、西立川口から入園。9時開園だと思って行ったら9時半だった。ゲート前に長ーいプール行列が、スゴっ。なお、ヒマワリとナツズイセンは終了。

サギソウは西立川口ゲート付近と花木園展示棟前で見られる。スタンプラリーもあるのだが、まだ準備ができておらず、スタンプ・リベンジ断念(去年、スタンプ失敗した>>)。青葉・銀河・輝き、という3品種が栽培されていて、8月上旬→中旬→下旬と開花するそう。今咲いている品種は、?sweat02

Sagiso01_2 Sagiso02

水鳥の池の奥に湿地があって、デッキの側に数輪が咲いていた。

Sagiso03_2 Sagiso03

花木園展示棟前のサギソウ。

Sagiso04_01

Sagiso04_02

Sagiso04_03

可憐なサギソウを堪能した後は、日本庭園に行こう!大ケヤキが聳える原っぱを横断run 時間が早いので、だーれもいない。原っぱの東花壇ではコスモスが生育中。

Keyaki

日本庭園内はお散歩。ここは見られるトンボの種類が多いのだ。空飛ぶステンドグラス、チョウトンボもいた。が、撮れずdown ギンヤンマも当たりを付けて撮ったけど全然ダメ。東屋で悪戦苦闘していたら、真下のハスに何か、いる。カイツブリだった。

Jp_y Kaituburi

Uchiwayanma Akane

Kawaranadeshiko 日本庭園で撮れた唯一のトンボは、ウチワヤンマ↑ こもれびの丘園路で何かの赤トンボ↑ もう赤トンボ系の同定を放棄しているcoldsweats01 (タイワンウチワヤンマとコノシメトンボとの事。Thanksはるきょんさんgood 8/13追記)

他に見られた花は、秋の七草の一部(カワラナデシコ、キキョウ、オミナエシ、萩)、ヤブミョウガ、スイレン、ハス(1輪しか見ていない)、サルスベリなど。

園内の移動はランで、4.3kmrun 玉川上水口から外へ。ここからランの本番。玉川上水に出て拝島-あきる野-滝山城址。ルート編は後日UP。

«坂東三十三箇所観音霊場巡礼ラン(第十三番)